FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/07/23UEFAサッカー情報
●チェルシーのピーター・ケニオンCEOが、レアル・マドリーFWロビーニョ(24歳)に興味を持っていることを認めた。しかしながら、同じブラジル代表のカカに巨額のオファーを送ったとされる件については否定している。
●アトレティコ・マドリーのハビエル・アギーレ監督が「ファン・ロマン・リケルメと契約を結びたい」とアルゼンチン代表MFに興味を示している。昨夏は契約寸前まで話が進むも結局実現せず、リケルメは古巣ボカ・ジュニアーズに復帰した。しかし、アギーレ監督は2002年から6年間スペインでプレーしたリケルメのテクニックに惚れ込み、今でもアプローチを続けていると噂されている。「リケルメは我々が求めるタイプのフットボーラーだ。彼は我々の補強リストに載っている他の名前とはわけが違う。私は違いを生み出すラストパスを送れる選手を求めてきた。移籍市場は8月31日まで開いているし、我々にはまだ時間がある」
●アルゼンチンのオリンピック代表チームに招集されているリオネル・メッシは21日、バルセロナのチームメートとともにスコットランドに到着した。メッシは22日に東京で代表チームと合流することになっていたが、バルサはチャンピオンズリーグ予選を理由にメッシのオリンピック出場に難色を示していた。今後、FIFAが介入して、バルサにメッシのオリンピック出場を命じる可能性もある。
●去就が注目される一人、レアル・マドリー所属のブラジル代表FWロビーニョが同クラブと契約延長する動きがでてきている。スペイン紙“マルカ”がトップ紙面で報じ、5年契約、給料はこれまでの180万ユーロ(約3億円)から大幅アップの300万ユーロ(約5億円)となる見込みだ。この契約延長オファーはチェルシーのロビーニョ獲得への動きに応じてのものだろう。
●ローマは、アトレティコ・マドリーに在籍するホセ・アントニオ・レジェスにオファーをしたが、どうやらアトレティコおよびレジェスに断られたと見られている。というのも、レジェス本人が質問に答える形で、「アトレティコとの契約があと3年も残っているし、スペインから出るつもりはない」とコメントしており、イタリアに渡る可能性を否定している。
●元アルゼンチン代表のベテランMFサンティアゴ・ソラーリ(31)のアトレティコ・マドリーへの移籍が近づいているとアルゼンチンの複数メディアが報じている。昨シーズンいっぱいでインテルとの契約が満了したソラーリは現在フリーの身であり、希望のクラブと契約できる。ソラーリは複数のオファーを検討しており、その中にはローマ、アトレティコ・マドリーからのオファーもあるとのこと。
●レアル・マドリーが、現在世界で最も将来を有望視されている若手の一人、16歳のブラジル人FWフィリッピ・コウチーニョの獲得を狙っていることが判明した。コウチーニョはバスコ・ダ・ガマのユース所属で16歳になったばかり。バスコ・ダ・ガマの幹部は、500万ユーロ(約8億4000万円)でレアル・マドリーと契約する準備を進めていると明かした。
●ファビオ・カンナバーロの代理人は、カンナバーロが来年以降もマドリーに残るとは考えていない。『ラディオ・キス・キス』のインタビューを受けた代理人ガエターノ・フェデーレは、カンナバーロ兄弟がセンターバックのコンビを組んでプレーする姿を見たいと望んでいるナポリのサポーターにわずかな希望を与えた。
●一方、バルセロナからの移籍の瞬間が近づいているもう一人の選手が、カンテラ(下部組織)出身のDFオレゲルだ。同選手は現在、21日から始まったチームのスコットランド遠征に参加しているが、アヤックスの練習に合流するため、間もなく同地を後にする可能性がある。アヤックスはオレゲル獲得のために、バルセロナが設定している移籍金300万ユーロ(約5億円)に加え、インセンティブ200万ユーロ(約3億4000万円)を支払う条件で合意に達していると推測されている。
●バレンシアの状況の変化を受け、トップ下の補強が優先課題となっているアトレティコ・マドリーが、シルバ獲得に動く可能性が出てきた。アトレティコのアギーレ監督は、新シーズンに向けた補強の候補としてシルバをリストアップしたもよう。このアトレティコの動きは、今に始まったことではない。スポーツディレクターのガルシア・ピタルチは「シルバの件は2007-08シーズン終盤から続いている」
●「レアル・マドリーが5年間の契約更新を検討している」との報道について質問されたロビーニョは、「僕はレアル・マドリーで長くプレーしたい。ここで満足しているし、このまま続けたい」と述べ、前日の「レアル・マドリーから出たい」という発言を自ら否定するコメントを発した。
●アルゼンチンサッカー協会(AFA)は、アルゼンチン五輪代表に選出された選手全員が、変更なく北京五輪に出場することをあらためて通知した。この中には当然、メッシも含まれる。しかし所属先のバルセロナは、メッシの五輪出場には依然反対の立場を貫いており、21日から始まるチームのスコットランド遠征にも帯同させる予定だ。
●ローマがチェルシーのフランス代表MFフロラン・マルダ(28歳)に興味を示している、とイタリアのメディアが報じた。
●オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトが「ハンブルガーSVでプレーするのも今シーズン限りとなるだろう」と来夏の移籍を示唆した。
●レアル・マドリーでメディカルチェックを受けたブラジル代表FWロビーニョは、そけい部のケガが見つかり、OA枠でのオリンピック出場を辞退したと、所属クラブが21日に発表した。
●ガーナ代表の主将ジョン・メンサーがプレミアリーグ移籍のチャンスを断り、リヨンと5年契約を結んだ。25歳のセンターバックは、ポーツマスとウィガンが獲得を目指していたが、移籍金840万ユーロ(約13億8000万円)でフランスチャンピオンと契約した。
●オランダ代表DFハリド・ブーラルーズ(26歳)がシュトゥットガルトに移籍したと、チェルシーが21日に発表した。
●インテルの新監督にモウリーニョが就任したことで先行きが不安視されているのがセルビア代表のデヤン・スタンコビッチ。ラツィオを経て04年からインテルで活躍しているが、昨シーズンに大きくパフォーマンスを落としてしまい、モウリーニョの構想外となっている模様だ。数週間前にはユベントスへの移籍が浮上。しかし、数シーズン前にユベントスのスクデットが剥奪されてインテルに渡った際に、スタンコビッチがユベントスを執拗にけなしたことで、ユベントスのファンが彼の加入に猛反発。
●ジェノアに在籍した昨シーズン、19ゴールを挙げてセリエA得点王争いの3位となったマルコ・ボリエッロ。得点王デル・ピエロの21ゴールと2ゴール差だったが、ジェノアという小クラブでのゴールラッシュは、数字以上に評価されるべきものだった。その活躍が認められ、今シーズンは晴れてパスを保有しているミランへの復帰が決定。アレシャンドレ・パトやフィリッポ・インザーギらとともにFWのポジションを争うことになった。
●ミラノ行きの航空機の搭乗者リストに、リカルド・クアレスマ(24)の代理人を務めるホルヘ・メンデス氏の名前があったことが判明した。ポルトのポルトガル代表MFクアレスマのインテル移籍の可能性は、両クラブの提示額に大きな開きがあり消滅したかに思われていたが、ここに来てポルトが金額を2500万ユーロ(約42億円)まで引き下げたことで、移籍交渉が再開された。
●08-09季のACミランの新しいユニフォームが21日、発表された。新加入のMFロナウジーニョ(28)の背番号に注目が集まっていたが、予想された「10」、「11」、「20」ではなく、ロナウジーニョの生年月日1980年3月21日にちなみ「80」となった。
●モウリーニョ監督は「ランパードは契約が満了するまでチェルシーに残留する可能性が高くなった。そういう訳で、今すぐ彼がインテルに移籍する可能性は低い。しかし来年は、ランパードの獲得はより容易となる」と明かした。
●アヤックスとPSVの公式ウェブサイトによると、PSVのMFアイサッティ(19歳)は、アヤックスと4年契約を結んだ。
●チェルシーは、GKペトル・チェフと2013年までの5年間の契約延長に合意したことを発表した。
●バルセロナとの5年契約に合意しているブラジル人DFエンリケ・アドリアーノ・ブスは、契約書にサインするために数日中に現地入りする予定だ。エンリケは、すでにバイヤー・レバークーゼンへの期限付き移籍を受け入れており、グアルディオラ新監督の下で新シーズンを迎えることはなさそうだ。
●UEFA(欧州サッカー連盟)はユーロ(欧州選手権)2012の開催国をポーランドとドイツに変更することを本気で検討しているようだ。イギリスの『デイリー・テレグラフ』紙の報道によれば、ミシェル・プラティニ会長はウクライナの準備状況に満足できていないようだ。ユーロ2012が開催される場合、会場はベルリンとライプツィヒの2個所のみとなりそうだ。いずれにしても、9月にボルドーで行われるUEFA執行委員会で最終的な決定が下される。
●ミランの年間シートの販売は大きな成功を収めつつある。年間予約席のチケットにサポーターが殺到しているようだ。ミランは月曜の現地時間18時の時点で2万5014枚の年間チケットが売れており、売上は903万1414ユーロ(約15億2987万円)になったと発表した。昨年は、販売開始から同じ日数が経過した時点で2万3612席、売上は784万7356ユーロ(約13億3000万円)だった。ロナウジーニョの加入でサポーターに熱気が戻ってきた。
●パリ・サンジェルマン(PSG)は、チェルシーのMFクロード・マケレレの獲得を発表した。2008-09シーズンより、フランスリーグでプレーすることになる35歳のマケレレは、チェルシーと2009年6月までの契約を結んでいたが、フランスのメディアによると、チェルシーは先週「違約金を請求せずに同選手の移籍を認める」ことを決定したという。
●ボローニャとラツィオが合意に達した。MFガビ・ムディンガイが完全移籍の形でラツィオからボローニャに移籍する。ムディンガイは1981年10月1日にキンシャサ(コンゴ民主共和国)で生まれ、ベルギー国籍
●ブルーノ・フォルナローリはサンプドリアの選手となることが決定した。フォルナローリは21歳のウルグアイ人FWで、ナシオナル・モンテビデオから共同保有の形でサンプドリアに移籍する。支払われる金額は300万ユーロ(約5億1000万円)近く。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.