UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/30UEFAサッカー情報
●チャンピオンズリーグ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドに敗れて今季はタイトルなしに終わったバルセロナ。MFのチャビは試合後に、「今シーズンはよくなかったね。努力が実らなかった。チャンスはたくさん作ったのに、相手の息の根を止められなかったのはどうしてなのかわからないよ」と話した。また、GKのビクトル・バルデスは、「僕らは全力を尽くしたが、彼らは幸運なシュートでゴールを決めて試合に勝ったんだ」と、こちらも敗戦に呆然としているようだった。
●来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すアトレティコ・マドリー。チャンピオンズリーグ出場を見据え、アヤックスからオランダ代表DFヨン・ヘイティンガを獲得したアトレティコの次なる補強はボランチであり、ターゲットはポルト所属のアルゼンチン代表MFルチョ・ゴンサレスだと噂されている。「アトレティコはビッグクラブだ。もし移籍できるなら、歓迎だよ。何が起こるかは今後次第だけれど、アトレティコに移籍できたらいいね」。
●バルセロナの主将カルレス・プジョールが、チャンピオンズリーグ準決勝でマンチェスターUに敗退した理由を語っている。「いいプレーはできたと思う。でもゴールだけが足りなかった。得点できなければ突破はできないのは明らかだ。もちろんマンUは素晴らしいチームだったが」。「残りのリーガは全力でバルセロナのユニフォームに恥じないプレーをする」とチームメイトに奮起を促している。
●最悪となった2006-07シーズンよりもさらに大きな失望感を残してバルサの07-08シーズンが終わろうとしている。翌30日付けのスペインスポーツ各紙が伝えているように、ライカールト監督やロナウジーニョを中心に築き上げた一つのサイクルに終わりがきたということだ。選手個人の能力にまかせっきりの攻撃、いい意味での“自主性フットボール”もチームコンセプトもない戦いぶりでは限界がある。そして選手の自主性に任せたコンディション管理、多発するケガ人、ピッチ外でのゴタゴタで秩序を失ったチーム。これではうまくいくものもいかないのは当然だといえるし、それを見過ごしてきたクラブの首脳陣側の責任も大きい。
●バレンシアのGKカニサレスが今季限りで退団することになりそうだ。前監督のクーマンから、アルベルダ、アングロとともに戦力外通告を受けていたカニサレスは、監督交代に伴いチーム復帰。27日のオサスナ戦では、いきなり先発フル出場した。しかし、2009年6月末までの契約を結んでいるにもかかわらず、バレンシアとは今季限りでの契約解除で大筋合意しているもよう。
●ザンブロッタはスカイのインタビューに対し、「ユナイテッドがプレーの内容で僕らを上回っていたとは思えない。今日も、こちらが上とは言わないまでも、互角の戦いはできた。1つのプレーで試合が決まってしまった。素晴らしい試合ができたけれど、僕らには運がなかった」
●レアル・マドリーのFWファン・ニステルローイが次節のオサスナ戦(4日)での復帰が確実となっている。2月のアルメリア戦で右足首を負傷し、3月には緊急で手術を受けたファン・ニステルローイは、今シーズン中の復帰は絶望の可能性もあった。しかしリハビリが順調に進み、すでに先週からチーム練習に合流している。コンディションの問題から先発出場はない見込みだが、後半途中での交代出場の可能性は十分ありそうだ。
●バレンシアからビジャ、シルバ、ホアキンのスペイン代表3選手の放出が確実となっている。3選手を売却する動きが発覚したのは、28日に行われたラシンのマルセリーノ監督との交渉において。来季以降2年契約でバレンシアの監督に就任することが確実となっているマルセリーノ監督とクラブとの交渉では、悪化したクラブ財政の立て直しを図るため、この3選手を今シーズン終了後に放出する意図があることを明かした。
●イタリア代表のロベルト・ドナドーニ監督は、EURO2008に向け、現在絶好調のユヴェントスFWアレッサンドロ・デル・ピエロ(33歳)の招集を示唆した。
●マンチェスター・シティのスヴェン・イェラン・エリクソン監督の代理人は29日、同監督が引き続きシティを率いる可能性は低いと話した。シティのタクシン・オーナーが今月初めに最近のクラブの成績に不満を示し、変化を求めたことから、英国のメディアはエリクソン監督が辞任するか解任されるのではないかと報じてきた。
●29日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグで、マンチェスター・ユナイテッドがスコールズの豪快ミドルで1-0で勝利し、三冠に輝いた1999 年以来の決勝進出を決めた。これで5月21日にモスクワで開催されるファイナルは、史上初のイングランド勢対決となることが決まった。同協会同士の対決は、2000年のレアル・マドリー対バレンシア、2003年のミラン対ユヴェントスに続く三度目となる。
●「彼は偉大な選手の一人だよ。ユース育ちで、このクラブのことを熟知している。みんなのために本当によかったね。素晴らしい結果だった。歴史やファンの応援からも、うちはファイナルに出場するにふさわしい。最高だよ」とファーガソン監督は試合後、話した。
●チェルシーのイングランド代表MFフランク・ランパードは、水曜日のリヴァプールとのCL準決勝セカンドレグに出場する見込みだ。ランパードは母親のパットさんが24日に肺炎で亡くなったため、26日のマンチェスター・ユナイテッドとのリーグ戦を欠場した。
●リヴァプールの主将スティーヴン・ジェラード、「彼らはホームでは長期間負け知らずで、とても強いからね。厳しい試合になるだろうし、彼らのほうが有利だろう」と話した。しかし、「この数年、欧州の大会のアウェイゲームでは僕らは強い」
●クリスティアーノ・ロナウドが意味深発言をしてスペインメディアを騒がせている。1-0での勝利で決勝進出を決めた試合後、ロナウドは駆けつけたスペインメディアに囲まれ質問攻めに。“リーガのクラブに移籍する可能性は?”という質問にこう答えている。「自分の将来についてはCL決勝の後に話すよ。キャリア初となるCL決勝進出を決めて最高だ。今はリーグ戦を勝つためにプレミアシップのウエストハムとの試合を考えたい」。
●チャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝チェルシー戦のセカンドレグを前に、リバプールのラファエル・ベニテス監督が心理戦を仕掛けた。「ドログバが出場している試合を数多く観たし、誰でも同じような感想を抱くはずだ。ドログバが素晴らしい選手であることは間違いない。しかし、彼は簡単に倒れすぎる。それは誰が見ても分かることだ」
●これに対してドログバは、30日付のレキップ紙で「ベニテスは僕がとても尊敬していた監督。彼には、監督としての優れた能力だけでなく、格があると思っていた。しかし、いまは非常にがっかりしている。彼の発言は弱さの表れだ。彼が自分のチームのプレーにだけ集中することを願う」とやり返した。。「もし僕が転ばないように望むなら、自分のディフェンダーたちにファウルをやめさせることだ。第1戦では、キャラガーともうひとり(スクルテル)がたえずファウルを仕掛けてきた。僕に対してだけじゃない。試合のあとは青あざだらけになった」
●ロナウジーニョ獲得に一時は積極的な発言をしていたモラッティ会長は「ロナウジーニョの移籍金は高過ぎる。加えて、既にロナウジーニョ獲得を正式に表明したクラブもあるようであり、インテルが移籍先として最も興味を持たれているクラブではなさそうだ。今のところ、我々の興味は日曜日に行われるミラノ・ダービーだけだ。我々にとってもACミランにとっても重要な一戦となる」
●アドリアーノの代理人ジルマール・リナルディは「全試合に出場し、得点を量産している。クラブからの信頼も厚い。シーズン終了後に全ての可能性を検討していきたい。急いで結論を出すことは避けたい」と冷静に話した。
●フィーゴは「このような状況で現役生活に終止符を打ちたくはない。ここ数か月のように試合に出場できない状況ではなく、自分はピッチの上で引退宣言するに相応しいと感じている。そういうことから、もう1年イタリアでプレーを続けるか他の道を選ぶかを模索している。2、3週間のうちに最終的な決断を下すつもりだ。5月にシーズンが終わるので、その後に私の進むべき道が決まるだろう」と話した。
●インテルにとってはスクデット(優勝)が、5位ミランにとってはCL出場権が懸かったお互い負けられない試合。大一番を前にセードルフは「今のインテルは最強だが、彼らは後がないわけではないので、大きなリスクを犯す必要はないはずだ。それは我々にとって重要な意味を持つ。インテルはイメージ通りのプレーを実行できるチームであり、我々はそのことを理解している。いずれにしても、我々も調子を上げている。残り3試合で勝ち点『9』を獲得し、フィオレンティーナ(勝ち点2差の4位)の結果を待つしかない」
●VfBシュツットガルトは28日、2部のFCカール・ツァイス・イエナに所属する元チェコ代表MFヤン・シマックの獲得を明らかにした。
●アマンチーノ・マンシーニとローマとの関係は、もはや終わりに近づいているようだ。日曜日のトリノ戦(結果は4-1)で記録した2ゴールは、マンシーニのローマでの最後のゴールになるかもしれない。英国の大手タブロイド紙『ミラー』は、リバプールがマンシーニに興味を持っており、獲得のために500万ユーロ(約8億1000万円)を用意しているらしいと報じている。
●ロベルト・マンチーニに対しては痛烈な言葉だ。「来季、モリーニョのもとでプレーできれば素晴らしいことだと思う」とルイス・フィーゴ。フィーゴはマンチーニとの関係が悪化しており、もうずいぶん前から直接話をしていないようだ。母国ポルトガルのテレビ局スポルトTVに対し、フィーゴは次のように胸中を語った。「イタリアでもう1年プレーしたいけど、今のままではプレーできない」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。