FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/04/14UEFAサッカー情報
●13日に行われたスペインリーグの試合で、レアル・マドリーがホームで降格候補のムルシアと対戦。19分にDFミゲル・トーレスが退場処分となり、苦戦しながらも、54分のスネイデルのゴールが決勝点となって1-0で処理した。これで、勝ち点を69に伸ばし、2位のバルセロナに9ポイント差をつけた。また、ビジャレアルはアルメリアに0-1で敗れ、勝ち点59のまま、3位に後退した。セビージャはアウェイでマジョルカを3-2で下し、UEFAカップ出場権獲得に近づいた。内弁慶のセビージャにとってはこれが今季アウェイ5勝目となる。4位のアトレティコ・マドリーは、アウェイで1点をリードしながら土壇場でバジャドリーにゴールを許し、2-2で引き分けた。
●ヘタフェとのスペイン国王杯決勝を4日後に控えるバレンシアがホーム、メスタージャにラシンを迎えたリーガ32節は1-2でバレンシアが敗れた。この結果、ラシンのマルセリーノ監督はチームをチャンピオンズリーグ出場権争いへ、そしてバレンシアのクーマン監督はチームを降格ゾーンへ。両監督の力の差が出た試合と言えるだろう。
●レバンテのFWリガに仮病疑惑が持ち上がっている。レバンテは13日に行われたベティス戦で1-0と勝利しているが、リガは12日の招集メンバー発表後にひざの痛みを訴えセビージャへの遠征を拒否。ディ・ビアージ監督がチームドクターに指示し、急きょひざの検査が行われたが、異常は見つからなかった。リガは「違和感がある」と繰り返しているが、数試合前にはDFアウバロにも同じような仮病疑惑が持ち上がっており、チーム関係者の大半は造反行為とみなしている。
●13日のビジャレアル戦で1-0と勝利し、勝ち点を45に伸ばしたアルメリアは、第32節を終わって7位。残り6節あるため、数字上はまだ1部残留決定とは言えないものの、実質的には残留を決める勝利、勝ち点を奪った。ウナイ・エメリ監督が「アルメリアを一言で表すならば、頑張れるチーム」と語る通り、このチームの頑張りはリーガ・エスパニョーラの中でも群を抜いている。
●シャルケは13日、ミルコ・スロムカ監督(40歳)を解任した。前日の試合でライバルのブレーメンに1-5で敗れたのが決定的だった。スロムカ監督は昨季、チームをリーグ2位に導き、今季はブンデスリーガのクラブでは唯一CLでベスト8まで勝ち残り、現在もリーグ3位につけているが、ここ数カ月、監督交代の噂は絶えることがなかった。
●リヴァプールのオーナーの一人、トム・ヒックス氏が13日、共同オーナーのジョージ・ジレット氏に対し、リック・パリーCEOとの契約解除を承認するように「正式に求める」ことになったと報じられた。パリーCEOは、アメリカ人の共同オーナー2人をクラブに呼び寄せた原動力となった人物だが、ヒックス氏は、彼を傲慢で、「組織を運営する能力に欠ける」と批判。一方、パリーCEOは断固として続投すると話している。
●13日に行われたプレミアリーグの試合で、リヴァプールがホームでブラックバーンと対戦し、3-1で勝利した。
●13日に行われたスコットランドプレミアリーグの試合で、セルティックがマザウェルを4-1で下し、首位レンジャーズとの差を4ポイントに縮めた。
●13日に行われたプレミアリーグの試合で、マンチェスター・ユナイテッドがホームでアーセナルと対戦、2-1と逆転勝利を収め、アーセナルに引導を渡した。
●13日に行われたブンデスリーガの試合で、首位バイエルン・ミュンヘンがボルシア・ドルトムントを5-0で粉砕し、2位ブレーメンに10ポイント差をつけた。
●セリエA第33節が13日に開催され、首位インテル、2位ローマともに勝利した。インテルはホームでフィオレンティーナと戦い、カンビアッソの先制点と、17歳の新星バロテッリの2試合連続ゴールで2-0と快勝した。
●リーグアン第33節のボルドー対カーンが13日に行われ、ボルドーが2-1で勝利した。
●14日にチェルシー戦を控えたウィガンのスティーブ・ブルース監督は、この試合に勝利してマンチェスター・ユナイテッドのタイトル獲得に貢献したいとコメント。プレミアリーグ連覇を狙う恩師アレックス・ファーガソン監督を後押ししたい考えのようだ。
●「まだ初期段階だが、選手とは基本的合意に達している」。ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長が13日、バルセロナのMFロナウジーニョと移籍獲得に向けて合意に達していることを明かした。ガリアーニ副会長は続けて「我々は、バルセロナの選手獲得に乗り出しており、後はバルサ側との金銭面での交渉のみとなっている」とコメント。ロナウジーニョのACミラン移籍が秒読み段階であることを認めた。ガリアーニ副会長は「コモでプレーするためにね」と冗談で切り出し、「シェフチェンコ復帰も実現できるかもしれない。チェルシーと会談しなければならない」と手応えを明かしている。
●フィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督は0-2の敗戦に終わったインテル戦(13日=セリエA第33節)後、“SKY”のインタビューの中で完敗を認めた。10日のUEFA杯(PSV戦)での疲れがインテル戦に与えた影響について、プランデッリ監督は「インテルのような強豪相手に練習期間が1日しか取れなかったことのハンデは大きい」と厳しい表情で応えている。
●「インテルもロナウジーニョ獲得に参戦するか?可能性があるかどうか週があけてから検討してみるつもりだ」。インテルのマッシモ・モラッティ会長が、ACミラン移籍の可能性が濃厚とみられているバルセロナのMFロナウジーニョに対し、インテルも獲得に参戦することを示唆した。これまで一流選手獲得に私財を投じ続けてきたモラッティ会長は続けて「我々とバルセロナ、そしてロナウジーニョのマネージャーとの関係は良好だ。我々もロナウジーニョ獲得に参戦する余地があるのかどうか、しっかりと確認するつもりだよ。ロナウジーニョが移籍市場上の選手であり、ACミランが一歩リードしていることは間違いないようだが、移籍市場上の選手であるならば、我々にもチャンスはあるはずだ」
●今季これまで19得点を挙げ、セリエA得点ランキング首位のジェノアFWマルコ・ボリエッロが、6月7日から開催されるユーロ08オーストリア・スイス共催大会出場の可能性について語った。ボリエッロは「得点を決めるなど良いプレーを心掛けてはいるが、ユーロには出場できないだろう。なぜならば、ドナドーニ(イタリア代表監督)が俺をユーロメンバーに選出するとは思えないからだ。確かに重要な親善試合2試合で代表入りを果たしたが、俺が1番最後にメンバー入りした選手だからね。ただ、監督が俺を選出してくれれば、という希望も抱いてはいるが」
●土曜日のサンダーランド戦には2-1の勝利を収めたが、スベン・ゴラン・エリクソン監督は台風の目に入ったに過ぎない。マンチェスター・シティのスウェーデン人監督エリクソンは、シーズン序盤こそ順調だったものの、現在は8位にまで後退。“シチズンズ”(マンチェスター・Cの愛称)のオーナーであるタイのタクシン・シナワトラ氏の期待に応えることができなかった。シナワトラはチャンピオンズリーグ出場権の獲得を今シーズンの目標の1つに掲げていた。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.