FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/06/21UEFAサッカー情報
●ポルトガル代表の7番は大会を去ることになったが、試合後、クリスティアーノ・ロナウドは、3カ月間、足のケガに悩まされていたことを打ち明けた。「これから手術をうけるんだ。この3カ月、足にちょっとした問題を抱えていた。手術を受けて、回復にじっくり時間をかけるよ」また、注目される去就については、「(レアル・マドリーへ行く)可能性は大きい。だけど、それは僕が決めることじゃないし、だからこそ僕は話題にしたくないんだ」と話した。マドリーからのオファーがあったかとの質問には、「そう思う。わかんないけど。これから数日で、合意に達するかどうかわかるだろう。僕の望みは誰もが知っている。これから2、3日で何か新しいニュースが聞けるだろう」と答えた。
●C・ロナウドの移籍交渉がまとまった場合、ロビーニョは放出。これがレアル・マドリーの考えだ。数週間前、カルデロン会長がロビーニョは移籍不可の選手であり、戦力と見なしていると語ってはいるものの、それはおそらくC・ロナウドを獲得できなかった場合のこと。C・ロナウド加入で両サイドは彼とロッベンで十分となり、ロビーニョの出場機会は減る。となると不満の声も当然出てくる。クラブとしてはそういったリスクは抱えたくないはず。また、シュスター監督もC・ロナウド獲得でロビーニョは放出というクラブ側の方針を承知しているという。
●オリンピック・リヨンのフランス代表GKグレゴリー・クーペのアトレティコ・マドリー移籍が秒読み段階に入った。アトレティコとリヨンが大筋で合意に達し、3年契約でアトレティコに移籍するとフランスのスポーツ紙“レキップ”のウェブサイト版が報じている。
●今夏の移籍が噂されるスペイン代表MFシャビ・アロンソ(26歳)が、来シーズンもリヴァプールでプレーするつもりだと語った。「現時点ではリヴァプールだ。でも、今はそういった話を自分から切り離している。今、僕は完全にEUROに集中しているからね。何も変更がなければリヴァプールで来シーズンのスタートを切る計画だよ」
●スペイン代表のルイス・アラゴネス監督は、ユーロ08スイス・オーストリア共催大会の準々決勝で対戦するイタリア代表の攻略法について語った。「イタリアとの対戦で、我々が1番最初に行うべきことは、彼らの築いた歴史と選手の経歴を忘れ去ることだ。彼らが世界王者に4度輝き、加えて2度ファイナル(準優勝)にまで勝ち進んだということを…。現在のチーム状況が最も重要であり、ポジティブなメンタルを保ちこの1戦に臨まなければならない」とアラゴネス監督
●18日夜に行われた2010年W杯南米予選ブラジル対アルゼンチン戦(0-0で終了)を観戦したロナウジーニョは「代表戦が懐かしい。できるだけ早い代表復帰を願っている。怪我は完治している。今回は100%の回復を待つことが重要だった。オリンピックに出場したいという思いは強い」
●トーレスは「我々は(ドイツW杯の)決勝トーナメント第1回戦でフランスに敗れた2年前とは異なる。グループリーグ戦において、いかなる対戦相手も負かすことができると証明した。イタリアも例外ではない。しかし、イタリアが世界王者に輝いたのは偶然ではない。彼らのシステムは確立されており、また一瞬のチャンスをモノにする力に長けている。相手を自由にプレーさせつつ、カウンターで一気に攻め上がる。我々は彼らのこのプレーに細心の注意を払わなければならない。しかし、最もパス能力の高いピルロの欠場は我々にとって有利だ。スペインは公式戦において80年以上イタリアから勝ち星を挙げていないが、恐れはない。3月に1-0勝利を収めたが、ただの親善試合だった。今回は公式戦で彼らを負かすチャンスが訪れている。また、我々にとってチームの完成度が試される重要な試合でもある。勝つ自信はある」と語気を強めた。
●シルバは「我々は縦への突破を仕掛けていかなければならない。そうでなければ、大きな代償を支払うことになるはずだ。ドイツW杯でもそうだったように、イタリア代表は今大会でも最高のサッカーをしているわけではない。しかしここまで勝ち進んでいる。これが彼らの特長だ。イタリアのDFは固く、FWトニはどのような場面でもシュートにまで持っていくことができる。我々はボールをキープして速い攻撃を仕掛けなければならないだろう」とコメント
●「スペインが3-2で勝つ」とスペインのサパテロ首相が予言。準々決勝での対戦に向け、スペインとイタリアの両国は早くも盛り上がりを見せている。
●ブラジル人FWロナウジーニョ・デ・アシスは、母国の放送局『スポルTV』とのインタビューで、ここ数日の移籍報道について、「バルサとは2010年まで契約が残っている」と述べた。また、「ロナウジーニョ、エトー、デコは戦力外」というジョゼップ・グアルディオラ新監督の就任会見での発言に関してはノーコメントを通した。
●スペイン代表MFセスク・ファブレガスは、ユーロ(欧州選手権)2008グループD最終戦、対ギリシャ戦の翌日に行われた『ラジオ・マルカ』とのインタビューで、「ベスト8の壁を破って見せる」と宣言し、準々決勝対イタリア戦への意気込みを語った。アーセナルのMFは、「今度こそイタリアに勝ってベスト8の壁を破って見せる。勝つためなら美しいサッカーができなくても仕方がない」と結果を重視しながらも、「スペインはクレバーにならなければならない。何より自分たちのサッカーを実践することが大切だ。パス回しにしても、意味もなくボールをつなぐのではなく、ある程度の大胆さも必要だ。ボールさえコントロールすれば勝ち目はある」と、勝利のカギは“スペインのサッカー”ができるかどうかにあることを強調した。
●バレンシアのファン・サンチェスTD(テクニカル・ディレクター)は19日、契約解除交渉が難航しているアルベルダのケースについて言及した。「彼はバレンシアとの契約が残っている」と前置きした上で、「クラブとしてはアルベルダの移籍先を探している」と、契約解除ではなく移籍金が発生する完全移籍の形で放出したい考えを強調した。
●アブドゥレイ・コンコはジェノアからスペインのセビージャへ移籍する。セビージャが金曜日に正式に発表した。移籍先はインテルでもなければウディネーゼでもない。
●イングランドのメディアによると、トッテナムのファン・デ・ラモス監督は、FWのベルバトフが他クラブに移籍する可能性が高まっていることを受け、クラブに対してレアル・マドリーのストライカー、ルート・ファン・ニステルローイの獲得を依頼したようだ。トッテナムはこのオランダ人FWのプレミア復帰のために、レアル・マドリーに対し2000万ユーロ(約33億6000万円)を支払う用意があるという。
●アデバヨルの移籍がまだ発表されないのは、アーセナルが彼の代わりの選手を探しているためらしい。バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、アデバヨルの獲得によってソシオ(クラブ会員)内部での人気を高め、7月6日に予定されている不信任動議を乗り切ろうと考えているようだ。
●マジョルカのスペイン代表FWグイサが、トルコのフェネルバフチェに移籍する可能性が高まっている。21日の『ディアリオ・デ・マジョルカ』紙が報じた内容によると、ユーロ(欧州選手権)を戦っているスペイン代表の選手に与えられたオフを利用して、グイサは19日にメディカルチェックを受けたとのこと。フェネルバフチェはグイサに4年契約、年俸320万ユーロ(約5億3400万円)という好条件のオファーを出している模様で、招聘(しょうへい)を狙うスペイン代表のルイス・アラゴネス監督とともに、ユーロ終了後にもトルコ行きが決定することになりそうだ。
●リバプールがバレンシア所属のスペイン代表MFシルバに興味を示している。21日付の『ラス・プロビンシアス』紙ら複数の地元紙が報じているもので、リバプールは2600万ユーロ(約43億4000万円)の移籍金を用意しているもよう。
●イタリア代表のセンターバック、アンドレア・バルザーリ(27歳)が膝のケガで、EURO2008の残り試合を欠場することになった。イタリアサッカー連盟は19日に、「選手はチームに留まることを望んでいるが、数日中には手術を受けることになる」と説明した。イタリア代表は大会前にも主将でセンターバックのファビオ・カンナヴァロをケガで失っている。
●ロシア代表のフース・ヒディンク監督は、ベスト8進出を決めた選手について、ビッグクラブの目にとまる可能性があると話した。現在は23名のメンバーのうち、海外のクラブでプレーするのはブンデスリーガのニュルンベルク所属のイヴァン・サエンコだけだ。ロシアは攻撃的サッカーを展開してスウェーデンを2-0で下し、21日の準々決勝ではオランダと対戦する。司令塔のアンドレイ・アルシャヴィンの独創性とスピードは所属のゼニトをUEFAカップ優勝に導いたが、彼にはプレミアリーグの複数のクラブへの移籍話が浮上している。
●19日、EURO2008はいよいよ決勝トーナメントに突入。ポルトガル対ドイツの準々決勝が行われ、期待に違わぬ攻防の末、ドイツが3-2で勝利してベスト4へ駒を進めた。
●ポルトガルを3-2で下し、準決勝進出を決めた試合で、1ゴール2アシストと、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍をしたドイツ代表MFバスティアン・シュヴァンシュタイガーが、ヨアヒム・レーヴ監督のためにプレーしたと明かした。「今日は監督のためにプレーした。これで僕らはベスト4に進出したし、大会最高のチームを敗退に追いやった」「クロアチア戦では(退場処分を受ける)ミスをおかしたから、チームのために最高の形で借りを返したかった。だけど、僕だけのことじゃない。チーム全体の努力が実ったんだ。今日はドイツ人の良さがとてもよく出た試合だった」
●オランダリーグのトゥウェンテは20日、前イングランド代表のスティーヴ・マクラーレン氏を新監督に迎えたと発表した。
●マンチェスター・ユナイテッドは20日、レアル・マドリーへの移籍を希望する発言をしたクリスティアーノ・ロナウド(23歳)について、これまでと同様に手放すつもりはないと断言した。「クリスティアーノ・ロナウドの去就が金曜日のメディアを賑わせているが、クラブはこの件に関して改めて態度を表明する。ユナイテッドはオファーは受け入れない」とクラブは公式サイトで声明を出した。
●インテルのジョゼ・モウリーニョ新監督が、補強ターゲットとしてチェルシーで共に仕事をしたMFフランク・ランパードとFWディディエ・ドログバの名前を挙げていることを認めた。モウリーニョ監督は、両選手の他にもバルセロナのプレーメイカーでポルト時代の教え子であるMFデコの獲得にも乗り出している。
●準々決勝でドイツに2-3で敗れたポルトガル代表のルイス・フェリペ・スコラーリ監督が「ベストは尽くした」と試合を振り返った。大会中に、7月1日からチェルシーで指揮を執ることを発表したことがチームの士気を下げたのではないかとの批判も挙がっているが、スコラーリ監督は「たとえ私がそれを発表しなかったとしても、ポルトガルは試合に負けていただろう。敗因は、自分たちがすべきことをやらなかったことにある。そして、より質の高いプレーが必要だったんだ。私には選手の起用と戦術に対する責任がある。ポルトガルがベスト4に残れなかったことで一番責任があるのは監督だ。ベスト4に残るだけの実力があると思うだけに腹立たしいね。だが、我々はミスを犯して結果を出すことができなかった」
●ユヴェントスとローマが、アーセナルDFガエル・クリシー(22歳)に興味を示しているようだ。アーセナルが華麗なフットボールで観客を魅了しながらも結局は無冠に終わったために、国内外のビッグクラブが選手たちの引き抜きを試みているおり、すでにミランはMFマチュー・フラミニを獲得、FWエマニュエル・アデバヨルにも触手を伸ばしている。
●オーストリアのウィーンで行われたクロアチア対トルコの試合は、両者とも最後の決め手に欠け、前後半を0-0で終了。勝負の行方は延長戦に委ねられた。延長戦に入ると、トルコが何度かゴールチャンスを迎えたが、ゴールを割ることができず、試合はこう着状態に。しかし延長後半14分、クロアチアは途中交代のFWクラスニッチがヘディングシュートを決め、1-0と待望のゴールが生まれた。誰もがクロアチアの勝利を確信した瞬間だった。しかし、トルコはあきらめなかった。試合終了間際の後半ロスタイム、トルコのセミヒ・シェンテュルクが同点をゴールを決め、トルコは土壇場で1-1の同点に追いついた。勝負はPK戦に委ねられるも、クロアチアの選手に気力は残っていなかった。モドリッチ、ラキティッチのシュートはゴール枠外に。最後はトルコGKのリュシュトゥがペトリッチのシュートを阻み、トルコがPK戦を3-1で制した。
●トルコにPK戦で敗れ、ベスト8で敗退したクロアチア。今大会最年少で、サイドラインで様々な表情を見せていたスラヴェン・ビリッチ監督(39歳)は試合後、その無念さを、「この試合のことは忘れられない。それどころか、死ぬまでつきまとわれるだろう」と表した。「PK戦はもちろん特別なものだが、選手には不安はなかった。彼らのことは誇らしい。だけど、僕らなら決勝まで行けたと思うと悲しいよ」
●PK戦を制してベスト4進出を決めたトルコのファティフ・テリム監督は、クロアチアが延長戦終了1分前に1点をリードした時点でもあきらめなかったと話した。「何人かの選手がピッチに倒れ込んだのを見た。私は彼らにゴールからボールを拾ってこいと言ったんだ。私はあきらめていなかった」「最後の最後まで、主審が笛を吹くまで、あきらめてはいけないんだ。だからこそフットボールはおもしろいゲームなんだよ」「我々は土壇場で失点した。だが、その直後に追いついた。短時間のあいだに勝つチャンスを逃したクロアチアは、精神的に打ちのめされたと思う。私は、うちにチャンスがある、クロアチアは苦労するだろうと思ったよ」
●19日のユーロ2008準々決勝でドイツに敗れたポルトガル代表が、プレミアリーグのチェルシーに対して抗議を行なっている。大会中にも関わらず、新監督にルイス・フェリペ・スコラーリが就任したとチェルシーが発表したことに、ポルトガル・サッカー協会のジウベルト・マダイル会長は憤慨している。
●「今大会これまでは、ほとんどと言っていいほどチームに貢献できていない」。イタリア代表のMFマウロ・カモラネージ(ユベントス)が、ユーロ08スイス・オーストリア共催大会の自身のプレーに満足できてない状況を嘆いた。「俺は本来、サイドを活躍の場としてきたが…。だが、ドナドーニの希望に沿うようにしてきた。グループリーグの2試合で先発したことには満足しているが、自分の内容には全く満足していない」と不満をぶちまけた。
●ユーロ08スイス・オーストリア共催大会のグループリーグで3連勝と圧倒的な強さを誇るオランダ代表に訃報が届いた。オランダ代表DFハリド・ブラルズ(26)の、未熟児で生まれたばかりの娘アニッサちゃんが亡くなった。オランダサッカー協会は「選手達そしてスタッフ一同がハリド・ブラルズの娘アニッサの訃報に大きなショックを受けている」とのコメントを発表した。
●インテルのジョセ・モウリーニョ新監督は、試合後FWアドリアーノと会談し、今後の動向について話し合った。「アドリアーノは好きな選手だ。眠っている時間は終わった。彼は今から再始動する。私がポルトの監督だった時に彼の獲得を強く望んでいた。結局獲得には至らなかったが…。アドリアーノがインテルに復帰するか否かは彼の気持ち次第だ」とコメント
●パヌッチは「トーレスとビジャはいずれも非常に強く、そして相手を思いやる選手だ。しかし、アンリとベンゼマも最強のコンビだったが、彼らを封じ込める作戦があった。俺とキエッリーニは日々、信頼を深めている。キエッリーニは近い将来世界最高峰のDFに成長するだろう」と絶賛
●大会を振り返ったイブラヒモビッチは「2得点挙げることができたが、この膝の状態で、ユーロに臨むことは容易ではなかった。スペイン戦(グループリーグ第2戦・1-2の敗戦)の後半ロスタイムでの失点で、我々は自信を失ってしまった。失点を恐れて引きすぎたことが裏目に出たのだろう。また負傷者が続出したことも敗因の1つだ」と冷静に分析
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督が分析した。-どのようにすれば勝利を収めることができますか?「現在のスペイン代表は、リードフォルム監督が指揮していた頃のACミランを彷彿させる。ボールをゆっくり回し、一気に攻撃を仕掛けるのが特徴だ。イタリアが攻撃的に仕掛けることは可能だが、カウンターには注意しなければならない。そして、スペインのDFの弱点である右サイドを上手く攻めるべきだろう」
●「俺の欠場が影響する?それより代役がいないピルロの欠場の方が痛いよ」。22日のユーロ08スイス・オーストリア共催大会準々決勝のスペイン戦で、累積警告のため出場停止となるイタリア代表のMFジェンナーロ・ガットゥーゾ(30)が、現在の心境を明かした。スペイン代表のルイス・アラゴネス監督が「イタリア代表の最重要人物はガットゥーゾだ」と発言したことについて「俺が決して諦めることのない粘り強い選手だと言ってくれたんだから、嬉しいよ。その通りで、俺は1度マークしたらとことん付きまとうタイプだ。だから彼の発言は褒め言葉として捉えているよ」とガットゥーゾ。
●ジェンナーロ・ガットゥーゾ(30)がコメント「レアル・マドリーへ行くっていう話しは本当か?彼が羨ましいよ。レアルは毎年多額の移籍金を投じて、目をつけた全ての選手の獲得に成功している。カカだけは無理だったが…。しかし、彼はマンチェスター・ユナイテッドで素晴らしい結果を出したので、あのユニフォームを着た彼の姿を見られなくなるのは寂しい。レアルは足技を持った選手を獲得するので、俺は全く論外だ。俺は欧州CLの決勝に3回進む機会を与えてくれたクラブに残り続けるよ。全てが満足というわけではないが、ACミランのユニフォームに袖を通すことを誇りに感じている。俺のじいちゃんが20歳の頃に欧州チャンピオン杯で5連覇を達成したレアル・マドリーと比較しても決して劣ってはいないだろう」
●準々決勝へ進むことはできなかったが、ビクトル・ピツルカはルーマニア代表の監督を続けることが決まった。イタリアをぎりぎりまで追い詰めたルーマニアは、引き続きピツルカの指揮の下で戦っていく。ルーマニアサッカー協会のミルチェア・サンドゥ会長が明らかにした。
●UEFA(欧州サッカー連盟)は、ユーロ(欧州選手権)2008準々決勝のスペイン-イタリア戦の主審に、ドイツのハーバート・ファンデル氏を割り当てた。試合は日曜日の夜20時45分(現地時間)よりウィーンで行われる。44歳のファンデル氏は、ミランがアテネでリバプールを破った2006-07シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でも笛を吹いた。
●交渉は10日後に行われる、とランパードのイタリアでの代理人を務めるフランコ・グラネッロが『トゥットメルカートウェブ』のインタビューに対して明らかにした。「10日後にインテルの関係者と会う約束をしている。今は私もフランクもバカンス中だ。すでに移籍が決まったというのは事実ではない」
●アンブロジーニは、「とても魅力的な試合になると思う」と前置きをした上で、「スペイン代表で特に好きなのは中盤の選手、そして世界一流レベルのFWフェルナンド・トーレスだ。スペイン最大のメリットは、あらゆる局面で試合の流れを変えられる素晴らしい選手をそろえていることだ。僕にとっては大会前からスペインは優勝候補のひとつだった。彼らのディフェンスが弱いというのは妥当な評価でなない。僕はそうは思わない」
●ユーロ(欧州選手権)2008、準々決勝でスペインと対戦するイタリアの主将ファビオ・カンナバーロ(負傷のためユーロは欠場)は、ライバルを高く評価しているようだ。「スペインが有利だ。なぜなら彼らは現時点で一番良いサッカーをしているからだ。これまでの両者の対戦成績は今回の試合には全く関係ない。今大会のスペインは素晴らしい。ビジャ、トーレスといったレベルの高い選手をそろえており、チームのまとまりも今まで以上に高い。僕たちにとっては厳しい戦いになるだろう」とスペインのプレーぶりを称賛し、準々決勝が難しい試合となると予想した。一方でカンナバーロは、「スペインはタレントぞろいのチームだけど、日曜日に勝つにはそれ以上の何かが必要だと思う」とつけ加えることも忘れず、「準々決勝ともなればどちらのチームにも勝機はあり、試合は“五分五分”だ。イタリアが勝利したとしても何ら驚きはない。いずれにしても、偉大な選手を要する2チームによる対戦は、間違いなく素晴らしい戦いとなるはずだ。勝利した方が決勝まで進むだろう」
●ベンチ入り禁止の処分を受けていたヨアヒム・レーブ監督は、“天井桟敷”で過ごした時間の苦しさを隠そうとはしなかった。「スタンドのガラスの後ろで苦しい思いをしていたのは認める。高い位置からいつも以上にプレーの流れをよく見ることができたのも確かだが、グラウンドとの距離はつらかった」
●最終的な結果が出るのはまだまだ先だが、ブラジルは安眠をむさぼってはいられないようだ。アルゼンチンとの低調な試合に引き分けたカルロス・ドゥンガのチームは、サポーターから痛烈な批判を浴びたが、ベネズエラを3-2で破ったチリがさらに火に油を注いだ。この結果、セレソン(ブラジル代表の愛称)は南米予選で5位に転落。2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会の出場権を得られる4位以内の座を失ってしまった。
●シュツットガルトは公式ホームページ上で、バイエルン・ミュンヘンが獲得に興味を示していたドイツ代表FWマリオ・ゴメスについて、オファーを拒否したことを明らかにした。20日の午後にバイエルンと話し合いを行い、その席でバイエルンがゴメス獲得の意思表示をしたものの、ヘルト・マネージャーが「われわれはバイエルンにゴメスを渡すことはない」と通達したようだ。
●ベンフィカは、MFカルロス・マルティンスとFWフローレン・シナマ・ポンゴルの獲得に向けてレクレアティボと交渉を詰める一方で、サラゴサのMFパブロ・アイマールにも関心を持っているようだ。キケ・サンチェス・フローレス新監督は、『オ・ジョーゴ』紙とのインタビューの中で、マルティンスを次のように評価している。「マルティンスはスペインリーグで素晴らしいシーズンを送った。彼は10番としても、右サイドでもプレーできるオールラウンドプレーヤーだ。クラブが彼の獲得に全力を注いでくれるよう期待している」
●ロシア代表のイゴール・セムショフは、ユーロ(欧州選手権)2008の準々決勝オランダ戦を翌日に控えた20日、ここまでの大会について次のように振り返った。「大会初戦のスペイン戦で敗戦(1-4)を喫したことは、精神的に良かったと思う。僕たちは一流選手をそろえたスペインという偉大なチームと戦った。最初の試合というのは常に人々の過剰な期待や評価を受けるものだが、大敗したことによりプレッシャーがなくなった。確かに厳しい敗戦だったが、残りの試合は“失うものは何もない”という楽な気持ちで臨むことができた」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.