UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/28UEFAサッカー情報
●今オフの移籍が噂されるバレンシアのFWダビド・ビジャの獲得に、トッテナムが乗り出した。中心選手の退団が噂されるスパーズは、ユーロ2008得点王の獲得で攻撃陣の穴埋めを狙いたい考えのようだ。
●バルセロナが既にグアルディオラ新監督の構想外となっているカメルーン代表FWサミュエル・エトー(27)と、リヨンのフランス代表FWカリム・ベンゼマ(20)のトレードを検討していることが26日、判明した。
●アスレティック・ビルバオは、創立110年の歴史の中で初めてユニホームの胸に民間企業のスポンサー広告を入れることになりそうだ。初の企業スポンサーとなるのは、“ペトロノール”という地元バスク地方の石油精製会社で、契約期間は3シーズンの予定。同社会長とビルバオのガルシア・マクア会長の間では、すでに合意に達しているといい、来週火曜日に行われる新シーズンに向けてのチームプレゼンテーションで、ファンに新しい“スポンサー名入りユニホーム”が披露される予定となっている。
●メキシコ遠征からマドリーに戻ったアトレティコのハビエル・アギーレ監督は、マニシェの将来に関する記者陣の質問に、「わたしは今マドリーに着いたばかりで何も知らない」とコメントし、「その件は後で話す機会があるだろう」と明確な回答を避けた。昨年のリケルメに続き、今年はマニシェがチーム構想の争点となっているアトレティコ・マドリーだが、先日、本人がクラブ公式サイトに「アトレティコ・マドリー残留」を望むコメントを載せたことで、フロント、コーチ陣は再び「マニシェ問題」に頭を悩ませることになった。
●レアル・マドリーのベルント・シュスター監督は、うわさされるロビーニョのチェルシー移籍に待ったをかけた。ロビーニョのレアル・マドリーでのモチベーションを上げるため、徹夜して同選手のゴール集をビデオ編集したらしいシュスター監督は、あらためてロビーニョの重要性を強調した。「ロビーニョが出て行くとは思っていない。彼はレアル・マドリーのプロジェクトに必要な選手であり、私たちと一緒に戦わなければならない。彼には昨シーズンの自身のゴール集を見せた。われわれにとってロビーニョは最も重要な選手の一人であり、今後何年にもわたって彼が必要となるだろう」
●マンチェスター・ユナイテッドが英国の移籍金最高額となる3200万ポンド(約65億6000万円)で、アルゼンチン代表FWカルロス・テベスと契約すると、26日付の英紙が伝えた。24歳のテベスは1年前にウェストハムから2年の期限付き契約で加入したが、近々完全移籍となるようだ。ユナイテッドは、テベスの保有権を持つメディア・スポーツ・インヴェストメント(MSI)社に移籍金を支払うことになる。
●チェルシーのMFミヒャエル・バラックが、マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督に反撃した。バラックは、「チェルシーには30代以上の選手ばかりで急成長が望めない」と語ったファーガソン監督に対し、「サッカーは年齢でするものじゃない」と反論した。
●ハンブルガーSVがオランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールト(25)を1300万ユーロ(約22億円)で売却する用意があると 独紙“ビルト” が報じている。1300万ユーロ。ファン・デル・ファールトの移籍についてレアル・マドリーと交渉を始めるにあたりハンブルガーが要求する最低価格だ。
●シンガポールで行われている北京五輪に向けたブラジル代表合宿に参加中のACミランFWアレシャンドレ・パト(18)が、五輪への意気込みを語った。「五輪では、毎試合1得点を目標に最終的に6得点を挙げて、得点王になりたい」と具体的な目標を掲げたパト。一方、2年目を迎えるACミランでの目標についてパトは「アンチェロッティ(監督)からの信頼を勝ち取ることができて、幸せだ。来季の目標得点数を掲げることは、あえて避けたい」と語った。
●19歳以下(U19)欧州選手権は26日、チェコのヤブロネツで決勝が行われ、ドイツがイタリアを3-1で下し、優勝した。ドイツは1981年の旧西ドイツ、86年の旧東ドイツに続く3度目の制覇。
●ブラジル五輪代表のカルロス・ドゥンガ監督は、以前からうわさになっていたことを正式に発表した。2008年の北京五輪では、ミランの新たなエースとなったロナウジーニョがブラジル代表のキャプテンを務める。大会に参加するためあらゆる手を尽くしたロナウジーニョの努力は、最高の形で報われることになった。ドゥンガにとっては特に難しい選択ではなかっただろう。ロナウジーニョを選んだ理由に関しては、ポータルサイト“テラ”のインタビューに対してこう説明している。「彼がキャプテンを務めるのはこれまでの経験によるものだ。五輪代表のチーム全体から尊敬されている選手だ」
●インタートトカップは土曜日に3回戦の第2戦が行われた。イングランドのアストン・ビラは、苦戦の末3回戦を突破(ヤングのゴールでオーデンセに1-0で勝利)。オーストリアとハンガリーの中欧ダービーは、シュトゥルム・グラーツがアウエーのブダペストでホンベドを破った(ハースが決勝ゴール)。デポルティボ・ラ・コルーニャはイスラエルのブネイ・サフニンに対して1-0(バレロンのゴール)の辛勝に終わったが、第1戦を制した時点ですでに勝負は決まっていた。日曜日にはローゼンボリ対NACブレダ、リガ対エルフスボリ、シュツットガルト対サトゥルン・ラメンスコイェの3試合が行われる。3回戦を突破したチームはUEFAカップ予備戦の2回戦へと進む。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。