UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/19UEFAサッカー情報
●消化試合となったグループDのギリシャ対スペインは、スペインが2-1で逆転勝ちした。スペインはフェルナンド・トーレスとビジャの2トップを使わず、グイサの1トップ、2列目にファブレガスが入る形でスタート。
●アルゼンチン期待の若手がまた一人、スペインへ渡ることになった。アルメリアが昨年行われたU-20ワールドカップで優勝したアルゼンチン代表のメンバーであるエストゥディアンテス所属のFWパブロ・ピアッティ(19)を獲得した。母国アルゼンチンでは「メッシと“クン”アグエロを完璧にミックスした選手」と評される若手有望株のピアッティにはユベントスやマンチェスター・シティといったクラブも興味を示していた
● 英国の複数のメディア、スペインメディアが報じるところによれば、アーセナルのMFアレクサンドル・フレブ(ベラルーシ代表)のバルサ入りに進展があったという。ロナウジーニョ、デコといった黄金時代を築いたMFたちが移籍濃厚となったいま、プレミア屈指の司令塔を獲得することが補強の至上命題となったのだ。ただ、バルサ側は「もし交渉が失敗に終わっても他の選択肢はある」と語っている。
●スペインのユーロ2008準々決勝の相手がイタリアに決まった翌日、ジョセップ・グアルディオラの後任としてバルサB(下部チーム)の新監督に決まったルイス・エンリケが就任会見の席でこの因縁の対決について「準々決勝ではイタリアと当たって欲しかった」との思いを語った。スペインとイタリアは1994年ワールドカップ・アメリカ大会の準々決勝でも対決しているが、ルイス・エンリケにとっては忘れられない悔しい試合の一つとなった。彼はイタリアのDFマウロ・タソッティから肘鉄を食らい顔面を出血、鼻骨を骨折した。この試合でスペインは2-1でイタリアの前に涙を飲んだ。「ビージャに仇をとってもらって、スペインが上回ってくれることに期待している。世界王者を粉砕して欲しいね。同郷(アストゥリアス)のビージャがゴールを決めてくれたら最高だが、そうでなくても他の誰かが決めてくれるだろう。タソッティがプレーしないのはスペインにとって有利。だから、落ち着いていられるよ」。
●インテルのマッシモ・モラッティ会長は18日、現在退団が噂されているバルセロナのFWエトーとMFロナウジーニョの獲得に関心がないことを明かした。モラッティ会長は「以前からバルセロナは両選手の放出意思を表明していた。ラポルタは素晴らしい会長であり、話も上手い。しかし、今のインテルは彼らに興味はない」とコメント。
●ビクトル・ムニョスがヘタフェの新監督に就任する。ムニョスは51歳のスペイン人で、過去にはビジャレアル、レアル・サラゴサ、パナシナイコス、レクレアティボ・ウエルバで監督を務めた。デンマークのミカエル・ラウドルップからチームを引き継ぐ。
●バルセロナはミランとのエマニュエル・アデバヨル獲得競争から一歩抜け出すつもりのようだ。英タブロイド紙『デイリー・メール』によると、ジョアン・ラポルタ会長はこのトーゴ人FW獲得に向け3000万ユーロ(約50億2700万円)のオファーをアーセナルに提示したとのこと。アデバヨルはジョゼップ・グアルディオラ新監督率いるバルセロナにおけるキーマンとなるかもしれない。
●ギリシャ戦後の記者会見で、記者たちの質問は次の日曜日に行われる準々決勝、対イタリア戦に集中した。アラゴネス監督は、「日曜の試合では、これまでの(グループリーグの)試合のことはすべて忘れなければならない。これからが本番だ。われわれが唯一しなければならないことは“勝つこと”。それだけだ。試合のポイントは、ポジティブなメンタリティーで臨むこと。そうすれば勝てる」と準々決勝への心構えを語った。アラゴネス監督はイタリアについて、「タフな相手だし、厳しい試合になる。彼らも同じように考えてると思う。優れている方が勝つ。そしてそれがスペインになると願っている」と述べ、またスペイン代表について、「100パーセント、いや110パーセントの出来を期待している」、「先のワールドカップ(・ドイツ大会)からわれわれは多くのことを学んできた。あの頃はまだチームは若かった。今はこのような大会がどういうものか理解しているし、このまま勝ち進めると思っている」と準々決勝突破に自信をのぞかせた。
●ビジャレアルがポルトのアルゼンチン代表MFルチョ・ゴンサレス獲得に興味を持っている。ポルトガルメディアに選手本人がビジャレアルからのコンタクトを明かした。ルチョ・ゴンサレスは「新たな挑戦がしたい」とした上で、「すでにビジャレアルと話し合いを持ったので、今はそれを進める時期」と語っている。
●セビージャが18日、激しい争奪戦が繰り広げられていたジェノアのDFコンコ獲得を決めたようだ。
●ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は、19日に行われる準々決勝のポルトガル戦をスタンドで観戦することになった。オーストリア戦で退場処分になったことについて異議を申し立てていたが受け入れられなかった。
●チェルシーMFスティーヴ・シドウェルの獲得を目指すアストン・ヴィラが、移籍金550万ポンド(約11億6000万円)で合意に達したと発表した。
●ドイツ代表ストライカー、ルーカス・ポドルスキ(23歳)が「ユヴェントスとトッテナム・ホットスパーが自分に興味を持っている」と明らかにした。所属するバイエルン・ミュンヘンでさほど目立った活躍ができず移籍を思案していたポドルスキだが、EURO2008でようやく輝きを取り戻した。ユルゲン・クリンスマン新監督(前ドイツ代表監督)とは、大会終了後に今後について話し合う予定だ。
●EURO2008のイタリア戦で負傷したフランス代表MFフランク・リベリが、全治まで2カ月かかるだろうとクラブドクターが話した。リベリは足首をひねって、試合序盤に交代
●UEFAは18日、トルコ代表GKヴォルカン・デミレルを2試合の出場停止処分にすると発表した。ヴォルカンは準々決勝進出を決めたグループAの最終戦対チェコ戦で、ロスタイムに相手FWヤン・コラーを倒して退場処分となっていた。
●ローマは18日、リヴァプールのノルウェー代表DFヨン・アルネ・リーセを500万ユーロ(約8億1000万円)で獲得したと発表した。契約は4年間。
●18日に行われたグループD最終戦で、共にここまで勝ち点3で、2位通過を目指すロシアとスウェーデンが対戦。引き分けでもOKだったスウェーデンに対し、勝利あるのみのロシアが、出場停止明けで今大会初出場となるアルシャヴィンの活躍で2-0で勝利。ベスト8進出を決めた。
●18日に行われた2010年W杯南米予選で、ブラジルとアルゼンチンが対戦し、スコアレスドローに終わった。試合後半はアルゼンチンに支配され、いいところなかったブラジルに対し、ベロ・オリゾンテのミネイラン・スタジアムに集まった5万2000人の観客は試合後ブーイングを浴びせた。ブラジルのドゥンガ監督は、「今日で予選が終わったわけではない。あと12試合あるんだ」と強がった
●2年間在籍したスペインの名門バルセロナからイタリアの名門ACミランへの移籍が決定したザンブロッタは「スペイン代表の中には知人がたくさんいるので、自分にとっては特別な試合となるだろう。しかし、どんな理由があるにせよ、イタリア代表が準決勝に駒を進めるためにベストを尽くすつもりだ。世界でも最高レベルの2チームが、激戦を繰り広げることを期待している」と感慨深げに話した。
●オリンピック・リヨンの新監督に、今季までリールを率いたクロード・ピュエル監督が4年契約で就任することが決定した。リヨンは今季アラン・ペラン監督の下、クラブ史上初となるリーグとカップの2冠を達成したが、両者は数日前に契約解除の合意に達しており、現在46歳のピュエル監督はこのペラン監督の後任として同クラブを率いることになる。
●クロアチア代表は有能なタレントを輩出し続けている。中でも名前が挙げられるのがイバン・ラキティッチ。オーストリアとスイスで開催中のユーロ(欧州選手権)2008でも活躍を披露している。このシャルケ04所属の20歳のMFに、インテル、ユベントス、チェルシーが目を付けているようだ。
●イギリスの『デイリー・メール』紙の報道によれば、攻撃陣の補強のためにローマが最も強く獲得を狙っている選手は、フランス人FWルイ・サハのようだ。ローマは期限付きでの獲得を望んでおり、サハのフィジカルコンディションを確認した上で、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)に700万ポンド(約14億8000万円)を支払うことを考えている。
●火曜日の夜には、イタリア国内で2300万人以上がフランスとの試合をテレビ観戦した。ドナドーニのチームがフランスを破って準々決勝進出を決めた試合を観戦したのは、正確には2349万1000人。占有率は74.09%に上った(前半45分間は72.84%、後半は75.36%)。
●ポルトガル代表ルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、19日に行われるユーロ(欧州選手権)2008準々決勝の相手であるドイツのヨアヒム・レーブ監督が試合をスタンドで見守ることについて、「可能であれば彼をベンチに呼び戻したい」とコメントし、ライバルチームの監督不在を残念がった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。