UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/05UEFAサッカー情報
●パブロ・エルナンデス(ヘタフェ)がバレンシアに復帰する可能性が濃厚になってきた。昨年パブロがヘタフェへ移籍した際の契約によると、バレンシアは同選手を再獲得する場合、ヘタフェに100万ユーロ(約1億6000万円)を支払うことになっている。バレンシアはまだこの金額を支払っていないが、パブロの代理人マリオ・パーリ氏は「支払い期限は6月30日まで。何もあせることはない。両クラブはかなり前から合意に至っている。あとはバレンシアが6月中に指定の金額を支払って買取りを実現させるだけだ」と未払いの事実を冷静に受けとめている。
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長は、ブリュッセルのEUレアル・マドリー友好協会との昼食の場で、クリスティアーノ・ロナウドの獲得が「契約は不可能に近い」とのコメントを発した。同会長は、「マンチェスター・ユナイテッド(マンU)に彼を売る気がなければわれわれには手も足も出せない」ことをあらためて強調した。
●サミュエル・エトーは大きな危機に立たされている。先週金曜日に記者への暴行を加えた彼に対し、母国カメルーンの記者協会が刑事処分を望んでおり、法廷で争わなければならない。『マルカ』紙の報道によれば、多額の罰金刑では済まず、6カ月間から5年間の禁固刑を下される可能性もあるとのことだ。
●ビジャレアルは4日、6月末で契約切れとなるDFシガンと1年の契約延長を結んだ。同日、マルティン・カセレスのバルセロナ移籍が決まったことを受けて、クラブは即座にシガンをオフィスに呼び契約を交わしている。
●マルティン・カセレスの放出により、思惑通り1000万ユーロ(約16億3000万円)を手にしたビジャレアルは、その資金を将来性ある若手選手の獲得に使う方針のようだ。中でもクラブが興味を示しているのが、ニューヨーク・レッドブルズに所属する米国代表FWジョジー・アルティドール。若干18歳ながらフル代表入りしている逸材で、これまでレアル・マドリーも獲得に興味を示してきた。獲得した場合には、マルティン・カセレス同様にレクレアティボに期限付き移籍させ、経験を積ませることになりそうだ。
●トッテナムがサラゴサ所属のスペイン代表MFセルヒオ・ガルシアに興味を持っている。5日の『アス』紙が報じているもので、シーズン中にリバプール、シーズン終盤にバルセロナからの興味がうわさされたセルヒオ・ガルシアだが、彼の獲得に向けてはトッテナムが一歩リードしているようだ。
●ブラジルは今月行われるW杯予選でパラグアイ、アルゼンチンと対戦するが、2週間前に膝の手術を受けたカカは2試合とも欠場することになったと、ブラジルサッカー連盟(CBF)が4日に発表した。
●7日に行われるEURO2008開幕戦のスイス対チェコ戦の主審を、イタリア人のロベルト・ロゼッティ審判員が務めることに決まった。UEFAが5日に発表した。同じイタリア人の、アレッサンドロ・グリセッリ、パオロ・カルカーニョの両審判員が副審を務める。
●ACミランのフランス人MF、ヨアン・グルキュフ(21)が来シーズン、期限付きでリーグ・アンのボルドーに移籍することが決まった。4日、レキップ紙が伝えている。
●今オフの去就が注目を集めるアストン・ビラのガレス・バリーを巡り、大型トレードが成立することになりそうだ。リバプールから受けたバリー獲得オファーを拒み続けていたアストン・ビラのマーティン・オニール監督が態度を軟化。移籍金プラスFWピーター・クラウチの条件を逆提案しているようだ。
●7日に開幕するユーロ08スイス・オーストリア共催大会の出場16か国の代表監督に対し、優勝候補のアンケートが行われた。その結果、フランス代表がドイツ代表とイタリア代表を抑え堂々の優勝候補筆頭となった。フランス代表のレイモン・ドメネク監督は「我々がユーロ王者となり、最大のライバルはドイツになる可能性が高い。なぜならドイツは容易なグループリーグに属しているからだ」
●「チェルシーが私に関心を示しているとの話しは全く聞いたことがない。個人的に今のところ何のアプローチも受けていない。そのような噂が流れることは光栄だが、それ以上進展のある話しではないだろう」。ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督と共に、チェルシーの次期監督候補に挙がったフィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督
●「ユベントスがシャビ・アロンソに関心を示しているのは事実だ。両クラブ(ユベントスとリバプール)は現在協議中であり、再度会談する予定となっている」。リバプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソの代理人を務めるイバネス氏が、スペイン紙“Marca”のインタビューに応じ、噂されるアロンソのユベントス移籍について語った。
●ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長とチェルシーのピーター・ケニオン最高経営責任者が、FWディディエ・ドログバとFWアンドリー・シェフチェンコの去就について会談したことが明らかとなった。
●バイエルン・ミュンヘンは水曜日、ベンフィカのGKハンス・ヨルク・ブットを2年契約で獲得したことを発表した。
●バガリ・サニャがアーセナルとの契約を更新した。25歳のフランス人DFは、“ガナーズ(アーセナルの愛称)”と契約延長で合意し、長期契約にサインしたとのことだ。
●ポルトがチャンピオンズリーグから締め出されたことで、リカルド・クアレスマはインテルへの移籍の可能性が高まることになりそうだ。24歳のクアレスマは、恩師モリーニョの後を追ってイタリアへ向かうことを以前から考えていた。ポルトに移籍を直訴する可能性もある。
●ファン・ニステルローイは、試合巧者のW杯王者イタリアを十分に警戒し、次のようにコメント。「われわれは攻撃にすべての力を注ぎ、イタリアは0-0のまま試合を進めていくだろう。そして、彼らは80分を過ぎた頃にゴールを奪って“さようなら”だ。これだけはやってはいけない。もちろん、私は攻撃のことを考えるが、あまりにリスクを負った戦い方をするのは危険だ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。