UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/26UEFAサッカー情報
●アヤックスのオランダ代表DFヨン・ハイティンハ(24歳)がオランダのメディアに、この夏アトレティコ・マドリーへ5年契約で移籍することになったと話した。「興奮しているよ。僕のキャリアのなかで素晴らしい飛躍になる。アヤックスを出るのはすごく寂しいけれどね」
●バルセロナが、今夏の解任がほぼ確実と見られるフランク・ライカールト監督の後任としてリヴァプールのラファエル・ベニーテス監督を第一候補に挙げているとスペインで報道された。マルカ紙などの記事によると、ジョゼ・モウリーニョ前チェルシー監督に接触しているとも噂されるバルセロナのラポルタ会長が、ベニーテス監督をたいへん気に入っているという。
●マンチェスター・シティが、バルセロナFWジオバニ・ドス・サントスの獲得に乗り出したことが明らかになった。ドス・サントスの父親がメキシコのメディアに語ったもの。
●母国では“マラドーナの後継者”とも言われるアトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表FWセルヒオ・“クン”アグエロ(19)は、そのマラドーナが持つアルゼンチン1部リーグ最年少出場記録を更新する15歳1ヶ月と3日(2003年7月23日)でトップチームデビューを飾った。そして、その活躍ぶりは20歳以下の選手で最も価値のある選手と言わしめるまでに至っている。“クン”アグエロの活躍はリーガのみならず、国際舞台でも2007年に行われたU-20ワールドカップでアルゼンチン優勝の原動力となり、自身も同大会最優秀選手、得点王に輝いた。さらに、同年のFIFA世界最有望選手賞、イタリアのスポーツ誌“トゥット・スポルト”選出のヨーロッパ最優秀U-21選手に贈られるゴールデンボーイ賞も受賞し、大きく飛躍。20歳以下の若手選手20選手を様々な角度から検討、分析を行い、その価値を値段に置き換えた結果、“クン”アグエロの価値が最も高く、3000万ユーロ(約46億円)になると、カナダ最大紙“グローブ・アンド・メール”で報じられた。また、アレシャンドレ・パト(18・ミラン)の2400万ユーロ(約37億円)、エベル・バネガ(19・バレンシア)の1800万ユーロ(約28億円)、レナート・アウグスト(20・フラメンゴ)の1300万ユーロ(約20億円)がこれに続いた。
●カンナバーロは「今からユーロまで我々はクォリティが高く、インテリジェンスな試合を心掛けなければならない。そしてドナドーニ代表監督の去就問題は封印してもらいたい。監督への信頼?彼へのチームからの信頼は厚く、我々は今、ユーロに専念しなければならない。監督に対する評価は、ユーロの結果を見て論じればよいことだ」
●リーガ・エスパニョーラの規律委員会は、セビージャのMFエンツォ・マレスカに対して4試合の出場停止処分を下した。セルヒオ・アグエロへの頭突きは高くつくことになってしまった。
●スペイン代表は、水曜日の夜にエルチェで行われる、イタリアとの親善試合に向けて準備を整えている。ルイス・アラゴネス監督は世界王者のイタリアを非常に高く評価しているようだ。「われわれはイタリアから学ばなければならない。イタリアより優れているのはブラジルだけだ。アズーリ(イタリア代表の愛称)には、非常に優れた選手がそろっている。われわれはプレースタイルが異なるし、イタリアとは違う道を進んでいる。勝利を狙うためにはそれしかない。最も大事なのは結果だ。内容も良ければ、それに越したことはない」
●スペイン代表FWのフェルナンド・トーレス(リバプール)が、26日に行われるイタリアとの親善試合で先発する見込みとなった。24日の代表合流時にはけがのため出場が危ぶまれていたが、25日の前日練習では問題なくメニューを消化し、1トップでの先発出場が確実と見られる。
●クロアチア代表のスラヴェン・ビリッチ監督は25日、EURO2008本大会に負傷したFWエドゥアルド・ダ・シルヴァを招くつもりであると明かした。
●イングランド代表は26日にパリでフランス代表と親善試合を行うが、カペッロ監督はこの試合のキャプテンにセンターバックのリオ・ファーディナンドを指名した。
●リヴァプールのラファエル・ベニーテス監督は25日、日曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦でハビエル・マスチェラーノがレッドカードを示された件で、キース・ハケット審判長との話し合いを望んでいると話した。
●イングランド代表のファビオ・カペッロ監督は25日、スタッド・ド・フランスで行われるフランスとの親善試合で、100試合出場となるデイヴィッド・ベッカムをプレーさせると話した。先発させるかどうかはまだ決めていないという。
●フランス代表のDFウィリアム・ギャラスが26日(日本時間27日未明)にパリで行われるイングランド戦で勝利を収めると宣言した。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、イングランド代表MFデイビッド・ベッカムの偉業達成を祝福した。26日のフランス戦に出場すれば、イングランド代表史上5人目となる通産100試合出場を達成するベッカムについて、「真のプロフェッショナル」と手放しで称賛している。
●カカは「いつも言っていることだが、移籍は双方の会長とクラブの合意が必要だ。自分はミラノを気に入っており、チームに対しても街に対してもここが自分の居場所だと感じている。自分はこれまでレアル・マドリーと直接話し合ったこともなく、事務所もレアル・マドリーの幹部に『カカと直接話し合う前にACミランの許可を取ってほしい』と伝えている」
●アーセナルがフィオレンティーナのセルビア代表のMFズドラフコ・クズマノビッチ(20)に興味を示し、移籍金として650万ユーロ(約10億円)を用意していると報じた。
●ディディエ・ドログバとチェルシーの間の溝は全く埋まっていない。英国の全国紙『タイムズ』がそう報じた。もはや正式な発表と言ってもいいほどだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。