UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/10UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーのロビーニョが、昨夏アーセナルに移籍寸前だったことを同選手の代理人が明らかにした。昨夏にティエリ・アンリをバルセロナに放出したアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、アンリの穴を埋めようとロビーニョ獲得を望み、当時ファビオ・カペッロ監督の下でベンチを温める機会が多かったロビーニョも、出場機会を求めてロンドン行きに前向きだったという。だが、プレドラグ・ミヤトヴィッチSDが必死の説得にあたり、ロビーニョは最終的にマドリードに残ることを決断したようだ。
●セビージャMFクリスティアン・ポウルセンの代理人が、同選手がバルセロナ移籍に合意したという報道は誤りだと主張した。2006年にシャルケからセビージャにやって来たポウルセンの評価はうなぎ上りで、今シーズン終了後にエジミウソンとの契約が切れるバルセロナもこのデンマーク代表MFに注目、エジミウソンの後釜に据えようとオファーを送っていると噂されていた。しかしポウルセンの代理人は「それは単なる憶測に過ぎない。バルセロナとクリスティアンの間で何の取り決めも交わされていないのは確かだよ」とバルセロナとの接触を否定している。
●リーガ・エスパニョーラ第27節が9日に行われ、前節アトレティコ・マドリーに敗れた2位バルセロナはビジャレアルと対戦。ホームながら1-2で敗れ、連敗を喫してしまった。これで前日勝利した首位レアル・マドリーとの差は8ポイントに開き、逆転優勝の望みがさらに小さくなった。
●セビージャはレバンテとホームで対戦し、開始4分に先制を許す苦しい展開ながら、28分にケイタ、後半立ち上がりにはルイス・ファビアーノがゴールネットを揺らし、2-1で逆転勝ちした。セビージャは勝ち点を42に伸ばし、UEFA杯出場圏内である6位に浮上した。また、マジョルカはレクレアティーボに7-1という歴史的スコアで大勝。アランゴがハットトリック、グイサとバレロがそれぞれ2ゴール挙げた。バレンシア対デポルティーボは2-2で引き分け、ラシンはベティスを3-0で下した。ラシンは5位となっている。
●ビジャレアルの目標は来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権の獲得だ。目下3位とチャンピオンズリーグ出場圏内に位置するビジャレアルにとって、本戦からの出場となる2位でフィニッシュできるに越したことはない。そして、そのライバルとなるバルサとの直接対決を前に、「バルサは彼らのホームではとても高いポテンシャルを発揮する厳しい相手だ。しかし、彼らとのポイント差を縮め、2位の座を争う最後のチャンスとなるはずだし、我々は勝つつもりで挑む」と語っていたペジェグリーニ監督。
●「ビジャレアルの良さを見ることができた。それに、(取り消された)3点目も正当なものだった。我々はバルサを上回っていたし、相手の特性を完全にコントロールしていた。バルサは何もできなかった。ディエゴ・ロペス(GK)はそんなに仕事をしなくてすんだ」。
●8日のコロンビアリーグ、アメリカ対デポルティボ・カリの試合中に、負傷者が60人を超える大乱闘が起きた。審判の判定を巡って両チームの選手が衝突。監督同士も殴り合いを始めてしまったことから乱闘がサポーターにまで拡大し、警官隊が入り乱れての大混乱の末、多くの負傷者が出てしまった。先に手を出してしまったアメリカのウマナ監督は、「私が悪かった。これによって、サッカー界から出なければならないのならば、それに従う。納得のいかないレフェリングで、感情をコントロールすることができなかったんだ……」とうなだれた。
●リヴァプールのラファエル・ベニーテス監督が、最近チームパフォーマンスが向上している理由は自分たちに自信がついたからだと語った。「我々は試合に勝つ必要があった。3得点を挙げ、かつ相手を無得点に抑えたのは、次の試合を考える上で非常にポジティブな要素だ。勝ち続けることによって、選手全員が自信を深めている。それこそが好調を維持するカギだね」とコメント
●プレミアリーグの3試合が9日に行われ、首位アーセナルがアウェイでウィガンと0-0の引き分けに終わった。CLでは見事にミランを撃破したアーセナルは、開始わずか42秒でアデバヨルが決定機を迎えるなど得点チャンスを作りながら結局ゴールを割れず、フラストレーションのたまる勝ち点1となった。これで、この日ゲームのなかった2位マンチェスター・ユナイテッドとの差は2ポイントで、マンUのほうが消化試合が1試合少なく、首位陥落の危機に立たされた。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、MFセスク・ファブレガスの契約内容を見直す可能性を明らかにした。しかし、クラブ史上最高年俸を提示するとみられる契約更新は、今シーズン終了後まで待つことになると語っている。「現時点で契約について話すのは時期尚早だ。特に、彼とは長期契約を結んでいるんだからね。まずは今シーズンのタイトル獲得を考えるべきだ。セスクはまだ若い。今は選手として成長することが最優先だ。その他のことは自然についてくる。彼にはMFとして完璧な選手に育ってほしい。ミラン戦の活躍は確かに素晴らしかったが、次のステップに上がるためには、あのレベルを常に保てるようになることが必要だ」
●FAカップ準々決勝が行われた8日、ホームにポーツマスを迎えたマンチェスター・ユナイテッドは0-1の敗戦に終わった。試合後インタビューに応じたマンチェスター・ユナイテッドのMFクリスティアーノ・ロナウドは「悔しさはない。ただ、結果が出なかっただけだ。それにプレー内容も悪くはなかった。ゴールチャンスも多かったからね。ただ、判定には疑問が残ったよ。5分間で3回もファールを受けたが…。そのうち1回はイエローカードでPKが妥当なかなり悪質なものだったにも関わらず、審判はそれを見逃した。このような環境下ではプレーすること自体が難しい。自分は常に『プレミアリーグが世界一だ』と公言しているが、審判がクォリティの高い選手を保護せず、DFを保護している現状には失望を覚える。自分もエドゥアルド(重傷を負った同僚FW)のようになってしまうのではないかという不安に駆られている。なぜならば、何人かの選手は信じられないような卑劣なファールをするからだ。そして審判はそれらの行為を野放しにしている。自分はこのような現状を不満に感じており、プレースタイルを変えるしかないのかと考えている」とコメント
●9日、セリエA第27節が行われ、2位ローマと3位ユヴェントスがそれぞれ勝利した。ローマはアウェイでナポリと戦い、開始2分にペロッタが先制点をゲット、後半立ち上がりにもトッティがPKを決め、2-0で快勝した。ユーヴェもジェノアとのアウェイ戦で、グリゲラとトレゼゲのゴールで2-0と勝利。ローマは勝ち点58、ユーヴェは同51とし、前日勝利したインテルとの差をキープした。
●CL出場圏内を目指すミランはアウェイでエンポリと対戦。19分にパトが久しぶりのゴールで先制点を挙げたが、その4分後に追いつかれる。試合は1-1で膠着したまま終盤へ突入。86分にようやくアンブロジーニが決めて勝ち越したミランは、終了間際にもカカが加点し、3-1で勝利した。4位フィオレンティーナがシエナに0-1で敗れたため、ミランはフィオとの差を1ポイントに縮めた。
●クラブ創立100周年を迎えたインテルのマッシモ・モラッティ会長だが、今夏の移籍史上では“100周年記念の大型補強”を行わない方針を明らかにした。モラッティ会長は「優秀な若手選手も揃っており、現状で素晴らしいチーム編成だ。彼らが成長してくれることを願っている。チームは長年に渡り結果を出し続けているので、無理してチームを改革する必要はない。インテルがスランプに陥らず、今後も好調が続くことを願っている」と明かした。
●試合後ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督は「今日もチームは良くやった。ここ数日は確実に結果が出ており、我々の力をピッチ上で大いに発揮している。(スクデットを)諦めるつもりはない。最後まで戦い通すことができるかどうかは分からないが、戦い抜くためのベースは整っている。首位インテルとの『6』ポイント差は十分に挽回できるはずだ。ACミラン戦(セリエA第28節)とラツィオ戦(同第29節)で結果を出し、インテルとの差を最小限に保ちたい。我々自身を信じている。我々が全勝し、インテルが取りこぼす可能性はある。だからこそ我々は勝利に向かって猛進しなければならない」と力強く語った。
●試合後フィオレンティーナを率いるチェーザレ・プランデッリ監督は「前半は素晴素らしい試合だったが、決定的な得点チャンスで痛恨のミスを犯してしまった。それでも後半20分までは我々が試合を支配していたが、得点に結びつかなかった。ビッグクラブのような狡猾なプレーが欠けていた」と敗戦を分析した。
●試合後アンチェロッティ監督は「まだ復帰途中の段階だ。特に前半は良い点もあったが、まだ流れるようなプレーができていない。落ち着いた状態で練習に集中し、本来のプレーを取り戻さなくてはならない。苦戦を強いられたが、結果が求められる試合で勝利を収めることができた点は大きい」と話した。
●試合後クラウディオ・ラニエリ監督は「今日はどのような結果が出るのか興味深かった。選手達は最高の試合を行ってくれた。序盤から切れのあるプレーでビッグクラブの風格が漂っていた。選手達は常に全力を尽くしており、仮に精彩を欠く試合があったとしても、彼らを叱責することはできない。我々のチームが結束力を最大限に発揮すれば、対戦相手を苦境に追い込むことができる。今日の試合でも好調なジェノアに対し、プレッシャーをかけ、彼らにスペースを与えなかった」
●シーズン開始前、イングランド行きが濃厚となっていたジョルジョ・キエッリーニだが、マンチェスター・シティのスベン・ゴラン・エリクソンはあらためて、彼の獲得に向けた動きを強めている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。