UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/31UEFAサッカー情報
●シュスター監督は記者会見で、「もうその問題(ロビーニョの将来)については結論が出ているはずだったのが、そうではない。彼はラ・コルニャには行かない。これはクラブではなく、私の決断だ。私にとって彼は大事な選手だが、彼の状況を知ることも必要だし、彼にアドバイスをする人たちからのプレッシャーは大きい。精神的にいいプレーができる状態にあるとは思えないね。将来が決まるまで、彼は準備ができないだろう。現在は、プレーに集中できる選手が彼の代わりに出場するほうがいい」と話した。
●スペインリーグが30日に開幕。初日は2試合が行われ、バレンシアはビジャの活躍でマジョルカを3-0で下し、ウナイ・エメリ新監督に初勝利をプレゼントした。ビジャは試合後、「いい試合ができたし、昨シーズンとはチームが変わったということを見せることができた」と勝利を喜んだ。また、もう1試合ではエスパニョールがルイス・ガルシアのゴールで、バジャドリーを1-0で下している。
●ベティスはクラブの公式サイトで、サラゴサと、スペイン代表FWセルヒオ・ガルシアの移籍交渉中であることを発表した。ベティスは、同選手に5年契約を提示しており、サラゴサに対しては、移籍金800万ユーロ(約12億8000万円)に加えて、最高200万ユーロ(約3億2000万円)のインセンティブを付帯する条件で交渉している。
●バルセロナのティエリ・アンリはサッカー界で第4位の高給取りのようだ。フランス『ソー・フット』誌の推計によると、第1位は年棒1000万ユーロ(約16億円)を稼ぐミランのカカで、それにチェルシーの主将テリーとバラックが続くとのことだ。アンリの年棒は、手取り750万ユーロ(約12億円)と推計されており、税金などを考慮すると、バルセロナは同選手に年棒1000万ユーロを支払っている計算となる。よってバルセロナは、移籍金2400万ユーロ(約38億4000万円)に、同選手との契約期間である4年分の年棒4000万(約64億円)を加えた6400万ユーロ(約102億4000万円)の費用でアンリを獲得したことになる。
●開幕を迎えたリーガ・エスパニョーラ。バルセロナのグアルディオラ監督は、自身のリーグ戦初采配(さいはい)となる31日の開幕戦に向けた展望を語った。「いよいよ長いリーグ戦が始まる」とやる気を見せるグアルディオラ監督だが、初戦のヌマンシアとのアウエー戦には慎重な姿勢を崩さなかった。「開幕戦というのは常に難しいものだ。また、彼らには失うものは何もないし、ホームでの試合だ。われわれにとっては間違いなく厳しい試合になるだろう」
●ロビーニョの代理人ワグネル・リベイロによると、ロビーニョはスペイン時間31日の正午にマドリー市内のホテル、ユーロ・ビルディングで記者会見を開き、自身の移籍願望を公に訴える意向のようだ。
●トッテナムは30日、ロシア代表FWロマン・パヴリュチェンコをスパルタク・モスクワから獲得することで合意したと発表した。詳細は明らかにされていない。
●ドイツの週刊誌デル・シュピーゲルは9月1日発売号で、2006年W杯の決勝トーナメント1回戦、ブラジル対ガーナ戦がアジアの賭博シンジケートの影響を受けていたと報じた。ブラジルの少なくとも2点差以上の勝利に多額の掛け金が動き、元ガーナ代表選手が仲介人となったというのだ。ガーナは6月27日にドルトムントで行われた試合でブラジルに0-3で敗れた。
●30日に行われたプレミアリーグ第3節の試合で、アーセナルがホームでニューカッスルを3-0で下し、今季2勝目を上げた。
●ブンデスリーガ第3節の試合が30日に行われ、開幕から2連勝の昇格組ホッフェンハイムがレヴァークーゼンと対戦、2-5で敗れて初めてトップリーグの厳しさを味わった。シャルケはボーフムを1-0で下し、2勝1分で首位に浮上。ハンブルガーSVはビーレフェルトに4-2の逆転勝ち、ボルシア・ドルトムントはコットブスを1-0で下し、いずれも2勝目を上げ、得失点差でシャルケに続く。
●セリエAが30日に開幕し、モウリーニョ監督率いる新生インテルは勝ち点1スタートとなった。アウェイでサンプドリアと戦い、33分にイブラヒモヴィッチのゴールで先制したものの、後半にデルヴェッキオに同点ゴールを許した。新加入のムンタリ、マンシーニ、マンシーニはイブラヒモヴィッチの先制点をアシストした。ウディネーゼ対パレルモは、ディ・ナターレの2ゴールなどでホームのウディネーゼが3-2で勝利した。
●リーグアン第4節が30日に行われ、首位マルセイユはホームでソショーと対戦。ジアニとコネのゴールで2-1と勝利し、4戦負けなしで首位をキープした。一方、ル・マンはナントに4-1の逆転勝利を収め、3勝目を挙げて2位につけた。ニースはヴァランシアンヌに2-0、グルノーブルはモナコに1-0で勝ち、どちらも3勝目を挙げて上位グループに入っている。
●インテルのフランス代表MFパトリック・ヴィエラは、今シーズンのアーセナルについて、「リーダーがいない」とコメント。31日の移籍期限までに、経験豊富な選手を獲得すべきだと語った。「今シーズンのアーセナルには、まだ補強が必要だと思う。特に、中盤でリーダーとして活躍できる選手だ。このままだと、シーズンの正念場で苦しむ可能性がある。どうしても勝たなければならないビッグゲームを落とすかもしれない。選手の能力は高いけど、経験が足りないんだ。ただ、長年に渡り、アーセンは素晴らしい補強を続けてきた。今回も素晴らしい選手を見つけてくると思うよ」
●現インテル監督で元チェルシー監督のジョセ・モウリーニョがチェルシー在籍時代のシェフチェンコを振り返り「彼はACミランで王子のような待遇を受けていた」とコメントしたことについては「ここで王子のような特別な待遇を受けたことは1度もない。誰もが知っているように、俺はここでもスランプに陥ったことがある。しかし、自らの強い意志と努力でそれを克服した」と反論
●背番号“24”に決定したセンデロスは「ACミランをとても気に入っている。できるだけ長くここでプレーするために、ベストを尽くしたい。移籍が実現したことが何より嬉しい。大きなチャンスであり、力の全てを発揮したい。ACミランは世界で最も偉大なクラブの1つであり、レベルはアーセナル以上だ」と新天地での意気込みを語った。
●初陣を白星で飾ることができなかったインテルのジョセ・モウリーニョ監督は「厳しい試合になると予測していた。勝利を収めたわけではないので、幸福感はない。ただ試合内容は決して悪くはなかった。また、負傷者を多く抱えていることで苦戦を強いられている。選手の復帰を待たなければならない」とコメント
●ユベントスの主将アレッサンドロ・デル・ピエロ(33)は「我々は2年間、欧州CLの舞台から遠ざかっており、この日が待ち遠しかった。欧州CLは一度経験すると特別な感覚が残り、決して忘れられなくなる大会だ。レアル・マドリー戦といえば、アウェーで先勝されながらもホームで巻き返しに成功し、準々決勝まで駒を進めた時のことを思い出す。そのレアル・マドリーと再び対戦する機会が訪れたことを嬉しく思っているよ」
●スクデット(セリエA優勝)を目指すアンチェロッティ監督は「フォーメーションはまだ決まっていない。ACミランの選手は、絶対にスクデットを勝ち取るという強い意志を持たなければならない。2位ではだめだ。私はモチベーションに溢れており、明日が待ち遠しい。全てのポジションにおいて完璧な補強が行われた。しかし、(新加入)フォワードの選手が全員合宿を欠席しており、ディフェンスの練習に終始した。またフォワードが7名となり、彼らをみな満足させることは難しい。必ずベンチ外となる選手が現れる。選手間のコンビネーションの良さも冷静に判断していく。ロナウジーニョはチームのプレースタイルに馴染む必要がある。2、3か月は要するだろうが、彼への期待は大きい」
●08―09季セリエA開幕戦の注目カード、フィオレンティーナ対ユベントス戦は、ユベントスFWダビデ・トレゼゲ(30)の欠場に加え、フィオレンティーナのFWアドリアン・ムトゥ(29)の欠場も決まった。
●イングランド・プレミアリーグ第3節、アーセナルはホームでニューカッスルを3-0で下し、暫定ながら2位に順位を上げた。
●今季のオランダリーグの焦点は、PSVの5連覇なるか、それともアヤックスがPSVをストップできるかだが、早速開幕戦で両チームの明暗が分かれた。“明”はPSV。過去、手堅い試合運びで勝利を重ね、得点数の少なさに批判の声も聞こえることがあったチームだが、ユトレヒトとのアウエーゲームでいきなり5ゴールと爆発した。特に42分から49分までの間に4点を連取した集中砲火は実に迫力があった。また守備も安定しており、前半はユトレヒトをシュートゼロに抑えた。“暗”はアヤックス。前半、今季ヘーレンフェーンから1650万ユーロ(約26億円)を払って獲得したばかりのスレイマニがビューティフルゴールを挙げ、幸先よいスタートを切ったかに見えたが、後半は完全に失速し降格候補のひとつビレムIIに1-2で逆転負けした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。