FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/06/07UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長が、長年の補強ターゲットだったクリスティアーノ・ロナウドが「レアルに加入したい」とコメントしたことを受け、「光栄なことだ」と話した。マンチェスター・ユナイテッドとの関係悪化を懸念し、泣く泣くC・ロナウド獲得を断念したレアルだが、4日にブラジルのウェブサイトTerraに「もしマドリーが所属クラブに相応な移籍金を喜んで支払うのなら、移籍しただろう」というC・ロナウドのコメントが掲載されたことで事態が一変。カルデロン会長もC・ロナウド獲得は実現可能なミッションだと思い直したようで、「C・ロナウドのような選手が、レアル・マドリーでプレーするのは素晴らしいことだと思っているなんて光栄なことだ。彼がレアルの一員になりたいと知って誇らしく思うよ」と話した。
●バルセロナは6日、メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(19歳)をトッテナムに移籍させることでロンドンのクラブと合意したと発表した。契約は5年間。バルサは2年以内にドス・サントスが他クラブへ移籍する場合は、選手の保有権の20パーセント、その後は10パーセントを保持する。バルサのカンテラ育ちのドス・サントスは昨季、ライカールト監督のもとでトップチームにデビュー。リーグ戦10試合に先発し、3得点を上げている。
●リヴァプール1年目でゴールを量産し、EURO2008でも活躍が期待されるスペイン代表FWフェルナンド・トーレス。しかし、代表でもクラブでもチームメートのDFアルバロ・アルベロアは6日、スペインのプレーはトーレスに合わないと話した。「代表チームのプレースタイルは彼に向いていない、あるいは彼が力を発揮するスタイルではないというのは明らかだ」とアルベロアは記者会見で語った。「だが、トーレスは世界最高のストライカーの一人だし、それをEURO2008で証明するだろう。代表の戦い方が彼にとっては最適ではないにしても、だからって彼がゴールを決められないわけじゃない」トーレスはプレミア1年目の昨季、公式戦で33得点を決めたが、代表ではこの1年半で2得点しか上げていない。リヴァプールでは中盤から素早くボールを受け、十分なスペースを利用してDFを置き去りにするトーレスだが、スペインは中盤から丁寧に組み立てていくので、相手DFに囲まれることが多い。
●アラゴネス監督は、パスゲームを基本としながら、トーレスの得点チャンスを増やすためにダビド・ビジャとの2トップも考えているという。「もしビジャの体調がよければ、二人を前線で起用する」と6日にスペインのラジオに話した。スペインの初戦は10日のロシア戦だが、アラゴネス監督は、「(ロシア代表監督の)ヒディンクはしたたかだし、守備の固い彼らのプレーは我々には合わない。初戦では負けないことが大事だ。いいプレーができなくても、少なくとも引き分けないといけない」と話した。
●来シーズンに向けてチームの変革を進めるバルサの動きが活発だ。ここまでセイドゥ・ケイタ、ジェラール・ピケ、そしてマルティン・カセレスを獲得とディフェンシブな選手の補強に力をいれているバルサは、ダニエウ・アウベスの獲得でセビージャと合意に達したとのこと。バルサの補強は早くも4人目ということになる。選手の補強と同じく売却も大事。とはいえ、バルサの放出作戦は補強作戦のペースに遅れをとっている。現時点で移籍が決まっているのはエジミウソン、ザンブロッタ、ドス・サントスの3選手。エジミウソンは自由契約のため移籍金はなし。つまり、選手売却で得る収入は今のところザンブロッタの850万ユーロ(約14億円)とドス・サントスの600万ユーロ(約9億円)の計1450万ユーロ(約23億円)のみ。バルサの補強はまだ続くことから、放出作戦がうまくいくかがカギとなってくる。選手売却での収入を補強資金に回したいバルサは、退団が確実と噂されるロナウジーニョ、デコ、エトーで合計8000万ユーロ(約132億円)の移籍金収入を目論んでいるとのこと
●米国のメジャーリーグサッカー(以下、MLS)に所属するニューヨーク・レッドブルズは5日、FWジョジー・アルティドール(18歳)がスペインのビジャレアルに移籍することを発表した。移籍金は推定800万ユーロ(約13億2000万円)で、MLSの選手としては史上最高額での移籍となる。ビジャレアル側からの正式発表はまだ行われていないが、幹部のロイグ氏は「基本合意には達している」と発言し、現在選手側と最後の交渉を行っていることを認めている。早ければ週明けにも入団発表が行われることになりそうだ。
●バルセロナは、ダニエウ・アウベスの獲得についてセビージャと合意に達したようだ。アスルグラナ(バルセロナの愛称)は、ブラジル人サイドバックとの契約のため、セビージャに3200万ユーロ(約53億1000万円)を支払うと見られているが、これに加えて、活躍や獲得タイトルに応じたインセンティブも設定されているようだ。これで数シーズン前から続いていた“アルベス狂想曲”は終えんを迎えることになりそうだ。これに加えてセビージャは、バルセロナが30%所有している、マジョルカのスペイン代表DFフェルナンド・ナバーロの所有権も譲渡されるようだ。アルベスの契約期間は5年。セビージャ時代には、UEFAカップ2回、国王杯1回、ヨーロッパスーパーカップ1回を獲得している。
●今オフ積極的に補強を進めているバルセロナが、ビジャレアルのマルティン・カセレスと正式に契約を結んだことを発表した。バルサは、このウルグアイ人DFと4年契約で合意。契約解除に伴う違約金は5000万ユーロ(約83億円)に設定されたようだ。カセレスは今週木曜、金曜に行われたメディカルチェックをパスし、カンプ・ノウのオフィスで契約書にサインした。
●お互いに思い合っていることはほとんど周知の事実だ。ユベントスのダビド・トレゼゲとバルセロナはついに愛を実らせることができるかもしれない。移籍市場はまだ動き始めたばかりだが、どちらにとっても魅力的なチャンスであり、決してあり得ない話ではない。
●ユベントスのダビド・トレセゲは、バルセロナへの移籍を拒否するつもりはないようだ。同選手の代理人アントニオ・カリエンドは、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙の取材に対し、「現在、状況の進展はアスルグラナ(バルセロナの愛称)に委ねられている。もしクラブ間でポジティブな結論が出れば、トレセゲにとって問題とはならない」と答え、両クラブが合意に至れば、トレセゲが移籍を受け入れる可能性を明らかにした。同紙によれば、ビアンコネロ(ユベントスの愛称)の監督クラウディオ・ラニエリも、トレセゲの移籍を拒否しない構えであるとのことだ。
●数日前、パナシナイコス監督に就任すると報道された前ヘタフェ監督のミカエル・ラウドルップだが、ギリシャの現地メディアは、両者の契約が調印直前になって破談となったと報じた。ギリシャのメディアによると、ラウドルップはパナシナイコスとの契約書調印にあたりいくつかの条件を出していたが、最終的にパナシナイコス側がこれを受け入れることに同意しなかったため、最終段階で交渉が決裂したという。ラウドルップが固執していた条件のひとつは、「スペインのクラブから契約の打診があった場合、クラブは解約を認める」という条項を契約書に加えることだったという。
●スペイン代表MFのセスク・ファブレガスは、「スペインはいいところまで行けると思う」とコメントし、ユーロ(欧州選手権)2008直前でのスペイン代表の仕上がりに自信を見せた。「毎回のことだが、スペインはいいメンバーをそろえて大会に臨み、必ず、優勝候補に挙げられる。僕たちは、強豪という名の下で試合に挑むより、実戦で実力を証明しながら大会を戦いたい」、「スペインはタイトル獲得を切望している」と認めた上で、「今年はいいところまで行けると思うが、プレッシャーを背負うのは良くない。代表チームは選手、監督、ファンに支えられている。僕らはピッチでこれらのサポートに応えなければならない」と大会への意気込みを語った。最後にセスクはスペイン代表の特徴について、「若いながらも経験豊富で、クオリティーの高いチーム」と評価した。
●ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が、アーセナルのストライカー・エマニュエル・アデバヨルの獲得を諦めないと宣言した。すでにザンブロッタとフラミニを手に入れたミランは、今オフに大物ストライカーも確保したいと考えており、ロナウジーニョ、ドログバ、アデバヨルがトップターゲットであることを明らかにしていた。アデバヨルは「移籍するならば、それはお金のためだ。若い頃はゲームが好きだからプレーするし、サッカーに情熱を燃やしていた。でも現在のレベルに達すると、次に考えるのはCLみたいな大きな大会になる」とコメントし、移籍の可能性を示唆した。ちなみに、カルロ・アンチェロッティ監督もアデバヨルかドログバを欲しがっていると見られる。
●チェルシーがポルトのウィンガー、リカルド・クアレスマ(24歳)の争奪戦に名乗りを挙げた。所属するポルトが来シーズンのCLに出場できなくなったため、クアレスマは今夏ビッグクラブへの移籍を望んでいる。チェルシーの他にもインテルやレアル・マドリーがクアレスマを欲しがっているが、ポルトのジョルジ・コスタ会長は、このポルトガル代表MFに3000万ユーロ(約49億5000万円)の値札をつけて、徹底抗戦する構えだ。
●ローマのシモーネ・ペッロッタが「ルチアーノ・スパレッティ監督がチェルシーの新監督候補に挙がっているのは当然だ」と語った。先月アヴラム・グラント監督を解雇して以来、後任者を探しているチェルシーにとって、現在スパレッティ監督が本命だと噂されている。ペッロッタは「チェルシーがスパレッティに(監督就任を)打診していることには驚いていない。彼らは偉大な監督を探していて、最も素晴らしい監督の一人に接触したってわけさ。この話がどのような結末を迎えるのか、すごく興味があるね。スパレッティ監督はインテリだから、状況を査定して何がベストか決定するだろう」とコメント。
●ミランの主将パオロ・マルディーニは6日、来季も現役を続けると発表した。「辞めるつもりだった。だが、クラブから続けるように言われて、監督やチームメートと話したら、彼らも賛成してくれたので、現役を続けることにしたんだ。僕はサッカーをやるのが好きだし、今でもうまくやれると信じている」ミランは公式サイトで、マルディーニとの契約を2009年6月30日まで更新したと報じた。今月下旬に40歳の誕生日を迎えるマルディーニは、ミラン一筋の23年間に、セリエA優勝7回、欧州カップでは5回優勝している。
●ドイツはEURO2008のグループリーグ初戦でポーランドと対戦するが、ポーランド生まれのFWルーカス・ポドルスキが祖国相手に勝利を誓った。現在も親戚がポーランドにおり、自宅ではポーランドのテレビ番組も見ているという23歳のポドルスキは、ポーランド語が堪能で、チームメートに相手選手の名前の呼び方を教えているという。
●チャンピオンズ・リーグの決勝戦で、マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが対戦するなど、プレミアリーグ勢の強さが際立った今シーズン。しかしプラティニは、外国人投資家の興味をひき続けるプレミアリーグの繁栄が、イングランド代表チームの強化に悪影響を与えているとコメント。UEFA会長として何らかの処置を考えると明言している。「イングランド代表がユーロ2008に出場できないことが残念だとは思わない。予選で敗退したのは、彼ら自身に問題があるからだ。クラブレベルと代表レベルのフットボールは別物だ。イタリアとドイツを除けば、過去2回のワールドカップで決勝戦を戦ったチームは、海外で活躍する選手が多いチームだ。私は外国人投資家がクラブを買収することに疑問を感じている。どうして、アメリカ人がクラブを買う必要がある? 金儲けの手段以外の理由はないはずだ。こうしたクラブにとって、タイトルを獲得するより、借金を返すことが重要になっている。チェルシーやマンUを見れば明らかだ。FIFAとUEFAはこの状況を重く捉えている。『チャンピオンズ・リーグのタイトルが金で買えるのか?』と聞かれたら、ノーとは言えないのが現状だからだ」
●モウリーニョ監督は「私が指導し、私が(起用する選手を)選ぶ。全ての決定権は私にある。もちろん、選手の意見は聞く。全てのタイトルを獲得したい。モラッティ(インテル会長)?カルチョを理解するには5分で十分だ。インテルは彼にとって人生そのものだ。アブラモビッチ(チェルシー会長)もチェルシーを愛していたが、一族でチェルシーを支えた歴史はない」とコメント。一方、来季の補強についてモウリーニョ監督は「今のところ誰を獲得するか決断していないし、フォーメーションも決まってはいない」と言及を避けたが、インテルはアトレティコ・マドリーのアルゼンチン人FWセルヒオ・アグエロ(20)の獲得に着手しており、MFデヤン・スタンコビッチ(29)+移籍金2500万ユーロ(約40億円)で交渉を進めているとのこと。
●「モウリーニョのキャリアを見れば、彼が偉大な監督であり、選手と良好な関係を築いているということがすぐに理解できるだろう」。7日に開幕を迎えるユーロ08スイス・オーストリア共催大会に向け、スウェーデン代表の合宿に参加中のインテルFWズラタン・イブラヒモビッチ(26)が6日、インテルの監督に就任が決まったジョセ・モウリーニョについて語っている。
●「ここの環境に非常に満足している。移籍の噂は取るに足らないデマばかりだ。自分はクラブとサポーターを愛している」。バルセロナやACミランなどのビッグクラブが関心を示し、去就が注目されているアーセナルのトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール(24)が移籍報道を完全に否定した。
●インテルの新監督に就任が決まったジョセ・モウリーニョがインテルの元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ(34)の去就について語った。母国ポルトガルのテレビ番組“Antena1”のインタビューに応じたモウリーニョ監督は「ルイスと話をして彼の意思を確認したところ、『コンディション面での不安もないので、現役を続投したい』と明かした。彼は今後も高いレベルでチームに貢献できる選手であり、彼がインテルとの契約を1年延長することに何の障害もないだろう」
●「ムトゥが退団することになれば、その移籍金をチームの補強に充てる」。“Radio Radio TV”のインタビューに応じたフィオレンティーナのパンタレオ・コルビーノGMがFWアドリアン・ムトゥ(29)の退団の可能性を示唆した。ムトゥがクラブに対し400万ユーロ(約6億5000万円)の年俸を要求したことについてコルビーノGMは「アドリアンはフィオレンティーナで最も年俸の高い選手だ。先日ACミランから獲得したジラルディーノよりも高い。彼はここ数年チームに対する愛着を表明しているが、今以上の年俸を望むのであれば、放出も視野にいれなくてはならなくなるだろう」と厳しい表情で語った。
●オランダ代表のファン・バステン監督は、ユーロ(欧州選手権)2008の初戦となる9日のイタリア戦に、負傷から復帰したばかりのファン・ペルシを欠場させるつもりであることを明かした。
●バーデンでイタリア代表キャンプに参加しているファビオ・グロッソは、ユベントスへの移籍のうわさを否定した。「どこからもオファーは受けていない。ユベントスの誰からも連絡を受けたことはない」とグロッソ。
●トルコ代表はグループAのポルトガル戦に臨もうとしている。チームを引っ張る選手の1人は元インテルのエムレ・ベロゾール。エムレは16歳の時からテリム監督の下でプレーしてきた。「ガラタサライのユース時代から12シーズンか13シーズンにわたっていろいろなことをしてもらったし、ずっと支えてきてくれた」
●ポルトは自らの過ちに対して高い代償を支払った。そして、ルーマニアのステアウア・ブカレストも同じ運命をたどることになるかもしれない。来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)への出場が、非常に危うい状況となっているのだ。国内リーグではCFRクルイに次ぐ2位でリーグ戦を終えたステアウアだが、ある試合の勝利チームに賞金を提供することで試合結果を操作しようとしたため、ポルトと同様にリーグの規律委員会から6ポイントの勝ち点減点処分を受けた。
●チェルシーに所属するフランス代表MFマケレレが、ユーロ(欧州選手権)2008の初戦で9日に対戦するルーマニアについて「危険な存在」だと警戒した。「とてもタフな命題を課せられた気分だ。ルーマニアはわれわれと同じような特徴を持っている。今大会の中で、もっとも良いチームの1つだ。彼らは若く、多彩なチームだ。グループCのチームにとって、とても厄介な存在になるだろう」
●ベンフィカ(ポルトガル)に所属するポルトガル代表FWヌーノ・ゴメスが、チームメートのクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)について、「プラティニやジダン、マラドーナといった伝説の選手と肩を並べる」と語り、ユーロ(欧州選手権)2008での活躍を期待した。
●スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、ユーロ(欧州選手権)2008開幕を目前に控えた記者会見で、自身のコンディションについてこう語った。「左ひざは、痛むというより軽い炎症にすぎない。(合宿地の)ルガーノ入りした後、通常の練習メニューをこなす機会もあった。毎回、練習開始前に30分の準備トレーニングをやっているし、体調も整ってきた」
●チェルシーは間もなくエイブラム・グラントに代わる新監督を選ぶことになる。候補はかなり絞られたようだ。チェルシーのオーナーであるロシアの大富豪ロマン・アブラモビッチは、カルロ・アンチェロッティとルチアーノ・スパレッティに就任を断られたため、ブラジルのルイス・フェリペ・スコラーリを選ぼうとしているらしい。一方、英国のタブロイド紙『ザ・サン』は2人の候補を挙げている。3度のスクデット(セリエA優勝)を獲得したインテルの前監督ロベルト・マンチーニと、2006年にチャンピオンズリーグ制覇を果たしたバルセロナの前監督フランク・ライカールトの争いになるとのことだ。
●FIFA(国際サッカー連盟)特別委員会は、フィオレンティーナのアドリアン・ムトゥに対し、1200万ユーロ(約20億円)の罰金をチェルシーへ支払うよう命じた。ムトゥはチェルシーに在籍していた2004年、ドーピング検査におけるコカイン反応で陽性と診断されたことを理由に同クラブから解雇された。同委員会は今年5月7日、本件に関する審議を開始し、今回の決断に至った。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.