UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/11UEFAサッカー情報
●バルセロナは9日のCLの試合で、シャルケを下してマンチェスター・ユナイテッドとの準決勝に進んだが、スペインのメディアはこの試合がアンリ最後の先発試合になるかもしれないと示唆した。メッシがまもなくケガから復帰する上、18歳のドス・サントスも控えており、ボージャンはすっかりチームの救世主扱い。というわけで、シャルケ戦でもいいところのまったくなかったアンリについては、この夏での放出がまことしやかに囁かれているのだ。あるスポーツ紙は、「ヤヤ・トゥレが冷静にゴールを決めたシーンで、アンリがゴールポストに寄りかかっている写真には多くのコメントが寄せられたが、そのほとんどは否定的なものだった。彼はただの観客になってはいけない」と書き、マルカ紙の採点ではアンリだけが0点。また、一般紙は、「49分まで、アンリはロンドンにいるよと誰かが言っても、信じただろう。それから、彼は決定的なチャンスを得たのにふかしてしまった。そのあとはブーイングが聞こえただけだった」と辛辣だった。
●バルセロナのアンリが、イギリス人のモデルで元夫人のクレア・メリーさんに離婚の慰謝料を請求された。その額なんと1800万ユーロ(約29億円)! これはアンリがこれまで選手として稼いで得た資産の約半分に当たるという。
●10日に行われたUEFAカップ準々決勝2ndレグ、ヘタフェ対バイエルン・ミュンヘン戦は延長戦の末3-3の引き分け、2試合合計4-4となり、アウェイゴールの差でヘタフェがバイエルンの前に涙を飲んだ。「ベッケンバウアーは、彼の人生を通してマドリー州の南にあるヘタフェというクラブを忘れることは決してないだろう」。準々決勝敗退から一夜明けた11日、ヘタフェのアンヘル・トーレス会長がそう語った。準々決勝の組み合わせ抽選時に、バイエルンの監査役長であるフランツ・ベッケンバウアー氏が、ヘタフェがどこの町にあるか知らず、監督がミカエル・ラウドルップであることも初めて知って驚いていたという経緯から出たコメントだ。
●ライバルのACミランが積極的に獲得に動く中、モラッティ会長は「ロナウジーニョ?我々は現在、獲得に向けて興味を持っている選手全員をチェックしており、ロナウジーニョ一人にやっきになっているわけではない。そういうわけで、ロナウジーニョ獲得で“ミラノ・ダービー”を戦うことはないだろう」とコメント
●本当にその時が来ようとしているようだ。ロナウジーニョとミランはあと一歩まで近づいている。ベルルスコーニとガッリアーニの言葉が事実で裏付けられた。ロナウジーニョのミランへの移籍に向けて、木曜日には二つの重要な交渉が行われた。まずはバルセロナで、ミランとの仲介役を務めるブロンゼッティがバルセロナのスポーツディレクターのベギリスタイン、およびロナウジーニョの代理人である兄のロベルト・デ・アシスと会談。この席でバルセロナは交渉にゴーサインを出した。
●11日のスペイン『アス』紙は、セビージャのMFディエゴ・カペルがレアル・マドリーに売り込みをかけたと報じた。ディエゴ・カペルの代理人を務めるのはセルヒオ・ラモスの兄で代理人のレネ・ラモス氏。同紙によればレネ・ラモス氏側からミヤトビッチSD(スポーツ・ディレクター)に移籍の可能性を探る売り込みがあった模様だ。2009年6月末までセビージャと契約を交わしているカペルだが、契約解除金は1200万ユーロ(約19億3000万円)に設定されており、シーズン40試合以上の出場でその額が1500万ユーロ(約24億1000万円)に上がる。レアル・マドリー側からすれば何の障害にもならない金額で、フロントが獲得に乗り出せば一気に話しが進む可能性もある。
●11日のスペイン『マルカ』紙は、レアル・マドリーのMFグティが2011年まで1年の契約延長にサインしたと報じた。2011年以降はシーズン30試合以上の出場を果たせば自動的に1年の契約延長が保証される契約内容で、クラブ側からの正式発表はまだないが、同紙は「グティは10日にサインをしており、クラブはリーガ優勝が決まった後に発表する予定」としている。
●来季に向けてデ・ラ・レッド、グラネロ(共にヘタフェ)、ハビ・ガルシア(オサスナ)といった若手のカンテラ選手を呼び戻すうわさも出ており、これまで“カンテラ軽視”と揶揄(やゆ)されることもあったレアルの補強方針に変化の兆しが見えている。
●『カデナ・セル』の人気番組『エル・ラルゲロ』ではパーソナリティを務めるホセ・ラモン氏が以下の言葉で番組をスタートさせた。「ヘタフェは今晩(10日)、サッカー界に歴史の1ページを刻んだ。(リスナーである)あなたはヘタフェのファンではないとしても、いつかきっと孫に4月10日の木曜日に起こった出来事を語り継ぐことになるだろう。あれだけ素晴らしいサッカーをしたヘタフェにとっては残酷な結果となったが、私を含めてスペイン中の人間がヘタフェを誇りに思っている」『マルカ』紙は11日、一面トップに試合後うなだれるヘタフェの選手の写真を使いながら、「君たち(ヘタフェ)はわれわれの英雄だ」と大見出しをつけた。また、カシージャスとともに観戦に訪れていたレアル・マドリーのラウルは「スペインサッカー界はヘタフェを誇りに思うべきだ」と同紙にコメントを残している。『アス』紙も同じ写真を用いながら、小見出しで「10人で戦ったヘタフェの英雄たちは最後の最後でバイエルンの前に力尽きた」と表現した。
●アーセナルは12日にマンチェスター・ユナイテッドとの決戦を控えるが、CLのリヴァプール戦で足首を負傷したMFマチュー・フラミニが全治まで3週間かかることがわかった。フラミニはリヴァプール戦で前半途中に負傷退場、代わりにジウベルト・シウヴァがプレーした。ヴェンゲル監督は、「大きな打撃だが、ジウベルトは質の高いプレーをするし経験もある。彼が代わりに出場するだろう。チームを立て直し集中させてくれると思う」と話した。
●10日に行われたUEFAカップ準々決勝セカンドレグで、ロシア王者のゼニト・サンクトペテルブルクがレヴァークーゼンに敗れるも、2試合合計4-2で初の準決勝に進んだ。
●10日に行われたUEFAカップ準々決勝セカンドレグで、優勝候補のバイエルン・ミュンヘンが延長戦までもつれこみ、10人のヘタフェをアウェイゴールでようやく退けた。2試合合計4-4ながら、アウェイゴールで勝るバイエルンが準決勝にコマを進めた。バイエルンのヒッツフェルト監督は試合後、「ヘタフェとラウドルップ(監督)にはほんとうに素晴らしい試合をやったし、我々はもう少しで恥をかくところだった。今夜は彼らのほうがいいチームだった」と話した。そのラウドルップ監督は、「こんな試合のあとでは立ち直るのが難しいが、人生は続くものだし、2日もすれば選手たちはこの試合ですごいことをやったんだと実感するだろう」と話した。
●10日に行われたUEFAカップ準々決勝セカンドレグで、フィオレンティーナがアウェイでPSVに2-0で勝利。2試合合計3-1で準決勝に進出した。
●10日に行われたUEFAカップ準々決勝セカンドレグで、レンジャーズがスポルティングを2-0で下し、準決勝進出を決めた。
●最初は選手として、さらには監督としてチェルシーに在籍したことのあるジャンルカ・ヴィアッリ氏が、コートジボワール代表FWディディエ・ドログバがミラノのクラブに移籍することで合意したと明かした。ドログバについてはここ数カ月、チェルシー退団の噂が上がっており、この夏の移籍は確実と見られている。
●マンチェスター・ユナイテッドのカルロス・ケイロス・アシスタントコーチが10日に行われたUEFAカップのスポルティング対レンジャーズ戦にスカウティングに訪れていたことがわかった。お目当ての選手は、ミゲウ・ヴェロソとジョアン・モウティーニョの二人と言われている。
●CL準々決勝のリバプール対アーセナルで最も人々を驚かせたのは、トーレスでもバベルでもなく、アーセナルの19歳セオ・ウォルコットだった。彼は後半39分に自陣でボールを受けると、バベル、シャビ・アロンソ、ファビオ・アウレリオ、マスチェラーノらを次々と置き去りにし、アデバヨールの2点目をお膳立て。彼のパスを受けたアデバヨールは試合後に「セオのスピードは圧倒的だし、最近は本当に素晴らしいプレーをしている。前線であいつと組むのは最高だよ」と若きチームメイトを絶賛していた。
●イタリアプロリーグ連盟のマタレーゼ会長が記者会見において、来季のセリエAの数試合を現地時間の昼食時、日本時間のゴールデンタイムに行う計画があることを明かした。近年、ヨーロッパの各リーグはテレビ放映権料によって莫大な利益を得てきたが、最近は放映権料も伸び悩み。その対策として、イタリア人の多くが昼食をとっている時間に数試合を開催できれば、視聴者が増えてさらなる放映権料が期待できるだろうという考えだ。
●イタリアの所得税率は45%に達し、それがスペイン、イングランドと比べて格段に厳しいため、戦力獲得競争の際、著しい足枷となる。選手のフトコロはまったく痛まない。だが、クラブが抱える選手は1人だけというわけにはいかない。クラブ経営に直結する会計上の不利は、いずれピッチ上の結果となって現れる。伊サッカー界の凋落を招く一因として無視できない要因である、と主に経済アナリストから憂う向きが出始めている。
●イングランド代表のファビオ・カペッロ監督がアーセナルのFWセオ・ウォルコットを称賛。「リバプール戦でウォルコットが残したインパクトは本当に鮮烈だった。2点目のアシストなど、本当に信じ難いプレーだったね。ウォルコットのように、スピードとバランスを備えた選手は過去にもたくさんいた。しかし、CLという大舞台で、しかも試合を左右するあの状況で冷静にパスを選べるのは、スキルと成熟度が備わっている証拠だ」
●腱断裂の重傷を負った左膝の治療に専念するために10日、ACミランのFWロナウドが母国ブラジルに帰国した。
●フィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督は「フィオレンティーナは質の高い最高の戦いをしたよ。世間の関心が集まる試合では『魅せる』ことも重要だ。我々は自信を持ち、また集大成を存分に発揮した。常にプレッシャーをかけボールを奪い、そして冷静にボールをキープした。」
●シェフチェンコから直接電話を受けたアンチェロッティ監督は「ACミラン復帰を切に望んでいるとの印象を受けたよ。私は『彼のミラン復帰を迷惑だ』などとは発言していない。彼の復帰が現実のものとなれば、即戦力となることは間違いない。また『パトとシェフチェンコの共存は不可能だ』などとも発言していない。私はただ『2人の特長が似ており、パトは特長の異なる選手と2トップを組むことが望ましい』と言ったたけだ」と冷静にコメント
●カカに続いてバロンドール(世界最優秀選手賞)を受賞する選手は誰になるのだろうか。「クリスティアーノ・ロナウド? 今やっているプレーで言えば、彼が最高の選手だ。本当に別格だと思う。でも、バロンドールを受賞するためには他の要因も必要だ。今年は欧州選手権もある。メッシはすごく好きな選手だけど、けがの問題がある。フェルナンド・トーレス? とてもいい選手だ」
●「デニス・ベルカンプがアヤックスに戻ってくる」――。アヤックスの公式ウェブサイトがこのように発表した。これはアヤックスの次期監督であるマルコ・ファン・バステンが、KNVB(オランダサッカー協会)のS級取得コーチングスクールに申し込みをしているベルカンプをコーチングのスタージュ(実地研修)に誘ったもの。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。