FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/07/09UEFAサッカー情報
●カタルーニャのスポーツ紙は8日、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が10日に辞任するだろうと報じた。先週末の不信任投票ではかろうじて生き延びた同会長だが、経営委員会が10日に緊急会議を招集することになったのだ。
●ウィンブルドンで初優勝したスペイン人テニスプレーヤー、ラファエル・ナダルが、「会長、獲得するはずのクリスティアーノ・ロナウドはどこにいるんですか?」と聞くと、カルデロン会長は、「落ち着け、ラファ。すべては私に任せなさい。準備は整っているんだから」と答えたという。
●就が注目されるアーセナルのMFアレクサンドル・フレブだが、彼の気持ちはすでに決まっているようだ。それはバルサに移籍することだ。英メディアによると、フレブはアーセナルを辞めたがっているが、ベンゲル監督が首をタテにふらないことから両者の関係は悪化しているとのこと。「僕のフットボールへの考え方はベンゲルのものとはかなり違う」とスタイルの違いを指摘するフレブ。さらに、自身が最大の力を出せない理由の一つにセスクの存在をあげ、「セスクがクラブで最大のパフォーマンスを発揮できない理由の一つ。彼はエゴイストだ。シュートチャンスがある時、彼は常に自分で狙おうとする。彼よりも他に良いポジションにチームメイトがいたとしてもね。僕はそういうことはしない」と批判の矛先はセスクにまで及んでいる。
●バルセロナ所属のブラジル代表MFロナウジーニョ(28)の北京五輪出場はほぼなくなった。ブラジル代表を率いるドゥンガ監督はロナウジーニョを北京五輪メンバーとして招集していたが、バルセロナはこれを拒否した。バルセロナはクラブの公式サイト上で「ロナウジーニョは、来週月曜(14日)から開始される08-09シーズンのバルセロナの始動日となる合宿に参加しなければならない。五輪はFIFAが定める公式戦ではないので、選手を代表戦に出場させる義務はクラブにはない」と理由を説明した。
●クリスティアン・ポウルセンは、「ユベントスはシャビ・アロンソ獲得に失敗した後、ポウルセンにアプローチしている」と報じたイタリアメディアのニュースを否定した。「僕はセビージャに満足している。ユベントスのことは新聞で知ったが、具体的な話は全く知らない」
●バレンシアに所属し、今シーズンはアスレティック・ビルバオへ期限付き移籍していたアシエル・デル・オルノが、来シーズン、バレンシアに復帰する。デル・オルノはバレンシアの公式サイトで、「チームにとって重要な選手になれると確信している。自分の価値をピッチで証明したい」と、復帰への意欲を語っている。
●ビジャレアルは8日、アリエル・イバガサの入団発表を行った。イバガサは会見で、「ビジャレアルでぜひ優勝カップを手に入れたい。ここで活躍して、アルゼンチン代表に復帰できればいいと思っている」
●アトレティコ・マドリーがハンブルガーSV所属のオランダ代表MFファン・デル・ファールトに興味を示している。9日付の『アス』紙は、A・マドリーがすでに1500万ユーロ(約25億3000万円)のオファーを出したと報じている。だが、ファン・デル・ファールトと2010年まで契約を結んでいるハンブルガーSVは、最低2000万ユーロ(約33億8000万円)の移籍金を要求しており、移籍交渉は難航することが予想されそうだ。
●ポルトガル1部リーグのベンフィカが、エスパニョルのFWルイス・ガルシア獲得に動いている。ベンフィカはすでに1000万ユーロ(約16億9000万円)のオファーを出しているが、エスパニョルが要求する移籍金は1500万ユーロ(約25億3000万円)。金額面での開きはあるが、両クラブとも歩み寄りの姿勢を示しており、数日中にも移籍決定となる可能性が高い。ベンフィカのキケ・フローレス監督は、昨年のバレンシア監督時代にもルイス・ガルシアの獲得をフロントに打診していた。
●エスパニョルは深刻な財政難にひんしており、ルイス・ガルシアだけでなくアルゼンチン代表DFのサバレタ、元スペイン代表MFのリエラら主力選手の放出が確実視されている。身売りのうわさがあるマジョルカが昨季のリーガ・エスパニョーラ得点王のグイサをフェネルバフチェに放出したように、現在のスペイン国内は深刻な経済危機下にある(特に急激な地価の下落)。1部リーグの大半のクラブが財政難に陥り、各クラブは例年よりも低い補強予算でチーム作りが求められているだけに、今後もビッグネームの流出がありそうだ。
●リーグアンに昇格したナントは8日、クロアチア代表FWイヴァン・クラスニッチ(28歳)を4年契約で獲得したと発表した。クラスニッチは前所属のブレーメンとの契約が切れ、フリートランスファーでの移籍となる。
●アーセナルが、FWエマニュエル・アデバヨルの獲得を目指すミランと取引に応じる構えを見せている。バルセロナも興味を示すパワフルなトーゴ代表ストライカーの売却を拒否してきたアーセナルだが、ミランのガッリアーニ副会長が「アーセナルが送ってきた文書にアデバヨルの件で喜んで話し合いに応じたいと書いてあった。書面には“6月13日に連絡を取った際にアデバヨルの件で取引に応じるつもりはないと伝えたが、まだミラン側がこの件について興味を持っているなら、我々は取引に応じる構えだ”とあった。もしアデバヨルがアーセナルを去るのなら、我々はなんとしても彼を手に入れたいね。もしバルセロナからオファーが届けば、彼がその誘いにノーと言えないのは明らかだが……」とコメント
●アヤックスFWクラース・ヤン・フンテラール(24歳)の代理人が、マンチェスター・ユナイテッドとの接触を否定する一方で、適切なオファーが届くのを待っているとアピールした。
●チェルシーのルイス・フェリペ・スコラーリ新監督が、オフシーズン中に少なくとも7選手を解雇すると明言した。「現在32選手が所属しているが、今こそチームを変える時だ。新しくチームに来る者もいれば、去っていく者もいるだろう。私は23~25名の選手たちと共に仕事をしたい。30選手もいるとユースチームから選手を引き上げることができないからだ。このことは選手たちにも昨日話してある。私が必要なのは最大で25 選手だとね」
●リバプールのラファエル・ベニテス監督が、スペイン代表FWダビド・ビジャの獲得に乗り出すことを示唆した。ピーター・クラウチの退団が決定的となったFW陣に、ユーロ2008得点王を補強し、プレミアリーグ最高のFW陣を形成したい考えだ。「ウチにはフェルナンド・トーレス、アンドリー・ヴォロニン、ディルク・カイト、ライアン・バベルというFWが揃っている。それに、スティーブン・ジェラードもセカンドストライカーとしてプレーできる。ただし、オプションを増やすことは考えている。ビジャのことはよく知っているし、ウチの獲得リストにも名前があるよ」
●ランパードの代理人スティーブ・カットナー氏は「去就について色々な憶測が流れているが、私は状況を明確にしたいと考えている。スコラーリ(チェルシー新監督)とランパードの話し合いは和やかに終わった。スコラーリはフランクがチェルシーでキャリアを終えると考えているようだ。しかし、残念ながらクラブとは契約延長の合意に達してはいない。これは彼の将来が依然不安定であるということを意味するものだ」と説明。
●インテルのマッシモ・モラッティ会長は、チェルシーがフランク・ランパードの移籍交渉には応じないことを公式に発表したことについて、同クラブの意思は尊重するものの、「具体的な経済条件を提示していない」という部分については次のように反論した。「これは事実ではない。インテルはランパード獲得のための正式なオファーを出していることを確認した。だが、彼らは問題を大きくしたくないのだ」
●アンドリー・シェフチェンコは、来シーズン所属するクラブを自由に探すことができる。『デイリー・メール』紙によれば、シェフチェンコはルイス・フェリペ・スコラーリ監督のチーム作りの構想には含まれておらず、スコラーリはピーター・ケニヨン代表取締役が彼を売りに出すことを認めたようだ。ミランが再び興味を示してくる可能性もある。エルナン・クレスポのケースと同じように、ミランは期限付き移籍の形でのシェフチェンコの獲得も検討していた。
●ブレーメンとシャルケは、北京五輪でブラジル代表としてカルロス・ドゥンガ監督に招集されているジエゴとラフィーニャの大会参加にそれぞれ反対の姿勢を示している。
●ケイロスに代わってマンチェスター・ユナイテッド(マンU)でサー・アレックス・ファーガソンの副官を務めるのは、ローラン・ブランかもしれない。正式な発表は行われていないものの、ケイロスがマンUを退団するのは時間の問題。ポルトガル代表監督への就任(4年契約で合意する見通し)の話に心を動かされたケイロスは、すでにクラブにその意向を伝えている。
●元マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアンディ・コールは、『ザ・ミラー』紙のサイトで、クリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリー移籍の可能性について、「レアル・マドリーへの移籍は彼にとって人生最大の過ちとなるだろう」と語った。「誰しも夢は実現させたいものだ。彼の夢はスペインでプレーすることだろうが、夢はいつも叶うわけではない。個人的には、マンUのクラブ会員として毎週クリスティアーノがピッチでプレーする姿を見たい。しかし、ビッグクラブからオファーが来たとたん、いつも面倒なことになってしまう。おそらく、本人はレアル・マドリーでプレーしたいと望んでいるから、余計移籍に前向きなのかもしれない。僕自身も、ニューカッスルからマンチェスターへ移籍したときに同じ気持ちだった」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.