UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/15UEFAサッカー情報
●バルセロナのFWレオネル・メッシは14日、怪我の治療目的で母国アルゼンチンに帰国した。メッシは4日に行われた欧州CL決勝トーナメント1回戦(第2レグ)のセルテッィク戦で左腿の裏を負傷し、退場していた。
●バレンシアのFWモリエンテスが、15日に行われるセビージャ戦の招集メンバー入りを果たした。昨年末(12月15日)のバルセロナ戦で左足ふくらはぎを負傷して以来、約3カ月ぶりの復帰となる。
●バルセロナのMFデコが、16日に行われるアルメリア戦を欠場することが決まった。前節のビジャレアル戦のアップ時に右足のふくらはぎを痛め、急きょ出場を取りやめたデコだが、いまだに同個所に痛みを抱えており、13日にチームドクターから欠場の発表が出ている。
●シーズン終了後にラシンのマルセリーノ監督を招へいするのではと見られているセビージャのデル・ニド会長が13日、そのうわさを否定した。「会長としてマルセリーノ監督とコンタクトは取っていないと明言できる。ほかの監督とのコンタクトも一切ない」。その上でデル・ニド会長は、「セビージャの監督はマノロ・ヒメネス。チームのプレー内容について議論はあっていいが、監督について議論の余地はない。マノロ・ヒメネスかマノロ・ヒメネスだ」と断言した。
●バレンシアのホアキンとクーマン監督の関係が悪化している。前節デポルティボ戦でスタメン落ちしたホアキンは試合前の戦術ミーティングに遅刻し、その罰としてクーマン監督がスタメンから外したとうわさされていた。ホアキンは10日の練習後、「そんなことはない。遅刻なんてしていない」とうわさを完全否定。しかし、14日の会見でクーマン監督はその事実を認めるコメントを残している。
●バレンシアのクーマン監督は14日、セビージャ戦の前日会見で不満を爆発させた。「多くのことに飽き飽きしているし、かなり怒っている。まずはチームが勝てないこと、続いてこのクラブでは成功を収めるために、十分な落ち着きを得られないことに怒りを感じている」と激昂(げっこう)しながら会見をスタートさせた。
●オーストリア1部で首位を走るザルツブルクは13日、来季の監督のコー・アドリアーンセ氏を任命したと発表した。現在のジョヴァンニ・トラパットーニ監督は来季、アイルランド代表を率いることになっている。
●ユヴェントス所属のポルトガル代表DFジョルジ・アンドラーデが、今年のEURO2008を欠場することが確実になった。左膝の手術をしたためと、ポルトガルのメディアが報じた。今週末に退院し、ポルトガルでリハビリに当たる。
●リヨンのフランス代表FWカリム・ベンゼマが、2013年まで契約を延長したと、13日に所属クラブが発表した。
●13日に行われたUEFAカップの試合で、レンジャーズとスポルティングがベスト8に名乗りを上げた。
●チャンピオンズリーグ準々決勝組み合わせ抽選会が14日に行われ、全4カードが決定した。注目されたプレミア勢は、アーセナルとリヴァプールというここ2シーズンのファイナリストが激突、マンチェスター・ユナイテッドは昨季に続きローマ、チェルシーはフェネルバフチェと対戦することになった。また、バルセロナはシャルケと対戦する。試合はファーストレグが4月1、2日、セカンドレグが8、9日に行われる。
●チェルシーのフランク・ランパードが、クラブに対して長期化する契約延長交渉に早く決着をつけてほしいと申し入れしていたことが判明した。
●ミランFWロナウドが「引退する可能性について語るのはまだ早すぎる」と現役続行を主張した。
●2月23日のバーミンガム・シティ戦で選手生命が危ぶまれるほどの大怪我を負ったアーセナルのエドゥアルド・ダ・シウヴァが13日に練習場を訪れ、トレーニングに励むチームメイトを見守った。
●リヴァプールMFハリー・キューウェルが今季限りで退団する可能性が高いと報じられた。
●UEFAカップ準々決勝の組み合わせ抽選が14日に行われ、全4試合のカードが決まった。ファーストレグは4月3日、セカンドレグは10日に行われる。
バイヤー・レヴァークゼン × ゼニト
レンジャーズ × スポルティング
バイエルン・ミュンヘン × ヘタフェ
フィオレンティーナ × PSV
●リヴァプールのセンターバック、ダニエル・アッガーが足の故障で今季の残りを棒に振ることになった。
●リバプールのラファエル・ベニテス監督は、チャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝の対戦相手がプレミアリーグで首位を走るアーセナルに決まったことについて、「十分倒せる相手」とコメント。カップ戦を得意とする知将は、同国クラブとの対戦に大きな自信を見せた。
●グラント監督は「来季に向けてのプロジェクトも既に出来上がっており、ランパードがチェルシーに残ると確信を持って言える」とコメント。移籍報道をキッパリと否定した。
●トッティは「ACミラン戦に向けて少し不安がある。なぜならば、『4位以内で終えること』が今季のACミランに残された唯一の目標だからだ。今季はまだ他にも10試合残っているが、ACミランは我々との1戦で勝利を目指して全力で挑んでくるに違いない。
●ガットゥーゾは「デリケートは試合だが、今季を4位以内で終えるためには、ASローマ戦のみ勝利すれば良いわけではない。ASローマ戦は残り11試合のうちの1試合に過ぎない。ASローマは現在イタリアで最も好調なチームだが、負けるわけにはいかない。勝ち点を稼いでミラノに帰らなければならない。」
●チームの再建についてガットゥーゾは「4、5人の選手を補強するだけで、チームが改善されるとは思わない。昨季まで我々は現状のメンバーで結果を残し続けてきたわけだし。しかし、クラブ側が新しい選手を獲得しようとするのは普通のことだよ。シェフチェンコ?この2年間シェーバ(シェフチェンコのあだ名)の復帰を望む声は選手の間からは上がっていない。ただ、クラブにも考えがあるのだろう。現在クラブは補強になると確信し、シェーバの呼び戻しを検討しているようだ。」
●06ドイツW杯でイタリア代表を優勝に導いた名将マルチェロ・リッピ氏が、今季の欧州CL優勝候補にアーセナルの名を挙げた。理由についてリッピ氏は「リバプール、マンチェスター・ユナイテッドそしてチェルシーも強豪だが、現在アーセナルがヨーロッパの中で最も素晴らしいサッカーをするチームだからだ。ボール回しがとても良く、速さもあり、テクニックも優れている」と説明
●ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督は「マンチェスター(ユナイテッド)は強敵だ」と第一声。昨季の欧州CL準々決勝アウエーのマンチェスター・ユナイテッド戦で1-7の大敗を喫したことについてスパレッティ監督は「人それぞれ思ったことを発言すればよいと思うが、私にとっては、敗戦後の選手達の表情を忘れないということが最も重要だった。マンチェスターでの出来事が強豪との対戦への教訓となっている。悔しさをバネに我々はこの1年で大きな成長を遂げた。1-7という歴史的な大敗でクラブの名にドロを塗ってしまったが、名誉を回復する絶好のチャンスが訪れている。ベスト4に進出する可能性?50%だ。対戦相手がいかなる強豪えあっても動じないメンタルでなければならない。マンチェスター(ユナイテッド)はベスト8に進出したチームの中でも最も強豪の1つだが、ここまで勝ち進んだチームはそれぞれ特長のあるチームばかりだ」と話した。
●イングランド代表のファビオ・カペッロ監督「ASローマは欧州CLのベスト8に勝ち進んだイングランドの4チームの中で、最もASローマの特長を生かすことができる相手との対戦を引き当てたと思う」。
●ファーガソン監督は「本当に信じられない。イングランドのチームとの対戦を確信していたのだが…。1年間で6回(昨季の欧州CL準々決勝、今季の欧州CLグループリーグ)もASローマと対戦することになるなんて本当に信じられない。選手達には今まで以上にインテリジェンスな試合を期待している。しかし、我々とASローマはお互いのことを知りすぎており、このカードは欧州CLの宿命対決となるのではないだろうか?」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。