UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/29UEFAサッカー情報
●28日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)準決勝ファーストレグで、ヘタフェがラシン・サンタンデールを3-1で下し、2年連続の決勝進出に王手をかけた。
●昨シーズン終了後に11シーズン在籍したレアル・マドリーを退団し、フェネルバフチェへと移籍したロベルト・カルロスがスペインのラジオ局“ラジオ・マルカ”で移籍を決意した理由を明らかにした。「会長は、契約延長の交渉をミヤトビッチに託していたし、話すことはなかった。僕は2年の延長を望んだけれど、ミヤトビッチは僕に1年だと言ってきたんだ」。
●ザンブロッタが一昨年ユベントスを退団し、バルセロナ入団を決意するきっかけとなった“カルチョ・スキャンダル”については「自分は裏切り者と言われているが、我々選手は練習や試合で常にベストを尽くしてきた。それにも関わらず2度のスクデット(セリエA優勝)を剥奪された。この事実に失望したから結果として裏切りの形となった。当事の幹部が辞任し、ユベントスが新体制となった時でさえ、クラブは自分に電話の1本もよこしてはこなかった。自分には何の説明もなかった。自分がバルセロナに移籍することによってクラブは多額の移籍金を得た。我々はクラブに貢献し続けたともいえる」と語った。「これまでジダン、トッティ、ピルロ、カンナバーロ、デル・ピエロ、マルディーニ、ブッフォンと一緒にプレーしたことがあるが、ポジションを問わずリオネル・メッシが最も優れた選手だと思う。この20年間であんなプレーをできる人間は他に見たことがない」
●前節のヘタフェ戦で左足を痛めたレアル・マドリーのグティが3月1日に行われるレクレアティボ戦に欠場することが確実となった。すでにファン・ニステルローイの欠場も決定的となっており、リーグで2連敗中のチームにとっては大きな痛手となりそうだ。
●チェルシーとバルセロナの間で監督が入れ替わる形になりそうだ。エイブラム・グラントがシーズン終了後にチェルシーの監督を退任することはほぼ確実で、早くも後任の名前がうわさになっている。全国紙『ザ・ガーディアン』ウェブサイト版の報道によれば、オランダ人のフランク・ライカールトが有力な候補らしい。
●トッテナムのファンデ・ラモス監督がシーズン終了後にスペイン人選手を大量補強する計画を練っている。29日付の『アス』紙が掲載したリストには、DFハルケ(エスパニョル)、MFのカペル(セビージャ)、リエラ(エスパニョル)、アルベルダ(バレンシア)の名前が入っている。
●セリエA3位のユヴェントスは今週末に4位のフィオレンティーナと対戦するが、その試合にパヴェル・ネドヴェド、クリスティアーノ・ザネッティ、ジョルジオ・キエッリーニが出場できない。
●FIFAのブラッター会長とUEFAのプラティニ会長が、スコットランドカップ準決勝の組み合わせ抽選を行うことになったと、スコットランドサッカー協会(SFA)が28日に発表した。
●リヴァプールのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(23歳)は28日、「まもなく」完全移籍にこぎつけると語った。メディア・スポーツ・インヴェストメンツが所有権を持つマスチェラーノは、ここまでレンタル契約でプレーしている。ベニーテス監督はかねてから、中盤の要となっているマスチェラーノの完全移籍を望んでおり、クラブは1800万ポンド(約40億8000万円)を払うことになるようだ。
●デンマーク代表DFトーマス・ヘルヴェグ(36歳)が28日、代表からの引退を発表した。現在、デンマーク1部のOBオーデンセでプレーする。
●フランスのリーグ杯準決勝が27日に行われ、松井大輔の所属するル・マンが延長戦の末、ランスに敗れた。スコアは5―4。レキップ紙が星6つと満点の試合評価を与え、「今季のフランス・リーグで最高のゲーム」と称えた大熱戦だった。
●フランスのリーグ杯準決勝(26日)でオセールを相手に3―2で勝ち、決勝にコマを進めたパリ・サンジェルマン(PSG)だが、ひとり苦悩を抱える選手がいる。PSGの守護神であり、フランス代表の第2ゴールキーパーでもあるミカエル・ランドロー(28)だ。28日付のレキップ紙は、オセール戦で凡ミスを犯しゴールを許したランドローの問題について、全面を割いて取り上げている。同紙によると、ランドローのミスによる失点は、過去5ヶ月間で7度(うちフランス代表の試合で2度)に及ぶ。ここへ来て、起用を続けるル・グエン監督に疑問を投げかける声が高まっているのは、3試合連続でミスを犯しているからだ。
●27日のドイツ杯準々決勝で、延長戦の末1860ミュンヘンを1―0で下したバイエルン・ミュンヘン。この試合のヒーローは何と言っても決勝ゴールをあげたフランス代表MFのフランク・リベリだ。決勝点は延長ロスタイムに得たペナルティーキック。リベリはこれをきっちり決めたが、味方選手がペナルティーエリア内に走り込んだのが早く、キックはやり直しに。2度目はプレッシャーがかかるところだが、リベリは大胆にもW杯決勝におけるジダンばりのパネンカ(ループシュート)を決めてみせた。
●レキップ紙によると、リーグ・アンのメッスが3月1日にカーンを迎えて行うホームゲーム(第27節)で、人種差別反対のキャンペーンを行う。キックオフの前にメッセージが読み上げられるほか、選手はスポンサーのロゴがいっさい入っていない「人種差別にノン」というフレーズのみがプリントされた真っ白なユニフォームでプレーする。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が、海外での監督キャリアについて言及した。マンUで21年以上もの監督生活を続ける老将は、自身のキャリアを振り返り、「一度は海外で仕事をしてみたかった」とコメントしている。
●28日付の英紙“Daily Express”によると、アーセナルのベラルーシ代表MFアレクサンドル・フレブ(26)の獲得に向けて、インテルが1900万ユーロ(約30億円)を用意しているとのこと。
●「外国人選手が増加し過ぎれば、その国のサッカーは発展しない」。現役時代にチェルシーでプレーした経験のある元イタリア代表FWジャンフランコ・ゾラが、プレミアリーグの外国人選手の増加に警鐘を鳴らした。
●ASローマの主将フランチェスコ・トッティ(31)が、1-1の引き分けに終わった27日のインテル戦(セリエA第25節)を振り返った。この試合の後半38分に同僚DFメクセスが退場(この日2枚目のイエロー)したことに対して、トッティは「ロゼッティ(主審)がメクセスを退場処分にしたことで試合が台無しとなった。試合終了の20分前まで最高の試合展開だった。メクセスのファールはなかった。メクセスはクレスポに触れてもいない。退場なんてありえない。むしろ再三悪質なファールを行っていた(インテルDF)ブルディッソこそ退場になるべきだった」と審判への不満を爆発させた。
●首位を独走するインテルのマッシモ・モラッティ会長は、27日の2位ASローマ戦の引き分けの結果に満足感を漂わせている。モラッティ会長は「インテルはASローマ戦において、苦境をどのようにして乗り越えるかを示してくれた。ここ数年チームはこの特長を存分に発揮してくれている。この特長がリバプール戦(3月11日欧州CL決勝トーナメント1回戦第2レグ)で発揮されることを願っている。ASローマ戦に引き分けたことで我々が優勝に大きく近付いた?予期しなかったことが現実のものとなった時に人は大きな喜びを感じることができる。ASローマとの勝ち点「9」差を維持することができたことは素晴らしい」
●ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長「カカや他の選手がファール(特に後方)から保護されるようになることを願っている。悪質なファールには退場処分が必要だ。卑劣なファールが素晴らしい選手を負傷に追い込み、最悪の場合は現役引退を強いられることとなるからだ」。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
???å?????Ĥ???????礦?Τ???ä???? ??顢?μ????
2008/03/05(水) 12:43:42 | ??¤????
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。