FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/08/28UEFAサッカー情報
●チェルシーは、獲得が近いとされているロビーニョに続き、同じブラジル人のルイス・ファビアーノも獲得可能と見ているようだ。英タブロイド紙『サン』によると、アンドリー・シェフチェンコがミランへ、クラウディオ・ピサロがベルダー・ブレーメンへ移籍したことにより、スコラーリ監督は、ディディエ・ドログバとニコラ・アネルカの2人に、ファビアーノを加えたメンバーでFW陣を完成させたいと考えているようだ。オーナーのアブラモビッチも、余剰資金があるため同選手の獲得を望んでいるらしい。これに対しセビージャは、ダニエウ・アウベスおよびセイドゥ・ケイタをバルセロナに、クリスティアン・ポールセンをユベントスに売却しており、この夏の移籍市場でこれ以上選手を放出する気はないようだ。
●ビジャレアルのスペイン人MFホセ・モレノ・ベルドゥ(通称ホシコ)が、前スペイン代表監督のルイス・アラゴネス監督率いるトルコのフェネルバフチェに移籍することが決まった。契約期間は2年間。同選手は27日の夜にスペインを発ち、翌日早朝には同クラブとサインを交わす予定だ。
●レアル・マドリーが獲得に動き、移籍の可能性がうわさされていたビジャレアルのサンチャゴ・カソルラ。最終的にビジャレアルへの残留を決め、6年間の契約延長にサインした。これによってレアル・マドリーへの移籍の可能性は消滅した。カソルラはレアル・マドリーとの直接のコンタクトについては否定し、ビジャレアルとの契約延長に満足していることを明かした。「最も重要なことは、クラブにとって自分が重要な選手であると感じられることだ。それが分かれば、ほかのことはあまり考えなくなる。クラブが自分のためにしてくれたことは高く評価できる。だから、この決断を下すのに時間はかからなかったし、正しい選択だと思っている」
●ダビド・ビジャは契約更改交渉でバレンシアと合意に達し、クラブとの契約を2014年まで延長した。レアル・マドリーが提示した「4000万ユーロ(約64億6000万円)プラス選手1人(ハビ・ガルシアまたはハビエル・サビオラ)とのトレード」というオファーを拒否したバレンシアは、“グアヘ”(ビジャの愛称)に「年俸の増額」と「契約期間を現状の2013年から2014年に延長すること」を約束した。この条件を受け入れたビジャは、08-09シーズンからは300万ユーロ(約4億8000万円)以上の年俸を受け取ることになり、バレンシア史上最高額の年俸を稼ぐ選手となった。
●ビセンテ・カルデロンは27日夜、アトレティコ・マドリーの11年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)本戦出場の喜びに沸き、興奮のるつぼと化した。CL予備戦3回戦の第1戦でシャルケ04に0-1と敗れ、背水の陣で第2戦に臨んだアトレティコだったが、アグエロの大活躍などでシャルケを4-0で撃破し、念願のCL本戦出場を決めた。“並みのチーム”であるアトレティコをCL本戦出場に導いたのは、やはり“クン”(アグエロの愛称)。昨シーズンのリーグ戦でも、並みいる強豪を抑えてチームをCL圏内の4位まで引き上げた。(北京五輪帰りの)時差ぼけも優勝ぼけも関係なく、本当のスーパースターは重要な局面でこそ真価を発揮することを、アレグロは証明した。
●チェルシーのウィンガー、ショーン・ライト・フィリップスの獲得を巡ってエヴァトンとマンチェスター・シティが火花を散らしている。27日中にもチェルシーがオファーを受け入れるか否か回答するようだ。チェルシーはSWP獲得の際に移籍金2100万ポンド(約52.5億円)をシティに支払っているが、現在SWPの市場価格はその半分に値下がりしている。
●27日、ベルギーのスタンダード・リエージュをホームに迎えるリヴァプールのラファエル・ベニーテス監督が「CLグループ予選進出をかけた戦いの中で最も手強い相手だ」とベルギー王者を強く警戒している。「(ファーストレグで)彼らはゴールを決めさせなかった。相手はペナルティキックを失敗したが、我々はいかなるチャンスも作り出せなかった。よく構成されたチームだし、クオリティの高い選手が揃っている。これまでリヴァプールがCL予選で対戦した他のチームと比較すれば、彼らが最も手強い相手だよ」
●マンチェスター・ユナイテッド行きが確実と見られるFWディミタール・ベルバトフの代役探しに奔走するトッテナム・ホットスパーが26日夜、スパルタク・モスクワのロマン・パヴリュチェンコ(26歳)と契約直前にまでこぎつけたようだ。スパルタク・モスクワも、両クラブが口上で合意に至ったと認めている。移籍金は約1200万ポンド(30億円)と見られる。パヴリュチェンコが27日中にもロンドンに飛び、スパーズと契約内容を確認する予定だ。
●CLグループリーグ出場をかけてFCトゥヴァンテと対戦するアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、先週末の敗戦のショックから立ち直り試合に臨むことが大切だと語った。「先週土曜日は調子が良くなかった。だからフラムに負けた。単純なことだよ。我々は皆、自分たちのパフォーマンスに対して非常に失望した。プレーがお粗末だったからアーセナルに対する批判については十分理解している。だが、27日の試合では敗戦のショックから立ち直り、いいパフォーマンスを披露すると約束するよ」
●CL予備予選3回戦のセカンドレグが各地で行われ、リバプールはアンフィールドでベルギー王者のスタンダール・リエージュと対戦。0-0のまま突入した延長後半終了間際に、ディルク・カイトが値千金の決勝点を挙げ、2戦合計1-0で辛くも本戦進出を決めた。一方、アーセナルはトゥウェンテを4-0で破り、トータル6-0で危なげなく進出した。
●CL予備予選3回戦セカンドレグのアトレティコ・マドリー対シャルケは、ファーストレグを0-1で落としていたアトレティコがホーム、ビセンテ・カルデロンで爆発。アグエロの先制ゴールに、フォルランの追加点でトータルスコアで逆転すると、終盤にはルイス・ガルシアとマキシ・ロドリゲスもダメ押し点を入れ、トータルスコア4-1で本戦出場を決めた。そのほか、BATEボリゾフ、AaB、シャフタール・ドネツク、オリンピアコス、ステアウア・ブカレスト、マルセイユ、ディナモ・キエフ、フェネルバフチェ、バーゼル、フィオレンティーナが本戦へ進む。
●ニューカッスルのMFジェームズ・ミルナーは、クラブ側に移籍を嘆願する署名を提出した。クラブ側は公式サイト上でミルナーの要望を認めた上で、今後も慰留を続けるとしている。ニューカッスルで5年目のシーズンを迎えるミルナーは、開幕から2試合連続でスタメン出場。さらに、火曜日に行なわれたカーリング・カップのコベントリー戦では、1ゴール1アシストの活躍を見せるなど、ケビン・キーガン監督率いるチームにとって欠かせない選手に成長していた。
●08/09シーズンの欧州チャンピオンズリーグに出場する32チームが28日、決定した。日本時間の29日午前1時からグループリーグの組み合わせ抽選会が行われる。ポッド1にはお馴染みのマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーらここ数シーズンで上位に進出しているイングランド勢が顔を並べた。ポッド2にはバイエルン(2シーズンぶり)、ビジャレアル(3シーズンぶり)、ユベントス(3シーズンぶり)といった昨シーズンに見られなかった顔ぶれが久々に登場する。日本人で唯一の出場となる中村俊輔が所属するセルティックはポッド3に組み込まれた。ポッド4には、フィオレンティーナ、アトレティコ・マドリーがそれぞれ久しぶりにチャンピオンズリーグの舞台に復帰した。
●インテルのジョセ・モウリーニョ監督が、ACミラン復帰を果たしたばかりのFWアンドリー・シェフチェンコ(31)のチェルシー在籍時代を振り返っている。「当時、チェルシーの監督だった私は、別の選手の獲得を要請していた。しかし、諸事情により、その選手の獲得は不可能となった。クラブ側からシェフチェンコの獲得を検討していると聞かされて、私は『OK』と応えた。彼が偉大な選手であることは疑う余地もなかったからだ。問題は、彼がACミランで王子のような待遇を受けていたことだった。チェルシーには特別待遇の選手はいなかった。全員が同じメニューで練習をして、ポジションを争っていた。ただ、彼との間に個人的な問題を抱えたことはなく、むしろ活躍を願っているよ」
●07-08季を19位で終え、セリエB降格が決まったパルマ。1シーズンでセリエA復帰を目指すパルマは27日、ACミランのFWアルベルト・パロスキ(18)の獲得を発表した。
●ユベントス移籍が噂されていたインテルのセルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ(29)が、ユベントスに感謝の意を表明すると共に、インテルでの再出発を誓った。「ビッグクラブからの誘いは嬉しいものだ。また、ユベントスの選手が、俺の加入を歓迎するコメントを発してくれたことも嬉しかった。ラニエリ監督とも話したが、熱意を感じることができた。しかし、まだインテルでやり残したことがあり、インテル残留の意思は固い。確かに俺はマンチーニ(前インテル監督)の親友であり、彼から信頼された選手だった。彼には感謝の気持ちしかない。マンチーニ解任と共に、俺の退団も報じられたが、クラブから放出を示唆されたことは1度もなかった。電話1本で互いの意思を確認しただけだ。モウリーニョはすぐに偉大な監督だと分かった。13、4年に及ぶサッカー人生の中でも、彼のような練習方法は始めての経験だった。監督から『重用だ』と言われたということは、期待されていることの証だろう。彼が自分の残留を明言してくれたお陰で、ようやく移籍報道も収束した」
●モナコのフランス人MFジェレミ・メネス(21)のASローマ移籍が決定的となった。“Ratesport”のインタビューに応じたメネスの代理人ジャン・ピエール・バーン氏は「両クラブ間、そして選手は合意に達している。メネスはローマ移籍に興奮を覚えており、明日には公式発表に至るだろう。ローマ以外にも多くのクラブから獲得オファーがあった。バルセロナも彼に関心を示していたクラブの1つだった」と明かした。
●26日の昼すぎ、監督の権利を守ることに尽力しているリーグ1監督組合は、ナントのデル・ザカリアンがまだ監督の職についている時に、キタ会長が新監督候補のアラン・ペランと面接したことについて、クラブ幹部を強く非難した。「リーグ開始以来非難され続け、明日どうなるか分からない状態で働いている監督が、チームを支え、守り、新昇格クラブの現実的目標を達成するのにふさわしい環境にいると言えるのだろうか?」と監督組合は声明を発表。
●ハンブルガーSVは、サンパウロFCからブラジル代表DFアレックス・シルバを獲得した。ブラジルのメディアによると、移籍金は1300万ユーロ(約21億円)で、ハンブルクとシルバの代理人フアン・フィゲル氏が同選手の保有権を折半するとのことだ。
●チャンピオンズリーグ(CL)予備戦3回戦の第2戦が27日に行われ、フェネルバフチェはホームにパルチザン(セルビア)を迎えた試合で2-1で勝利。2試合合計4-3(第1戦は2-2)で本戦出場を決めた。予備戦を戦ったトルコのもう1つのクラブ、ガラタサライはステアウア・ブカレスト(ルーマニア)に0-1で敗れ、2試合合計2-3(第1戦は2-2)のスコアで敗退が決まり、UEFAカップに回ることになった。23日に行われた国内リーグ開幕節で敗れたフェネルバフチェ。0-1というスコア以上に内容が悪かった。その理由として、チーム作りがうまく進んでいないことが挙げられる。グイサ、エムレと補強を進めたが、昨季CLで躍進を支えたボランチのアウレリオがベティスに移籍し、その穴を補強できていない。また、デイビッド、ベデルソン、エドゥら昨季の主力に加え、エムレまでもが負傷者リストに名を連ねた。そのためアラゴネス監督は4-1-4-1、4-4-1-1とシステムの試行錯誤を重ねている段階。チームが未完成のまま迎えたこの試合でも、不安定さを露呈することになった。
●チェルシーのオーナー、ロマン・アブラモビッチは、カカ獲得を断じてあきらめていないようだ。英タブロイド紙『デイリー・ミラー』のウェブサイトは、チェルシーはこのミランのスター獲得に向けミランに8000万ポンド(約160億円)のオファーを提示したと伝えている。
●リバプールに所属するイングランド代表MFスティーブン・ジェラードが、28日にそけい部の手術を受けることが分かった。リバプールのラファエル・ベニテス監督は試合後、次のように話している。「ジェラードは明日、そけい部の手術を受けるだろう。全治には10日から15日ほどかかると思う。われわれはこうなることを知っていた。大きな問題ではなかったが、痛みを伴っており、試合に出場するのは難しい状態だった。延長戦がけがに影響を与えたわけではない。イングランド代表の試合に行ったときから問題はあった。2週間前のベルギーでの第1戦の時点で問題はあったんだ。昨日、彼は医師と話し合った。そして、『OK、痛みはあるけどプレーする。その後に手術しよう』と彼は言った。彼は以前にも同じような状態でプレーしたことがあるし、明日に手術を受けることが分かっていたので、今日の試合で出場し続けたんだ。けがは深刻なものではないし、本当にちょっとした手術。でも、やらなくてはいけないんだ」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.