FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/07/14UEFAサッカー情報
●ブラジル代表のロナウジーニョが、14日から始まるバルセロナのプレシーズントレーニング参加を拒否し、すぐにもミランへの移籍を完了させると、ブラジル、イタリア、スペインの各メディアが13日に報じた。オリンピック出場を拒んだバルサに対して、ロナウジーニョは憤慨しており、これを理由にFIFAの規則17条にある、自らの契約を買い取るという行為に出ようとしているようだ。これがうまくいけば、ミランは移籍金なしでロナウジーニョを獲得できることになる。ミランのGMは現在、カタルーニャで移籍交渉の最終段階を迎えており、48時間以内に移籍が発表されるのではと見られている。
●カタルーニャのスポーツTVは13日、バルセロナのロナウジーニョが、ミラン移籍から一転、マンチェスター・シティと移籍で合意したと報じた。ロナウジーニョの移籍先についてはここ数日、ミラン移籍が確実と見られていた。13日付のブラジル、イタリア、スペインの新聞は48時間以内にミラン移籍が決まると報じた。しかし、今回の報道では、ロナウジーニョはかねてから獲得を希望していたシティへの移籍を決めたという。ただし、このニュースを聞いたイタリア側は、このTV局がバルセロナと親密なところから、シティ移籍をちらつかせて移籍金をつり上げようとしているのではと受け止めている。
●2部に降格したサラゴサ所属のFWリカルド・オリベイラの将来は未だはっきりしない。オリベイラの代理人もサラゴサが彼を手放すために何をすればいいのか分からないと混乱している。先週、オリベイラの代理人であるカストロ氏は何度もサラゴサ側と話し合いを行ってきた。オリベイラに届いているいくつかのオファーを提示するためだ。しかし、このオファーはサラゴサの専務であるアガピト氏によりすべて却下されている。
●アルゼンチン代表の若きストライカー、セルヒオ・アグエロにプレミアリーグへの移籍が浮上した。英国大衆紙『ザ・サン』の取材に対し、アグエロの代理人がプレミアクラブからのオファーを認めている。昨シーズンのリーガ・エスパニョーラで37試合に出場し、20ゴールを記録したアグエロ。この20歳には欧州中のビッグクラブから注目が集まっているが、所属クラブのアトレティコ・マドリーは、移籍金として4400万ポンド(約93億円)以上を設定しているといわれている。それでも、プレミアリーグのトップクラブが、アグエロの獲得を目論んでいるようだ。アグエロの代理人は、「イングランドのビッグクラブからオファーを受けた。それをアトレティコ側にそのまま渡してくれと頼まれている。オファーについては、クラブ側と話し合うまで詳しいことは話せない」とコメント。しかし、「欧州でも一、二を争うクラブだが、チェルシーではない」と明かしている。
●アーセナルで9年間プレーし、プレミアリーグに精通したヴィエラは「ランパードはファンタスティックな選手だ。彼のようなレベルの高い選手とは誰だって一緒にプレーしたいはずだ。彼のインテル移籍が実現すれば、我々にとって今夏最大の補強となる。プレミアと比較してイタリア・カルチョはスペースが少ないが、フランクならすぐに馴染み、成功を収めるだろう。そして彼は、インテルでプレーを楽しめるはずだ。俺が保証する。インテルは欧州CL優勝を狙えるチームに成長している」
●五輪出場をめぐる問題でバルセロナとの溝が広がりつつあるブラジル代表MFロナウジーニョ(28)について、AEKアテネの元ブラジル代表FWリバウド(36)が自身の見解を明かした。「この問題について詳しくは知らないが、バルセロナの主張が正しいだろう。3月から試合に出場していないロナウジーニョが、現状で代表戦を優先するのはおかしい。彼はまずバルセロナで結果を出すべきだ。彼に給料を支払っているのはクラブだということを考えるべきだ。まずはバルサでコンディションを万全に戻し、監督の期待に応えることが重要だ。ブラジル代表としての出場はその後だ。順序を誤ってはいけない」とリバウド。
●ヘタフェはクラブの公式ウェブサイトを通じて、エステバン・グラネロと5シーズンの契約を結んだことを発表した。ヘタフェのアンヘル・トーレス会長とミカエル・ラウドルップ前監督の要請により、2007-08シーズン、レアル・マドリーからヘタフェに期限付き移籍していたグラネロは、シーズンを通じて素晴らしいパフォーマンスで実力を発揮。その結果、今回の移籍が実現した。なお、今回の交渉で、レアル・マドリーはグラネロの移籍契約に買戻しオプションをつけている。
●アトレティコ・マドリーは遠征先のメキシコでプエブラを相手にプレシーズン初となる親善試合を行い、0-1で敗れた。始動したばかりのアトレティコ・マドリーの動きは鈍く、選手に疲れが見えた。一方、1カ月前にプレシーズン入りし、メキシコリーグ開幕を直前に控えるプエブラはチームが仕上がっており、その差は際立っていた。
●オーストリア遠征合宿を1週間後に控え、レアル・マドリーの選手とテクニカルスタッフは14日、家族同伴でポルトガルのアルガルベに向けて出発する。クラブの公式サイトは今回の旅行について「プレシーズン合宿(7月21日)前の最後のバカンスをチームメートと共有し、新たなシーズンへのモチベーションを高めるのが目的」と説明している。家族の同伴を認める理由については「選手同士の親交を深める」と同時に「トレーニングを開始しやすい雰囲気を作る」ためだという。この“合同バカンス”は、世界的にも例を見ない先駆的な試みだという。
●16日の水曜日には、注目の08-09シーズンのリーグ組み合わせが決まる。チームに戻ってきた選手たちは、バカンス気分を引きずらないよう新シーズンに向けて頭を切り替えていかなければならない。
●レアル・マドリーの夏季キャンプに合流するため、ロビーニョはスペインへと戻った。ここ数日は、彼のチェルシーへの移籍の可能性が盛んにうわさされていた。レアル・マドリーがクリスティアーノ・ロナウドを獲得する場合、収支のバランスを取るためロビーニョとのトレードは欠かせないと見られていた。しかしロビーニョはそうは思っていないようで、スペインの『アス』紙のインタビューに対してはっきりとこう語った。「僕はレアル・マドリーのことしか考えていない。クリスティアーノ・ロナウドを獲得するための交渉にかかわるつもりはない」
●マヌエル・ペジェグリーニ監督が4シーズン前に就任して以来、ビジャレアルは南米サッカーへの依存を深めている。これまでも無数の南米選手がやって来ては去っていったが、チャンピオンズリーグ(CL)制覇を目指す今季も、同クラブの「必要な戦力は南米で探す」という方向性に変わりはない。チリ、エクアドル、アルゼンチンで指揮したチームを王者に導くなど、南米の事情通であるペジェグリーニは、同地域の移籍市場に特別な思い入れがあるようだ。
●インテルは13日、期待の若手ストライカー、ステファン・ジャコメッリ(18歳)をセリエC1のフォリーニョから期限付き契約で獲得した。U-19イタリア代表のジャコメッリは身長165センチ、体重65キロと小柄ながら、ユヴェントスのセバスティアン・ジョヴィンコと並んで将来を嘱望される存在となっており、活躍すればもちろん完全移籍の道が開ける。フォリーニョは「この移籍を見ても、我々の育成システムが優秀なことを示している」とビッグクラブの引き抜きを喜んだ。
●チェルシーのアンドリー・シェフチェンコが、サンプドリアと年俸問題が解決次第、期限付き契約で移籍するだろうと、13日にイタリアのメディアが報じた。サンプドリアのマロッタGMは、「シェヴァは喜んで加入してくれるだろう。だが、まだ年俸問題が残っている。トッププレーヤーの多くはサンプドリアを気に入ってくれるし、契約は実現すると思う」と話し、「うちには、ゴールにボールを押し込めると同時に、観客を興奮させるような前線の選手が必要なんだ」と、華のあるストライカーを求めていると付け加えた。
●ユベントスの元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFハサン・サリハミジッチ(31)が、来季の欧州CLについて語った。バイエルン・ミュンヘン時代の00-01季に欧州CL優勝を経験したサリハミジッチは「今は欧州CL予選にのみ集中するべきだ。なぜならば、予選突破も容易ではないからだ。バイエルン時代のパルチザン・ベオグラード戦は今でも鮮明に覚えている。今のユベントスは団結しており、コンディションは良い。可能な限り勝ち進んでいきたい」と意気込みを明かした。
●36歳になった今も現役にこだわり続ける理由についてリバウドは「モチベーションの問題だ。俺のモチベーションは下がることがない。今もバルセロナやACミランでプレーしていた頃と同様に練習し、試合に出場したいという情熱があるよ。サッカー馬鹿ということだ」とコメント
●UEFA(欧州サッカー連盟)のミシェル・プラティニ会長は、EU(欧州連合)に対し、「未成年のサッカー選手の移籍を禁止し、EU内の市場競争原理(※EU域内での加盟国による経済活動の自由保障)からスポーツを除外する」ように提案した。
●ポルトガルのメディアによると、FCポルトは、MFパウロ・アスンソンのアトレティコ・マドリーへの移籍により被った経済的損失をFIFA(国際サッカー連盟)に正式に訴える意向だという。ポルトは、「アスンソンの移籍により、クラブは2人の選手を新たに獲得せざるを得ず、その費用は、アトレティコから賠償金として受け取った60万ユーロ(約1億200万円)を上回っている」と主張している。
●米国のロサンゼルス・ギャラクシーに所属するイングランド代表MFベッカムが、史上最高の選手に元フランス代表のジダンの名を挙げた。レアル・マドリー時代にジダンとともにプレーしていたベッカムは、スペイン『マルカ』紙のインタビューで、「夢のようだった」とレアル・マドリー時代を振り返った。「ジダンと共にプレーした3年間は夢のようだった。彼は私にとって、とても偉大な史上最高の選手なんだ」そしてベッカムは、「現役選手の中でのベストプレーヤーはバルセロナのスペイン代表MFシャビだ」と語り、元チームメートでもあるレアル・マドリーのGKカシージャスについては、「世界最優秀選手賞を与えるべきだ」とユーロ(欧州選手権)2008での活躍を賞賛した。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.