UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/09UEFAサッカー情報
●両チーム合わせて9ゴールも生まれたアトレティコ・マドリーとアルメリアの一戦は、アトレティコが6-3でアルメリアを制し、リーガ4位の座をしっかりキープした。前半に7ゴールも生まれたのは1953-54シーズンのバルサ対オビエド戦(前後半合わせて9-0でバルサが勝利)以来となる記録だ。この乱打戦を制したアトレティコだが、DFペレアが「ホームで戦うチームとして3失点という結果は受け入れ難い。勝ったからほっとしているが、不安材料でもある。守備は良くなかった」がコメントしたように失点の多さも気になるところだ。2002-03シーズンに1部に復帰して以来、攻撃ラインの補強に力を注いできたアトレティコは今シーズン、リーガ31節が終了した時点ですでに56ゴールを挙げ、この5シーズンでの記録を上回るゴール数をマーク。1試合平均1.8ゴールを挙げている計算になるが、その一方で失点は39。56分毎に1失点、1試合平均1.25失点となる。
●ベルルスコーニ会長は「ロナウジーニョのACミラン移籍実現に向けて、できる限り努力している。彼は既に『世界最強のクラブにしか興味はない』と表明している。ACミランには多くのブラジル人選手が在籍しており、全員がACミランの居心地に満足していることを考慮すると、我々のクラブに来てもいいのではないか」と前向きにコメントしている。
●ラジオ局のオンダ・セロ・バレンシアが8日、「7日にクーマン監督が一時的に解任された状態だった」と報じた。6日のムルシア戦での敗戦(0-1)を受けて、モレラ会長とラファエル・サロム副会長が翌日に緊急会合を開き、その場でクーマン監督の解任を決定。しかし、同番組の説明では「その直後、サロム副会長がチームキャプテン(バラハ、マルチェナ)らに意見を求めたところ、『国王杯を前に今は監督を解任するタイミングではない』と猛反発を受け、その決定を取り下げた」という。
●バルセロナは9日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝第2戦でホームにシャルケ04を迎える。1日に行われた第1戦では、バルセロナがボージャンのゴールで1-0とアウエーで勝利を挙げており、準決勝進出に向けて有利な状況にある。しかし、リーガ・エスパニョーラで足踏みを続けているように、主力選手の故障でチーム状態は決して良いとは言えない。この試合に向けた招集メンバーは6日のヘタフェ戦(0-0)と同じ。
●ミランのロナウドは膝のケガでリハビリ中だが、イタリアでプレーに復帰する前に、フラメンゴで慣らし運転をすることになるかもしれない。「チーム(ミラン)とはすごくいい関係なんだ。彼らは僕のためにドアを開いて待っていてくれる。だけど、そのためには僕が彼らのレベルまで上げていかないとならないけどね」とロナウドは8日付のイタリアのメディアに話した。「まずはブラジルで、たぶんフラメンゴだろうけど、数カ月やって、それでうまくいけば、また(ミランの)赤と黒のユニフォームを着ることになるよ」
●トッテナムのブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフが、ミランへの移籍の噂を喜んでいると明かした。ベルバトフはプレミアリーグ有数のストライカーとの評価が高く、今季も公式戦でここまで22ゴールを決めている。そして、ビッグクラブへの移籍を求め、今季末でトッテナムを退団するのが濃厚だ。
●チェルシー対フェネルバフチェのセカンドレグがスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-0で勝利し、トータルスコア3-2で準決勝進出を決めた。
●8日にCL準々決勝セカンドレグが行われ、ホームの利を活かしたリヴァプールがアーセナルとの接戦に4-2で勝利。2試合合計5-3で準決勝にコマを進めた。
●アーセナルとの接戦を制してCL準決勝進出を決めたリヴァプール。ラファ・ベニーテス監督は試合後、選手の自信とアンフィールドのサポーターの力を勝因に上げた。「(アデバヨルのゴールで)同点に持ち込まれたときはほんとうにがっかりしたよ。とくに失点の仕方がね。だが、そのあと選手たちが見せた頑張りと反撃にはとても満足している。そして観客は素晴らしかった。試合開始から彼らの声が聞こえた。彼らのサポートは選手に大きな力になる。彼らの声が聞こえるから選手は決して諦めないんだ」一方、敗れたアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、「この2試合の結果には納得できない。二倍の失望だよ。というのも決定的なジャッジがすべて我々に反するもので、それも2試合通して我々よりもチャンスを作れなかったリヴァプールに対して、あと数分で我々が勝ち抜けるはずだったのに」と話した。ファーストレグでカイトのファウルがPKにならず、セカンドレグでトゥレのファウルがPKを取られたことに憤懣やるかたないようだった。「サッカーでは、納得できないようなことも納得しなければいけないことがある。私にとっては、あれはPKじゃないし、先週のはPKだった」
●ホームでフェネルバフチェを下して、CL準決勝に進出したチェルシーのアヴラム・グラント監督は試合後、次のように話した。「目標通りに準決勝に進めたのだからいい気分だよ。簡単な試合じゃなかった。立ち上がりはよかったが、途中からは緊迫した展開になったからね。ま、一番大事なのは結果だよ」また、この3シーズンで二度準決勝で対戦し、いずれも敗れたリヴァプールと三たび準決勝で対戦することなった点についてはコメントを避け、「とにかく最善を尽くす。試合が近づいたら話をするよ」
●CL準々決勝対アーセナル戦で、リヴァプールのキャプテン、スティーヴン・ジェラードは緊迫した場面でPKをきっちり決め、チームを準決勝に導いた。「PKは緊張したかって? いや、ゴールを決められるって自信があった。この試合は僕がリヴァプールのユニフォームを着てプレーしたなかで最悪の出来の一つだったけれど、PKを決められる自信はあった。でも、今日の結果は得点者がどうのという話じゃない。チーム全体で手にしたものだった。最高だった」また、2試合で優れたチームのほうが勝ったのかという意地悪な質問には次のように答えた。「アーセナルにアンフェアだから、答えるのは難しいね。この2試合で彼らはボールをよく持っていたし、チャンスもよく作っていた。だけど、2試合では僕らは誰にもひけをとらない。それは前から言っていることだ。それにファンがああいうふうに応援してくれれば、僕らには大きな力になる。他のチームには考えられないだろうね」「チェルシー戦の用意はできてるかって? もちろんだよ。これからいくつかビッグゲームが控えているけど、チェルシー戦には万全を期すよ」
●チェルシーのアヴラム・グラント監督は、8日のCLで25分に負傷交代したGKカルロ・クディチーニの状態が良くないことを認めた。ホームでフェネルバフチェを2-0で破りCL準決勝進出を決めたチェルシーだが、これから終盤に向けて待ち受ける重要な試合を守護神のペトル・ツェフ、そしてNo.2のクディチーニ抜きで戦うことになってしまった。
●パレルモのブラジル人ストライカー・アマウリが、ブラジル代表としてプレーする夢を諦め、イタリア代表チームからの招集に応じる考えを示した。すでに5年以上イタリアでプレーしている27歳のアマウリは、ブラジル代表のドゥンガ監督から声がかかることはないと判断、アズーリの一員として戦う決意をしたという。
●カターニャ新監督ゼンガは、指揮官としてのセリエAデビューとなった32節、ホームでのナポリ戦を3対0で快勝した。
●8日付のフランス・フットボール誌(週2回発行)でサッカー選手の2007年の年収ランキングが発表され、1位のデビッド・ベッカム(LAギャラクシー)が3100万ユーロ(約48億9千万円)で他を圧倒していることがわかった。2位以下には、バルセロナのロナウジーニョ(2410万ユーロ、約38億円)とメッシ(2300万ユーロ、約36億円)、マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウド(1950万ユーロ、約31億円)が続く。
●ネドベドは昨季開幕前には引退を考えている、日本行きを考えているなどと取り沙汰されもしたが、ユベントスとしても本人としても、まだまだ第一線で活躍できると判断しているようで、契約の延長が確実視されている。
●チェルシーの新監督にロシア代表監督フース・ヒディンクの名前が再び浮上しそうだ。ヒディンクと言えば、ロシア代表との契約を2010年まで延長したと先月末に発表されたばかり。しかし、英国紙『デイリー・メール』が報じたところによると、ヒディンクの契約はいまだ正式合意に至っておらず、このオランダ人監督のボーナスを巡って、チェルシーのロシア人オーナーであるロマン・アブラモビッチとロシア・サッカー協会の間で論争が巻き起こっているというのだ。
●ベンゲル、大きな一戦をモノにできない根本的な原因を若いチームゆえの「成熟度の不足」と冷静に分析した。「トータルでは我々のほうがリバプールより多くのチャンスをつくった。しかし我々はナイーブすぎた。決定的なところで経験不足が出た。チームの精神力は見事だったが、背後で大きな過ちを犯した。このチームは才能と潜在力に恵まれてはいるが、ときに成熟度に欠けているところがある」と語っている。
●ASローマのフランス人DFフィリップ・メクセスが、9日の欧州CL準々決勝マンチェスター・ユナイテッド戦(第2レグ)で相手MFクリスティアーノ・ロナウドを警戒している。メクセスは「0-2(第1レグ)の不利な状態からのスタートなるので、我々にとって厳しい試合となる。しかし、何が起こるかは戦ってみなければわからない。もう結果は決まっていると諦めてはならない。第1レグで我々は正しい精神で試合に挑んだが、ユナイテッドという強豪を前に結果を出すことができなかった。」
●移籍の噂が絶えないファブレガスは「ACミランは、レアル(マドリー)やバルセロナ同様、夢のクラブだ」と明かしている。
●度重なる負傷からようやく復帰したインテルのフランス代表MFパトリック・ヴィエラが現在の心境を明かしている。「やっと練習に集中できるようになった。コンディションも良い。だが自分のコンディションが良いと実感するためには、できるだけ多く試合に出場することが重要であると自覚している。今季はあいにく怪我に泣かされる最悪なシーズンとなってしまった…。
●現在ASローマ移籍の噂が流れるインテルのFWエルナン・クレスポだが、代理人を努めるフェルナンド・イダルゴ氏がこの噂を否定した。
●ACミランのチェコ代表DFマレク・ヤンクロフスキー(30)が、ユーロ08オーストリア・スイス共催大会終了後の代表引退を検討していることを明かした。
●ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長は9日、チェルシーのFWアンドリー・シェフチェンコ(31)の復帰を示唆した。ベルルスコーニ会長は「シェーバ(シェフチェンコのあだ名)のACミラン復帰を模索している。まだ断言はできないが、実現に移す可能性は高い」と明かした。
●ユベントスのMFパベル・ネドベドが12日のACミラン戦(セリエA第33節)との大一番での復帰を目指していることを強調した。
●ギャラスはスカイのインタビューに対してこう主張した。「今夜の判定は僕らにとってあまりにも厳しく、受け入れられないものだった。あの(トゥーレによる)バベルへのプレーはPKじゃない。第1戦では逆に、こちらの明らかなPKを見逃されてしまった」
●リバプールのMFシャビ・アロンソは、今回のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦のアーセナル戦ではそれほど目立ってはいなかったが、ミランから歴史的な逆転勝利を収めた2005年のCL決勝では、間違いなく最高の選手の1人だった。そんな彼がこの2つの試合を比較してこう語った。「今回の試合の最後に起こったことの方が、イスタンブールでの(ミランとの)決勝以上に信じられないものだった。2-2で敗退に終わるかと思ったけれど、幸いPKを獲得することができて、さらに苦しい時にカウンターから4-2となるゴールを決めることもできた」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。