UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/13UEFAサッカー情報
●バルセロナが、フルミネンセのMFチアゴ・ネヴェス(23歳)に注目していることがわかった。ロシア代表のアンドレイ・アルシャヴィンへの二度のオファーをゼニトに断られたバルサは、視線を南米に移したようだ。リベルタドーレス杯決勝でハットトリックを決めたネヴェスについては、欧州の複数のクラブが関心を寄せており、特にローマは獲得寸前と報じられた。バルサは、オリンピックでネヴェスの価格が沸騰する前に、1000万ユーロ(約16億4000万円)で、昨年のブラジル選手権最優秀選手を獲得したいようだ。
●セビージャのデンマーク代表MFポウルセンがユベントスに移籍することが決まった。11日にユベントスの幹部がセビージャ入りし、クラブ間での合意に達しており、あとは正式発表を待つのみとなっている。移籍金は契約解除金として設定されていた1000万ユーロ(約16億9000万円)で、ユベントスは週明け14日にもポウルセンと3年契約を結ぶことになる。ケイタやポウルセンの移籍をにらみ、ル・マンからコートジボワール代表MFロマリッチを獲得しており、昨シーズン終盤にヒメネス監督は、本来DFのファシオをアンカー役に使う3センターハーフのシステムを試し、一定の成果を収めている。場合によっては8月末までにボランチの補強を検討することになりそうだが、ここ数年出番の減っていたマレスカ、レナトらも同ポジションに控えているため選手層は厚い。アルゼンチンの新星ラウタロ・アコスタをセンターハーフで使うオプションもあることから、セビージャらしく欲しい選手はじっくり時間をかけて適正価格で獲得することになるだろう。
●デポルティボは、ダニエル・アランスビアとの契約に合意した。同クラブのミゲル・アンヘル・ロティーナ監督は、今オフの最優先補強選手として、アウグスト・レンドイロ会長に対しアランスビア獲得をリクエストしていた。リオハ出身のGKは、6月30日でアスレティック・ビルバオとの契約を終了し、自由契約選手になっていた。
●プレシーズンの合宿を兼ねて14日間のメキシコ遠征を行うアトレティコ・マドリーは、12日の深夜にメキシコシティに到着した。空港では選手一行がファンの熱狂的な出迎えを受けたが、特にメキシコ人のアギーレ監督は、4人の警官に守られながら、押し寄せるファンや記者たちの間を通り抜けなければならないほどだった。この遠征におけるアトレティコの最大のスターは、疑いなく“バスコ”(アギーレ監督の愛称)である。
●レアル・マドリーのベルント・シュスター監督は、新シーズンに向けてセンターフォワードの獲得を主張している。同監督の第一希望はセビージャのルイス・ファビアーノで、以前から同選手獲得をクラブに要求している。だが、クラブは現在クリスティアーノ・ロナウドの獲得に手がいっぱいで、ファビアーノについては動きが止まってしまっているのが現状だ。シュスター監督はFW陣のメンバー不足を感じており、レギュラーのファン・ニステルローイとラウルに続く、質の高い第3FWの獲得をもくろんでいる。
●ポルトガルのスポーツ紙『ア・ボラ』によると、ベンフィカとサラゴサは、パブロ・アイマールの移籍交渉で合意に至ったという。同紙は、アイマールの移籍金を約750万ユーロ(約12億7500万円)と報じている。ベンフィカのテクニカルディレクター、ルイ・コスタとサラゴサのクラブ関係者は、11日午後、マドリーで会談し、移籍契約の基本的な条件において合意に至ったようだ。報酬の支払い方法などの詳細部分が決まり次第、契約書にサインが交わされるもよう。アイマールがキケ・サンチェス・フローレス監督の指揮下でプレーするのは、同選手のバレンシア在籍時代に続いて2度目となる。
●不信任案投票での辛勝、その直後の主要幹部8名の辞任と、バルセロナの“お家騒動”は泥沼化の一途をたどっている。窮地からの脱出を図るジョアン・ラポルタ会長は、ヨハン・クライフを“スポーツディレクター”に就任させる可能性を検討しているようだ。
●ロナウジーニョは、もしバルセロナが北京五輪参加を認めない場合、クラブとの契約を破棄することも考えているようだ。ブラジルの『オ・グローボ』紙のウェブサイトは、“ジーニョ”(ロナウジーニョの愛称)は、来週月曜日に予定されているバルサのプレシーズン練習初日には参加しないと報じた。同サイトはまた、ロナウジーニョはクラブの“五輪出場禁止令”に怒り心頭で、もしバルサが五輪への参加を妨害するならば、クラブとの契約を破棄する可能性もある、と伝えている。同じバルサのサミュエル・エトーは、「国の栄誉を守るため」という理由により、クラブからカメルーン代表として五輪に出場することを許可されているのも不満の理由という。
●元フランス代表のジネディーヌ・ジダンが、パリ郊外のサンドニで行われた1998年ワールドカップ(W杯)優勝10周年を祝う記念試合、98フランス代表-世界選抜で、“レ・ブルー(フランス代表の愛称)”のユニホームに袖を通した。会場であるスタッド・ド・フランスに集まった観客は7万5000人。試合は3-3の引き分けに終わったが、ジダンのゴールなどで盛り上がりを見せた。
●ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドが、カルロス・ケイロス氏の代表監督就任を歓迎、チームを精巧に導くために適任だと話した。、「彼は適任だよ。ここしばらく彼と一緒にやってきたが、彼はこの仕事にうってつけの人物だ」と話した。しかし、 FIFAのブラッター会長の「奴隷」発言を支持したことで物議を醸したことについては、「これについてはもう一切話さない。うんざりしているんだ」
●ビッグクラブへの移籍が噂されるロシア代表MFアンドレイ・アルシャヴィン(27歳)が、アーセナルへの移籍を目指していることがわかった。同選手の代理人が、アーセナルから1900万ポンド(約40億2500万円)のオファーを提示されたと明かした。アルシャヴィンが一番に希望していたバルセロナとは移籍金額でまったく折り合わなかったが、これならばゼニトが要求している2400万ポンド(約50億8500万円)にまだ近いと言えそうだ。同代理人は英紙の取材に、「アンドレイはなんとしてもアーセナルに移籍したがっている。彼のプレースタイルなら(アーセナルに)完璧にフィットするはずだからね」と話した。
●イタリア首相でミラン前会長のシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が、アンドリー・シェフチェンコの復帰を熱烈に希望していることがわかった。チェルシーはこれまで期限付き契約でしか移籍はありえないと主張してきたが、どうやら方針を変更したようだ。シェフチェンコも、年俸が現状の800万ユーロ(約13億5000万円)から500万ユーロ(約8億2000万円)になるのもいとわないと話しているという。
●12日付の英サン紙は、マンチェスター・ユナイテッドが今夏最初の補強として、トッテナムのFWディミタル・ベルバトフ獲得に乗り出したと報じた。ファーガソン監督はこれまでも27歳のストライカーへの興味を明らかにしていたが、11日夜についにブルガリア代表に対し2000万ポンド(約42億3700万円)のオファーを提示した模様だ。
●ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長がイタリアのメディアに、アーセナルのFWエマニュエル・アデバヨル獲得を諦め、クラブのスター選手たちの契約更新に集中すると明かした。ガッリアーニ副会長はブラジル代表をチームに引き留めるためにクラブは「犠牲もいとわない」と話した。「ヴェンゲル監督との交渉は中止し、カカを手始めに現在ミランに所属する選手たちとの交渉をするためにあらゆる犠牲を支払う」
●マドリードのライバルクラブ同士が興味を示していると報じられているオランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトは12日、噂を一蹴し、ハンブルガーSVでもう1年やることになるかもしれないと話した。
●インテルのマッシモ・モラッティ会長は12日、チェルシーのイングランド代表MFフランク・ランパード(30歳)がミラノへやってくるかどうかはすべて選手次第と話した。モラッティ会長は、「チェルシーへはオファーを提示した。あとは選手の決断次第だ。我々は彼を欲しいと思っているが、もうこれ以上のことはできない」
●ユヴェントスがデンマーク代表MFクリスティアン・ポウルセン(28歳)を正式に獲得したとのニュースが流れると、サポーターが反対の声を上げた。ユヴェントスがプレシーズンのトレーニングを行っているグラウンドに現れたサポーターは、「信じられない。あんたらはまたロクでもない選手:ポウルセンを獲得した」と書いた横断幕を掲げていた。ユーヴェのファンは、ハードマークが身上のポウルセンよりも、シャビ・アロンソのようなクリエイティヴな中盤の選手を求めている。
●フランスが自国で開催されたW杯で初優勝を成し遂げてから10年。98年大会決勝でブラジルを破った7月12日に、伝説がつくられたスタッド・ド・フランスでメモリアル・マッチが行なわれる(現地時間21時キックオフ。日本時間13日午前4時)。同スタジアムのオープン10周年イベントの一環でもある。
●11日にポーツマスへ移籍したイングランド代表FWピーター・クラウチが、不遇を囲ったリバプール時代の心境を告白。「確かにチームのためにプレーすること自体は受け入れていたし、監督がローテーションで選手を使うことも分かっていたよ。でも、誰にだって譲れないラインというものがある。シーズンの終盤は本当に厳しい状況だった。正直、イライラが募っていた。だって、いくら調子が良くて、ゴールを決めていても、次の試合には出場出来ないんだから。もちろん、リバプールではポジション争いが熾烈だ。それでも毎試合出場して、チャンピオンズ・リーグでも先発で使ってもらいたかったけど、無理だった。それが移籍を決めた理由のひとつさ」
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、アストン・ビラのMFガレス・バリーの獲得に乗り出したようだ。バリーはリバプール移籍が最有力とされていただけに、獲得交渉は混沌を極めることになりそうだ。バリー獲得について、11日にアストン・ビラと交渉を行なったリバプール。獲得はほぼ確実とされ、交渉の大半はアストン・ビラ側が設定する移籍金1800万ポンド(約38億円)の減額を巡るものだったといわれている。
●現役時に“サッカーの神様”と称されたペレは「もし『奴隷』であるならば、その人物は契約書もなく、そして無償で働かなければならない。一方、契約書にサインし、その職業に従事するものは契約書を尊重しなければならない。クリスティアーノ・ロナウドは契約期間が満了すれば、彼の自由に移籍することができる」とコメント。契約に縛られる状況下でも「移籍は選手の意志を尊重すべき」とのブラッター会長発言を痛烈に批判した。
●アストン・ビラからユベントス移籍が決まったスウェーデン代表DFオロフ・メルベリ(30)が12日、入団会見に臨んだ。「自分のプレーをするために移籍を決意したが、ユベントスのようなビッグクラブでは、まずチーム内で自分のポジションを確保しなければならない。また、欧州CLの舞台は自分自身にとって、そして国内リーグ戦とヨーロッパの大会で頂点に返り咲くことを目指しているユベントスにとって感動となるだろう」
●FIFAのジョセフ・ブラッター会長が、ロナウドの置かれる立場を「現在の奴隷のようだ」と発言し、ロナウドがその発言を支持したことに憤慨するファーガソン監督は「このような発言を繰り返すのであれば、マンチェスターにおけるクリスティアーノの人生は地獄と化するだろう」と英紙“Daily Star”のインタビューで語り、ロナウドへの怒りを爆発させた。
●ユベントスの元ポルトガル代表DFジョルジュ・アンドラーデ(30)が、選手生命の危機に瀕していることが明らかとなった。昨年9月に左膝骨折の重傷を負い、2度の手術を受けたアンドラーデは、10日の練習でまたしても左膝を負傷した。当初、捻挫程度の軽傷と楽観視されていたが、検査の結果、膝蓋骨骨折の再発であることが明らかになった。
●インテルはフランク・ランパードを手に入れるためにあらゆる手を尽くす準備がある。一方のチェルシーも、ランパードを手放したいとは全く考えていない。そこでインテルは、確かな価値のある、しかも復活への意欲に溢れている選手の譲渡を交渉材料に含める可能性もある。アドリアーノである。どの程度の現実味がある話なのかは分からないが、ブラジルの『オ・グローボ』紙が報じた。
●土曜日にはインタートトカップ2回戦の第2戦が行われた。グラスホッパーはアルバニアのベサにアウエーで3-0の勝利を収め3回戦に進出。ホンベド、FKリガ、チェルノモレツ・ブルガス、ネフチ・バクー、エルフスボリもそれぞれ3回戦へと進んだ。
●ピサは困難な状況に置かれている。新監督には元ミランのDFアレッサンドロ・コスタクルタが就任することが確実視されていたが、コスタクルタは家庭の事情を理由に就任を断った。
●アルゼンチンのイタリア領事館の告発を受け、アルゼンチン人判事、ノルベルト・オヤルビデ氏は、サッカー選手約150人のイタリア国籍パスポートを偽造したと疑われる国際犯罪組織の捜査に着手した。当局の情報筋によると、今回のパスポート偽造の収益は3000万ペソ(約10億2000万円)前後で、現在、逮捕者数は40人に上っているという。
●ACミランは、獲得を希望するアデバヨルの移籍金をアーセナルがあまりにも高く設定したことで、ロナウジーニョにターゲットを戻す可能性があるようだ。イタリアの『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙によると、アーセナルはアデバヨルの移籍金として2800万ユーロ(約47億6000万円)を要求しており、ミランはこれを不当に高い金額だと考えているらしい。ミランは、アデバヨルの獲得が不発に終わった場合、すでに忘れら去られたと思われている案件を思い出すことになるかもしれない。ロナウジーニョの移籍金は、当初3500万ユーロ(約59億5000万円)に設定されていたが、その後2500万ユーロ(約42億5000万円)まで下げられており、現在ミランからは1500万ユーロ(約25億5000万円)のオファーが可能だと推測されている。
●バイエルン・ミュンヘンの新監督ユルゲン・クリンスマンは10日、シーズン前の選手補強はひとまず終了であることを明らかにした。8月15日に始まる新シーズンに向けてバイエルンが新たに獲得したのは、ドイツ代表MFティム・ボロウスキ(ベルダー・ブレーメン)およびGKハンス=ヨルク・ブット(ベンフィカ・リスボン)の2選手のみである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。