UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/22UEFAサッカー情報
●21日に行われたUEFAカップ決勝トーナメント1回戦で、アトレティコ・マドリーとビジャレアルがともに敗退してしたことについて、スペイン勢として唯一勝ち上がったヘタフェのミカエル・ラウドルップ監督が驚きを隠せないでいる。ヘタフェはホームでAEKアテネを3-0で下し、2試合合計4-1で勝ち抜けたが、アトレティコ・マドリーはホームでボルトンと0-0で引き分けてしまい、2試合合計0-1で敗退。ビジャレアルはゼニトに2-1で勝利したものの、2試合合計2-2でアウェイゴールの差で敗れた。ラウドルップ監督は、「アトレティコとビジャレアルが敗退し、ヘタフェが唯一(スペインのチームとして)UEFAカップに勝ち残っている。どうやら変化が起きているようだ」と嬉しそうに話した。また、次戦の相手ベンフィカについては、「彼らは欧州でも指折りのビッグチームだが、この段階で彼らのようなチームと対戦するだけの資格は十分にある」と自信を見せた。
●アトレティコ・マドリーのハビエル・アギーレ監督が、21日の試合でボルトンと引き分け、敗退が決まったことに無念を隠せないようだ。ホーム、ビセンテ・カルデロンの試合は0-0に終わり、ファーストレグに1-0で勝利したボルトンが勝ち抜けを決めている。「こんなふうに敗退するのは納得できない。だが、今はもうリーガで好成績を残すことに気持ちを切り換えるしかないよ。UEFAカップではいい結果が出せなかったが、今度はチャンピオンズリーグ出場権を獲得しないといけない。これがチームの目標だ。得点チャンスはいくつもあったのに、ゴールを奪えなかったね。だが、フォワードに問題があったとは思わない」ただし、リーグ戦での成績には満足しているようで、「リーグでは4位だから、残り14試合でこの位置をキープするか、できればさらに上に行きたいと思っている」と話した。
●2対3という結果に終わったCLセルティック対バルセロナ。しかし両者に得点差以上の実力差があったのは明らかだった。バルセロナのボールポゼッションは70%に近く、セルティックの選手は守備に奔走するばかり。試合後も多くの選手はその差に落胆していたという。そしてストラカン監督もその一人である。「うちはほとんどパスを回せなかった。メッシは素晴らしく、エトオは世界一スピードがあるFWだ。それにあのトゥーレ、やつはなんていい選手なんだ」と感服
●レアル・マドリー移籍後もケガを繰り返し、大きく出遅れていたアリエン・ロッベンが好調だ。ロビーニョが負傷離脱のためまわってきたスタメンの座。彼はその期待に応え、レアル・マドリーのスタメンの座を勝ち取っている。同クラブのカルデロン会長が「世界最高のウィンガー」と評すロッベンは、フィジカルの心配も消えている。バジャドリー戦、ベティス戦、そしてチャンピオンズリーグのローマ戦でスタメン出場。ローマ戦では敗れたものの、キレのあるドリブルでパヌッチやカセッティといったローマDFの執拗なマークをかわし、レアル・マドリーの攻撃にアクセントをつけた。マルカのウェブサイトでは「あなたが監督なら、ロッベンをスタメンに入れるためにどうするか?」とのウェブアンケートを実施。「ラウルをベンチに」が20.8%、「ファン・ニステルローイをベンチに」が2.69%、「二人を両サイドに置き、MFを一人外す」が76.51%、という結果となっている。
●バルセロナがマンチェスター・ユナイテッドに取って代わり、世界で最もメディア価値の高いクラブとなった。これはスペインのナバラ大学がロンドン大学内のスポーツビジネスセンターで行われた研究会で発表したもので、知名度という点でバルセロナが初めてトップに立った。レオ・メッシの大爆発、ティエリ・アンリの加入、そしてボージャン・ケルキックの出現といったメディアの露出が要因に挙げられ、バルセロナに次いでマンチェスター・ユナイテッド、ミラン、チェルシー、レアル・マドリーの順でこれに続いた。
●カンナバーロは「(第1レグは)善戦し、チャンスが多々あったにもかかわらず、敗戦に終わって残念だ。良い試合を行ったとしても、負けてしまえば評価はされない。インテリジェンスな試合展開をし、ASローマにスペースを与えないことが重要だ。彼らは1回のチャンスでゴールまで持っていく力があるからだ。(第2レグは)攻撃的なプレーで、レアル・マドリーが試合の主導権を握りたいところだが、状況に応じてメンタルを変えるべきだ。相手にあえて主導権を握らせて、1-0の勝利を収めるという戦い方もある」
●昨年の12月18日にバレンシアから突然の戦力外通告を受けたアルベルダが、クラブを相手に起こした裁判が22日に始まった。今週に入って、裁判を避けたいバレンシアがようやく重い腰を上げて示談に向けた交渉を続けていたが、21日午後に合意直前だった交渉が決裂。バレンシアのクラブ史みならず、世界のサッカー史に暗い1ページを刻む裁判に突入することになった。
●21日にUEFAカップ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグが行われ、優勝候補のバイエルン・ミュンヘンは、アバディーンを5-1で粉砕、2試合合計7-3で順当にベスト16に進出、アンデルレヒトと対戦することになった。また、ブレーメンはアウェイでブラガを1-0で下し、2試合合計4-0で勝利した。ブンデスリーガからはほかにも、ガラタサライを5-1で下したバイヤー・レヴァークーゼン、さらにチューリッヒとホームで0-0ながら、2試合合計3-1としたハンブルガーSVが勝ち上がり、両者は次のラウンドで対戦する。唯一、ベンフィカと対戦したニュルンベルクは2-2に追いつかれ、2試合合計2-3で敗退した。
●21日に行われたUEFAカップ決勝トーナメント1回戦で、英国勢は、レンジャーズ、トッテナム、エヴァトン、ボルトンが揃ってベスト16に名乗りを上げた。
●イングランド代表監督のファビオ・カペッロが、アンフィールドでのCL第1戦でインテルに2-0で完勝したリヴァプールに、「喜ぶのは早い」と警告した。カペッロは、「リヴァプールはサンシーロでの第2戦に気を付けなければならない。インテルはホームで本当に強い。アンフィールドでは、マテラッツィが退場したあともよくディフェンスしていた。得点チャンスは2つ、3つしか許していない。彼らには、このビハインドをひっくり返すだけの力がある」
●先月スパーズに移籍したイングランド代表DFウッドゲイトが悩んでいる。悩みの種は新たなチームメイトでも新監督でもなく、ロンドンの家賃についてだ。「冗談じゃないかと思ったよ。いくつか物件を見て周ったけど、信じられないほど高いんだ」と嘆くウッドゲイト。「北部とは比べ物にならないね。ミドルスブラでは1軒の値段でペントハウスが10軒建つよ」。
●先制点をあげたリヨンのFWカリム・ベンゼマに対する称賛は試合後も鳴り止まない。リヨンのオラス会長は、フランス通信(AFP)に「一試合ごとに成長している。できることなら2045年まで契約を結びたいくらいだ」と語っている。この発言は、対戦相手のファーガソン監督が前日、マンチェスター・イブニング・ニュースで、「ベンゼマのマンU入り? あり得ることだ」と述べたことを受けている。ジダンは、CLの試合結果を振り返るカナル・プリュス局の番組にゲスト出演していた。ベンゼマについて「自分が20歳のときよりレベルは上。大体自分は彼ほどゴールをあげていない。今シーズン26得点目(全試合の合計)なんて、 驚嘆すべきだ」と感想を述べ、ベンゼマ本人に「素晴らしいの一言。まったく脱帽だ。このまま続けてほしい」とエールをおくった。
●マンチェスター・ユナイテッドのMFライアン・ギグスが、現役引退後に指導者への道を歩むことが明らかになった。34歳の元ウェールズ代表は、今シーズン終了後にもコーチングライセンス取得を目指し、講習を受けることになっているようだ。
●「アーセナル戦に勝利するためにはサポーターの力が必要となる。試合当日は8万人のサポーターが我々の後押しをしてくれることを願っている」ACミランのMFカカ(25)
●シーズン終了後のインテル移籍が噂されるシャルケ04のクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(19)が、現在の心境を明かした「インテルの一員となるチャンスがあるのならば、『NO』と言うことなんて出来ない。とても興味がある話だよ。ただ、決定権は自分ではなくクラブにある。どうなるかは状況を見守らなければならないだろう。現状ではシャルケでのプレーに集中するよ」
●チェルシーのFWアンドリュー・シェフチェンコ(31)が、ロンドンのエミレーツ・スタジアムで20日行われた欧州CL決勝トーナメント第1回戦(第1レグ)アーセナル対ACミラン戦を観戦した。古巣ACミランの元同僚と再会を果たしたシェフチェンコは、試合終了後ACミランのチームバスにまで乗り込んだ。
●「主将として最も痛切に感じていることはチームがこの結果にひどく落ち込んでいることだ。第2レグでの巻き返しを図るためにも、状況を良くするために何度も積極的にトライしたが…」。インテルの主将DFハビエル・サネッティが、欧州CL決勝トーナメント1回戦リバプール戦の0-2敗戦を振り返った。
●マテラッツィはインテルの公式サイト上で「この2日間考え、48時間が経過したが、『申し訳ない』という気持ちは退場処分となった時と今で全く変わらない。あの時の判定が正しいかどうかという問題とは別に、最も残念なのは、自分が退場となったことで、チームに迷惑を掛けてしまったことだ」
●エメルソンは「アーセナルは強かったが、ACミランには『経験』という武器があった。アーセナルには若い選手が多く、我々は苦戦を強いられた。しかし、若い選手には我々のような経験がない。第2レグでの我々の最大の武器は『ホーム・ゲーム』であるということだ。アウエーのロンドンよりも当然プレーしやすい環境となる」と8強進出への意欲を見せた
●パリの病院を退院したロナウドは「フィジカル的に非常に厳しい怪我を負ってしまったが、自分にとってはメンタル的にも非常に厳しいアクシデントとなった。復帰するかどうかはまだ分からない。今はリハビリのことだけ考えるよ。復帰したいという思いは強いが、その前に体が言うことを聞いてくれるかどうか…。フィジカル面で問題がなければ、必ず再びピッチに立つ。そうでなければ自分にとって最も辛い決断を下さなければならなくなってしまう」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。