UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/14UEFAサッカー情報
●セビージャのホセ・マリア・デル・ニード会長が、ジョゼ・モウリーニョ氏(前チェルシー監督)に監督就任を打診していたことを明らかにした。ファンデ・ラモス前監督(現トッテナム・ホットスパー監督)の後任者を探していたセビージャは、モウリーニョ氏と接触したことを公式ウェブサイト上に掲載。同氏が代理人を通じて契約金1000万ユーロ(約15億6000円)を要求し、セビージャ側も喜んでその額を支払うと表明した。しかし、モウリーニョ氏の代理人はこの報道を否定している。
●バルセロナが、フランク・ライカールト監督の後任としてアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督をリストアップしていると報じられた。現地スペインの報道によると、バルサ首脳陣(特にジョアン・ラポルタ会長とフェルラン・ソリアーノ副会長)は、ヴェンゲルこそカンプ・ノウ(バルサの本拠地)で指揮を執るのに最もふさわしい人物であり、ライカールトは今シーズン終了後にクラブを去るべきだと考えているという。
●バルセロナの本拠地カンプ・ノウでプレーする夢が叶う。バルセロナは、各企業や団体向けにカンプ・ノウを貸し出すシステムをシーズン終了後にもスタートさせるとのこと。さて気になるのはそのお値段だが、基本料は4万ユーロ(約630万円)。
●「自分はレアル・マドリーを後味の悪い形で退団したが、そもそも移籍当初から悪い流れだった」。ACミランのFWロナウド(31)がスペインのラジオ番組“El Mirador”のインタビューに応じ、レアル・マドリー時代の苦い思い出を振り返った。
●リバプールのアルゼンチン代表MFマスチェラーノがバルセロナに売り込みを図ったと、14日の『マルカ』紙が伝えた。来季に向けてバルセロナは守備的MFの補強を検討しており、先日からはセビージャのポウルセン獲得のうわさも出ている。
●レアル・マドリーのDFメツェルダーが13日、痛みを抱えていた左足の裏の手術を行った。ムルシア市内の病院で行われた手術は無事成功したが、復帰までには2~3カ月かかる見込みで、実質的に今季中の復帰は難しい。
●先週日曜日のシエナ戦でセンセーショナルなデビューを遂げ、一夜にしてミランのニューヒーローとなったFWアルベルト・パロスキ(18歳)が、今日水曜日のリヴォルノ戦で先発する見込み
●ジョヴァンニ・トラパットーニ氏が、アイルランド代表監督就任に合意したことが判明した。現在トラパットーニ氏が指揮を執るレッドブル・ザルツブルクが明らかにしたもの。
●チェルシーのマイケル・エッシェンが「今季クアドルプル(4冠)を達成する可能性は十分ある」と力強く語った。
●13日にUEFAカップ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが行われ、PSV、ブレーメン、エヴァトンなどが先勝した。
●13日にセリエAのミラン対リヴォルノ戦が行われ、1-1で引き分けた。
●プレミアリーグが、リーグ戦の一部を海外で開催すると発表したことに対して、オーストラリアも拒否する姿勢を示した。
●ACミランのFWロナウド(31)が再び負傷した。13日のセリエA第16節(12月に行なわれたクラブW杯の影響による延期試合)ホームのリボルノ戦で、1点ビハインドで迎えた後半12分にFWジラルディーノと代わり途中出場したロナウドは、同14分に右サイドからのクロスボールに合わせてジャンプした際に、左膝を痛めた。ロナウドと競ったリボルノMFビディガルがハンドを犯したため、ACミランにはPKが与えられたが、負傷した左膝を抱え地面に転げ落ち激痛に悶えるロナウドに周囲の目は釘付けとなった。ロナウドは激痛に耐え切れず涙を流し担架で運び出された。精密検査の結果ロナウドは、膝蓋腱の完全断裂で、復帰までには9か月から1年要するという最悪の事態であることが判明した。今回の負傷でロナウドは選手生命を絶たれる危険に瀕している。ミランのFWロナウドは14日、断裂した左膝のけんの手術のためにパリへ向かった。
●13日夜(現地時間)、昨年末のクラブW杯のために延期になっていたリボルノ戦に挑むミラン。10日のシエナ戦では、インザーギとロナウドの“合計65歳FWコンビ”が先発したが、後半18分にチームを救ったのは、1月に18歳になったばかりのFWパロスキだった。
●ナポリが喘いでいる。先週末もサンプドリアに完敗し、シーズン初めの快進撃はどこへやら11位に留まっている。映画産業で財を成し派手好きなデ・ラウレンティス会長は、移籍市場に計4600万ユーロ(約73億6000万円)をつぎ込んだが、期待に見合う結果が得られているとは言いがたい。
●アーセナルが来シーズンに向けて、守護神の補強に動き出した。ターゲットは、10日に閉幕したアフリカ・ネーションズカップで優勝したエジプトの正GKエッサム・エル・ハダリで、すでに1500万ポンド(約32億円)のオファーを準備しているとも言われている。
●インテルのブラジル代表Gkジュリオ・セーザル(28)が、“Studio Sport”のインタビューに応じた。今季のスクデット(優勝)についてセザルは「今季はユーベもセリエAに復帰し、昨季に比べて強いチームが増えた。昨季は我々がスクデットを獲得したが、世間からは『今季は変則だ。ライバル不在のシーズンだった』と言われていた。だからなんとしても今季もスクデットを獲得したい」と闘志をむき出しに語った。
●トッティは「ラウルはレアル・マドリーのトッティで、俺はASローマのラウルだ。なぜなら人間的にも選手としても我々は似ているからね。ラウルのような選手がバロンドールの受賞経験がないなんておかしな話だよ」と独特の言い回しで、相手のエースを賞賛した
●リボルノのアルド・スピネッリ会長は13日、クラブを売却する意思を表明した。歯に衣着せぬ発言で常にメディアを騒がせているスピネッリ会長は「6月までに間違いなくリボルノ・カルチョを売却するつもりだ。この話しはかなり前から検討しており、夏が始まる前には全てが解決すると確信している。」
●「体調は良い。当初の予想よりは遅いが、徐々に万全の状態となりつつある。いつでもプレーする自信はある。(ロベルト・マンチーニ)監督から出場機会を与えられれば、ピッチで結果を出す」。ひ骨骨折から復帰したインテルのMFルイス・フィーゴ(35)
●2月のFIFAランキングが発表された。1位アルゼンチン、2位ブラジル、3位イタリアの上位3カ国は変わっていないが、目立った動きがなかったわけではない。今週日曜日にエジプトの優勝で幕を閉じたアフリカ・ネーションズカップがFIFA(国際サッカー連盟)の月間ランキングに大きな影響をもたらした。ガーナ(29ランク上昇し同国史上最高の14位)とカメルーン(8ランク上昇して17位)が大きく順位を上げてトップ20入りを果たしている。
●マンチェスター・ユナイテッドは今年の7月19日から26日まで南アフリカで国際トーナメントに参加することになった。“赤い悪魔”にとっては3度目の南アフリカ遠征
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。