UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/04UEFAサッカー情報
●アトレティコ・マドリーは3日、フランス人FWシナマ・ポンゴユ(23歳)をレクレアティーボから獲得したと発表した。契約は4年間。ポンゴユはリヴァプールからレクレアティーボに移籍後、2シーズンで67試合出場22得点。チームの得点源として活躍した。
●ブラジル代表FWロナウジーニョ(28歳)の兄で代理人を務めるロベルト・デ・アシス氏は3日、ロナウジーニョがミランへ移籍する可能性は「80-90パーセント」と話した。「大事なのは彼は今健康で、将来のために練習をしているということだ。彼がミラノにやって来る可能性はある。すべてのお膳立ては整った」ただし、ほかにもオプションはあるようで、同氏は、「まだバルサとの契約はあるし、ほかの可能性もあるあ。あと2週間ほどではっきりするだろう」と付け加えた。
●チェルシーへの移籍が噂されるレアル・マドリーのブラジル代表FWロビーニョだが、レアル・マドリーがこの交渉の中でチェルシーのコートジボアール代表FWディディエ・ドログバを要求する可能性があるようだ。両クラブ間での話し合いの場でドログバの名前が再浮上しているという。
●セビージャがバレンシアのDFアレクシスに興味を示している。バレンシアがセビージャのスペイン代表GKパロップ獲得に動いていることを受けて、セビージャ側はアレクシスを要求。セビージャのデル・ニド会長は「パロップの移籍は金銭の問題ではない」とコメントしており、あくまでパロップの移籍対価としてアレクシスを入れたい考えを持っている。
●ベティスがフェネルバフチェ所属のトルコ代表MFメフメト・アウレリオの獲得に失敗した。フェネルバフチェとの契約が切れたと主張する(フェネルバフチェ側は2009年6月末までの契約と主張している)アウレリオの代理人は、2日午前の時点でベティスと基本合意に達し、同日中にも契約書へのサインが行われる予定だった。
●アルゼンチンサッカー協会は2日(現地時間)、8月の北京五輪に臨む代表選手18名を発表した。バルセロナのFWメッシ、アトレティコ・マドリーのFWアグエロに加え、オーバーエージ枠でMFリケルメ(ボカ・ジュニアーズ)、MFマスチェラーノ(リバプール)、DFブルディッソ(インテル)の3人がメンバーに入った。
●ここ数日で、イバガサ(ビジャレアルへ)、ホナス・グティエレス(ニューカッスルへ)という主力選手を立て続けに放出したマジョルカだが、即座に、アトレティコ・マドリーのホセ・マヌエル・フラードとマリオ・スアレスの2選手との契約を発表した。今季(2007-08シーズン)、2部のセルタに期限付き移籍していたマリオ・スアレスだが、アトレティコはスアレスの移籍契約には買い戻しオプションを付けている。一方、フラードは1年間の期限付き移籍となる。
●来季からヘタフェでプレーすることが決まっているエクアドル代表MFゲロンが所属するLDUキトは、南米クラブナンバーワンを決めるリベルタド-レス杯でブラジルのフルミネンセを破り、初優勝を飾った。(ホーム4-2、アウエー1ー3で合計スコアが5-5と並び、PK戦の末にキトが勝利)エクアドルのクラブとしては史上初の南米制覇となる。
●3日付けの『マルカ』紙によると、ロビーニョはレアル・マドリーとの契約を一方的に破棄できるよう、スポーツ調停裁判所(TAS)に申し立てる可能性があるという。現在24歳のロビーニョは、レアルとの5年契約のうち現在3年を終え、あと2年を残しているが、FIFA(国際サッカー連盟)移籍規約第17条(※28歳未満で契約した選手は契約時より3年、28歳以上であれば2年でクラブとの契約を一方的に解除できる)を行使することを前提に、前記の方法に訴えることができるという。かなり敵対的なやり方ではあるが、もしロビーニョがこの手段を取った場合、同選手は残りの2年分の報酬約1000万ユーロ(約16億7000万円)を支払うことで、自由契約権を得ることができる。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督の右腕であるポルトガル人のカルロス・ケイロス氏が、ルイス・フェリペ・スコラーリ前監督の後任としてポルトガル代表監督に就任すると、ポルトガルのメディアが3日に報じた。交渉はまもなく大詰めを迎えると言われており、ケイロス氏は4年契約でチームを2010年W杯とEURO2012へ導く任務を負うことになる。
●フランス代表のレイモン・ドメネク監督が、EURO2008での惨敗にもかかわらず、続投することになった。フランスサッカー連盟(FFF)が3日に発表した。
●トルコのガラタサライは3日、オーストラリア代表FWハリー・キューウェル(29歳)を獲得したと発表した。契約は3年間。
●ローマのブラジル人MFアマンティノ・マンシーニ(27歳)獲得を目指すインテルだが、交渉が不調に終わったことがわかった。
●アーセナルのエマニュエル・アデバヨルの代理人が「彼を失いたくなければ、それを態度で示すべきだ」とクラブに対して要求している。現在バルセロナとミランがアデバヨル獲得に動いているが、アーセナル側はトーゴ代表ストライカーの市場価格を高く設定し、これを阻止しようと必死だ。
●アイルランド代表のジョヴァンニ・トラパットーニ監督が、「個人のキャリア、そして代表チームのためにも、FWロビー・キーン(27歳)はリヴァプールへ移籍すべきだ」との見解を示した。
●ポルトガル代表のチームドクターが、マンチェスター・ユナイテッドMFクリスティアーノ・ロナウドが今週末に右足首の手術を受けることを明かした。
●モナコがユベントスの元ポルトガル代表MFチアゴ(27)に関心を示していると報じた。チアゴは今季開幕前にリヨンからユベントスに移籍したが、出場機会に恵まれず、最悪のシーズンを過ごしていた。また、チアゴはラニエリ監督の来季構想から外れているため、退団の可能性は高いと見られている。
●チェルシーのウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ(31)の代理人を務めるクラウディオ・パスクアリンがシェフチェンコのサンプドリア移籍の可能性を示唆したことに対し、ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長が間髪入れずに待ったをかけた。「アンドリー・シェフチェンコがサンプドリアへ?もしシェーバ(シェフチェンコの愛称)がイタリアに復帰するならば、移籍先はACミランしかありえない。しかし、チェルシー関係者は私に『彼は放出しない』との意思を表明していたはずだが…」
●モウリーニョ新体制となり、2、3名の補強を検討しているモラッティ会長は「時間はまだ十分にあるので、あせる必要は何もない。ランパードは重要な選手であり、確実にチームのプラスとなる選手だ」と絶賛。ランパードへの関心が高いことを認めた。一方、バルセロナのFWリオネル・メッシ(21)の父ホルヘ氏が、メッシのインテル移籍の可能性を示唆したことについてモラッティ会長は「光栄だ。私はメッシがまだ無名だったころに彼の獲得を検討したことがある。移籍金が当時のままであれば、すぐにでも獲得に動くのだが…」
●サンプドリアは引き続きチームの強化を進めている。マリウス・スタンケビチウスの加入が正式に発表された。サンプドリアのジェネラル・ディレクターのベッペ・マロッタは、ブレシアから完全移籍の形で27歳のリトアニア人DFスタンケビチウスを獲得することを決めた。
●ジェノアが2人の選手を補強した。ユベントスからラッファエレ・パッラディーノとドメニコ・クリシートが加入することが正式に決まった。FWパッラディーノは両クラブの共同保有の形での移籍。ユベントスは保有権の半分を500万ユーロ(約8億4000万円)でジェノアに売却した。
●攻撃陣の補強を進めたいローマは、フィオレンティーナのFWアドリアン・ムトゥの獲得に失敗した場合、ターゲットをレアル・マドリーのジュリオ・バチスタに変更する意向を持っているようだ。
●ユーロ(欧州選手権)2008のベストゴールに、6月13日に行われたグループC第2節(オランダ対フランス)でレアル・マドリーに所属するオランダ代表MFスナイデルが見せたミドルシュートが選出された。
●イタリア五輪代表候補は6日にローマで集合し、翌7日にはジョルジョ・ナポリターノ大統領の訪問を受けることになっている。合宿は9日から、各世代の代表がトーナメント前に練習を行うトスカーナ州のコベルチャーノで始まり、7月22日にはルーマニア代表と親善試合を行う予定。翌7月23日には最終メンバー18名が発表され、残り4人は離脱者が出た場合の控えとなる。代表候補22人は次のとおり。
●バイエルン・ミュンヘンのユルゲン・クリンスマン新監督は、日々の練習から最大限の結果を引き出すべく、選手たちに対して厳格な態度を貫くようだ。地元紙によると、クリンスマン監督は、「集中力の欠如」を避けるため、選手たちに練習場内での携帯電話の使用を禁止したという。
●ゼニト・サンクトペテルブルクは、同クラブのスター、アンドレイ・アルシャービン獲得のためにチェルシーから提示された1200万ポンド(約25億3800万円)のオファーを受け入れた可能性がある、とロシアのメディアが報じている。これが真実であれば、アルシャービンはチェルシーサイドと移籍の条件を詰めるためにロンドンへと向かうことになるだろう。
●チェルシーのフェリペ・スコラーリ新監督は、ドログバを来季の戦力として計算していないことをオーナーのロマン・アブラモビッチ氏に伝えたようだ。チェルシーはすでに同選手の移籍金を3000万ユーロ(約50億2500万円)に設定しており、最良のオファーを出したクラブに売却する準備があると伝えられている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。