UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/28UEFAサッカー情報
●バルサの不調はティエリ・アンリの“ゴール欠乏症”と偶然にも一致する。アンリが最後にゴールを決めたのは2月16日にラ・ロマレダで行われたサラゴサ戦にまでさかのぼる。その試合で先制ゴールを決めたアンリ。バルサは1-2で勝利を収めている。しかしそれ以降、アンリからゴールの快音がパッタリと消えてしまうとともに、チームも2勝4分4敗と勝ち星を大きく獲りこぼしている。
●イタリアとスペインの移籍の橋渡し役として有名なアーネスト・ブロンゼッティ氏が28日、マンチェスター・シティがバルセロナに対しMFロナウジーニョ獲得の正式オファーをしたことを明かした。ブロンゼッティ氏は「マンチェスター・シティがバルセロナに対し4千万ユーロ(約65億6千万円)を提示したようだ。ただ、私はF1スペインGP開催時にロナウジーニョとバルセロナで直接話をしたが、彼はACミランへの移籍を希望している。ACミランは選手本人と合意に達しているので、今後はバルセロナと話を進めていくことになるだろう」とコメント
●29日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝第2戦のマンチェスター・ユナイテッド-バルセロナ戦で笛を吹くのは、ドイツのヘルベルト・ファンデル氏に決まった。副審は同じドイツのカルステン・カダッハ氏とフォルカー・ベツェル氏。
●リーガ・エスパニョーラ第34節の日曜日のナイトゲームでは、レアル・マドリーがアスレティック・ビルバオに3-0で勝利。ファビオ・カペッロの率いていた昨シーズンに続いて、1週間後には2年連続のリーグ優勝を決めることができそうだ。4試合を残した時点で、2位ビジャレアルとの差は10ポイント。
●27日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節のバレンシア対オサスナの試合は、バレンシアがビジャのゴールなどで3-0と快勝し、当面の目標である残留に向けて一歩前進した。バレンシアのボロ新監督は予想通りシステムを4-2-3-1に戻し、守備から試合のリズムをつかんでいくサッカーを選択。
●27日に行われたオサスナ戦で、バレンシアのカニサレスとアングロが4カ月ぶりの出場を果たした。GKのカニサレスは、ヒルデブラントの欠場によりいきなりの先発出場。オサスナが前半16分に10人となったため仕事らしい仕事はなかったが、試合を通してチームを鼓舞するコーチングや、押し込まれた展開の中で意図的にゴールキックを遅らせて間を取るベテランらしいスキルを披露し、3-0の快勝に貢献した。また、後半39分にはアングロがビジャに代わって交代出場。アングロがアップを始めた時点からファンの大声援が上がり、交代時にも大きな拍手と歓声が沸き起こった。アングロは試合後「感激して言葉がみつからない」と興奮さめやらぬ様子で語った。この試合出場が1部通算300試合というメモリアルゲームになったアングロだが、ファンからのみならずチームメートからの温かい出迎えもあった。
●27日に行われたスコットランドプレミアリーグの試合で、セルティックがホームで再びレンジャーズと対戦。3-2で勝利し、優勝戦線に生き残った。
●27日に行われたブンデスリーガの試合で、首位バイエルン・ミュンヘンがシュトゥットガルトを4-1で下し、2位のブレーメンに12ポイント差をつけた。これで残り4試合で1ポイント獲得すれば、21回目のリーグ優勝が決まる。
●セリエA第35節が27日に開催され、首位インテルがカリアリに勝利した。ホームのインテルは22分にフリオ・クルスが決めて先制、終盤82分にはマテラッツィがキヴのFKからヘディングで追加点を奪った。ロスタイムに1点返されたが、このまま逃げ切り、2-1で勝ち点を81に伸ばした。
●今年のプロサッカー選手協会(PFA)年間最優秀選手賞を受賞したのは、昨年に続いてマンチェスター・ユナイテッドのクリスティーアノ・ロナウドだった。2シーズン続けての受賞は、2003年と2004年に受賞したティエリ・アンリ以来となる。
●アーセナルのセスク・ファブレガスが、プロサッカー選手協会(PFA)年間若手最優秀選手賞に輝いた。トロフィーを手にしたセスクは、「大変光栄に思うが、これはチーム全員が今シーズン本当に一生懸命仕事をしたおかげだと思う。シーズン終盤は本当に残念なものになってしまったけど、この賞はチームメイトのみんな、そしてすべてのファンのためのものだ。皆に対する僕の感謝のしるしでもある」
●残り4試合のうち1試合でも落とせば、来季の2部降格がより現実的となる絶体絶命の危機に立たされたパリ・サンジェルマン(PSG)。監督続投のまま会長が交代するという異例の事態のあとに迎えた第35節オーセール戦(26日)では、3―1で快勝しリーグでの連敗を3で止めた。
●26日のリーグ・アン第35節でル・マンがランスを3―2で下した。ル・マンの3点のうち2ゴールは松井大輔の左足から生まれた。翌日のレキップ紙は、この試合の“キーパーソン”に松井を選び、両チームの中で単独の最高点7.5点を与えて高く評価した。
●2012年ユーロ開催国であるポーランドで外国人排斥の波が急速に巨大化している。同大会準備委員会は、緊急の深刻問題として検討しなければならない事態になりつつあるようだ。スタジアム建設とインフラ整備の遅延問題に加えて、UEFA会長プラティニにとって新たな頭痛のタネになるだろう。警告を発したのは、ポーランドの首都ワルシャワの1部リーグチーム『レジャ』の会長レズデク・ミクラスだ。「ファンの20%は、極右勢力のネオナチなのです。有色人種選手が次つぎにポーランドを後にするほど、状況は深刻になっています」
●セリエA第35節が行われた27日、ホームにサンプドリアを迎えた4位フィオレンティーナはロスタイムに痛恨の失点を許し、2-2のドローに終わった。一方この日、リボルノと対戦した5位ACミランが4-1の勝利を収めたため、フィオレンティーナとの勝ち点差は「2」に縮まった。ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は「フィレンツェの試合結果を待っていた。4位を獲得できるかは我々次第だ。サンプドリアが我々にアシストをしてくれたよ。気持ちを切り替えて、インテル戦(4日セリエA第36節)について考えなければならない。インザーギ?いいね。カカとのフィーリングも良く、結果を出してくれた。ガットゥーゾ?非常に重要な選手であり、今のACミランに彼の存在は不可欠だ。彼は間違いなくACミランに残留する」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。