FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/07/02UEFAサッカー情報
●アトレティコ・マドリーは1日、チェコ代表DFトマシュ・ウィファルシ(30歳)を3年契約で獲得したと発表した。4シーズンを過ごしたフィオレンティーナとの契約が切れ、フリートランスファーでの移籍となった。
●バルセロナへの移籍が決まっているブラジル代表DFダニエウ・アウベス(25)がセビージャ退団の会見を開き、涙とともにセビージャへの感謝の気持ちとバルセロナでの新たな挑戦への意欲を見せた。「セビージャへの移籍の扉を開き、成長するチャンスを与えてくれた会長に感謝の言葉を送りたい。今日の自分があるのはセビージャのおかげ。未熟だった僕は大人として、そして父親となってここを出て行く。5年半過ごした家から出て行くのはつらいことだ。純粋にこのチームが僕に与えてくれたすべてに感謝したい。僕の心の一部にはここでの思い出がずっとある」。「僕の人生は挑戦で出来ているんだ。スポーツ的にも個人的にも新たな挑戦を見つけたいし、それはとても魅力的なことなんだ。セビージャはこれからも成長してくクラブ。15ヶ月間で5つのタイトルを獲得するなんてどんなクラブもほぼ不可能。でも、他にもチャンピオンズリーグのように欲しいタイトルはある。ここで獲りたかったけれど、出来なかった」「チャンピオンズリーグ制覇の可能性のあるクラブでのプレーはプロとしても個人としても大きな挑戦だ」
●先月、ビジャレアルに移籍したばかりのロベルト・フローレスが、2007-08シーズンウルグアイリーグの最優秀選手に選ばれた。現在22歳のフローレスは、06年8月に1部リーグでデビュー。今シーズンは、先月トルネオ・クラウスラ(ウルグアイ後期リーグ)でペニャロールに敗れたものの、リバープレート・モンテビデオの主力選手としてチームの躍進に貢献した。「とりあえずは、ビジャレアルでプレシーズンを過ごすつもりだ。その後、ペジェグリーリ監督が、チームに残るか、経験を積むためにほかのチームに期限付きで移籍させるかを決めるだろう。チームに残ることになったら母をスペインに呼び寄せたい。できれば、いとこや友人にも来てほしい。ビジャレアルでプレーするのが夢だけど、環境の変化についていけるか少し心配だ」
●毎年、多くの選手の契約が6月30日をもって切れる。スペイン1部リーグでは今回、この日をもって36人の選手が所属クラブとの契約を満了し、いわば自由契約状態となった。これらの選手は今後、新たなチームを探すか、それとも引退するかの二者択一をしなければならない。10シーズンを過ごしたバレンシアに間もなく別れを告げる、GKサンティアゴ・カニサレスも引退に追い込まれる可能性がある。もっともカニサレス以外でも、8人ものGKが所属チームを失っている。クラブ別に見てみると、5人の選手との契約を延長しなかったマラガとレクレアティボが最大。その一方、デポルティボ、ヘタフェ、レアル・マドリー、セビージャ、ビジャレアルの5クラブは、契約を終了する選手は1人もいない。
●アルメリアは、新監督としてゴンサロ・アルコナーダと2年契約を交わしたことを正式に発表した。アルコナーダは今季(2007-08シーズン)、ヌマンシアの監督としてチームの1部リーグ昇格に貢献したが、シーズン終了後に辞任。一方アルメリアは、今季チームを率いてきたウナイ・エメリ監督の辞任を受けて、後任監督を探していた(エメリはその後バレンシア監督に就任)。今季、アルコナーダが率いたヌマンシアは常に一部昇格圏を保ち、最後は余力を残して昇格を決めている。
●マジョルカのMFアリエル・イバガサはビジャレアルへの移籍に合意し、2年間で計300万ユーロ(約5億万円)の報酬を得るという条件で契約書にサインをした。マジョルカは、ビジャレアルから届いたオファーを当初から「重要」と認識して検討しており、イバガサの移籍はほぼ確実となっていた。この移籍により、マジョルカはチームの誇るスターを手放すことになる。
●ビジャレアルに所属するデンマーク代表FWトマソンが、フェイエノールトへ復帰することが分かった。
●ユベントスは攻撃陣の補強を検討している。フンテラールの獲得は難しいため、狙っているのはディエゴ・ミリートである。“エル・プリンシペ”ことミリートは、年齢はフンテラールよりやや高いものの、移籍金の額ははるかに低い。ジェノアでもプレー経験のあるミリートは現在29歳。所属するレアル・サラゴサは2部リーグに降格したため、ユーベに要求する年俸額もフンテラールに比べればかなり低くなりそうだ。
●今季(2007-08シーズン)のUEFAカップ覇者、ゼニト・サンクトペテルブルクは、ユーロ(欧州選手権)2008で一躍脚光を浴びたスター、アルシャービンを放出する条件として、大きな見返りを要求するつもりのようだ。ゼニトは、アルシャービン獲得に興味を示すバルセロナと交渉するにあたって、バルセロナがとても飲めない条件を提示したもようだ。ロシアの通信社『リオ・ノボスティ』によると、ゼニトの会長はバルサに対し、アルシャービン+2000万ユーロ(約33億3500万円)と引き換えに、メッシの譲渡を要求したとのことだ。
●マンチェスター・ユナイテッドが、EURO2008で一躍注目を浴びたロシア代表FWロマン・パヴリュチェンコ(26歳)と、オランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラール(24歳)に興味を示していると、1日付の英メディアが報じた。
●2年前、イタリア代表をW杯優勝に導いたマルチェロ・リッピ監督が復帰、1日に会見が行われ、「前にいた場所に戻れて嬉しい」と語った。「我々は今も世界チャンピオンだ。クラブW杯に優勝したチーム(ミラン)もいる。Uー23代表はトップクラスだし、オリンピックの優勝候補でもある。イタリアサッカー界は胸を張っているべきだ」「この2年間は失われた時間ではない。W杯優勝チームの選手の多くは残っているし、ドナドーニは何人か大事な新顔を加えてくれた」
●難航していたリヨンのフランス代表MFアテム・ベン・アルファのマルセイユ移籍がついに実現した。フランスサッカーリーグ(LFP)は1日に行われたミーティングのあとで、「移籍は6月30日に実現した」と発表した。
●トルコサッカー連盟は1日、ファティフ・テリム監督(54歳)が2012年まで代表チームの指揮を執ると発表した。「ファティフ・テリムは2010年まで契約があったが、今日の話し合いで、2012年まで延長することで合意した」と連盟会長が説明した。
●ユーロ2008で1勝もあげられずに決勝トーナメント進出を逸したフランス代表ドメネク監督の進退が、3日に開かれるフランス・サッカー連盟(FFF)の理事会で決まる。ピレス、ジュリ(この2人はドメネク監督に“外された”ことで有名)、ジダンなど過去の代表メンバーがディディエ・デシャンへの交代を支持しているのに対し、ヴィエラ、リベリ、サニョル、ゴヴーら現役組は、ドメネク監督の続投に前向きな発言をしている。さらに、理事会開催の2日前というタイミングで、ドメネク監督の強力な支持者が現れた。UEFA会長のミッシェル・プラティニ氏だ。
●2008-09シーズンよりセリエAのインテルで指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督が、チェルシーのMFフランク・ランパードの獲得についてコメント。このポルトガル人監督は、チェルシー時代の教え子が今夏中にイタリアへ渡ることはないだろうと語る一方で、「いずれ私の下でプレーすることは間違いない」とも語っている。チェルシーとの契約期間が1年を切り、移籍の決断が間近に迫っていると言われるランパード。さらに昨日、チェルシーがポルトガル代表MFデコをバルセロナから獲得したと発表したことで、ポジションが重なるこのイングランド代表MFの移籍はもはや確実と見られている。
●ローマ生まれのローマ育ち。生粋のロマニスタ(ASローマサポーター)のデ・ロッシは「スクデット(セリエA優勝)そして欧州CL優勝のためにASローマ残留を決めた。俺の足が言うことを聞かなくなるまで、ここでプレーし続けたい。俺の願いは、全員の願いでもある。全てのオファーを断ってくれたセンシ・ファミリー(ASローマのオーナー)に感謝している」と笑顔で語った。一方、イタリア代表監督に復帰が決まったマルチェロ・リッピについて「これまで幾度となく言っていることだが、俺を高く評価してくれるリッピに対して、心から感謝している。リッピは俺をA代表に初選出してくれた監督だ。そして、ドイツW杯のアメリカ戦で相手選手に肘打ちして一発退場となり、信頼も失った俺を最後まで信じ続けてくれた。フランスとの決勝戦で再び出場機会を与えてくれたのもリッピだった」
●5月13日に疲労骨折の手術を無事に終えたエメルソンは「クラブは自分に多くを与えてくれたが、残念ながら自分はフィジカル面で問題を抱えてしまい、満足な結果を残すことができなかった。来季は別人となり、ACミランに貢献したい。骨折をおしてプレーを続けることは容易ではなかった。痛みが原因で、練習も満足にできない時もあった。手術後の経過は非常に良いよ」
●モウリーニョ監督は「クアレスマを獲得したい意思があることを認める。彼のことを非常に高く評価しており、獲得に際して問題は生じないはずだろう。私は何の企てもない。しかし、私が欲しいのは彼だけだ。他の誰にも興味はない。インテルの選手層は十分厚く、へたな補強は必要ないからだ」
●6月1日に行われたセリエB最終節のラベンナ対チェゼーナ戦後のドーピング検査で、ある選手からコカインの陽性反応が現れた。その選手の名は、元ユベントスそして元イタリア代表DFのマルク・ユリアーノ(34)とのこと。CONI(イタリア・オリンピック委員会)が7月1日に明らかにした。
●今季限りでインテルとの契約が満了した元ブラジル代表MFセザル(33)「スクデット獲得後、モラッティは俺に『今後のことは心配するな。任せておけ』と言ったんだ。その後彼らは、俺の代理人を通じてインテルに俺のポストはないということを伝えてきた。負傷をおしてプレーを続け、チームに貢献したと思っていたので、ショックは大きい」
●ユベントスのジョバンニ・コボリ・ジリ会長が、来季への補強について語った。クラブは関心を示すものの、一部のサポーターがユベントスへの加入を拒んでいるインテルのセルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ(29)についてコボリ・ジリ会長は「サポーターの意見は重要なので、慎重に検討しなければならない。スタンコビッチは、今も我々の補強リスト上の選手だが、サポーターの影響力は大きい。我々はMFを獲得する予定にしているが、今はまだ具体的な名前を挙げることはできない。来週中には何らかの報告ができるだろう」
●5月23日に左膝の手術を受けたACミランのブラジル代表MFカカ(26)が術後の経過を明かした。「現在リハビリに取り組んでおり、これまでの経過に満足している。まだ痛みはあるが、早期回復に期待を寄せている。7月16日から始まるACミランの合宿には間に合うだろう」
●2008-09シーズンUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の予備戦1、2回戦の組み合わせ抽選が1日、スイスのUEFA(欧州サッカー連盟)本部で行われた。スペイン代表をユーロ(欧州選手権)2008優勝に導いたアラゴネス監督が就任予定のフェネルバフチェ(トルコ)は、MTK(ハンガリー)との対戦が決まった。また、昨季UEFA杯準優勝のレンジャーズは2回戦から登場する。今大会では予備戦1回戦に28チーム、同2回戦からは14チームが出場。1回戦は第1戦が7月15日と16日、第2戦が22日と23日、同2回戦は第1戦が7月29日と30日、第2戦が8月5日と6日に実施される。決勝は09年5月27日、ローマ(イタリア)のスタディオ・オリンピコを舞台に行われる。
●アタランタが質の高い選手を補強した。ナポリからオーストリア代表のDFギョルギ・ガリチュが加入する。ハンガリー系オーストリア人のガリチュは現在24歳。
●ボローニャはクリスティアン・ゼノーニの獲得を正式に発表した。ゼノーニはベルガモ出身の31歳のサイドバックで、サンプドリアで5年間プレーしていた。
●欧州各地に期限付き移籍されていた数名の選手たちが7月1日付けでインテルに戻ってきた。1989年生まれのFWゴラン・スラフコフスキはイングランドのシェフィールド・ユナイテッドから復帰する。そのほかにインテルに戻ってきたのはジョナタン・リュドビク・ビアビアニー(1988年生まれ、モデナへの期限付き移籍が終了)、アッティラ・フィルコル(1988年生まれ、グロッセートへの期限付き移籍が終了)、アンドレア・メイ(1989年生まれ、キエーボへの期限付き移籍が終了)、ファビオ・ペリッシノット(1989年生まれ、プロ・セストへの期限付き移籍が終了)。
●アレッサンドロ・ポテンツァとサムエル・ディ・カルミネの2人がフィオレンティーナを離れることになった。DFのポテンツァはジェノアに完全移籍。ユースチームのFWディ・カルミネはイングランドのクイーンズ・パーク・レンジャーズに期限付き移籍される。
●オットマー・ヒッツフェルトは7月1日付けでスイス代表の新監督としての仕事をスタートさせた。クーンからチームを引き継いだ59歳のドイツ人ヒッツフェルトは次のように語った。「選手に関しては、まだ何も決まってはいない。注目すべき選手が40人から50人ほどいる。所属クラブでコンスタントに試合に出場することや、パフォーマンスの質が重要となる」
●ベンフィカは、ポルトガル人MFカルロス・マルティンスの移籍をめぐり、レクレアティボ・ウエルバと移籍金300万ユーロ(約5億円)で合意に至ったと発表した。スペインから2シーズンぶりにポルトガルリーグへ復帰するカルロス・マルティンスは、5年契約、契約解除に伴う違約金2000万ユーロ(約33億3500万円)の条件でベンフィカへの移籍にサインした。
●一つの大会が終わり、また新たな大会の準備が始まろうとしている。オーストリアとスイスで開催された2008年大会が閉幕し、ポーランドとウクライナで開催される2012年大会の準備が難航する一方で、また新たな2カ国が共催に名乗りを挙げた。スウェーデンとノルウェーが共同でユーロ(欧州選手権)2016の招致に立候補したのだ。2016年大会の開催を希望する国は今年の秋までにUEFA(欧州サッカー連盟)に関連書類を提出しなければならない。
●パブロ・マルティン・レデスマは来シーズンよりカターニアのユニホームを着てプレーすることになった。ボカとの取引が成立に至った。ルーマニアのFWニコラエ・ディカに続いて、カターニアは立て続けにもう一つの大型補強を実現させた。パブロ・マルティン・レデスマはボカ・ジュニアーズに所属していた24歳の選手で、完全移籍の形でカターニアに移る。ボカには350万ユーロ(約5億8000万円)近い金額が支払われ、カターニアとレデスマは2012年6月30日までの4年契約を交わした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.