UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/19UEFAサッカー情報
●スペインサッカー連盟(RFEF)は18日、先週土曜日のリーグ戦で試合途中で中止となったアスレティック・ビルバオ対ベティス戦について、ビルバオの2-1の勝利とする決定を下した。この試合は観客席からボトルが投げ入れられ、ビルバオのGKアルマンドが負傷したため69分に中止となっていた。
●16日のリーガ・エスパニョーラのベティス対ビルバオ戦で、観客がビルバオのGKアルマンドにペットボトルを投げつけ負傷させた事件について、ベティスへの制裁が18日に決まった。試合はビルバオの2-1のリードのまま72分で中断となっていたが、ビルバオの勝利が確定。さらにベティスには2試合のホームスタジアム使用禁止、9000ユーロ(約140万円)の罰金が言い渡された。この決定に対してベティスのレオン会長は激怒。「ビジャールはわれわれを2部に降格させたいようだ」とスペインサッカー協会会長を名指しで批判した。ビジャール会長がバスク出身、ビルバオOBであることから、これまで国内でも「ビルバオびいき」という批判は多かったが、レオン会長は「同様の事件と明らかに制裁内容が違う」と発言している。こうした背景には、昨シーズン1部残留争いをしていたビルバオの試合を担当したアストゥリアス(スペイン北部)出身のメフート主審が、試合前にビルバオ主将のエチェベリアに「幸運を祈っている。降格はしないだろう」と発言したことや、今季ビルバオホームのサン・マメスでカシージャス(レアル・マドリー)に対し、ゴール裏の観客から物の投げ込みがあった際に何の制裁も与えられなかったことがある。
●レアル・マドリーのFWファン・ニステルローイが19日に右足首の手術を行った。2月2日のアルメリア戦で右足首に滑膜炎(かつまくえん)を負ったファン・ニステルローイだが、慢性的なはれと痛みにより思うようにリハビリが進んでいなかった。この手術によって復帰まで約1カ月半と見られているが、回復具合によっては今シーズン絶望となる可能性もある。
●EURO2008共同開催国のオーストリアだが、グループリーグを突破するには強運が必要だと、2002~05年まで代表チームを率いたハンス・クランクル氏(55歳)が話した。「運があればチャンスはめぐってくる。初戦に勝てれば、不可能だと思えることも起きるかもしれない。だが、現実を見つめないといけない。彼らがグループリーグを勝ち抜ければ、それで大成功と言えるだろう」
●バイエルン・ミュンヘンのブラジル代表DFルシオは18日、スペイン、イタリア、イングランドのいずれかのクラブに移籍したいと話した。「世界三大リーグのスペイン、イタリア、イングランドが僕に興味を示すだろうと、これまも言ってきた。もし、これらの国から打診があれば、喜んで移籍したいと思うよ」
●現在7連勝中のリヴァプールは今週末のリーグ戦で首位のマンチェスター・ユナイテッドと対戦するが、MFシャビ・アロンソが自信のほどを語っている。「いまの僕らはすごくいい状態なんだ。いいプレーができてるし、ゴールも決めている。次のマンチェスター・ユナイテッド戦はビッグゲームになる。オールド・トラッフォードでの試合だしね。彼らはいいチームだけど、対戦がすごく楽しみだよ」
●リーグ下位に低迷するニューカッスルだが、守護神のシェイ・ギヴンがそけい部の手術のために、シーズン残りを欠場することになった。
●18日に行われたフランスカップの試合で、パリ・サンジェルマンが2部のバスティアに2-1で勝利し、準々決勝にコマを進めた。
●18日に行われたスコットランドカップの準々決勝再試合で、前年覇者のセルティックがアバディーンに0-1で敗れた。
●18日に行われたドイツカップ準決勝で、ボルシア・ドルトムントが2部のカール・ツァイス・イエナを3-0で粉砕し、決勝へコマを進めた。
●18日に行われたフランスカップの試合で、リヨンがホームでソショーと対戦。試合終了間際のベンゼマのゴールで2-1と勝利した。
●ドーニは、「ダービーでは、ファンの声援が重要になる。オリンピコは両チームのファンで燃え上がるだろうね。もちろん、この試合はシーズンでもっとも特別なものになる。我々はホームゲームで勝ったが、ラツィオも負けに値する試合内容ではなかった。とても苦しめられたのをおぼえている。とても難しい試合になるだろう。どちらのチームにも、大きな目的がある」
●トッテナムのFWディミタール・ベルバトフが、今シーズン終了後に移籍を決断する可能性が高くなった。ベルバトフの代理人がシーズン終了後に獲得を希望するクラブと交渉の場を設けると明言。イングランドを離れる可能性も浮上している。
●ユベントスでキャップ数550を誇る主将アレッサンドロ・デル・ピエロは、1989年に交通事故で他界した元ユベントスDFガエターノ・シエラの持つ552キャップにあと2試合と迫っている。「シエラの記録に並ぶことができれば、色々な意味で非常に光栄だ。もちろんキャップ数も重要だが、彼のような人々の心に残るプレーヤーになりたい。カルチョを心から愛し、理想を追い求めた彼にすこしでも近付きたい」
●カンナバーロは「将来?分からない。今のところ何のプロジェクトもないよ。ただ、子供の頃からカルチョしか知らないから、カルチョに関係した仕事につくことは間違いないだろう。そして間違いなくイタリアに戻る。繰り返しになるけど、現状では何のプロジェクトもなく、将来について何も考えていないよ」
●カペッロ監督は「他の国と同様に、ここイングランドでも結果を重視していることは承知している。周囲に批判をさせたくなければ、1日も早く結果を出さなければならない。フォーメーションや起用する選手について話すこともあるが、最終的には結果が全てだ。改革を求められて私に決まった以上、特に結果が求められている。私の目標はただ1つ。“勝利”だけだ」
●マンチーニ監督は「イブラヒモビッチから謝罪があった。私と彼の間には何の問題もない。人生には過ちがつきものであり、重要なのはそれぞれが義務を果たしていくことだ。罰金などの処分を受けることもあるが、今回のような出来事はよくあることだ」と説明
●パレルモのFWアマウリの去就について、アマウリの代理人「アマウリにとって最善の道を日々探している。私のところには、多くの名門クラブから問い合わせが寄せられている。ただ、彼の将来のためにも、選択を誤るわけにはいかない。アマウリは最高レベルのチームを希望しており、欧州CLでのプレーと国内リーグ戦での優勝争いに絡めるチームを望んでいる。また、代表入りも目指している。アマウリの条件を満たすためには、移籍先はイタリア、スペインそしてイングランドのいずれかのクラブになるだろう」
●ACミランが、イングランドのトッテナムに所属するブルガリア代表FWディミタール・ベルバドフ(27)に興味を示していることが明らかとなった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
??¦
2008/03/20(木) 14:59:31 | ??¦
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。