FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/03/25UEFAサッカー情報
●今季はケガと不調から出場機会の少ないバルセロナのロナウジーニョ(28歳)について、イタリアのメディアがこの夏、インテルに移籍すると報じた。それによると、ロナウジーニョとインテルのスポンサーであるナイキが資金を調達することになるようだ。来週初めにインテルの経営陣とナイキの代表、そしてロナウジーニョの代理人がミーティングを持つといわれている。バルセロナは売却に異存はなく、すでに6000万ユーロ(約89億9000万円)の移籍金で合意しているそうだ。
●レアル・マドリーのアルイェン・ロッベンは24日、リーグ戦2連敗のチームが危機的状態にあるという巷の噂を否定した。「負けたのは残念だけれど、いいプレーはできていたし、危機なんてないよ。僕らはこのまま気持ちを強く持って、これから待ち受けることをきちんと意識しておくことが大切なんだ」
●リーガ第29節、ビジャレアルは苦戦を強いられながらもアウェイでのレバンテ戦で勝利を収めた。ビジャレアルはこれで今シーズン、アウェイ戦4連勝、9勝目。首位レアル・マドリーのアウェイ8勝を抜き、リーガで最もアウェイ戦で勝ち点3を積み重ねているチームだ。
●バルセロナがデポルティボ・ラコルーニャのアルゼンチン代表DFコロッチーニに興味を持っているようだ。本人もすでに国内メディアに対して「バルセロナはビッグクラブであり、どの選手でも移籍したいと思うはず」と発言している。今シーズン終了後にザンブロッタ、テュラムの退団が濃厚なバルセロナは、来季に向けてDFの補強に動いている。特にラシンのガライの獲得を決めたとうわさされていたが、ここにきてガライの代理人が移籍金つり上げのため、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドとのコンタクトを取っているようだ。そのため、バルセロナとの仮契約のうわさも立ち消えとなりつつある。また、ガライは19日に行われた国王杯のヘタフェ戦で6週間のけがを負っており、そういった要因からもコロッチーニの名前が挙がっているようだ。
●U-21欧州選手権予選のカザフスタン戦(25日、ホーム)に向けて、U-21スペイン代表のFWボージャン(バルセロナ)が先発する可能性が高まっている。23日のリーガ・エスパニョーラ第29節のバジャドリー戦では2ゴールを奪い、調子が上向きな17歳のボージャン。この代表戦でも得点の期待がかかる。
●22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第29節のセビージャ対アトレティコ・マドリー戦で、アグエロに対して頭突きを見舞い、一発退場となったセビージャのマレスカが謝罪した。「試合後すぐに謝りにいった」というマレスカは、24日の会見であらためて「アグエロには申し訳ないことをした」と謝罪。その上で「チームやクラブ、ファンにも謝りたい。特に子供たちには自分がやってしまったことが間違いで、まず傷つけた相手への謝罪を行ったことを知ってもらいたい」と話した。
●アーセナル戦で2ゴールを叩き出したチェルシーのFWディディエ・ドログバが「自分たちならマンチェスター・ユナイテッドから首位の座を奪うことができる」とプレミア制覇に自信を見せた。
●リヴァプールのストライカー、フェルナンド・トーレスが23日にマンチェスター・ユナイテッドと対戦した際、肋骨と足首を数回強打していたことが判った。試合後ラファエル・ベニーテス監督が明らかにしたもので、これで26日に行われるイタリア代表との親善試合出場は絶望的となってしまった。ベニーテス監督は「来週末のマージーサイドダービーにはトーレスが間に合うよう祈っている」と、点取り屋の早期復帰を願っている。
●ニューカッスル・ユナイテッドのケヴィン・キーガン監督が、FWマイケル・オーウェンが移籍しないようにもっと好条件のオファーを提示するようオーナーに訴えているようだ。
●ロシア代表を率いるフース・ヒディンク監督が、2010年W杯まで同国の指揮を執る新たな契約にサインした。多くのロシア人は当初、外国人監督が代表を率いるのを嫌がっていたが、EURO2008予選でイングランドを破ってから、その論調が変わった。
●25日付のイタリアのメディアは、インテルのマッシモ・モラッティ会長とロベルト・マンチーニ監督がドレッシングルームで対立した際に、選手が監督の肩を持ったと報じた。土曜日のホームゲームでユヴェントスに1-2で敗れたあと、モラッティ会長はすごい剣幕でインテルのドレッシングルームに駆け込み、マンチーニ監督に詰め寄った。ところが選手たちが監督の側に立ち、会長をないがしろにしたという。このため、本当は監督を解任しようと思っていた会長も、8試合を残して代わりを見つけるのは困難だと悟り、踏みとどまったそうだ。
●ドイツ代表のGKイェンス・レーマンが今シーズン限りの引退を示唆した。所属クラブのアーセナルでポジションを失っているレーマンは、今夏のユーロ2008終了後に自らの去就を決定すると語った。
●26日のスペイン代表との親善試合に招集されたイアキンタは「代表に再び招集され、嬉しい。ユーロ大会まではまだ2か月あるので、代表入りを目指したい。(ドナドーニ)監督から評価されていることに満足している。ユーロ大会に出場できるように今のリズムを保っていきたい。」
●ブッフォンは「選手を2、3人補強し、優秀な若手選手が活躍すればスクデット(優勝)と欧州CLでの優勝を狙うことも可能だ。格下相手に黒星を喫したこともあるが、我々は今季これまでの結果に満足している。今後もクォリティを上げていかなければならない。今季のスクデットの行方?インテルが最有力であることに変わりはない」
●ビエィラは「この試合での出場を心待ちにし、テンションを上げていたので、非常に残念だ。怪我はかなり回復しているが、26日の出場は不可能だ。29日のラツィオ戦(セリエA第31節)までに回復することを願っているが、無駄なリスクは犯したくないので、焦らずに完治するのを待ちたい」と語った。
●トニは「イタリアが優勝候補に挙げられるのは当然のことだ。自分の目標は、バイエルン(ミュンヘン)で結果を出し続け、代表メンバー入りし、ユーロに出場することだ。」
●ユーロ08大会出場権を獲得したにも関わらず、監督交代の噂が消えないことについてガットゥーゾは「今、議論する問題ではないはずだ。監督の去就が連日報道されていることに不快感を覚えるよ。彼は仕事に情熱を持ち、打ち込んでいる。監督には世論は気にせず前を向いて代表で結果を出すことに専念してほしい。そうすれば、道はひらけるはずだから」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.