FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/07/28UEFAサッカー情報
●移籍が残留か、その去就が注目されるバルセロナのサミュエル・エトー。インテル、チェルシー、トッテナム、レアル・マドリーなどへの移籍が噂されるが、ジョアン・ラポルタ会長は最近になって、エトーが望むなら残留もありうるとの発言をしている。26日のダンディー・ユナイテッド戦でのプレーを見ると、たしかにバルサが残したいと思っても不思議ではない。しかし、その試合後、エトー本人は沈黙を守り、ただ「もうすぐ話せる」とだけ言った。
●スコットランド遠征第2戦目となる、対ダンディー・ユナイテッド戦で1-5と快勝したバルサ。後半から出場し、キレのあるドリブル、ゴール感覚を見せつけたレオ・メッシはハットトリックを決め、初戦に続きこの試合でも主役となったが、メッシの活躍をお膳立てした一人はサミュエル・エトーだ。メッシのハットトリックにはエトーが絡み、メッシとエトーは息の合ったプレーを何度か見せていた。「エトーが出て行かないことになったらいいね。世界のどこにも彼のようなセンターフォワードはいないよ」。試合後、エトー残留を希望するコメントを残したメッシ。自分を理解してくれている仲間がいるからこそ、生まれたプレー、ゴールだと考えているのだろう。またチャビも「エトーは違いを作り出せる選手だし、ケガからの復帰後も素晴らしいレベルにある。僕らにとって重要な選手であり、プロの手本だ」とコメント
●ベティスのミゲル・アンヘルがマラガに移籍することになった。移籍交渉がまとまるまでの数日間、チームメートと別メニューで練習していたMFは、ようやく自身の将来を知ることができた。この移籍に際し、マラガはベティスに対し10万ユーロ(約1700万円)を支払うことになる。一方、同じベティスのフランシスコ・ホセ・マルドナードのスポルティング・ヒホンへの移籍も秒読み段階となっている。ベティスが同選手の移籍金として30万ユーロ(約5000万円)を要求しているのに対し、スポルティングは値下げを希望しているが、両者の差は大きなものではなく、来週にも合意に至る見込みだ。
●サラゴサのリカルド・オリベイラの去就問題は、この2週間のうちに決着することになりそうだ。オリベイラは数日前に、他クラブからのオファーの期限を8月15日に定めたことを、アガピト・イグレシアス会長およびマルセリーノ監督に伝えており、サラゴサはその日まで気を抜けないとはいえ、同選手残留に向けての手応えを感じている。
●オーストリア遠征中のレアル・マドリーは27日、オーストリアリーグのLASKリンツと対戦し、3-2でプレシーズンマッチの初戦を飾った。
●レアル・マドリーのベルント・シュスター監督は、プレシーズンマッチ初戦となったLASKリンツ戦の後に記者会見を行い、この試合でサイドアタッカーとして活躍したロッベンについて、「自分が何者であるかをアピールしようとする並々ならぬ意欲を感じる。彼は練習の初日から体にキレがあり、スピードもあった。今日の試合でもスピードという武器を十分に発揮した。ここ数日の練習では明らかにほかの選手に差をつけている」と、意欲の高さとコンディションのよさを評価した。
●チェルシーが再び攻勢に出た。イギリスの『テレグラフ』紙によると、先週ロビーニョに4000万ユーロ(約67億6000万円)のオファーを提示したチェルシーは、移籍金を4400万ユーロ(約74億3500万円)にまで増額したという。一方レアル・マドリーは、「ロビーニョはチームの主力選手で、シュスター監督のチーム構想に入っている」と、ロビーニョ残留を一貫して主張している。いずれにしても、レアル・マドリーがクリスティアーノ・ロナウドの獲得に成功すれば、ロビーニョ自らも好印象を持っているチェルシーへの移籍は間違いない、というのがイギリスでの一般的な見解である。
●レアル・マドリーは、クリスティアーノ・ロナウドの獲得を狙う一方で、この計画が失敗した場合の代替策を慎重に検討している。現時点の最有力候補は、やはりダビド・ビジャとラファエル・ファン・デル・ファールトだろう。“グアヘ”(ビジャの愛称)については、「チームのスターを売却するかどうか」というバレンシアの決断を待っているところだ。バレンシアの苦しい財政状態と、選手本人のマドリーへの思いを考慮すれば、移籍の可能性は十分にある。ハンブルガーSVとの交渉をあせる必要も全くない。ハンブルガーSVはファン・デル・ファールトの移籍金として1300万ユーロ(約22億円)を要求しているが、レアル・マドリーは600万ユーロ(約10億円)以上の額を払うつもりはない。しかし、移籍は時間の問題だろう。ファン・デル・ファールトとハンブルガーSVの契約が終了する1年後には、レアル・マドリーはわずか150万ユーロ(約2億5000万円)で同選手を獲得できるようになるからだ。
●残りわずかとなった休暇を満喫中のアーセナルのMFセスク・ファブレガスは、『マルカ』紙のインタビューで、レアル・マドリーへの移籍の可能性について語った。「(レアル・マドリーの)ラモン・カルデロン会長に対しては、“ノー”とは言っていないが、“今はレアルに行く時期ではない”と答えてある。もちろん、サッカー史に残る偉大なクラブであるレアル・マドリーに注目されることは大事だと思っている」セスクはまた、2008-09シーズンのスペインリーグについて、「今年も優勝候補はレアル・マドリーだろう」と予想した。また、バルセロナへ移籍した元チームメートのアレクサンドル・フレブに関しては「得点力を要求されないのであれば、フレブはトップクラスの選手だろう」と評した。この夏、話題の絶えないクリスティアーノ・ロナウドについては、「マンチェスター・ユナイテッドがリーグとチャンピオンズリーグを制したのは、ひとえにクリスティアーノのおかげだ。もしレアル・マドリーに来れば、タイトル獲得に貢献するに違いない」と、ライバルのスター選手に称賛を惜しまなかった。最後にユーロ(欧州選手権)2008優勝の余韻については、「今でもイタリア戦で蹴った(勝利を決める)PKが時々頭をよぎる」と述べている。
●ニューカッスルがインテルのDFニコラス・ブルディッソ獲得に乗り出すようだ。英国のサンデイスター紙によると、ニューカッスルはすでに500万ユーロ(約8億2000万円)を提示、少なくとも650万ユーロ(10億6700万円)を支払う用意があるという。センターバックでもサイドでもプレーできるアルゼンチンDFについては、フィオレンティーナが興味を示していることは知られているが、選手本人は移籍のつもりはないと宣言している。
●パリ・サンジェルマン(PSG)がプレシーズン・マッチで順調な仕上がりぶりを見せている。レキップ紙によると、26日ベルギー1部のゲントと行なった試合を2―1で制し、プレシーズン5勝目(1引き分け)をあげた。試合が行なわれたPSGの本拠地パルク・デ・プランスには、プレシーズン・マッチとしては異例の1万人を超える観客が集まった。お目当ては、この試合がパリ・デビューとなったマケレレとジュリの2人。サポーターからスタンディング・オベーションで迎えられ、マケレレはデビュー戦でいきなりキャプテン・マークをつけて登場した。ル・グエン監督が採用したシステムは4―4―2。マケレレとクレマンを守備的MFに配し、トップ下の左右にロテンとセセニョン、ジュリとオアロの2トップという布陣だ。しかし点が入ったのは、“目玉”の2人が交代してからの後半。“忘れられた元フランス代表”リュインドゥラと、移籍の噂が絶えないパンクラットが意地を見せた。
●今夏、アーセナルへ移籍したMFサミア・ナスが、新天地でのプレーについて意気込みを語った。「僕にとって、アーセナルは理想的なクラブだよ。これまでにも数多くの選手がトップクラスに成長しているからね。クラブとして安定していることは重要なことだよ。選手の出入りが激しいようではいけないと思う。ベンゲル監督はフランス人だし、チームには若い選手も多い。ベストな選択をしたと思っている。僕はとにかくアーセナルのスタイルが好きなんだ。昨シーズンは、ワクワクしながら試合を観ていたよ。このスタイルはもはや文化だし、サッカーが持つ最高な面を表現していると思う」
●今シーズンから松井大輔が所属しているリーグ・アンのサンテティエンヌが27日、ナンシーのセンターバック、セバスチャン・ピュイグルニエを獲得したと発表した。レキップ紙などが報じている。ピュイグルニエは26歳、187センチの大型DF。ナンシーで5シーズン(うち1部は3シーズン)にわたりレギュラーを務めた。長身を生かした攻撃参加も得意で、06-07年シーズンには6得点をあげている。3得点をあげた昨季はリーグ・アンのベストイレブンに選ばれた。フランス代表候補にたびたび名前の挙がる選手だ。
●ドイツでは新シーズンのこけら落としとなるスーパーカップが行われ、ボルシア・ドルトムントがブンデスリーガ覇者のバイエルン・ミュンヘンを2-1で下し、シーズン初タイトルを獲得した。この試合が公式戦初采配となったユルゲン・クロップ監督のもと、ドルトムントは積極的な攻撃を見せ、バイエルンを圧倒した。同じく初采配となったバイエルンのユルゲン・クリンスマン新監督も後半にフレッシュな選手を次々と送り出して勝機をうかがったが、一歩及ばなかった。
●北京オリンピック開幕まであとわずか。しかし、イギリスでは早くも次のオリンピックに話題が集中している。というのも、2012年大会がロンドンで開催されるためだ。そして、4年後の大会に向けて、イギリスではある計画が練られている。その計画とは、ロンドンでのオリンピックのサッカー競技において、英国4協会(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)で出場せずに、4協会を統一してイギリス代表として出場しようというもの。さらに、このイギリス代表の監督に現マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ガーガソンを据えようという構想が浮上している。
●07-08季王者のインテルはセリエBのバーリと27日、練習試合を行い、FWクルスのゴールに加えFWアドリアーノもPKを決めるなど2-0の勝利を収めた。この日後半から出場し、インテル復帰後初得点を挙げたアドリアーノは「これからも練習に集中して、平常心を保ち続けなければならない。合宿は順調に進んでいる。たとえ練習試合であっても、結果を求めて最善を尽くすつもりだ。今日の試合でも我々のクオリティーを証明することができた」と満足感を漂わせて語った。
●ACミランのイタリア代表MFアンドレア・ピルロ(29)が去就について語った。一部メディアで「ピルロは退団を望んでいる」と報じられたことについてピルロは「ミランでの居心地は良い。ミランとの契約も長く残っており、自分にとってここ以上のクラブは存在しないと思っている。現役引退までミランでプレーを続けていたい。契約はあと2年残っているが、契約更新を願っている」と語り、噂を完全に否定した。
●チェルシーの公式サイト上でケニヨン最高責任者は「契約延長に向けて、ランパードとの話し合いは順調に前進している。彼とシェフチェンコそしてドログバが揃って新シーズンを迎えられることを願っている」と掲載。
●トリノはエンポリからDFフランチェスコ・プラタリを獲得した。トリノの公式サイト上で発表が行われた。
●アストン・ビラのDFウィルフレッド・バウマがインタートトカップのOBオーデンセ戦で重傷を負った。嫌な形でグラウンドに倒れ込んだ際には骨折の恐れもあると見られていたが、病院での検査の結果は足首の強いねんざ。いずれにしても長期間の離脱を強いられることになりそうだ。
●ナポリはインタートトカップの試合で大きな痛手を被った。28歳のMFマリアーノ・ボッリャチーノが右足を骨折してしまったのだ。スタディオ・サンパオロのグラウンドに空いた穴につまずいたのが原因で、ボッリャチーノはパニオニオスとの試合で途中交代を余儀なくされた。
●少なくとも3人の主力選手がシーズン開始までにセルティックを去ることになりそうだ。まずはレアル・マドリーやエバートンでもプレーした32歳のデンマーク人トーマス・グラベセン。スコットランド・プレミアリーグで3連覇中のゴードン・ストラカン監督は、もはや彼を構想外と見なしているようだ。「個人的な問題ではない。プレーのシステムの問題だ」とストラカンはグラベセンに関して語った。「われわれのプレースタイルは彼には合わない。私は1人の選手のために戦い方を変えるわけにはいかない。彼とそういう話をして、状況を理解してもらった」
●2008-09シーズンのローマの攻撃陣に新たに加わるのはフランス人のジブリル・シセかもしれない。コートジボワールにルーツを持つFWシセは現在マルセイユに所属しており、昨シーズンは16ゴールを記録。フィオレンティーナからの獲得交渉が失敗に終わったムトゥの代役として有効な戦力となる可能性もある。ローマのフロントが目を付けているもう1人の選手はハンブルガーSVのオランダ人ラファエル・ファン・デル・ファールトだが、高額の移籍金のためシセよりも獲得が難しそうだ。
●アレックス・ファーガソン監督の悩みは日ごとに増しているようだ。マンチェスター・ユナイテッド(マンU)の誇るスター、クリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリー入りが近づく一方で、移籍が実現した場合に獲得が検討されていたディミタール・ベルバトフとの交渉も困難を極めているからだ。『タイムス』紙の報道によると、ファーガソン監督とトッテナムのダニエル・レビー会長の関係は悪化の一途をたどっており、ベルバトフのマンUへの移籍は難しくなっているという。C・ロナウドの移籍に加えて、ベルバトフの獲得失敗が重なるという最悪のシナリオを想定したファーガソン監督の対策として、現在4人の代役が挙がっている。サミュエル・エトー、ロケ・サンタクルス、カリム・ベンゼマ、そしてレアル・マドリーへの移籍を夢見るダビド・ビジャだ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.