UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/07UEFAサッカー情報
●アトレティコ・マドリーが、バレンシアのスペイン代表MFダビド・シルバと、ハンブルガーSVのオランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトにオファーを提示、返事を待っていることがわかった。すでに今オフ、4選手を補強しているアトレティコだが、購買意欲は一向に衰えるこはないようだ。バレンシアはEURO2008の活躍で注目されるシルバを手放さないと公言しているが、財政難からアトレティコの2000万ユーロ(約32億8000万円)という提示に考え直す余地があるかもしれない。アトレティコはまた、1500万ユーロ(約24億6000万円)でファン・デル・ファールトにもオファーを提示したと言われているが、ファン・デル・ファールトが市場に出るのならほかにも興味を示すクラブは数多くありそうだ。
●アトレティコ・マドリーが、ポルトからMFパウロ・アスンソン(28歳)を獲得したと発表した。今オフは精力的に補強の動いているアトレティコにとって、このブラジル人MFは5人目の新戦力となる。アスンソンは2005年にAEKアテネからポルトに移籍するもクラブと対立、移籍の道を模索していた。7日にも新チームに合流する。一方、昨シーズンはインテルへレンタル移籍していたポルトガル代表MFマニシェはアトレティコを退団する見込みで、複数のクラブと交渉中だという。
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長、スペインのメディアに対し、「クリスティアーノ・ロナウドは来季もユナイテッドでプレーするだろう」と話したもの。「理論上は8月末までまだ時間はあるが、マンチェスター・ユナイテッドが接触してきて、手放すということになったとしても、契約にこぎ着けられるかはわからない」「選手本人はレアル・マドリーでプレーするのが夢だと言っているが、それは単に選手の希望でしかない。ユナイテッドの合意無しには実現しないのだ」
●ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が、補強ターゲットのロナウジーニョ(28歳)がマンチェスター・シティのオファーを断ったことを明かした。シティはロナウジーニョ獲得に力を注いでいたが、ロナウジーニョが要求する高額なサラリーがネックとなり、交渉が決裂したという。「問題は給料だ。ロナウジーニョはマンチェスター・シティのオファーを蹴った。彼らは我々が提示した2倍の額を支払う用意があったのに。ローン移籍? それはバルセロナ次第だ」
●悪化したクラブ財政の立て直しを図るため、バレンシアにとって最も売却のうまみがある選手であるビージャ、シルバ、ホアキンの3選手をシーズン終了後に放出する意図があることを明かしていたが、ユーロ2008での活躍でビージャとシルバをとりまく状況は変わり、クラブ側は両選手の慰留に務めようとする模様。バレンシアはビージャに対し年棒の大幅アップなど契約の見直しを提案するつもりであるという。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長の留任が辛うじて決まった。6日に行われた不信任投票の結果、過半数のソシオがラポルタ会長の不信任案に賛成としたものの、3分の2にわずか届かず不信任は成立しなかった。ラポルタ会長と役員会に対する不信任案に賛成としたのは全体の60.6%(23,870票)、対してラポルタ会長が残ることを望むとしたのは37.75%(14,871票)。賛成が反対を圧倒的に上回りながらも、解散のために必要な66.66%にわずか及ばす、不信任案は否決となった。
●“Marca”のインタビューに応じたカルデロン会長は「全てはマンチェスター次第だ。彼らは以前、ロナウド放出を検討したこともあり、だから私は彼の獲得に動いた。ただ、ここに来て公に発表できるような進展は何もない。移籍市場が閉まる8月末まではまだ時間がある。今後もマンチェスターとの協議を続けていきたい。ロナウドが『我々のチームでプレーすることが夢』だと以前発言していたが、クラブが『ノー』と言えば、彼の夢は実現することなく終わってしまう」とコメントしている。
●スペイン人のルイス・アラゴネス新監督が就任したトルコのフェネルバフチェがスペイン人化するのではないかと、スペインメディアが報じている。6日付の『アス』紙では“スパニッシュ・フェネルバフチェ”という表現が使われており、獲得が秒読み段階に入っているマジョルカのスペイン代表FWグイサだけでなく、多くのスペイン人選手が補強リストとして挙がっていると見られる。
●今季のスペイン1部リーグにおける昇格チームの1つであるスポルティング・ヒホンは、ベティスからマルドナードの獲得を目指している。だが、まだ解決していない幾つかの障害があるようだ。マルドナードとS・ヒホンは3年契約で合意に達しているが、同選手とベティスの契約がまだ残っていることが障害の1つになっている。
●デポルティボ・ラ・コルーニャとアトレティコ・マドリーは、ゼ・カストロの買取オプションを200万ユーロ(約3億3500万円)に設定し、同選手の権利を50%ずつ所有することでほぼ合意に至ったもよう。デポルティボのアウグスト・セサル・レンドイロ会長はゼ・カストロをチームの将来に必要な選手と見込んでおり、同選手のアトレティコからの期限付き移籍が実現した場合、来シーズン終了後も残留を希望しているようだ。
●ガラタサライのアドナン・ポラット会長は、ジュリオ・バチスタへの正式なオファーを提示するためスペインに向かい、レアル・マドリーと同選手の移籍交渉を開始した。バチスタ本人もレアル・マドリー残留が難しいことを自覚しており、ローマへの移籍を検討していた。
●80%以上のカタルーニャ人がスペイン代表のユーロ(欧州選手権)2008優勝を喜んでいる。『エル・ペリオディコ』紙の行ったアンケート調査により明らかになった。「スペイン代表がユーロ2008で優勝したことをうれしく思っていますか?」という質問に対し、スペイン国内で最も自治権の強い州の一つである、カタルーニャの住民の84.6%が「はい」と答えた。「いいえ」はわずか4.5%、どちらでもないと答えたのは10.9%だった
●チェルシーが、ブラジル代表カカに対し、巨額のオファーを提示したと、ミランのガッリアーニ副会長が6日に明らかにした。「天文学的金額のオファーがチェルシーから届いた」と同副会長が、イタリアのラ・スタンパ紙に語ったもの。チェルシーはイタリア代表のアンドレア・ピルロにも興味を示しているという。ミランは来季のCL出場権を逃したが、同会長はチーム補強と選手の昇給も引き続き行うという。「それはつまり、5000万ユーロ(約82億円)の赤字を意味する。その負債をなくすためにはカカとピルロを売る必要がある」と同会長は付け加えた。
●エッシェンとバラックの先発は確実で、スコラーリ監督は、デコ、ミケル、ランパードの3人から中盤のセンターを任せる選手を選ぶことになるが、デコはランパードとのコンビは機能すると主張する。「ピッチで、ランパードと一緒にやれると思うよ。もちろんそれは、監督の決めることではあるけどね。彼がチームを仕切ってるんだから。だけど、テレビでチェルシーの試合はたくさん見てきて、僕とフランクだったら、相手チームにとって危険なプレーができると思うんだ」
●ポーツマスのハリー・レドナップ監督が、リヴァプールのイングランド代表FWピーター・クラウチ(27歳)の獲得が確実になったと発表した。クラブ間では移籍金1000万ポンド(約21億円)で合意に至っており、クラウチはポーツマスと4年間の契約を結ぶと見られる。
●所属クラブのアヤックスから受けた契約延長交渉のオファーを拒否しているフンテラールは、複数のプレミアクラブから獲得の打診があると語り、その中にマンUが含まれていると明言した。昨シーズンのプレミア王者に特別な思い入れがあるという24歳は、次のように語っている。「プレミアリーグのクラブが僕にとても興味を持ってくれていることは知っている。マンUもその内の一つだ。僕は偉大な歴史を持ったクラブが好きなんだ。いま所属しているアヤックスもそうだし、もちろんマンUだってそう。さらに、マンUはルート・ファン・ニステルローイがプレーして、素晴らしい結果を残したクラブだ。そんな所でプレーできれば夢のようだね」
●リーグ・アン7連覇を達成したリヨンが、フランス代表の合宿先として知られるアルプスのティーニュで合宿を行なっている。ピュエル新監督のもと、8連覇とともにチャンピオンズリーグ(CL)制覇を新シーズンの目標に掲げるリヨンは、とくに中盤の層を厚くすることに成功した。ピュエル監督とともにリールから加入したジャン・マクーン(カメルーン代表)、ニースから移籍したオノラト・エデルソンの2人に注目が集まっている。
●スタジアム建築費の支払いに追われたクラブが、補強資金の捻出を拒む姿勢を見せていることに、ベンゲルは不満を覗かせる。クラブの年間黒字2400万ポンド(約51億円)の大半が支払いに回され、毎年のように主力選手の放出を余儀なくされる状況について、ベンゲルはお手上げといった様子で語っている。「クラブ側が描く戦略は、毎年主力選手を売って、金のかからない選手を獲得するというものだ。しかも、クラブの年間黒字は、スタジアムの支払いにつぎ込まれる。計算では、この状況が今後17年続くというのだ。我々は、この状況の中で、国内リーグと欧州の舞台で結果を出すよう求められる。クラブ側としては、若手選手を獲得し、コレクティブなサッカーで結果を残せと言いたいのだろうが…」
●ユベントス退団が濃厚と噂されていたFWビンチェンツォ・イアキンタ(28)の残留が6日、確定した。
●セリエA復帰を望むマンチェスター・シティのイタリア人FWローランド・ビアンキ(25)が、来季もクラブに残留する可能性が濃厚となっている。
●“A Bola”のインタビューに応じたポルトのピント・ダ・コスタ会長は「現状では、クアレスマに対して正式なオファーは一切届いていない。もし、彼が移籍を希望したとしたら?今も言ったように私の所にはどこからもオファーは届いていない」と困惑気味にコメント。
●“BBC”のインタビューに応じたACミランのレオナルド強化部長は「ACミランがセンターフォワードの獲得を検討していることを隠すつもりはない。現在、候補者の評価を慎重に行っている。ドログバは最高の選手であり、一方アデバヨールは私が好きなタイプの選手だ。今は、彼らの交渉に臨むタイミングを見計らっている。ただ、イングランドとスペインのトップクラブの財政は、イタリアよりはるかに良く、我々が彼らと競合することは非常に厳しい」
●ディディエ・ドログバはスタンフォード・ブリッジからますます遠ざかりつつあるようだ。イギリスの『ジ・オブザーバー』紙によれば、コートジボワールのFWドログバはこれまで以上にチェルシーを離れる気持ちを固めたらしい。モリーニョがチェルシーを退団した時から決めていたことではあるが、時間の経過につれてその決心は揺るぎのないものとなった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。