UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/03UEFAサッカー情報
●所属のバルセロナが五輪出場を阻止する動きをみせるなかで、ついにアルゼンチン五輪代表に合流して中国入りしたリオネル・メッシが、オリンピックとバルセロナについて口を開いた。「僕は(一連の騒ぎでも)冷静だったよ。だって、自分が何をしたいかわかっていたからね。僕は自分がやるべきことをやった。昔から、アルゼンチン代表としてオリンピックに出場するのは夢だと言ってきたからね。代表チームメートには、代表合流を僕が嫌がったというような報道はウソだからと伝えた。早く合流したくてもできなかったんだよ」
●レアル・マドリーへの移籍のニュースが報じられたハンブルガーSVのMFラファエル・ファン・デル・ファールトについて、ブンデスリーガのクラブはオファーを断ったと明かした。マルティン・ヨル監督は常々、ファン・デル・ファールトを手放す気はないし、いざそういうときが来ても適正価格でなければと話していた。
●バルセロナのアメリカ遠征に帯同しているカメルーン代表FWサミュエル・エトー(27)が、噂されるASローマ移籍の可能性について語った。スペイン紙“AS”のインタビューに応じたエトーは「ASローマからオファーがあったようだが、俺はバルセロナの境遇に満足している」とコメント。ASローマ移籍の可能性を完全に否定した。
●“シシ”の愛称で知られる、バレンシアのMFシシーニョ・ゴンサレス・マルティネスは、正式にレクレアティボ・ウエルバの選手となり、ヌエボ・コロンビーノ・スタジアムにて入団発表が行われた。現在22歳のシシは過去2シーズン、バジャドリーへ期限付き移籍していたが、スピードとテクニックを兼ね備えた右ウインガーとして高い評価を受け、今オフ、バレンシアが買い戻しのオプションを行使していた。
●デポルティボ・ラ・コルーニャは、ニューカッスルへの移籍が決まったファブリシオ・コロッチーニの後釜として、アルメリアのルベン・マルティン・プリドに注目しているようだ。だが、現在アルメリアのプレシーズン合宿に参加している当の本人は、この移籍にはあまり乗り気ではないようだ。「興味を持たれていることは知っているが、今のところ自分のもとには何も届いていない。僕の希望はここに残ることだが、練習を続け、何が起きようと万全な状態でいたいと思う。アルメリアからの移籍が具体化し、クラブにとっても自分にとっても好ましいようであれば、移籍するかもしれない。でも、僕はここで満足しているから、話が具体化しないなら正直うれしいね」
●デポルティボのファブリシオ・コロッチーニがニューカッスルと5年契約を結んだ。この移籍により、デポルティボは1200万ユーロ(約20億1600万円)以上の移籍金をニューカッスルから受け取るようだ。コロッチーニの代理人、デポルティボ、ニューカッスルの3者は、1週間前に交渉をスタートさせたが、デポルティボ側が、かたくなに移籍金の上乗せを要求していた。
●サミュエル・エトーの移籍は、金銭面がネックとなり困難を極めているようだ。バルセロナが移籍金として最低4000万ユーロ(約67億2000万円)を要求する一方で、エトー自身も、5シーズン契約で、合計年棒7500万ユーロ(約126億円)という条件を出しているからだ。つまりエトーを獲得したいクラブは、合計で193億の支出を見込まなければらないことになる。エトーは現在、バルサから年俸1000万ユーロ(約16億8000万円)を受け取っており、まだ2シーズンの契約を残している。エトーとしては、移籍先のクラブが契約期間5シーズン、年俸1500万ユーロ(約25億2000万円)という条件を約束しない限り、バルサを出る理由はない。
●フランスリーグ開幕を前に、2日に恒例のチャンピオンズトロフィが行われ、ボルドーがリヨンをPK戦で退けてシーズン初のタイトルを手にした。リーグとカップ二冠のリヨンとリーグ準優勝のボルドーが対戦した試合は、ボルドーが終始優勢に進めながら、90分を終えても0-0だったため、すぐにPK戦に突入。リヨンの主将クリスがはずして、ボルドーが5-4で勝利した。これまで6年間、リヨンがチャンピオンズトロフィを独占してきただけに、これでローラン・ブラン監督率いるボルドーの新シーズンへの期待が高まった。
●バイエルン・ミュンヘンのイタリア代表FWルカ・トニが、シーズン開幕に間に合わないかもしれない。ふくらはぎのケガで日本遠征にも参加しなかったトニだが、今季初の公式戦となる10日のドイツカップ初戦も欠場するようだ。また、その前の5日にはインテルとの親善試合が予定されているが、祖国のチーム相手の試合にも出場できない。
●一部メディアで退団の可能性が報じられたエバートンのデイビッド・モイーズ監督が、この噂を完全否定。「どこにも行かない」と語り、今後は戦力補強に力を注ぐと語っている。今オフの戦力補強が思うように進まないエバートン。ポルトガル代表MFジョアン・モウチーニョの獲得に失敗するなど、ここまで新戦力の獲得がゼロとなっており、この状況に不満を持つモイーズが近日中に監督を辞任する可能性があると英国紙が報じていた。
●インテルのモウリーニョ監督がバルサのメキシコ代表DFラファエル・マルケス獲得に興味を示しているようだ。ワルテル・サムエル、イバン・コルドバ、クリスティアン・キブに加えてマルコ・マテラッツィも故障者リスト入り。つまり、センターバック4人をケガで欠き、新シーズンに向けディフェンスの要を確定できないという非常事態に陥っており、モウリーニョ監督がディフェンダーの補強をクラブ側に要請したとウェブサイト“calciomercato.com”が報じている。
●「フィジカルの強いフォワードとサイドアタッカーを狙っている。ダビド・シルバ(バレンシア)は魅力的な選手だが、移籍金が高額すぎる。ポドルスキは素晴らしい選手だが、ASローマのスタイルに合うとは思えない。マルダは情報を集めている最中だ。ジュリオ・バティスタはフィジカルの強い選手だ。クリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリー移籍が成立すれば、バティスタは放出される。また、ロビーニョのチェルシー移籍が成立すれば、マルダはASローマに移籍することになるだろう」とスパレッティ監督。
●ポルトガル代表のMFクリスティアーノ・ロナウド(23)のレアル・マドリー移籍に難色を示し続けてきたマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が一転して移籍を容認する発言をした。スペイン紙“AS”のインタビューに応じたファーガソン監督は「ロナウド?外国人選手の慰留は簡単ではない。今日のサッカー界で、選手が同じクラブに10年以上在籍することは異例と言えるからだ。その選手が外国人であればなおさらだ。2週間後に何が起きるかを予測することは難しく、2年後はさらに難しい。クラブの将来についてこれ以上コメントする気はない。なぜならば、それは私の仕事ではないからだ」と現在の心境を明かした。
●モラッティ会長は「彼は非常に真面目だ。ランパードがインテル移籍を望んでいたことは事実だが、家庭の事情でチェルシー残留を決断した。彼は父親と深い絆で結ばれており、環境面での大きな変化にも不安を抱いていたようだ。我々は彼がチェルシーと決別することを望んでいたが、同時にその願いが叶う可能性が低いことも理解していた。そういう訳で我々は、将来有望な若手選手、ムンタリの獲得に乗り出した。彼の加入には満足している」と説明
●ガリアーニ副会長は「マルディーニ加え、ボネーラやシミッチなどセンターバックでプレー可能な選手は多数いる。また、アンチェロッティ監督はアンブロジーニの起用も検討している。彼はヘディングが強くインテリジェンスな選手であり、私は彼がセンターバックとして通用すると考えている。外国のチームのように、緊急時はポジションの変更を試みなければならない。我々は過去にピルロのポジション変更を試みたことがあるが、成果を得た。アンブロジーニ本人にも話をしており、彼も『準備はできている』と応えてくれた」
●オーレ・グンナー・スールシャールの引退記念試合が2日、オールド・トラフォードで行われ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)がエスパニョルを1-0で下した。この特別な親善試合に招待されたエスパニョルだが、序盤から敵陣深くへと攻め込み、積極的なプレーを見せた。この日出場した若手選手の“生きのよさ”は、エスパニョルがシーズンを乗り切るための最大の助けとなるかもしれない。
●7月31日に左足首のボルト除去手術を行ったバイエルンのフランス代表MFリベリーが、9月に復帰できることが分かった。リベリーは、ユーロ(欧州選手権)2008のグループリーグ第3戦のイタリア戦(0-2で敗戦)で、左足首の靭帯(じんたい)を断裂。6月19日にミュンヘンで手術を受けていた。バイエルンはクラブの公式サイトで次のような声明を発表している。「手術は何も問題なく終わった。リベリーはすでにリハビリを始めている」
●イブロックス・パークで行われた親善試合でグラスゴー・レンジャーズと対戦したリバプールは、フェルナンド・トーレス、ダビド・ヌゴグ、ヨシ・ベナユン、シャビ・アロンソ(PK)の得点により4-0で勝利を収めた。試合後リバプールのラファエル・ベニテス監督は、初競演となったトーレスとロビー・キーンの2トップの動きに合格点を与えた。「トーレスとキーンは新シーズン、トップで強力なコンビを組めることを証明した。今日は2人ともいい動きを見せた。また、彼らとスティーブン・ジェラードとのコンビネーションも、ベナユンとカイト同様、息が合っていた。5人の攻撃的選手はいずれも非常にクレバーでレベルの高いプレーを披露した」
●チェルシーはロビーニョ獲得をあきらめていないようだ。チェルシーのピーター・ケニヨン最高経営責任者(CEO)は、ミランのカカへの関心を否定し、「ロビーニョの獲得だけに集中している」ことを明らかにした。ロビーニョをめぐる状況は、チェルシーが最初にレアル・マドリーとコンタクトをとった当時からあまり変わっていない。ケニヨンCEOはチェルシーの公式サイトで、「ロビーニョ獲得のチャンスがあると考える理由は、レアル・マドリーがずっと彼の“代役”を探しているからだ」と述べ、同選手の移籍にはクリスティアーノ・ロナウドの行方が大きく影響するとの見方をほのめかしている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。