UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/15UEFAサッカー情報
●バルセロナが、成長著しいボージャン・クルキッチに新しい契約書を提示することを決断した。ボージャンとの現在の契約は2011年までだが、2013年まで契約を延長しライバルたちをよせつけまいとバルサも必死だ。
●インテルの補強ターゲットでもあるロナウジーニョが、ライバルのミランと移籍で合意に達したと報じられたが、マッシモ・モラッティ会長はまだロナウジーニョ獲得を諦めていない。「ロナウジーニョがミランに行くかどうかは、インテルの獲得意思によっても左右されるだろう。我々はバルセロナやロナウジーニョのマネジメントチームと特別な関係を築いている。とりあえず状況を見守りたい。移籍マーケットがミランに開かれているなら、同様にインテルにも開かれているはずだからね」
●バレンシアのモレラ会長は15日、国王杯に優勝しても今季の「惨めなシーズン」の埋め合わせにはならないと話した。バレンシアは16日にビセンテ・カルデロンでヘタフェとの決勝に臨むが、スペインのメディアはロナルト・クーマン監督がチームを指揮するのもあとわずかと報じている。「バレンシアの今シーズンを埋め合わせるのは不可能だ。こんな惨めなシーズンを送ってしまったあとは、せめて国王杯に優勝してファンを喜ばせる義務が我々にはある」とモレラ会長
●ロナウジーニョの実兄で代理人のロベルト・デ・アシス氏「ACミランはロナウジーニョ獲得に向け、非常に熱心に取り組んでいる。交渉は前進しているが、合意に達したわけではない。ロナウジーニョはまだバルセロナとの契約が残っており、ACミラン移籍を現状で保障できるものは何もない。ただ、ACミラン移籍が有力であることは確かだ」
●リバプールに移った後も、フェルナンド・トーレスはアトレティコ・マドリーに貢献し続けている。移籍金としてリバプールからすでに支払われた3500万ユーロ(約56億円)に加えて、少なからぬ金額をアトレティコにもたらすことになりそうだ。スペインのスポーツ新聞『マルカ』紙の報道によれば、トーレスがリバプールで活躍し、ベニテスのチームの成功に貢献した場合には、約75万ユーロ(約1億2000万円)のボーナスがアトレティコに支払われるという契約が交わされていたとのことだ。エル・ニーニョ(トーレスの愛称)から転じてイングランドで“ザ・キッド”となったトーレスは、今シーズンすでに30ゴールを記録している。
●バルセロナがバレンシアのスペイン代表MFシルバに興味を示しているようだ。15日の『ムンド・デポルティーボ』紙が一面トップに「左利きの選手を探している」という見出しを付け、バルセロナがシルバ獲得に向けて動く可能性があることを伝えている。ロナウジーニョの移籍(ミラン行きが濃厚)がほぼ決定的なことから、バルセロナはその代役としてシルバに白羽の矢を立てたようだ。また、同紙はシルバ以外にもセビージャのディエゴ・カペル、デポルティボのグアルダードの名前をリストアップしている。
●バレンシアのキケ前監督がここ最近、長い沈黙を破りメディアのインタビューに応じ始めている。15日、『アス』紙のインタビューに応じたキケ氏は、混迷を極めるバレンシアについて「クラブには調和やいい組織がない」とコメントした。「恨みや遺憾といったネガティブな気持ちは一切ない」とバレンシアを批判するような発言は口にしなかったキケ氏だが、バレンシアの前に指揮を執ったヘタフェについて聞かれると「よく組織されたクラブで働くことは素晴らしいこと。アンヘル・トーレス会長はサッカーを愛する人間であり、最善の選択をした上でプロフェッショナルな人間が働きやすい環境を作っている。ヘタフェで過ごした1シーズンはまるで澄み渡った空で操縦を任されるパイロットのようだった」と発言している。
●かつてリヴァプールやリヨンを率いたジェラール・ウリエ氏が、今夏ハンブルガーSVの監督に就任することになりそうだ。
●アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、マンチェスター・ユナイテッドとの直接対決に1-2で敗れた後でも、プレミア優勝の可能性は残されていると主張した。「我々のプレースタイル、あるいはそれ以上のパフォーマンスを続けていけば、優勝トロフィーが我々の元にやって来る可能性はある。チームのパフォーマンスについては非常に満足している。成功と失敗の違いはほんのわずかだと思うし、テクニカルな能力と質で見ると、我々とユナイテッド、そしてチェルシーには大差ないと感じている。だからこそ、自分たちがタイトルを手にしないのは受け入れ難いんだ。もし今シーズン優勝トロフィーを手に入れなかったら残念なことだよ」
●14日に行われたプレミアリーグの試合で、チェルシーがウィガンとホームで1-1と引き分けてしまい、優勝争いで一歩後退した。これで4試合を残して、首位マンチェスター・ユナイテッドとの差は5ポイントに開いた。
●アンフィールドで7試合連続ゴール、プレミアリーグでのゴール数を22に伸ばし、得点ランキングでも2位につけるリバプールのスペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、ルート・ファン・ニステルローイ(現レアル・マドリー)が持つプレミアリーグデビュー年の最多ゴール数(23ゴール)にあと1点と迫っている。リーグが4試合残っていること、そしてトーレスの好調ぶりからファン・ニステルローイの記録はおそらく破られることになるだろう。14日、“ラジオ・マルカ”の番組に出演したトーレスは、「初年度からすべてがこんなにうまくいくとは思っていなかった」と明かしたが、プレミアリーグにもすっかり順応し、充実したシーズンを送っている。それはゴールという数字になって現れている。「試合毎にファンの愛情を感じるよ。どんな時でも声援を送ってくれるんだ。僕はここにいることができて本当に満足している」。
●アーセナルのMFマテュー・フラミニの獲得に、ドイツとイタリアの強豪が本格的に動き始めている。このフランス代表の獲得に本腰を入れているのは、バイエルンとユベントスだ。両クラブの首脳陣はフラミニ獲得への興味を明言しており、今夏の争奪戦は熾烈なものになりそうだ。今シーズン終了後にアーセナルとの契約が切れるフラミニ。昨年12月に開始した契約延長交渉も暗礁に乗り上げた状態で、現状のままシーズンを終えると移籍金なしで他チームへ移ることが可能となる。
●セードルフは「ACミランに新たな一流選手が加入することは嬉しいことであり、大歓迎だ。彼は人々に感動を与えることのできる選手だ。監督とクラブは、他に類を見ない選手を獲得しなければならないということを十分に理解している。自分は彼らの動向に関して意見する気はサラサラない。クラブが希望通りの補強を実現することを願っている」と語り、ロナウジーニョのACミラン移籍を歓迎する意向を明かした。ただ背番号『10』についてセードルフは「自分はインテル時代の背番号『10』をACミランに移籍した時に要求しなかった。なぜならば、当時『10』番は既にルイ・コスタの背番号だったからだ。ルイ・コスタの移籍が決まってから最も気に入っている10番を引き継がしてほしいと申し出た。全員が私のやり方を尊重してくれることを望んでいる」とコメント
●ユベントスのジョバンニ・コボリ・ジリ会長が14日、FWアマウリ獲得に向けてパレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長と15日に会談することを明らかにした。
●13日のセリエA第33節フィオレンティーナ戦で得点を挙げ、2-0の勝利に貢献したインテルの新星FWマリオ・バロテッリ(17)が現在の心境を語った。「今は本当に満足している。なぜなら、フレイ(フィオレンティーナGK)は試合の最初から最後まで非常に素晴らしいプレーをすると聞かされていたからね。昨日、我々は強靭なハートでプレーしたんだ。苦戦が予想された試合だったが、結果を残すことが出来たよ。前半は確かに苦しい展開だったが、後半に入りフィオレンティーナは勢いを失っていった。そのチャンスを見逃さず、ペースを掴むことに成功した」
●12日に行われたACミランとの注目の1戦で2得点を挙げ、3-2の勝利に貢献したユベントスのMFハサン・サリハミジッチ(31)。サイドバックもこなすユーティリティプレーヤーのサリハミジッチは、MFネドベドに代わって出場したACミラン戦で結果をだしたことによって、クラウディオ・ラニエリ監督からの信頼を一気に高めている。
●13日のウディネーゼ戦(3―1でASローマ勝利)で、トッティがリッゾリ主審に暴言を吐いた行為に対して。1000ユーロ(約16万円)の罰金を受けたトッティは「自分が間違っていた。シュートの邪魔になったのは事実だが、リッゾリ主審に対し、人としての、また彼の職業に対する尊重が欠けていた。この場を借りて彼、私の同僚、サポーター、そして試合を見守った観客に対して謝罪したい」とコメント。自身の過ちを認めた。
●出場が噂される北京オリンピックについてカカは「自分がオリンピックに出場すれば、ACミランとセレソン(ブラジルA代表)に支障をきたしてしまうだろう。しかし、オリンピック出場へのモチベーションは高い。なぜなら、ブラジルはオリンピックでの優勝が1度もないからだ。ブラジルが獲得していないタイトルへの挑戦は非常に刺激となる。ブラジルにサッカーで初めてオリンピックの金メダルをもたらすことができれば、ブラジルサッカーの歴史に名を残すことができる」
●今季終了までの期限付きでサンパウロに移籍中のインテルFWアドリアーノに、ここにきてブラジル代表復帰の可能性が急浮上している。
●レアル・マドリーがマンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウド獲得に向け1億2000万ユーロ(約190億円)のオファーを用意するつもりであるとスペインメディアが報じたが、マンチェスター・ユナイテッドは金額に関係なくクリスティアーノ・ロナウドを放出する意思がないことを明かした。
●ジェノアの「ボリエッロが、ジェノア以外のイタリアのチームに移籍することはないが、共同保有権を持つACミランに復帰する可能性は十分に残されている。というのも、ACミランがボリエッロの復帰を熱望しているからだ。」
●先週末の試合を終えた時点で、依然としてクリスティアーノ・ロナウドがヨーロッパの主要リーグで一番の点取り屋の座を守っている。所属クラブでの今シーズンの公式戦すべてを考慮に入れると、マンチェスター・ユナイテッドのエースは、ほかの誰よりも多くのゴールを記録している。プレミアリーグ第34節のアーセナルとの大一番でPKを決めたことで、今シーズンの通算ゴール数は38点。彼のポジションや試合数(40試合)を考えても驚異的な数字である。
●国際サッカー連盟(FIFA)会長のジョゼフ・ブラッターは、次回のワールドカップ(W杯)の運営にやや不安を感じている。ドイツサッカー協会(DFB)の公式サイトに掲載されたインタビューで、2年後に迫っている南アフリカの本大会開催について、国際サッカー界のナンバーワンは次のように語った。「2010年のW杯で、最も心配なのはエネルギー面、電気の供給だ。21世紀の今になって必要な量のエネルギーが準備できないというなら、何かがうまくいっていないということだ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。