UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/16UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーがアヤックスFWクラース・ヤン・フンテラール(25歳)に対して移籍金2500万ユーロ(約40億円)のオファーを用意したとの憶測が流れている。
●プレシーズンのカランサ杯準決勝でセビージャとビジャレアルが対戦。ルイス・ファビアーノの2ゴールでセビージャが2-0と勝利した。新シーズンではタイトル争いに食い込みたい両チームは親善試合ながらとても親善的とは言えない内容の試合を展開、レッドカード4枚、イエローカード8枚、そして負傷者が2人出るという激しいものとなった。
●バレンシアのMFダビ・シルバが残留を決めたことで、バルサのグアルディオラ監督もベギリスタインTDも選手補強において他の選択を選ばなければならなくなったようだ。グアルディオラ監督はこれまでもクラブが動向をチェックしていたゼニトのFWアンドレイ・アルシャビン、ボカ・ジュニアーズFWのロドリゴ・パラシオの2選手に絞り込み、現在の状況について確認するため相手クラブと改めてコンタクトを取った模様。
●U-19スペイン代表のFWアーロン・二ゲスが、所属しているバレンシアからスコットランドのグラスゴー・レンジャーズへ2年間の期限付きで移籍することが発表された。なお、この移籍には買い取りオプションが付帯されている。
●ビジャレアルのMFマルコス・セナは、クラブでの現状に満足しており、引退するまでここで続けたいとの希望を持っていることを明かした。「今はビジャレアルでいいプレーをすることだけに集中している。僕はこのチームにとても満足しており、この先もずっとここに残りたいと思っている。僕の夢はここで引退することだ。契約はあと2年だが、もっと長い間ここでプレーしたい」
●ベルダー・ブレーメンのジエゴは、アトレティコ・マドリーのトップ下でプレーすることになるかもしれない。アトレティコは、同選手獲得のために1600万ユーロ(約25億9200万円)のオファーを提示しているが、ブレーメンは移籍金として2000万ユーロ(約32億4000万円)を要求しており、その差400万ユーロ(6億4800万円)をめぐる攻防が交渉成立の鍵となる模様だ。一方のジエゴも、滞在先の中国で移籍に前向きな発言をしている。「スペインは世界のサッカー界において最も力のある国の一つで、リーガ・エスパニョーラは最強リーグに数えられる。そこでプレーすることは自分にとって名誉なことだ」
●レアル・マドリーのロビーニョは、ついにチェルシーへの移籍を決意し、クラブに反旗を翻したようだ。同選手は15日に行われる予定だった記者会見を中止した上、17日に行われるスペイン・スーパーカップ第1戦のためバレンシアへ向かうチームに同行することを拒否したというのだ。チェルシーのピーター・ケニヨンCEO(最高経営責任者)が認めたように、“ブルーズ”(チェルシーの愛称)の唯一の獲得ターゲットは、ロビーニョに絞られている。
●レアル・マドリーのガブリエル・エインセは、チェルシーへの移籍を希望し、バレンシアとの間で行われるスペイン・スーパーカップ出場を拒否していると言われているロビーニョについて、「チェルシーでもっといい収入を得たい」という同選手の希望には理解を示したものの、「スーパーカップには出てほしい。ロビーニョの欠場はレアルにとって痛手となるだろう」とメッセージを送り、ロビーニョ残留を希望する自身の気持ちを述べた。
●イングランドプレミアリーグは今週末に開幕するが、マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが開幕戦に間に合うことになったと、ファーガソン監督が15日に話した。
●ブンデスリーガの新シーズンが15日に開幕、ディフェンディング・チャンピオンのバイエルン・ミュンヘンはホームでハンブルガーSVと対戦。2点のリードを守りきれず、2-2で引き分けた。
●16日付の英ガーディアン紙によると、リヴァプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソが昨日、移籍希望をクラブに伝えたという。ベニーテス監督がいまだに、アストン・ヴィラのイングランド代表MFガレス・バリーの獲得を諦めておらず、アロンソは今後に不安を感じているからだ。
●チェルシーのルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、プレミアリーグ初挑戦を前にした記者会見で、獲得が噂されるロビーニョについて自ら関わりはないと話した。「ロビーニョは非常にいい選手だ。だが、どうなるのか私はわからない。私の仕事ではないからね。それはお金を持っている理事たちの仕事だ。もちろん、彼なら世界中のどんなクラブでもプレーできる素晴らしい選手だ。だが、私は今いる選手に満足している」
●この夏、ユヴェントスはブラジル代表指令塔のジエゴの獲得を目指しながら実現しなかったが、ここに来て再びブレーメンのMF獲得に動くようだとイタリアのメディアが報じた。
●シーズン開幕戦を16日に控えたアーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、プレミアリーグの覇権奪回を宣言。昨シーズンの覇者マンチェスター・ユナイテッドを上回る戦力を持っていると語った。「昨シーズンは、上位2チームより、少し戦力が劣っていたと思う。しかし、その差は大きくない。事実、シーズン開幕直後から長期間、首位に立ち続けた。優勝できるかって? もちろんだ。今シーズンも、スタートダッシュが出来るように戦いたい。今考えているのはそれだけだ。戦う準備はもう整っている」
●エメルソンは「体調はまずまずだ。練習メニューもほぼ同僚と同じ内容のものをこなしている。後は練習試合で試合感を取り戻すだけだ。来週中には全ての練習に参加できるようになるだろう。来週は足のコンディションの最終チェックを行うので、とても重要だ。痛みを感じることはないので、自分のこれまでのトレーニングが正しかったと確信している。手術を受けたためにチームに貢献することができなかった。しかし、幸い今はシーズンオフなので、この期間に完治させたい」
●リバプールのラファエル・ベニテス監督は、イングランド・プレミアリーグ開幕を前に記者会見を行い、今季はプレミアリーグ優勝を第一目標とすることを宣言した。「われわれは、すべての試合に勝利を収めることを目標にしている。そして、すべての大会でベストの成績を残すことを目指している。しかし、もしその中でひとつを選ばなければならないとしたら、すべてのサポーターが望むプレミアリーグ制覇を選ぶ」
●チェルシーに所属するペルー代表FWクラウディオ・ピサロが、1年間の期限付きでブレーメンへの移籍が決まった。
●スコラーリ監督は17日のプレミアリーグ開幕のポーツマス戦でアネルカを起用するようだ。アネルカについて、スコラーリ監督は次のように語っている。「練習中のアネルカはすごく良いね。おそらく、センターフォワードとしてプレーすることになるだろう。親善試合でも良いプレーを見せてくれた。ただ、彼は静か過ぎる。『グッドモーニング』と言えば『おはよう』と返してくれるが、こっちが何も言わなければ、彼も何も言わない。静かな人間だからね。われわれはアネルカの心に火をともす必要がある。ぜひ皆さんも彼に言ってあげてほしい。『アネルカ、あなたは最高だ』とね。おそらく、今シーズンはアネルカのシーズンになるだろう。私はもっと、彼の考えをフィールドに取り入れるべきだと考えている。彼はすごく良いクオリティーを持っているからね」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。