UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/13UEFAサッカー情報
●ブラジル代表FWのロナウジーニョ(28歳)がミランと基本的条件で合意し、クラブはこれからバルセロナとの契約交渉に入ると、ミランと同選手の兄で代理人のロベルト・デ・アシス氏が12日に明かした。イタリアのメディアは、「ロナウジーニョとミランは基本的に合意に達した」とのアシス氏のコメントを掲載、それによると契約は2012年までで、年俸は800万ユーロ(約12億5000万円)と見られる。また、ミランのガッリアーニ副会長も、「選手との基本的合意に達した。これからバルセロナと合意に至らなければならない。もう少し時間が必要だ」と話した。
●12日に行われたスペインリーグ第32節の試合で、バルセロナが二度もリードしながら追いつかれ、レクレアティーボと2-2のドロー。これで、13日に試合のある首位レアル・マドリーがムルシアを下せば、レアルとバルサの差は9ポイントまで広がる。また、ミッドウィーク国王杯決勝を控えるバレンシアは勝利で景気づけをしたいところだったが、ホームでラシン・サンタンデールに1-2と敗れた。これで今季ホームでは9敗目、リーグ戦14位と沈む。クーマン監督は国王杯優勝にクビをかけることになりそうだ。
●今季限りで契約の切れるレバンテのディ・ビアージ監督が事実上の退団表明を行った。11日の会見で同監督は「わたしは常に物事をポジティブに考える人間だが、さすがにこのクラブでは前向きに生きていくことは難しい。監督として今季のようなシーズンは2度と過ごしたくないし、まともなプロジェクトのあるクラブで指揮したい」とコメントした。
●ユベントスのラニエリ監督が12日の『アス』紙で、バレンシアのソレール体制批判を行った。筆頭株主のソレール氏が会長を辞任したことについて「当然彼がまだクラブを牛耳っている。それは誰もが分かっていることだ」とした上で、「バレンシアはソレール氏によって成功を収めていた以前のクラブではなくなった」と発言。そして、地元で建設業を営むソレール氏に対して「サッカーは建物を作る場所ではない」と警告した。
●12日のラシン・サンタンデール戦に1-2で敗れ、13日の結果次第では降格圏内までわずか勝ち点3差となるバレンシアのクーマン監督は「今シーズン起こってきたことを考えれば国王杯に優勝し、残留すれば良いシーズンと言えるだろう」とコメントした。
●11日に行われたブンデスリーガのニュルンベルク対ヴォフルスブルク戦が大雨のため試合途中で中止になった。
●12日に行われたプレミアリーグ第34節の試合で、降格回避に必死の19位フラムと18位ボルトンがいずれも貴重な勝利を上げ、残留に望みをつないだ。フラムはマクブライドとネヴランドのゴールで、レディングに2-0、実に19カ月ぶりのリーグ戦アウェイ勝利を上げた。また、ボルトンはホームでデイヴィスの唯一のゴールを守りきり、ウェストハムを1-0で下した。
●12日に行われたブンデスリーガ第28節の試合で、3位ヴェルダー・ブレーメンが2位シャルケを5-1と粉砕、順位を逆転した。
●セリエA第33節の試合で、CL出場権争いを繰り広げる3位ユヴェントスと5位ミランが直接対決に臨み、ユーヴェが勝利した。ミランは13日の試合で4位フィオレンティーナが勝つとその差が7ポイントに広がってしまい、来季CL出場がますます厳しくなった。
●リーグアン第33節が12日に行われ、首位リヨンはレンヌと1-1で引き分けた。リヨンは勝ち点を68とし、今日13日に試合のある2位ボルドーとの差を7ポイントとした。ル・マンはオーぜールに3-0で快勝。松井大輔は先発出場し、2度の決定機を逸するなどゴールには絡めなかった。また、マルセイユがメスに2-1で勝利し、勝ち点55で3位に浮上。ナンシーはリールに1-2で敗れて6位に4位に後退した。
●今年1月から戦線を離れているアーセナルのMFトーマス・ロシツキに膝の手術が必要となる可能性が浮上し、今シーズン中の復帰が絶望的であることが判明した。さらに、今年6月に開催されるユーロ2008への出場も微妙な状況で、チェコ代表関係者も対応に頭を悩ませているようだ。
●ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が逆転優勝の可能性について語った。ウディネーゼ戦を翌日に控えた12日、記者会見に臨んだスパレッティ監督は「インテルとの勝ち点差を縮めるためには、残された6試合をパーフェクトに行わなければならない。6戦全勝が無理だとしても、ミスだけは犯してはならない。何故ならば、残された試合の結果全てが最終順位に影響を及ぼすからだ」と話した。また、左腿を負傷し、欧州CLマンチェスター・ユナイテッド戦(9日)を欠場したFWトッティをウディネーゼ戦に招集したことについてスパレッティ監督は「昨日と今日の練習から判断すると、トッティのコンディションは回復している。先発出場も可能だ」とトッティの復帰に太鼓判を押した。
●首位インテルとの注目の1戦を翌日に控えた12日、4位フィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督が意気込みを語った。記者会見に臨んだプランデッリ監督は「PSV戦(10日=UEFA杯準々決勝)勝利後に受けた称賛は頭から払拭しなければならない。午後の練習では、インテル戦に照準を合わせ集中する選手達の姿を期待している。サン・シーロへは、フィレンツェに結果を持ち帰るために乗り込む。PSV戦と同様の雰囲気と正確さを求める。ミスの許されないチームとの対戦となるので、我々も完璧な準備を整えてミラノへ向うつもりだ。インテルはこの試合に向けて1週間みっちりと練習しており、最強のメンバーで臨んで来るに違いない。それに対し我々は速さを活かしていきたい」と抱負を語った。
●インテルのFWズラタン・イブラヒモビッチが13日のフィオレンティーナ戦(セリエA第33節)を欠場することが12日、明らかとなった。
●セリエA第33節“シチリア・ダービー”パレルモ対カターニャ戦は12日、パレルモのレンツォ・バルベラ・スタジアムで行われパレルモが元イタリア代表FWミッコリのゴールで1-0の勝利を収めた。
●ローター・マテウスはイスラエル1部リーグのマッカビ・ネタニヤの監督となる。ドイツのスポーツ新聞『ビルト』紙が報じた。
●クリスティアーノ・ロナウドがプレミアリーグで一番の高給取りになりそうだ。英国のタブロイド紙『ザ・サン』の報道によれば、C・ロナウドはマンチェスター・ユナイテッドとの間で年俸1000万ユーロ(約16億円)で、今後5年間の契約を交わそうとしているようだ。現在の契約は2012年まで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。