UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/27UEFAサッカー情報
●バイエルン・ミュンヘンのフランツ・ベッケンバウアー会長は、移籍の噂のあるフィリップ・ラーム(24歳)について、来季終了後に、バルセロナかマンチェスター・ユナイテッドに移籍するだろうと話した。ラームの移籍は、バイエルンが契約更新のオファーを引っ込めたことから、ここに来てにわかに現実味を帯びてきている。スペインのメディアに至っては、バルサとの契約が成立したように報じているくらいだ。
●26日に行われたスペインリーグの試合で、主力を温存したバルセロナが、デポルティーボに0-2で敗れた。CL対マンチェスター・ユナイテッド戦のセカンドレグを前に、ライカールト監督は、0-0で引き分けたファーストレグの先発から8人を入れ替えた。
●27日の試合で、2位のビジャレアルがベティスに勝てず、レアル・マドリーがアスレティック・ビルバオに勝てば、4試合を残してマドリーの連覇が決まる。
●アスレティック・ビルバオのMFカルロス・グルペギ(27)が2年間という長い出場停止処分を消化し、ピッチに復帰する。2002-03シーズンのレアル・ソシエダ戦(2002年9月1日)後のドーピング検査で禁止薬物の陽性反応を示し、スペインフットボール連盟から2年間の出場停止処分を受けた同選手。異議申し立て、処分の中断で長引いたこのグルペギ問題は国家裁判所で下された最終判決で2年間の出場停止処分が決定。そして4月24日午前0時00分、晴れてグルペギの処分が明けた。「もう全て終わった。だから、フットボールを楽しむことだけを考えている。日曜日(27日)が何年もの新たなサイクルの始まりとなってくれたらいいね」。
●バレンシアのMFビセンテもロナルド・クーマン監督の解任を喜ぶ選手の一人だ。「彼が去ってくれて正直うれしい。監督との関係は残念なものだったからね。これまでどんな監督からも選手として学ぶものはあったが、彼から学んだものは何もない」。、「僕らはこれまでずっと4-4-2か4-4-1-1でプレーしてきた。でも、クーマンが来てからシステムが変わった。ハッキリ言って全く機能していなかったんだけど、彼は続けたんだよ。チーム内で何度も話し合ったけれど、彼は頑に変えようとはしなかったんだ」
●カルデロン会長は「ロナウドがマンチェスター・ユナイテッド退団を決意する日が来るのであれば、レアル・マドリーとしては彼を獲得する準備を整えるつもりだ。マンチェスター・ユナイテッドは彼を放出する意思はないようだが、選手は自分1人で残留か移籍かを決意することができるはずだ。クリスティアーノは獲得したい選手の1人だが、可能性のない希望を抱き続けることは避けたい」とコメントしている。
●27日に行われるオサスナ戦で、バレンシアのGKカニサレスが先発する可能性が高まっている。ボロ新監督のチーム構想に入ったカニサレスは、けがのヒルデブラントとこれまで第2GKを務めてきたモラの2人が招集メンバーから外れたことで、いきなりの試合出場となりそうだ。
●この夏の移籍市場で注目の選手の一人と見られていたクロアチア代表のMFルカ・モドリッチ(22歳)が、来季トッテナムでプレーすることになった。ロンドンのクラブが26日、合意に達したことを認めた。
●26日に行われたプレミアリーグの試合で、チェルシーがマンチェスター・ユナイテッドを2-1で下し、勝ち点で首位に並んだ。
●18位のバーミンガムは、ホームでリヴァプールと対戦。CL対チェルシー戦に向けてジェラード、トーレス、カイト、キャラガー、アロンソ、マスチェラーノらを温存したリヴァプールに対し、35分にフォーセルのゴールで先制。後半にもFKからラーションが決めて2点をリードする。しかし、地力に勝るリヴァプールはクラウチとベナユンがネットを揺らし、2-2のドローで面目を保った。勝てば降格圏脱出だったバーミンガムだったが、勝ち点32で17位のレディングに1ポイント及ばず、18位のまま。そのレディングはアウェイでウィガンと0-0。ウィガンは勝ち点を37に伸ばし、残留をほぼ確定した。また、ボルトンはトッテナムの猛攻をしのいで、後半開始直後にヤンナコプーロスのゴールで先制。しかし、今季ホームでは毎試合ゴールを決めているスパーズがマルブランクのゴールで追いつき、1-1のドロー。ボルトンはレディングと同じ勝ち点33ながら、得失点差で16位。サンダーランドは終了間際のマーフィのゴールで3-2でミドルズブラを下し、勝ち点を39に伸ばし、残留を決めた。一方のミドルブラは勝ち点36のままで15位。そして、19位のフラムはマンチェスター・シティとアウェイで対戦、2点をリードされながら、試合終了間際のカマラのゴールで3-2と逆転勝ちし、勝ち点を30に伸ばし、残留に望みをつないだ。これにより、2試合を残して、ボルトン、レディング、バーミンガム、フラムが勝ち点3のなかに並ぶ。次節はフラム対バーミンガムの直接対決、ボルトンはサンダーランド、レディングはトッテナムとの対戦となる。
●26日にスタンフォードブリッジで行われたチェルシー対マンチェスター・ユナイテッド戦の試合後、観客がほぼ帰ったグラウンドでチェルシーのスタッフとユナイテッドの選手が騒動を起こしていたことがわかった。先発したユナイテッドの選手は関わらなかったが、エヴラ、ネヴィル、スコールズ、ピケ、パク・チソン、そして途中出場のオシェイがクールダウンしている際に、ピッチの整備に出てきたグラウンドスタッフと言い争いになったもの。わずか30秒間ほどの出来事だったが、叫んだり、威嚇行為があったようで、チェルシーのスポークスマンは、「監視ビデオをチェックして、必要な処置を取る」と説明した。
●リーグアン第35節が26日に行われ、ル・マンがホームでランスと対戦し、松井大輔が2ゴールを挙げる活躍で3-2の勝利に貢献した。
●26日に行われたメジャーリーグサッカーの試合で、LAギャラクシーが、チーヴァスUSAとのLAダービーに5-2で勝利。デイヴィッド・ベッカムはギャラクシー移籍後の初のダービー戦勝利を喜んだ。昨シーズンは2敗している相手に対しての勝利で、ギャラクシーは2勝2敗1分とし、ウェスタン・カンフェランスの2位に浮上している。
●リバプールのDFヨン・アルネ・リーセが、チャンピオンズ・リーグ準決勝チェルシー戦で献上したオウンゴールについて、初めて口を開いた。「オウンゴールの場面では、ボールが来た方向にヘディングでクリアしようと思ったんだ。ただ、あのクロスには回転がかかっていたし、ボールも濡れていた。それで、ゴールの方向にボールが飛んでしまったんだ。ボールがゴール内に転がっているのを見たときはショックだったよ。ただ、ディフェンダーならああいったプレーは経験するもの。僕はメンタルが強いと思っているし、この状況から立ち直ることもできる。これまでの人生で、もっとタフなことも経験してきたからね。状況を好転させるために最善を尽くすよ」
●元チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョ「現時点で、来シーズンどのクラブで指揮を執るかは決まっていない。契約を結んだクラブもないし、合意にも至っていない。出来れば、プレシーズンから監督の職に戻りたい。ただ、オファーがなければ仕方がない。人生とは素晴らしいもので、他にすることはたくさんある。もう少し待つことは可能だよ。私はイングランドで3年と数ヶ月の間働いた。クラブとの結びつきは非常に強かったよ。クラブの象徴のような立場にまでなったし、ファンとの関係も素晴らしかった。あの経験は本当に忘れがたい。私に選択権があるのなら、次はイングランド以外の国で監督を務めたい。チェルシーから直接イングランドの別のクラブに行くのは避けたい。ただ、他に選択肢がなければ仕方がないね」
●1963年から44シーズン連続でリーグ・アン在籍という記録をもち、リーグ優勝8度を誇るナント。昨シーズンはリーグ・アン最下位で名門からの失墜という悪夢を経験したが、2部で再スタートとなった今シーズンは開幕から好調で2位の座をキープ。24日の第35節モンペリエ戦を1―1で引き分け、わずか1シーズンでリーグ・アン返り咲きを決めた。
●ミランはもう一人の“ガットゥーゾ”を抱えることになるだろう。本人はデシャンやビエラを目標にしているようだが、1試合の走行距離が平均13kmといわれるMFフラミニは、少なくともアーセナルの同僚たちからは“ガットゥーゾ”と呼ばれている。
●トッテナムのファンデ・ラモス監督は、FWディミタール・ベルバトフの移籍を容認する考えを示唆した。クラブ側が設定する移籍金を支払えばとの条件付きながら、このブルガリア代表FWの獲得を希望するクラブとの交渉に応じると語ったのだ。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、クラブ側へのコンタクトもなくベラルーシ代表のMFアレクサンドル・フレブ(26)に対する関心を公表したとして、インテルのマンチーニ監督を痛烈に批判した。
●「『フレブに興味がある』と発言したことなど1度もない」。インテルのロベルト・マンチーニ監督はアーセナルのアーセン・ベンゲル監督の非難に対し、インテルの公式サイトを通じこのように反論した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。