UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/15UEFAサッカー情報
●バルセロナに新加入のDFダニエル・アウベスが、13日に行われたチャンピオンズリーグ予選3回戦のファーストレグで肩を負傷。少なくとも2週間は戦列を離れることになった。アウベスはヴィスワ戦の後半途中で転倒したが、その際に肩を傷めて途中退場した。検査によると、当初思われていたような深刻なものではなく、肩関節の捻挫ですんだ。
●レアル・マドリーは14日、ローマがブラジル代表FWジュリオ・バティスタ(26歳)と契約したと発表した。クラブの公式サイトの説明では、移籍金については触れていないが、ローマによると900万ユーロ(約14億7800万円)という。契約期間は発表されなかった。
●スペイン代表のデル・ボスケ新監督が初陣となる20日のデンマークとの親善試合に向けた招集メンバーを発表したが、ユーロ2008優勝メンバーに多少の変更を加えたのみとなった。アスレティック・ビルバオのDFフェルナンド・アモレビエタ(23)、MFアンドニ・イラオラ(26)、セビージャのMFディエゴ・カペル(20)、バルセロナのFWボージャン・ケルキック(17)の4選手が新たに招集された一方、ユーロ2008優勝メンバー、アルベロア(リバプール)、セルヒオ・ガルシア(サラゴサ)がメンバーから外れた。また、マルチェナ(バレンシア)、セスク(アーセナル)、パロップ(セビージャ)の3選手は負傷のため今回の招集は見送られた。
●FWアリスメンディのサラゴサ移籍について交渉中のバレンシアは、サラゴサのFWディエゴ・ミリートの現状について探りを入れたようだ。ミリートは、バレンシアのウナイ・エメリ監督のお気に入りの選手の1人といわれ、新シーズンの補強候補として以前から名前がとりざたされていた。
●バルセロナのシャビ・エルナンデスが、同クラブにおける公式戦出場数で歴代3位に並んだ。13日に行われたビスワ・クラクフとのチャンピオンズリーグ(CL)予備戦に出場したシャビは、通算出場試合数をギジェルモ・アモールと並ぶ421試合に伸ばし、ミゲリ、カルレス・レシャックに続くクラブ3番目の記録保持者となった。シャビは、ビスワ・クラクフとの第2戦に出場すれば単独3位となり、2位のレシャックの452試合という記録を目指すことになる。
●バルセロナのチキ・ベギリスタインTD(テクニカルディレクター)は、ダビド・シルバがバレンシアに残留し、もはや獲得の見込みがなくなったにもかかわらず、「まだチームは完全にできあがっていない」と述べ、移籍市場が締め切られる8月末まで補強の可能性があることを示唆した。バルサの第一希望はシルバだったが、ベギリスタインTDは今もなお移籍市場を観察し続けているようだ。「シルバ? いい選手だったが、ああいう事情だったから仕方ない。引き留めに成功したバレンシアを祝福する。可能性のないものはどうすることもできないからね。いずれにしても移籍市場は8月31日までオープンだ」
●バレンシアのダビド・シルバは、自身がクラブ残留を決意した理由について語った。13日に契約条件の見直しについてクラブと合意に達したシルバは、残留の決め手となった理由について、「監督は最初から僕のことを支え、信頼してくれた。僕にとってこれは極めて重要なことだ」と述べ、ウナイ・エメリ監督との関係がその理由のひとつだったことを明かした。また家族の存在も大きかったようで、「家族はすべての面でいつも僕を助けてくれる。僕にとって彼らの意見は本当に大切で、重要な位置を占めている。僕と同じように彼らもここで充実した日々を過ごしている」と話した。さらに、「僕はバレンシアという街が大好きなんだ。ここでは皆が僕によくしてくれる。だからこそほかのことはあきらめた。僕はまだ若い。日々しっかりと練習を積んで向上していきたい」と、バレンシアへの愛着を示した。
●チャンピオンズリーグ予備3回戦のビスワ・クラクフ戦で2得点を挙げ、チームの勝利(4-0)に貢献したエトーは試合後、「僕はいつだってバルセロナの選手であると感じている。バルサ以外でプレーすることは想像できない」とコメントし、自身のクラブへの思い入れを強調した。2007-08シーズン、ホーム最終戦のマジョルカ戦でバルサが敗れた際、カンプ・ノウの観衆からブーイングを浴びせられたエトーは、当時のファンの態度について「過去は過去。今は将来を見据えなければならない」と応じ、過去の出来事にこだわらない姿勢を示した。
●ブンデスリーガの開幕を目前に控え、シャルケはこの夏加入したばかりのジェフェルソン・ファルファンが1カ月の欠場を余儀なくされたと発表した。ファルファンはチャンピオンズリーグ予選3回戦のファーストレグ対アトレティコ・マドリー戦の試合途中に、肩を傷めて退場。
●イタリアのメディアは14日、ユベントスがスラビア・プラハ所属の19歳のUー21チェコ代表FWトマシュ・ネシドの獲得に興味を示していると報じた。
●FIFAはアドリアン・ムトゥ(29歳)に対し、チェルシーに、2004年のドーピング検査で陽性になったことに伴う1368万ポンド(約28億円)の賠償金を支払うように命じた。チェルシーが14日に発表した。
●今週末にいよいよ新シーズンが開幕するプレミアシップだが、アーセナルFWエマニュエル・アデバヨル(24歳)は「今シーズンタイトルを手にするためには、自分たちのスタイルを捨ててでも勝ちにいかなければならない」とコメントした。
●ニューカッスル・ユナイテッドは15日、デポルティーボ・ラ・コルーニャからアルゼンチン代表DFファブリシオ・コロッチーニ(26歳)を獲得したと発表した。契約期間は5年間で移籍金額は明らかにされていない。
●今夏チェルシーに入団したMFデコが「早く一緒にプレーしたい」と、移籍問題で揺れていたMFフランク・ランパードの残留決定を喜んでいる。ランパードはクラブと新たに5年間の契約を結んだ。デコは「ランパードはチェルシーに残るだろうってずっと思っていた。彼と同じチームでプレーしたいと願っていた一人として、彼の残留を凄く喜んでいる。(自分にとって)新環境への適応は、問題というほどのことでもない。」
●13日に行われた北京五輪サッカー男子の1次リーグ最終戦のイタリア対カメルーン戦(0-0)が波紋を呼んでいる。カメルーン戦を前に準決勝進出を決め、1次リーグ首位通過を狙うイタリアと準決勝進出が懸かったカメルーンが、試合の前半中盤から明らかにドローを狙ったプレーを展開したためだ。両チームの五輪精神に反するプレーに試合終了後5万人の観客は大ブーイングを浴びた。また、試合をスタジアム観戦したFIFAのブラッター会長も両チームの姿勢を厳しく批判した。イタリア五輪代表のピエルルイージ・カシラギ監督は「我々は全ての試合でベストを尽くすように心掛けている。しかし、今日は暑さとピッチコンディションの悪さに苦しめられた。結果的にカメルーンが優位に試合を展開した。我々はリズムを取り戻そうと試みたが、終盤は危険を冒したくはなかった」と説明。試合結果が故意ではないとアピールした。一方、FIGC(イタリアサッカー協会)のアベーテ会長は「ブーイングは観客の自由だ。しかし、我々には達成しなければならない目標がある」とコメント。イタリア五輪代表を擁護した。
●15日のベンフィカとの親善試合で先発出場が予定されていたインテルのブラジル代表FWアドリアーノ(26)。インテル、アヤックス、アーセナル、セビージャが参加したアムステルダム杯でゴールを決めるなど、復活の兆しを見せていたアドリアーノだが、練習中の負傷によりベンフィカ戦の欠場が決定した。
●アストン・ビラの公式サイトは、ノルウェー人FWヨン・カリューがクラブとの契約を2011年まで延長したことを発表した。現在28歳のカリューは2007年にアストン・ビラへ移籍。
●フランスの司法当局は、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス・リーグカップへの参加を認める判断を下した。昨シーズンの同大会で、PSGの一部サポーターが相手を侮辱する横断幕を掲げたことにより、フランスサッカー協会の上級委員会はPSGに対し、今シーズンの同大会から除外する処分を決定していた。しかし、パリ行政裁判所は今回、同委員会の処分は不適当であるとして、この処分を無効とする判決を下した。
●英国『デイリー・メール』紙は、トッテナムがセビージャに所属するマリ代表FWカヌーテの獲得に動いていると報じた。カヌーテは、2003年から05年までトッテナムに所属。05年にセビージャへ移籍した際、当時指揮を執っていたのが現在トッテナムの監督を務めるファンデ・ラモス氏である。ファンデ・ラモス監督の指揮の下で、カヌーテはUEFA杯連覇を経験した。
●KNVB(オランダサッカー協会)は、ロシア代表との親善試合(20日、モスクワ)に臨むオランダ代表のメンバーを発表した。この試合が就任後初さい配となるファン・マルワイク監督は、ファン・ボメル(31歳)を招集。ファン・ボメルは前監督のファン・バステン(現アヤックス監督)との関係が悪化し、2006年ワールドカップ以降代表を辞退していた。
●ポルトガル代表のカルロス・ケイロス新監督は、20日に行われるフェロー諸島との親善試合に招集するメンバーを発表した。レアル・マドリーのペペ、アトレティコ・マドリーのシモンら、ユーロ(欧州選手権)2008に出場した主力メンバーに加え、今回新たにマラガのドゥダ、バレンシアのマヌエル・フェルナンデス、ディナモ・モスクワのダニー、スポルティング・ブラガのエドワルドらが招集された。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。