UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/01UEFAサッカー情報
●スペイン1部リーグは31日、各地で開幕節が行われ、3連覇を目指すレアル・マドリードはデポルティボ・ラコルニャに1-2で、グアルディオラ新監督を迎えたバルセロナはヌマンシアに0-1で、「2強」がそろって敗れる波乱があった。
●レアル・マドリーのロビーニョがチェルシーへの移籍を容認するようクラブ側に最後のプレッシャーをかけている。「移籍マーケットの締め切りが迫っているせいか、ロビーニョは試合に集中できるコンディションにない」としてリーガ開幕戦、アウェイでのデポルティーボ戦の招集メンバーから外れ、欠場が決まったロビーニョ。31日、記者会見の席で彼は「シュスター、ミヤトビッチ、そしてクラブには出て行きたいともう伝えているし、メディアにも何度も言っている。監督は僕が考え直すとまだ思っているけれど、僕はチェルシーのことを考えている」と明言
●31日に単独で記者会見を行い、メディアの面前でチェルシーへの移籍願望をアピールしたロビーニョに対し、レアル・マドリーは早速“返答”を返した。レアル・マドリーはクラブの公式サイトを通じて「ロビーニョがレアル・マドリーとの契約解消を望むなら、クラブはこれを受け入れざるを得ない」という声明を発表したのだ。この声明には、ロビーニョが売却対象ではないことを知りつつも、同選手と交渉を続けているチェルシーに対する批判も掲載されている。レアル・マドリーが発表した声明の全文は次のとおり。「リーガ開幕戦という大事な一戦を迎えるにあたり、レアル・マドリーはこの試合に全精神を集中させなければならないと認識している。ところがロビーニョという一選手が、試合のわずか数時間前に勝手に記者会見を開き、チームの集中力を乱すような無神経な行為を犯してしまった。この会見に対するレアル・マドリーの返答は『ロビーニョが一方的にレアル・マドリーとの契約を解消したいのであれば、クラブとしてはこれを受け入れざるを得ない』という一言に尽きる。また、ロビーニョが売却対象ではないことを知りつつも交渉を続け、公式サイトを通じて同選手のネーム入りユニホームまで販売したチェルシーのフロントの行為は、許し難いものである。これらの行為は状況をますます複雑にし、世論の誤解を招く行為にほかならない」
●マラガは、元スペイン代表のアルベルト・ルケを獲得した。ルケはイングランドおよびオランダでの経験を経て、再びスペインでプレーすることになった。ルケにはラシン・サンタンデールも興味を示していたが、この1週間、積極的に交渉を行ったマラガが最終的に同選手を獲得した。
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は、勝ったヌマンシアを祝福しながらも「責任はあくまで自分たちにある」と分析した。「開幕戦での敗戦は大きなつまずきだ。われわれには、ヌマンシアよりずっと多くのチャンスがあった。だが、バルセロナの攻撃は効果的でなく、試合を通じて正確性を欠いていた。それが結果として高くついてしまったということだ。ヌマンシアは確かによく守ったが、負けた責任はわれわれ自身にある。今後、こうした部分を改善し、前進していかなければならない」
●31日に行われた今季初めてのオールドファーム対決で、レンジャーズがアウェイでセルティックを4-2で下し、首位に浮上した。
●31日に行われたプレミアリーグ第3節の試合で、開幕から2連勝中のチェルシーとリバプールが、トッテナムとアストン・ビラとそれぞれ引き分けた。スコラーリ監督は試合後、「引き分けは問題ない。チャンスは多かったが、シュートに失敗した。イングランドでは、チャンスが2、3あったらそこで得点しない限り勝てないよ。ドローには満足している。勝ち点7はOKだよ」
●31日に行われたブンデスリーガの試合で、バイエルン・ミュンヘンがヘルタ・ベルリンを4-1で下し、今季初勝を上げ、7位に浮上した。
●ポルトガル代表FWリカルド・クアレスマが3年契約でインテルに移籍することになったと、所属先のポルトが31日に発表した。移籍金の総額は2460万ユーロ(約40億4000万円)で、そのなかにはポルトガル人MFペレのインテルからポルトへのトレードも含まれている。
●セリエA第1節の8試合が31日に行われ、ミランが黒星スタートとなった。一方、ローマはナポリと対戦。トッティの不在の穴もあり、1-1で勝ち点3獲得はならなかった。また、フィオレンティーナ対ユヴェントスも1-1で引き分け、前日のインテルを含め、強豪チームが軒並み芳しくないシーズンスタートとなっている。
●リーグアン第4節の残り3試合が31日に行われ、リヨンがサンテティエンヌを1-0で下した。ベンゼマが決勝点を挙げた。松井大輔はベンチ入りも出番はなかった。リヨンはこれで3勝1分け、勝ち点10で2位につけた。不調のサンテティエンヌは17位に沈んでいる。
●セルティックやバルセロナで活躍し、現在は母国スウェーデンのヘルシンボリでプレーするFWヘンリク・ラーションに、プレミアリーグからのオファーが届いているようだ。中でも特に積極的なのがエバートンといわれており、間もなく移籍が発表される可能性もある。
●30日のリーグ・アン第4節で、ル・マンがナントに4―1で大勝した。ル・マンは開幕から3勝1敗、内容も8得点3失点と好調で、前節の時点で2位と3位だったリヨンとボルドーの試合が残ってはいるが、暫定2位につけている。ル・マンは昨シーズン終了以来、松井大輔をはじめ8人の主力を失った。
●30日に行われたリーグ・アン第4節で、マルセイユがホームでソショーを2-1で破り、首位を守った。31日のリヨンの試合結果次第で2位に落ちる可能性もある(リヨンが2点差以上で勝った場合)が、開幕から無敗を守り(3勝1引き分け)勝ち点トップと最高の立ち上がりだ。
●ユーロ2008終了後、足首を手術したロナウドは、開幕したプレミアリーグもスタンドから観戦しているが、経過は順調な様子で9月中旬から下旬の復帰が期待されている。手術当初は10月、あるいは11月にも復帰がずれ込むとも噂されたが、驚異的な回復を見せている。
●ユベントスはこのほど、バルセロナBでプレーするFWイアゴ・ファルケ・シルバの獲得を正式に発表した。イアゴは1990年生まれの18歳。非凡なテクニックと豊かなスピードを持つ左利きの選手で、将来が有望視されている。
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は「開幕戦にはよくあることだ。ボローニャが我々以上に開幕戦に向けた準備ができていたのだろう。新加入の選手も多いので、ここからが勝負だ。このチームは今後素晴らしい成長を遂げる。今日はそのインスピレーションを得たよ。ロナウジーニョ?素晴らしかった。敗戦にも関わらず、私が楽観的でいられるのは彼のおかげだ」とコメント。またこの日、先発し最後までピッチに立ったMFロナウジーニョは「勝利を収めることができなかったので満足はしていない。しかし、今季は始まったばかりであり、巻き返しは十分に可能だ。我々は素晴らしいチームだ。後半は得点チャンスも多かった。得点に結びつかなかっただけだ。継続して練習することが今我々に最も必要なことだ」
●サポーターから拍手で迎えられたシェフチェンコは、試合後に喜びを語っている。「歓迎してくれたサポーターに感謝している。このような形での歓迎は想像していなかったので、とても感動している」とサポーターに感謝の意を表した。しかし、ボローニャに黒星を喫したことについては「この結果は予想していなかっただけに、とても残念だ。ACミランはいいプレーをしており、チャンスも作った。バランスも取れていた。リードを奪うことができていれば、簡単な試合展開になっていただろう。しかし、次の試合は別の形になるはずだ」
●ハンブルガーSVは、ブラジル代表チアゴ・ネービスの獲得を最後に、今オフの積極的に補強を終了した。もちろん、その狙いはドイツ・ブンデスリーガのタイトルを王者バイエルン・ミュンヘンと争うことにある。ネービスはアトレティコ・マドリーも狙っていた選手であり、ハンブルクが同選手の獲得に要した900万ユーロ(約14億3000万円)は、クラブ史上最高の移籍金額となった。
●9月にワールドカップ欧州予選を控えるイングランドは、31日に代表メンバーを発表。しかし、今回のメンバーにオーウェンが招集されることはなかった。これについてカペッロ監督は、次のように語っている。「オーウェンはとても優秀な選手であり、いつもイングランドに多くのゴールをもたらしてくれる。だが、現時点で彼は復帰したばかりであまり多く試合をこなしていない。コンディションが良い選手を集めたかった」
●アヤックスがビレムIIに敗れた翌日、オランダリーグはフェイエノールト、AZも開幕戦で敗れる波乱のスタートとなった。
●6日にリヒテンシュタインとのアウエー戦でワールドカップ(W杯)予選をスタートさせるドイツ代表だが、フリンクスが欠場、キャプテンのバラックも出場が危ぶまれていることが明らかになった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。