FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/06/04UEFAサッカー情報
●スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが胃腸炎にかかり、EURO2008開幕前の最後の準備に支障を来すことになりそうだ。
●3日に行われた国際親善試合で、フランスがコロンビアを1-0で下し、FWティエリ・アンリが代表100試合出場を記録した。
●来シーズン、2部で戦うことになるサラゴサ。MFマツザレムはクラブに残る気持ちを固めている一人だが、MFパブロ・アイマール、DFロベルト・アジャラもまたチーム残留、つまり2部でプレーする意思があるようだ。サラゴサの1部昇格を手助けしたいという思いからのものだ。両選手の代理人、グスタボ・マスカルディ氏は今週末にもクラブ側の意向を確認する予定でいるが、「サラゴサが彼らを望むなら、彼らはチームに残るだろう。それが今の時点での我々の考えだ」とコメントしているように、彼らがチームに残るかどうかはクラブ側の判断に委ねられている。
●ラウルが現役を引退する時、レアル・マドリーは彼の背番号である7番を欠番とする考えがあるようだ。ラモン・カルデロン会長がスペインのスポーツ紙『マルカ』に対して明らかにした。
●アヤックスのFWクラース・ヤン・フンテラールの、レアル・マドリー移籍が目前に迫っている。フンテラールの代理人を務めるビンセンツォ・モラビート氏は、母国イタリアのラジオ番組内で、「移籍成立は極めて近い。交渉は最終局面に来ている」と述べ、現在ユーロ(欧州選手権)2008に向けたオランダ代表の合宿に参加中の同選手の移籍交渉が急ピッチで進展していることを明言した。
●バレンシアは、先週末にウナイ・エメリ新監督が数日間の休暇を終えて現地入りし、来季に向けたチーム作りの方針を固めつつある。気になる今夏の補強、放出選手だが、まずはビジャかシルバの売却による資金を得てから選手獲得に乗り出す必要がある。補強面ではカニサレス、モラと2人が抜けたGKのポジションが最優先事項となっており、すでにセビージャのスペイン代表GKパロップに狙いを絞っている。
●スペイン代表は4日にサンタンデールで、米国とユーロ(欧州選手権)2008前最後の親善試合を戦う。この試合に向けては、食中毒で緊急入院したイニエスタの欠場が決まっているほか、3日の練習で右足大たい部に打撲を負ったビジャ、同じく3日の練習で右足ふくらはぎを痛めたセルヒオ・ガルシアの欠場も決定的となっている。右足首を痛めているフェルナンド・トーレスも欠場する可能性があり、負傷者続出を受けて本大会直前に不安が募っている。
●オーストリアに入ってからの最初の練習でジョルジョ・キエッリーニのタックルを受けて負傷したイタリア代表DFファビオ・カンナヴァロだが、足首の靱帯断裂で復帰まで"2、3カ月"かかることがわかった。4日に手術を受ける。カンナヴァロは3日に行われた記者会見で、「これが僕の最後の欧州選手権だった。サッカー選手にはこういうことは起こる。この大会のために2年間やってきたんだから、チームメートと一緒にとどまるのがいいと思う」と話し、出場はできなくてもチームと行動をともにすると話した。「ジョルジョはすばらしい青年だし、こういうことは起こるものだ。彼のミスじゃない。ケガをしたが、必ず復帰してみせる。これから2年間、監督が選手起用に悩むようにさせたいね」
●インテルと3年契約を結んだジョゼ・モウリーニョ新監督(45歳)は3日、クラブの練習場で記者会見を行い、会場を埋め尽くしたメディアを前にイタリア語で話をした。「世界の報道を見ていると、まるで私が60人ぐらいの選手とやるように思えるが、それは事実じゃない。私はいまチームにいる選手を気に入っている。すばらしいチームだと思う。劇的な変化を求めてはいない。2、3人の選手を加えれば、さらによくなるだろうし、競争力も高まるだろう」
●マンチェスター・シティの監督を退任したスヴェン・ゴラン・エリクソン元イングランド代表監督(60歳)は3日、ここ数日間報道されていたように、メキシコ代表の監督に就任した。1部リーグに所属する18のクラブの投票によって、エリクソン氏の就任が決まった。
●ドイツ代表GKのイェンス・レーマン(38歳)がシュトゥットガルトと1年契約を結び、来季は5年ぶりにブンデスリーガに復帰することになった。
●EURO2008に出場するチェコ代表のカレル・ブリュックナー監督が4日の記者会見を病気を理由にキャンセルした。最近腰の手術を行ったため、その影響もあって体調を崩したようだ。
●マンチェスター・シティは4日、ブラックバーンのマーク・ヒューズ前監督が新監督に就任したと発表した。2日にエリクソン監督の退任を発表したばかりで、スピード人事となった。
●ポルトガルのポルトは4日、UEFAから、来季のチャンピオンズリーグへの出場禁止処分を受けたと発表した。2003ー04シーズンに行われた審判に対する買収疑惑によるもの。ポルトガルサッカー界最大のスキャンダルでポルトは昨季リーグ戦の勝ち点6を剥奪されている。ポルトはUEFAの上訴委員会に不服を申し立てるという。
●来シーズンに向けた新監督探しを進めるチェルシーが、マンチェスター・シティの監督就任が間近と言われる現ブラックバーン監督のマーク・ヒューズへのオファーを検討していることが明らかになった。マンCとの交渉が数日中にまとまるとも言われており、チェルシーに残された時間は限られている。
●イギリスの“Sky Sports”は公式サイト上で「チェルシーがACミランのカルロ・アンチェロッティ監督と合意に達した」と報じたが、アンチェロッティ監督は3日、直ちにこの報道を否定した。
●イギリスの“Sky Sports”のインタビューに応じたファーガソン監督は「我々がオファーを提示した時にこちらに来ていれば、間違った道から離れられたが…。当時所属していたボビー・チャールトン、ブライアン・ロブソンそしてスティーブ・ブルースなどが彼に規律を教えることができたはずだ。ガッザ(ガスコイン)は彼の世代で最も優れた選手だった」
●「カピターノ(主将)の離脱は厳しい…」。イタリア代表のMFダニエレ・デ・ロッシ(24)が4日、代表合宿中に左足首を負傷しユーロ08スイス・オーストリア共催大会への出場が絶望となったDFファビオ・カンナバーロの離脱について語った。
●「カンナバーロの欠場でイタリア代表が混乱するようであれば、有能な集団とは言えない。この2年間で、バルザリとマテラッツィは急成長を遂げている。コンディションやコンビネーションを確認し、最終的な決定を下すつもりだ」。チームの主将であり鉄壁の守備を統率するファビオ・カンナバーロの左足首負傷による離脱を受けて、イタリア代表のロベルト・ドナドーニ監督が今後の対応策について語り始めた。
●“レッド・デビルズ”(マンUの愛称)は、カーディフ・シティ所属の17歳、アーロン・ラムシーの獲得について、クラブ間で合意に達したと発表した。現在イングランド2部リーグに所属するカーディフ・シティも、同時にこのウェールズ人MFの移籍についての声明を出した。
●米国の大富豪ジョージ・ソロスは、イタリア・セリエAのローマを買収するための交渉から手を引いた。
●アンドレア・ドッセーナは事実上リバプールの選手となった。まだ正式な発表は行われておらず、契約の詳細を詰めなければならない部分もあるが、移籍金1000万ユーロ(約16億2000万円)でプレミアリーグへの移籍に向けた交渉がまとまったようだ。
●カッサーノの完全移籍に続いて、サンプドリアはチームの未来のためにまた大きな一歩を踏み出すことができた。ミランからMFパオロ・サンマルコを正式に買い取ったのだ。1983年生まれのサンマルコは今シーズンのサンプドリアで30試合に出場して5ゴールを記録した。
●ブルガリア王者のCSKAソフィアは来シーズンのチャンピオンズリーグに出場することができない。CSKAが政府と銀行に多額の負債を抱えていることが原因で、UEFA(欧州サッカー連盟)が出場を認めない決定を下した。
●フェネルバフチェのブラジル人監督アルトゥール・アントゥネス・コインブラ“ジーコ”が、プレミアリーグのマンチェスター・シティの監督として契約することに同意した、とトルコの通信社『ドーアン』が伝えた。
●マンチェスター・シティは、来季のチームを飾るスターとしてロナウジーニョを迎えるためなら、いかなる努力も惜しまないようだ。複数の地元メディアによると、マンチェスター・シティはロナウジーニョに週給29万3000ユーロ(約5000万円)という破格のオファーを提示しているという。移籍が実現すれば、ロナウジーニョはジョン・テリーを抜いてプレミア史上最高額を稼ぐプレーヤーとなる。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.