UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/07UEFAサッカー情報
●ビジャレアルのスペイン代表MFサンティ・カソルラ(23)は昨シーズン、リーガを2位でフィニッシュしたチームはリーガで“その他のチーム”から“屈指のチームの一つ”に成長していると自信を深め、今シーズンは全てのクラブの夢である何かしらのタイトルを獲得したいと意欲を見せている。「昨シーズンのレベルで戦い続けたい。目標だと思っている。他のチームも僕らとの対戦で多少は注意を払ってくるだろうけれどね」。昨シーズンと同じレベルをキープし、戦うことに加え、タイトル獲得を目指すというカソルラ。新シーズンに向けてのベンチについても「僕らには素晴らしいメンバーが揃っているし、各ポジションで選手層は充実している」と見ている。
●バルサのカメルーン代表FWサミュエル・エトーは予期せぬことが起こらない限り、クラブに残留するという流れに傾いている。エトーを構想外としたグアルディオラ監督だが、その考えを撤回するつもりでいるようだ。エトーがチームに合流してからの3週間を通じて、グアルディオラ監督は彼の姿勢を評価。トレーニングだけでなくピッチ上でも好パフォーマンスを見せ、ゴールという結果を残している。実際、エトーは5得点で今プレシーズンのチーム得点王となった。プレー時間たった160分間で5ゴール、つまり35分に1ゴールという計算となる。また、自身の去就を巡ってメディアが騒ぎ立てる中、チームに無用な波風を立てるような発言をしないよう沈黙を守り続けていることもプラスだ。
●バティスタの代理人を務めるエルミニオ・メネンデス氏は「ローマは1200万ユーロ(約20億円)を提示しているが、レアル・マドリー側はこの金額に納得していない。また、バティスタには他クラブからもオファーがあるが、いずれのクラブも彼の価値を正当に評価するオファーを提示してはいない」と明かした。
●ロナウドの残留表明にレアル・マドリーのベルント・シュスター監督は「クリスチャン・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッド゙残留を決断したと聞き、非常に残念だ。しかし、彼の意思は尊重しなければならない。移籍を決断していれば、今以上に強い選手となる可能性は高かったのだが…」
●セビージャのクラブ公式サイトによると、昨年8月25日の試合中に心臓発作を起こし、直後に亡くなったアントニオ・プエルタ選手を追悼するため、来たる8月23日にホームスタジアムにマラガを迎えて“第1回アントニオ・プエルタ杯”を開催することになった。
●アルゼンチン五輪代表のセルヒオ・バチスタ監督は、同代表の北京五輪初戦となるコートジボワール戦にリオネル・メッシをスタメン起用することを予告した。バチスタ監督は「バルセロナはメッシを五輪に派遣する義務はない」とするスポーツ仲裁裁判所(CAS)の決定を冷静に受け止めているようだ。メッシは数日前に「もしバルセロナに戻らなければならないなら、その通りにする」とコメント
●バルセロナの関係筋によると、このCASからの判決を受け、現在米国遠征中で、ニューヨークに滞在しているジョアン・ラポルタ会長、チキ・ベギリスタインTD(テクニカルディレクター)、ジョゼップ・グアルディオラ監督の三者が話し合いを行い、チャンピオンズリーグの予備戦に出場させるためメッシをスペインに帰国させるか、それともこのまま北京五輪への参加を認めるか、クラブとしての最終決断を下すことになる。
●ウェストハムは6日、スウェーデン代表MFフレデリク・リュングベリとの契約を解除したと発表した。31歳のリュングベリはアーセナルから移籍した昨季はケガに悩まされ、28試合出場に留まった。契約は4年間だったが、結局1年を終えたところで退団することになった。
●ドイツのキッカー誌主宰の年間最優秀選手にバイエルン・ミュンヘンのフランス代表MFフランク・リベリ(25歳)が選ばれた。
●6日に行われたプレシーズンマッチで、主力に離脱者の多いマンチェスター・ユナイテッドがユベントスと0-0で引き分けた。足首のケガでリハビリ中のクリスティアーノ・ロナウド、ウィルス性感染で体調を崩しているウェイン・ルーニーに加え、ギャリー・ネビル、マイケル・キャリック、オーウェン・ハーグリーブス、パク・チソンがいずれも戦列を離れている現状で、ファーガソン監督はシーズン開幕に向けて頭を悩ませている。
●ポルトガルのメディアは6日、同国代表FWクリスティアーノ・ロナウドが新シーズンも引き続きマンチェスター・ユナイテッドでプレーすると報じた。「(マンUのアレックス)ファーガソン監督と僕は互いの意見を述べて、一番いいのは来季も僕がマンチェスター・ユナイテッドに残ることだと、二人で結論したんだ」というロナウドのコメントをLUSA通信社が報じた。このロナウドのインタビューは7日に発行されるポルトガルのプブリコ紙に掲載される。
●アーセナルのFWテオ・ウォルコットが新シーズンから背番号14をつけることになった。若きウォルコットが、サウサンプトンからアーセナルへ移籍したのは、あこがれのティエリ・アンリから多くを学びたいと思ったからだった。あれから2年半、イングランド代表にも招集されたウォルコットは、アンリがつけていた14番を背負うことになった。
●ACミランやバルセロナが正式オファーを提示し、今夏の移籍が噂されたアーセナルのトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール(24)が6日、アーセナルとの契約を2012年まで延長した。アデバヨールの年俸は推定400万ユーロ(約6億7000万円)。
●フィオレンティーナとの契約を2012年まで延長したルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥ(29)が現在の心境を明かした。「フィオレンティーナ残留が決まり、満足している。ASローマ移籍は契約書を交わす目前まで話が進んだが、自分の気持ちはフィオレンティーナにあり、承諾はしなかった。俺は退団を望んだことは1度もないのに、なぜ代理人が話を進めたのかという疑問はある。残留が決まったことに満足はしているが、後味の悪さは残っている。
●ACミランのブラジル代表MFカカ(26)は5月、ブラジル代表のチームドクターであるルンコ医師の執刀で左膝半月板の手術を受けた。しかし、未だ復帰の目処が立たないカカのコンディションにACミランのチームドクターであるメールセマン医師は、手術が無意味であったと指摘した。
●ポーツマスに所属するナイジェリア代表FWカヌーが、クラブとの契約を1年間延長したことが分かった。今夏での移籍がうわさされた32歳のカヌー
●ブレーメンとシャルケは6日、北京五輪サッカー男子のブラジル代表に招集されたMFジエゴ(23)とDFラフィーニャ(22)の五輪出場を容認すると発表した。
●23歳以下のサッカー選手の五輪出場に関する規定をめぐって、CAS(スポーツ仲裁裁判所)がリオネル・メッシの北京五輪出場への派遣を拒否するバルセロナの姿勢を認めたことを受けて、FIFA(国際サッカー連盟)のジョセフ・ブラッター会長は「失望している」と発言した。「FIFAは、CASの決定に驚くとともに失望している。しかし、この決定を尊重するしかない。とはいえ、われわれはすべてのクラブに言いたい。『選手たちを五輪に行かせてやってほしい』と。これこそ、五輪精神と完ぺきに調和する行為だろう」
●ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が、北京五輪出場のためチームを離れているブラジル代表FWロナウジーニョとFWパトについて、中国から呼び戻すことはないと改めて五輪に参加させることを認めた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。