UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/15UEFAサッカー情報
●3日間。これがロナウジーニョの将来について解決策を見つけるためにバルサとロナウジーニョに与えられた期間だ。この期間内に交渉がまとまれば、マンチェスター・シティかミランか、ロナウジーニョの行き先がはっきりすることになる。
●「ロナウジーニョの去就は、今週中にははっきりするだろう」。バルセロナのホアン・ラポルタ会長が14日、ブラジル代表MFロナウジーニョの退団を示唆する発言をした。ロナウジーニョの移籍先として以前からACミランとマンチェスター・シティが濃厚と見られているが、ラポルタ会長は移籍先の言及は避けている。またカメルーン代表FWエトーについては「彼に対しては具体的なオファーは提示されていない。現状では監督の構想から外れているかもしれないが、エトーがここに残留する可能性は否定できない」と明かした。
●バジャドリーは、スウェーデン人FWヘノク・ゴイトムを買取オプション付きの期限付き移籍で、ムルシアから獲得したことを発表した。現在24歳のゴイトムは2003年、母国スウェーデンのベサルンドでプロとしてのキャリアをスタートした後、2シーズンをウディネーゼで過ごし、その後期限付き移籍で加入したシウダー・ムルシアでは2部リーグ有数のゴールゲッターとしてその名をとどろかせた。
●バレンシアは14日、クラブの公式サイトで、シャビエル・アスカルゴルタがスポーツディレクター(SD)に就任したことを発表した。54歳のアスカルゴルタは過去、スペインでは、エスパニョル、セビージャ、バジャドリー、テネリフェなどの監督を務め、海外でも、チリ、ボリビアの代表監督、メキシコのチバス、日本の横浜マリノス(現:横浜Fマリノス)などを率いた経験がある。
●イバン・デ・ラ・ペーニャは、2007-08年シーズンのほとんどをけがにより棒に振ってしまったが、この夏のプレシーズンをよい形でスタートさせたようだ。エスパニョルの顔ともいえる同選手は、現在の前向きな心境をこう述べた。「今は希望に満ちている。状態も良いので、シーズンを通じて何の障害もないことを願っている。けがすることなく、チームとともにプレーを楽しみたい」
●『マルカ』紙がスクープしたところによると、先日バレンシアの新経営者となったフアン・ビジャロンガは、ルイス・アラゴネスのバレンシア監督就任を切望しているらしい。フェネルバフチェの監督に就任したばかりのアラゴネス監督に対し同氏は、「すぐにフェネルバフチェとの契約を破棄してバレンシアに来るよう」説得しているという。同氏はクラブの役員会に対して、移籍のうわさが尽きないビジャとシルバの残留を保証しているが、さらに新シーズンに向けて大型補強を考えているようだ。バレンシアの役員の1人であるJ・Gマタジャーネスは、最初の補強ターゲットがレアル・マドリー所属(2007-08年シーズンはヘタフェでプレー)のルベン・デ・ラ・レッドであることを明かし、すでに獲得の可能性について探りを入れていることを認めた。デ・ラ・レッドとの契約はそう簡単ではないが、ビジャロンガ率いるクラブの役員会は、それに加えてバルセロアのシャビ・エルナンデスの獲得についても検討しているという。ユーロ(欧州選手権)2008での最優秀選手に選ばれたシャビは、元スペイン代表監督アラゴネスのお気に入りの選手でもある。シャビを手に入れることができるなら、アラゴネスもバレンシア監督の提案を前向きに考えるともくろんでいるのかもしれない。
●バルセロナはアーセナルに対し、トーゴ人FWエマニュエル・アデバヨル獲得のための最後のオファーを提示するようだ。イギリスの『デイリー・スター』紙によると、バルサからの新たなオファーは2000万ユーロ(約33億4000万円)+エトーだという。バルサはすでに、同選手獲得のため、アーセナルに3000万ユーロ(約50億円)のオファーを提示したが断られており、最後の切り札としてこのオファーを出す気らしい。
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ新監督は、14日のプレシーズン初日の記者会見で、移籍がうわさされるロナウジーニョについてコメントした。「バルサを出ることになっても、ロナウジーニョはさわやかな気持ちでクラブを後にするだろう。ファンも、これまでチームに貢献したロナウジーニョへの感謝の気持ちを胸に、彼を送り出すに違いない。バルサはロナウジーニョに対して何の不満もない。彼もクラブに対してそうであってほしい」リオネル・メッシのプレシーズンへの参加については、「FIFA(国際サッカー連盟)がメッシの北京五輪出場可否についての公式見解を出すまでは、彼のプレシーズン参加を前提にチーム作りを進める。今のところFIFAからは何の知らせも受けていない」と、FIFAの回答待ちであることを強調した。また、ティエリ・アンリについて、「彼の実力を信頼している。わたし個人の直感にすぎないかもしれないが、彼の存在を重要視すべきだと思う。センターFWとして活躍できるよう、できる限りのことはしたい」と期待感を表した。
●ローマは、ジュリオ・バチスタの獲得に本格的に乗り出すことを決めたようだ。ローマの大株主であるセンシ・ファミリーはバチスタ獲得のため、レアル・マドリーが要求する金額に近い1500万ユーロ(約25億3500万円)を提示する用意があるという。マンシー二のインテルへの移籍によって、ローマは1400万ユーロ(約23億7000万円)を手にした。さらに、ジウリーのパリ・サンジェルマン移籍が成立すれば、200~300万ユーロ(約3億4000万~5億1000万円)の追加収入を得ることになり、これでバチスタ獲得の資金が捻出(ねんしゅつ)できる。一方のバチスタは、すでに「レアルに残りたい」という意思を表明しており、「新シーズン、ローマではプレーしたくない」と公言している。
●マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドが、最低3か月間は戦列を離れ治療に専念することになった、とポルトガル代表チームのフィジオセラピストが明かした。
●インテルの主将ハビエル・サネッティ(34歳)が、ジョゼ・モウリーニョ監督ならクラブにヨーロッパNo.1の称号をクラブにもたらしてくれるはずだ、と新体制に期待を寄せている。「僕らは素晴らしい経験を持つ指揮官を手に入れた。モウリーニョの実績が、彼こそクラブにヨーロッパの栄光をもたらすのに相応しい人物だと物語っている。インテルはセリエA連覇を続けられるだろう。そして、CLでも成功を収めることを僕らは期待している」
●ブンデスリーガのシャルケは14日、オランダ代表MFオルランド・エンヘラール(28歳)の獲得でトゥウェンテと合意。15日にも2011年6月までの契約を結ぶことになったと発表した。
●ロシアのメディアは14日、トッテナムがロシア代表FWロマン・パブリュチェンコ(26歳)について、スパルタク・モスクワにオファーを提示する用意があると報じた。
●「ACミランとの契約延長が決定して、非常に嬉しく思う。ACミランの幹部から、将来を有望視されていることも確認できた。ここで信頼を築き上げていきたい。ただ、すぐにACミランに復帰するのではなく、これまで通りあと数年は出場機会が保証される他クラブでレンタル移籍選手としてプレーしていきたい」。今季はエンポリ(来季セリエB)で過ごした、ACミランが保有権を持つMFイニャツィオ・アバーテ(21)
●ユベントスの一員となったポウルセンは「名門クラブの一員となることができて、とても嬉しい。ユベントスは世界で最も重要なクラブの1つであり、ここで結果を出すことを願っている。俺は本来守備的MFだが、より攻撃的なポジションもこなすことができる。俺に対し『潰し屋』というイメージを持っているイタリア人にテクニックもあるということを証明し、あっと驚かせたい。セビージャでは素晴らしい経験を積んだが、今はユベントスの選手となれたことを誇りに感じている」
●ユベントスの今夏の補強は、セビージャのデンマーク代表MFクリスティアン・ポウルセン(28)の獲得をもって終了したようだ。「我々に残された課題は、第2GKの獲得のみとなった。今夏の補強結果には非常に満足しており、私に素晴らしいチームを用意してくれたクラブに感謝している」とクラウディオ・ラニエリ監督。
●フィオレンティーナのルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥ(29)がバカンスを終え、クラブの本拠地のあるフィレンツェに戻った。
●ASローマの主将フランチェスコ・トッティ(31)の個人トレーナーを務めるビート・スカラ氏が、トッティの復帰の目処について語った。トッティ自身が8月24日のスーパーカップ、インテル戦での復帰を目指していることについてスカラ氏は「フランチェスコは重傷を負ったので、スーパーカップへの出場はリスクが大きい。焦って試合に出場し、再び問題を抱えないためにも、復帰はコンディションが万全となるまで慎重に見守る必要がある」との見解を示した。
●ここ数日のアーセナルの動きもそのことを裏付けている。バルセロナやミランとの交渉に応じる姿勢がこれまで以上にはっきりとしてきた。アーセナルはアデバヨルの評価額を以前に比べて50%近く下げており、このこともアデバヨルの放出の可能性をさらに高めている。ミラン側に立って交渉を担当している国際代理人のビンチェンツォ・モラビト氏は、アーセナルの要求額が下がったことを明らかにした。「ガナーズ(アーセナルの愛称)のフロントが要求している金額は依然として高いが、最初に要求していた4500万ユーロ(約76億円)に比べれば大幅に下がった。アデバヨルの評価額はサミュエル・エトーやディディエ・ドログバといったワールドクラスのストライカーと比べても高いが、この2人の方が年齢が上であることも考慮しなければならない」
●オリンピック・マルセイユのサポーターはディディエ・ドログバの復帰を望んでいる。チェルシーから彼を買い戻すために募金まで開始された。ドログバを連れ戻すのに必要となる移籍金は2800万ユーロ(約47億円)と見られているが、現時点で集まったのは150万ユーロ(約2億5000万円)。“ドログバスロン”と名付けられた募金は、ウェブサイト『www.didier-revient.com』(フランス語のみ)で行われている。
●ブレーメンに所属するブラジル代表MFジエゴが、北京五輪参加を辞退することを表明した。ブレーメンとジエゴは14日に会談。ブレーメン側が北京五輪への参加を辞退してほしいという意思を伝え、ジエゴは来季の準備のためにドイツにとどまることを決断した。ジエゴは、北京五輪辞退について次のように語っている。「もちろん、北京五輪で自分の役割を果たしたかった。それは僕の夢だった。でも、ブレーメンは参加することを良しとしなかったんだ。僕は会談で決めたことを尊重する。チームの調整のためにここに残るだろう。来季を楽しみにしている」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。