UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/23UEFAサッカー情報
●バレンシアのサルバドル・ゴンサレス・"ボロ"新監督が、ロナルト・クーマン前監督が構想外としたベテラン選手を呼び戻すつもりだと話した。ボロ新監督は、クーマン前監督の解任を受けて、21日夜に任命された。12月にクーマン前監督はダビド・アルベルダ、サンティアゴ・カニサレス、ミゲル・アンヘル・アングーロをメンバーからはずしていた。ボロ新監督は22日に行われた記者会見で、「彼らは25名のメンバーの一員だ。メンタルとフィジカルコンディションが問題ないと私が認めればプレーすることになるだろう」と話した。
●マンチェスター・シティのタウィースク・ジャック・スリスムリド専務理事は22日、バルセロナのロナウジーニョと、移籍交渉を行ったと明かした。ロナウジーニョの兄で代理人であるロベルド・デ・アシス氏がタウィースク氏と会談を持ったと報じられている。
●オランダのアヤックスは、チームの中心選手であり、オランダ代表DFのヨン・ヘイティンガのアトレティコ・マドリー移籍が、クラブ間において合意に達したことを正式に発表した。アヤックスは当初、大黒柱の彼の移籍に否定的だったが、アトレティコが約1000万ユーロ(約16億5千万円)もの移籍金を提示したことで首を縦に振った。
●20日に行われたリーガ第33節、アウェイでのムルシア戦で自身初のハットトリックを決め、勝利の立役者となったスペイン代表FWダニ・グイサ。ゴール数を21と伸ばし、現在リーガ得点ランキングトップのセビージャのルイス・ファビアーノに2ゴール差と迫り、得点王を狙える位置につけた。もし、グイサが得点王に輝いた場合、2001-02シーズンのディエゴ・トリスタン(当時デポルティーボ)以来のスペイン人得点王となる。
●エトーにとっては最も適した移籍先だと考えられている。彼に目を付けたのはトッテナム・ホットスパーのスペイン人監督ファンデ・ラモス。
●「メッシの状態は良い。スタートから行けるだろう」バルセロナのフランク・ライカールト監督が、負傷から復帰したばかりのアルゼンチン代表FWメッシについて、23日にホームで行うマンチェスター・ユナイデット(以下、マンU)とのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦での先発起用を明言した。ただ、問題となるのはメッシとエトーと並んでプレーする“もう1人”の選手。ボージャンかドス・サントスという選択肢があるが、このようなビッグゲームで若手を起用するのはギャンブルと言える。そうなると、MFのイニエスタを前線に上げる手もある。アンリを起用するのが通常のスタイルだが、アンリは高熱のため21日の練習に不参加。
●リヴァプール対チェルシーのファーストレグが22日に行われ、ロスタイム5分間の最終盤に同点ゴールが決まる劇的な展開で1-1と引き分けた。
●グラント監督は試合後、「我々は決勝に進みたい。今日の試合は大きなステップになった。アウェイで1-1と引き分けたのは大きなアドバンテージだ。そうは行っても第2戦はタフな試合になるだろう。我々にとってはありがたいゴールだった。次はホームだからね。これがあとで重要なゴールになることを願っているよ」と話した。
●ベニーテス監督は、「難しい状況だったよ。選手を責めることはできない。ああいうボールがバウンドしたら扱いが難しいんだ。ゲームの最終盤にオウンゴールを献上したことで、我々全員ががっかりしている。だが、我々は決定的チャンスを三度得ていて、こうした試合ではチャンスを作ることも難しいんだ。チャンスを作ったら、決めないといけない。スタンフォードブリッジでは勝たなければいけなくなった。たいへんだろうが、我々はそれができると自信を持っている」と話した。
●エヴァトンのオーストラリア代表MFティム・ケイヒルが23日、足の手術を受けに故郷に戻った。すでに、6月に行われるW杯予選への欠場が決まっているケイヒルは、来季のプレミアリーグへ万全を期すためにこの時期に手術に踏み切った。
●ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長は23日、三度目のイタリア首相就任のために会長職を辞すると発表した。「ミランの会長を諦めるのは辛いことだ。しかし、私の新しい役割とは両立しない」と話した。
●アーセナルのベラルーシ代表MFアレクサンダー・フレブが、今季の残り試合に出場できないことになった。サッカー協会(FA)が23日、暴力行為でフレブに3試合の出場停止処分を下したもの。
●23日にチャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝のバルセロナ戦を控えたマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、1999年にビッグイヤーを獲得した思い出の地で戦う一戦を前に、「過去の栄光は忘れろ」と選手たちに釘を刺した。「チャンピオンズ・リーグのタイトルを獲得してから10年近く経っている。今の選手たちは過去に囚われる必要はない。99年の試合については、選手たちも繰り返し観ているはず。しかし、重要なのは、彼らが新たな歴史を作ることだ。その力を十分に持ったチームだと確信している。昨シーズンはケガ人の影響で、ほぼ毎試合同じメンバーで戦わざるを得なかった。しかし、今シーズンは戦力も充実している。その差は大きいはずだ」
●あと一歩に迫りながらアンデルレヒト、FCブルージュらに追いつけないでいたスタンダール・リエージュが、ついにベルギーリーグを制した。9度目とはいっても、実に25年ぶりの優勝。
●トッティは「スクデット?厳しいだろう。99%可能性はない。残り4試合で勝ち点『6』差を逆転することはほぼ不可能だ。可能性を信じてここまで戦ってきたが、リボルノ戦(1-1のドロー)でのミスが致命的だった」
●5月4日のセリエA第36節“ミラノ・ダービー”インテル戦についてカカは「ダービーでの勝利は特別な味わいがある。これまではACミランが常にダービーを制していたが、ここ2、3年は形勢が変わってしまった。今回のダービーこそ我々が勝利を収めてみせる。我々の将来はダービーに掛かっている」と意気込んだ。「いつの日かキャプテンマークを手に入れたい。そのためにパオロ・マルディーニ(現ACミラン主将)から学んでいる。もし夢が実現すれば最高に嬉しい。我々はACミランというチームに深い愛着を覚えている。多くの試合を戦うことで、チームの結束が高まり、強いチームが出来上がっていく。選手全員が他の選手から多くを学ぼうとしている。このメンタリティが我々の強さの秘訣だ」
●オーストリアのプラウツ主審についてベニテスは次のように語った。「この主審の試合で勝ったのがインテルだけだということは知っていた。今日は初めからこちらに不利な笛ばかり吹かれていたし、最後は何分間ロスタイムがあるのかも分からなかった」試合を振り返り、ベニテスはこう話していた。「なぜああいったことが起こるのかは分からないが、不運なことだ。相手は非常に強く、難しい試合だった」
●MFシャビ・アロンソ「リーセはすごく落ち込んでいる。あのオウンゴールが試合を変え、リバプールの状況を苦しくしてしまったからだ。チェルシーは守りに入るととても強いチームだけど、アウエーでもリバプールが勝てる可能性はある。いずれにしてもまだ第2戦が残っている」「アドバンテージになるかもしれない。ベニテス監督がどうするかは分からないけど、相手よりフレッシュな状態で第2戦に臨めることは間違いないだろう」
●アヤックスのテクニック・ディレクター、ファン・ヘールが4月22日突然辞任した。「1つの船にキャプテンは2人いらない」。アヤックスの公式ウェブサイト内で、ファン・ヘールはそう語っている。来季から新監督を務めるファン・バステンには、現場の指揮だけでなく、トップチームの強化・補強など広範囲な権限が与えられた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。