UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/17UEFAサッカー情報
●EURO2008のスウェーデン戦で劇的な決勝ゴールを挙げたスペイン代表FWダビド・ビジャ(バレンシア)。もともと今夏の移籍市場では人気株だったが、ここにきてその価値が急騰中。レアル・マドリー、バルセロナのスペイン2強が興味を示しており、ここに来て移籍市場ではおなじみの金満クラブが獲得を検討中だという。そう、イングランドのチェルシーだ。しかも、同じくスペイン代表で2トップを組む同じプレミアリーグのライバル、リバプールのエース、フェルナンド・トーレスとの“ダブル獲得”というビッグプランをもくろんでいるという。二人合わせて移籍金は6500万ポンド(約130億円)というビッグディールである。『ザ・サン』紙などの英国の有力紙は「チェルシーのマネー旋風、再び」を予測する。
●就任会見に臨んだグアルディオラ監督は「高額年俸の選手を放出しなければならないことを念頭に、来季の構想をねらなければならない。現状では、来季の構想にエトー、デコそしてロナウジーニョは入っていない。ロナウジーニョがもしかつてのコンディションを取り戻したいと考えているならば、ここに残留するはずだ。彼はクラブとの関係を壊した。関係を修復する方法は、チームを1つにまとめることしかない。この2年間はタレントに欠いたことはないが、結果が伴っていたとは言えない状況だ」とコメントしている
●バレンシアは、ヘタフェのMFパブロ・エルナンデスと6年契約を結んだことを正式に発表した。契約解除のための違約金は5500万ユーロ(約92億円)に設定された。パブロ・エルナンデスは現在23歳。バレンシアBでの2シーズンを経て、2006年5月16日のリーガ・エスパニョーラ最終節、対オサスナ戦でトップチームデビューした。翌2006-2007シーズンの冬の移籍マーケットでカディスに期限付き移籍し、今季もヘタフェに期限付き移籍していた。
●ジョゼップ・グアルディオラ新監督率いるバルセロナは、来季に向けた補強を引き続き進めている。英『BBC』によると、同クラブは、今季トッテナムで充実したシーズンを送ったディミトール・ベルバトフの獲得を目指すことを決定したとのことだ。
●負傷者に悩まされているスペイン代表だが、アラゴネス監督はユーロ(欧州選手権)2008の準々決勝で、全員をそろえることができそうだ。DFカルレス・プジョル、MFダビド・シルバ、サンティ・カソルラは、いずれも軽いけがを抱えているが、準々決勝までには完全に復帰できる見通し。シルバは足首の軽いねんざで、プジョルとカソルラも左足を痛めている。
●クリスティアーノ・ロナウドとレアル・マドリーを隔てる距離は、日ごとに短くなっている。『マルカ』紙に掲載された記事によると、レアル史上最大規模の移籍が実現するか否かは、近日中の交渉に懸かっているという。レアルがマンチェスター・ユナイテッドに提示する条件は、「ロビーニョのトレード+5000万ユーロ(約83億7000万円)」ではないかと言われている。ロナウド獲得のためのレアル側の準備は万全だ
●アーセナルFWエマニュエル・アデバヨルに興味があることを認めていたミランだが、アーセナル側が提示した移籍金が高すぎる(推定3000万ポンド、約63億6000万円)として、獲得を断念せざるをえないと発表した。
●1月に膝を負傷、5月に手術を受けたためEURO2008に出場できなかったチェコ代表MFトマシュ・ロシツキが、プレミアリーグの開幕戦にも間に合わない可能性が出てきたことを明かした。順調に回復していると見られていたものの、実際はプレシーズントレーニングへの参加も微妙だという。ロシツキは「復帰するにはまだ長い時間がかかるだろう。新シーズンの開幕か、8月中にはトレーニングを始められたらいいなと思っている」
●ローマがマンチェスター・ユナイテッドDFミカエル・シルヴェストル(30歳)にオファーを送ったことが判明した。
●先週、豪雨のなかでスイス対トルコ戦が行われたため、ピッチがぬかるみのようになってしまったバーゼルのザンクト・ヤコブ・スタジアムが、18日の準々決勝に間に合わせるために芝を張り替えるという大胆な行動に出たことがわかった。オランダから、芝生を乗せた26台の冷蔵トラックが到着、16日朝から始まった「新しいカーペット作戦」は17日正午には完成するという。
●16日に行われたグループB最終戦で、すでに首位通過の決まっているクロアチアはポーランドと対戦。ビリッチ監督はドイツを破ったチームから、プラニッチとラキティッチを残して先発を9人入れ替えたが、それでもポーランドにチャンスを与えず、1-0で勝利した。
●グループBの第3戦が16日に行われ、ドイツが開催国オーストリアを1-0で下してグループ2位で準々決勝進出を決めた。
●オーストリア対ドイツ戦の試合途中で双方の監督が退席処分になった件について、EURO2008の組織委員会は主審の報告を待って処分を検討すると話した。ドイツが1-0で勝利した試合の前半終了間際に、スペイン人のメフト・ゴンサレス主審がドイツのヨアヒム・レーヴ監督とオーストリアのヨーゼフ・ヒッケルスベルガー監督を退席処分にした。主審が2人を退場させた理由は傍目にはよくわからなかったが、レーヴ監督によれば、第4審判を務めたスロヴェニアのダミル・スコミナ審判員が、ヒッケルスベルガー監督が選手に指示を出すのを不当に邪魔したため、言い合になったからではないかという。「ヨーゼフ・ヒッケルスベルガー監督の状況を見て、何度も第4審判を落ち着かせようとしたんだ。僕ら監督はコーチングゾーンで選手に対して指示を与えるのが仕事だ。ところが、主審は僕らを追い出した」と話し、どちらもコーチングゾーンをはみ出したことはないと付け加えた。
●FCポルトが来季のチャンピオンズリーグに出場できることになった。UEFAは2週間前に、八百長スキャンダルに見舞われたポルトのCL出場権を剥奪したが、17日にこれを撤回。「ポルトガルでいまだ訴訟中の問題であることから」と説明した。このため、買収疑惑でポルトが有罪となった場合は、2009ー10シーズンの大会への出場権を剥奪される可能性は残っている。
●かねてから報じられていた通り、来季からのリヨン監督に、リールのクロード・ピュエル監督(46)が就任することがほぼ確定となった。16日のレキップ紙が伝えている。ピュエル氏は、モナコで守備的MFとして18年間(601試合)にわたり活躍したあと、同クラブのリザーブチームを率い、1999年Aチーム監督に昇進。翌シーズン、38歳の若さでリーグ優勝を成し遂げ、一躍注目を浴びた。しかし次の年にモナコが契約を更新しなかったため、2002年のシーズン途中からリールの監督に就任している。
●連日のように報道されている、クリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリー移籍。本人は曖昧なコメントを続けており、スペインでは報道が過熱する一方だ。そしてここにきて、C・ロナウドの所属元であるマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が過激発言で騒がせている。「もし私の許可なく、ロナウドをフロントが放出すると決定したら、私もオールド・トラフォード(マンチェスター・Uの本拠地)を去る」とコメントしたのだ。
●モウリーニョ監督への世間の関心が、予想以上に高いことについてモラッティ会長は「モウリーニョ効果は年間シートの増加を見れば歴然だ。受付から10日間で30%も伸びている。モウリーニョに対する好奇心、期待の現れだろう」と笑顔で語った。一方、来季の補強についてモラッティ会長は「今のところモウリーニョから無理な要求は受けていない。アドリアーノは我々の元に戻る。モウリーニョも彼の現状と彼の目標について知りたがっている。そして我々はランパードを狙っている。彼の獲得は決して容易ではないだろうが、チェルシーへのコンタクトは既に済ませている」
●バイエルン・ミュンヘンの同僚であるトニについてリベリは「トニは得点力に優れた素晴らしい選手だ。彼はポジショニングが抜群に上手く、ディフェンスは困難を極める。今大会で、今のところ得点を挙げていないが、我々との対戦で決める可能性はある」と警戒した。
●ユーロ08スイス・オーストリア共催大会のグループリーグで、チェコ代表が敗退に終わったことについてネドベドは「チェコに何が起こったのかまだ理解できていない。今はイタリア代表が、母国と同じ道を辿らないことだけを願っている」と力なく答えた。
●ユーロ08出場により、イブラヒモビッチの所属クラブのインテルが怪我の状況を危惧していることについてドクターは「インテルのドクターとは頻繁に連絡を取り合っており、彼らには誤った方法で選手の怪我を悪化させたりはしないと伝えている。18日のロシア戦はフル出場しない予定だ。彼の対応は慎重に行いたい。疲労が原因で膝の筋を痛めており、過密日程でのフル出場は危険を伴う」と説明。
●ドナドーニ監督は「準備は整った。勝利に向けてどのような展開が必要かもしっかりと把握している。メンタルとフィジカルどちらの面でも全てを出し切る。今回のフランス戦は、我々にとってW杯とは異なった意味でのファイナルだ。非常に重要な試合…いやたった1度しかない試合だ」と話した。
●ブラジル生まれでありながらポルトガル国籍を取得した理由についてペペは「ポルトガル国籍を取得して良かった。でも、ポルトガルを選んだのではなく、自分を高く評価してくれるスコラーリ監督を選択したということ。我々のサポーターに素晴らしいプレゼントを贈りたい。ファイナル進出を目指すよ。我々は観客を魅了するクォリティを持ち、チームの情熱はエクセレントだ。大会を勝ち進むために最も必要なものが備わっている」
●イングランド・プレミアリーグの2008-09シーズンの対戦カードの抽選が行われた。昨季王者のマンチェスター・ユナイテッド(以下、マンU)は8月16日に本拠地オールド・トラフォードで開幕を迎え、ニューカッスル・ユナイテッドと対戦する。チェルシーを率いるルイス・フェリピ・スコラーリもホームでの開幕。スタンフォード・ブリッジで迎え撃つ相手は昨季FAカップ王者のポーツマスに決まった。アーセナルもホームのアシュバートン・グローブで昇格チームのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンと開幕戦を戦う。
●インテルは移籍市場を騒がせ続けている。新たにうわさに上っている名前は、ロビン・ファン・ペルシ。インテルの新監督ジョゼ・モリーニョは、アーセナルに所属する25歳のオランダ人を非常に気に入っており、クラブはアーセナルの要求する条件を打診しているようだ。ローマのマンシーニ、あるいはポルトのクアレスマを獲得する交渉が失敗に終わった場合は、ファン・ペルシがその代役として貴重な戦力となりそうだ。
●ユーロ(欧州選手権)2008に出場したチェコ代表は、トルコによって衝撃的な形で敗退に追い込まれた。終了間際のゴールで逆転を許したジュネーブでの試合を最後に、FWヤン・コラーとMFトマーシュ・ガラセク(いずれも35歳)は、代表のユニホームを脱ぐことを発表した。カレル・ブリュックナー監督も、この大会を最後に代表監督を退くことを以前から発表していた。
●「1分け2敗に終わったということは、われわれは今大会を戦い抜くだけの十分なチームではなかったということだ。いいプレーができず、チャンスも作れなければ厳しい戦いを強いられるのがサッカーである。そうなっては、勝ち抜けの可能性が低くなるのは当然だ」ポーランド代表のレオ・ベーンハッカー監督
●「この選手たちのことを非常に誇りに思う」。クロアチア代表のスラベン・ビリッチ監督は自らのチームに大満足している様子で、ユーロ(欧州選手権)2008グループBの最終戦に臨んだ選手たちの闘争心をたたえた。クロアチアは勝ち点9の首位でグループリーグを締めくくった。「無敗でグループを突破したのはわれわれが初めてではないが、非常にうれしく思っている。選手たちは素晴らしい3試合を戦ってくれた。ただ勇敢に戦っただけではなく、戦術面でも完ぺきだった。相手GKがボルツでなければこの試合は少なくとも2-0で勝っていただろう」
●グループB最終節で1-0とオーストリアに勝利し、ユーロ(欧州選手権)2008の決勝トーナメント進出を決めたドイツ。試合後にインタビューを受けたベッケンバウアーは、こう語った。「今日のドイツの出来はあまり良くなかったが、勝利は妥当だ。なぜなら彼らは、結果重視でプレーしたからだ。バラックは良かった。彼のおかげで、後半開始早々にゴールを奪うことができた」「次のポルトガルに勝利できれば、ドイツはチャンピオンになれるかもしれないと考えている。とはいえ、もっとプレーの質を上げなければならない。オーストリア戦では相手にスペースを与えすぎた。このようなことはポルトガル戦ではあってはならない」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
415ぶっぱなしだふぃ!!
4761ヶ月分ぐらいまとめてぶっぱなしたら、女の顔どろっどろになってた(笑)
何が嬉しのかわからんが、その女「ありがと」って言いながら全部舐めてたぞ。。
http://c-melon.net/59/
2008/06/18
(水) 20:31:46 | URL | 489とおる #JalddpaA[ 編集]
137ぶっぱなしだふぃ!!
511ヶ月分ぐらいまとめてぶっぱなしたら、女の顔どろっどろになってた(笑)
何が嬉しのかわからんが、その女「ありがと」って言いながら全部舐めてたぞ。。
http://c-melon.net/59/
2008/06/18
(水) 22:37:25 | URL | 50とおる #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。