FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/02/07UEFAサッカー情報
●GKネルソン・ジーダの後継者として、アドリアーノ・ガッリアーニがまた新しい選手に目を付けた。ジーダとカラッチを信頼しているというクラブの建前上のコメントとは裏腹に、ミランは来シーズンのゴールマウスを任せられる守護神を探している。フレイとボルツに続いて、スペインではディエゴ・ロペスの名前が浮上してきた。レアル・マドリー戦やバルセロナ戦での活躍など、今季はビジャレアルで素晴らしいプレーを続けている。
●赤い新ユニホームを身にまとい、マラガのピッチを踏んだフランスA代表、別名“レ・ブルー”は、そのシャツの色が意味する気迫を見せ切れず、スペインに0-1で敗れた。前日に行われた予備軍A’代表とはさすがに格が違うと思わせる、高いレベルのサッカーを見せたフランスだったが、ショートパスと絶え間ないプレッシングを駆使し、終始統制の取れたプレーを展開したスペインは、若干ではあるが、試合を通して優勢を保っていた。「ラウルにはスピードがない。私にはスピードのあるアタッカーが必要だ」「ドイツ・ワールドカップの後、革新は必要不可欠なものだった」。こう語ったスペイン代表のアラゴネス監督は代表最多得点者のラウルを外したことでファンの抗議を受けていたが、この日の勝利で、とりあえず選択の正しさを証明してみせた。
●バルセロナが来季に向け、ラシンのアルゼンチン代表DFガライの獲得を決めたようだ。シーズン途中のため正式発表はないと見られるが、既に『マルカ』紙は「獲得決定」と第一報を報じている。バルセロナがラシンに移籍金1425万ユーロ(約22億円)を3分割で支払い、選手と5年契約を結ぶとしている。
●6日に行われたフランスとの親善試合でスペインA代表デビューが確実視されていたバルセロナのFWボージャンは、試合直前に目まいを訴え急きょベンチ入りからも外れた。ボージャンは3日のオサスナ戦後から胃腸炎にかかり体調を崩した状態で代表に合流しており、その影響による目まいと推測される。A代表選手としての最年少出場記録(17歳と162日)もかかっていただけに、スペイン国内では試合の結果(1-0でスペインの勝利)や内容以上に「ボージャンのデビューはお預け」という報道が目立っている。スペインサッカー協会、ルイス・アラゴネス代表監督共に、ボージャンの父親の母国であるセルビア代表への扉を閉ざすためにも、早くA代表でデビューさせたい意向だ。そのため、けがさえなければ3月26日に行われるイタリアとの親善試合で再びボージャンを招集し、仕切り直しの代表デビューとなりそうだ。
●バレンシアが来シーズンに向けて、リボルノ所属のイタリア代表GKマルコ・アメリアに興味を持っているようだ。バレンシアはクーマン監督の下でカニサレスが構想外となり、現在はトップチームにヒルデブラント、モラの2名のGKがいる。しかし、モラの契約は今季限りで終了し、クラブは契約延長の意図を持っていない。そのため、フロントはGKの獲得に動いている。
●バレンシアはこの冬の移籍市場でバネガ、マドゥロ獲得に合計2000万ユーロ(約31億2000万円)を投じており、今季の補強総額は7250万ユーロ(約113億1000万円)に上る。それに対し、選手の放出で獲得した資金はタバーノ(→リボルノ)の600万ユーロ(約9億4000万円)のみ。移籍市場での収支面から見れば、欧州でトッテナム、レアル・マドリーに次いで支出額が3番目に大きいクラブとなり、その額はバルセロナやマンチェスター・ユナイテッドをも上回る。ここに来て、ラファエル・サロム副会長は「来季に向けてトップサラリー制を廃止し、ビッグネームを獲得する」と公言しており、再びファン・デル・ファールト獲得のうわさも持ち上がっている。新スタジアム建設中のため、現在のメスタージャ・スタジアムの土地を担保に大きな融資を受けているバレンシアの羽振りの良さは明らかだが、その背後にある財政事情は不透明だ。
●イングランド代表のファビオ・カペッロ監督は、2-1の勝利を収めたスイス戦後、「イングランド代表監督の意味を再認識した」と語り、感慨深げに試合を振り返った。試合序盤の苦戦を「プレッシャーが原因」と分析したイタリア人監督は、緒戦を白星で終えた結果に満足げな表情だった。
●6日に行われた親善試合で、フランスがスペインに0―1で敗れた。DFのウィリアム・ギャラス(アーセナル)にとっては、ドメネク監督指揮下になってから出場した試合で初めての敗戦。2004年7月から前試合まで、ギャラスが出場したフランス代表の試合は39戦。その戦績は25勝14引き分け(PK戦で敗れた試合も引き分けとして換算)で無敗だった。
●フランスが親善試合でスペインに0―1で敗れた翌7日、フランスのスポーツ紙「レキップ」は、主将のパトリック・ヴィエラ(インテル)に厳しい評価を下した。同紙がヴィエラに対して行った採点は、両チームのスタメン22人のうち最低の3.5点。全選手の平均点を大きく下回っている。同紙の試合データによると、ヴィエラは7回のパスミス、3回のファウル(うち1回は警告)を犯し、相手とのボールの奪い合いでは、4度の成功に対し8度の失敗を記録している。
●「素晴らしい能力を発揮し、個々が自身の偉大さを証明してくれた」。6日、スイスのチューリッヒでポルトガル代表との親善試合を3-1快勝で飾ったイタリア代表を率いるロベルト・ドナドーニ監督が喜びをあらわにした。ドナドーニ監督は続けて「要求の多い厳しい試合だったにも関わらず、彼らはやってくれたよ」と選手達を絶賛
●ACミランのジャン・ピエール・ムールスマン医師が負傷者の状態を説明している。左足首を負傷したFWアレシャンドレ・パト(18)についてムールスマン医師は「かなり良くなった。昨夜(5日)までは支えが必要だったが、今では痛みを感じることなく歩くことが出来る。彼の回復力にも信頼を置いている。昨日までは復帰まで2~3週間ほどかかると思われたが、現状を見る限り2週間以内で復帰する見通しで、アーセナル戦には間に合うだろう」と説明した。
●ブラッター会長は「イタリア代表は心身ともにベストコンディションにあると信じている。ユーロ08スイス・オーストリア共催大会出場に値するチームだ。(予選突破をかけた)アウエーでのスコットランド代表戦ではピッチ状態の酷かったハンプデン・パークで勝利を飾った。容易なことではなかっただろうが、イタリア代表はアッズーリ(イタリア代表の愛称)らしさを十分に発揮し、実力を証明した。まずはドナドーニ代表監督に『おめでとう』と言わなければ。イタリア代表の試合観戦は本当に嬉しいことだよ」
●イングランド代表監督に就任したイタリア人のファビオ・カペッロ監督の成功を、インテルのFWズラタン・イブラヒモビッチ(26)が保証した。「自分にとってカペッロはリーダーといえる。彼と一緒の時に学んだことでもあるが。彼がイングランドでも成功を収めることに疑いの余地はない。容易なことではないが、彼は常に選手からリスペクトされる人間だ。“心理学者”と呼ばれることもあるが」
●「(得点を決めたMF)クワレスマのみが(ポルトガル代表の)尊厳を保った」。6日のスイス・チューリッヒで行われたイタリア代表との親善試合を1-3敗戦に終わったポルトガル代表に対し翌7日、ポルトガルの現地紙“A BOLA”は冒頭の見出しを掲載し、ポルトガル代表への失望をあらわにした。一方「ドナドーニ監督率いるイタリア代表は速い試合展開に終始し、勝利に値した」と賞賛した。またポルトガル代表のMFクリスティアーノ・ロナウドは「今回の敗戦はポルトガル代表に関わる全ての人物に対して、良いレッスンとなった」とコメント。
●ACミランのMFカカ(25)が、セリエA第23節アウエーのパルマ戦(16日)で復帰出場する可能性が浮上している。自身のコンディションについてカカは「回復に向かっているが、かなり前から膝に問題を抱えている。完治させてから試合に復帰することがベストだと思う。どれ程の時間が必要か分からないが、今は焦らずに治療に専念したい。回復には向かっているが、日曜日と(セリエA第22節シエナ戦、10日)と水曜日(クラブW杯の影響で延期となっていたセリエA第16節リボルノ戦、13日)に出場しないことだけは確かだ。ただ、10日後のパルマ戦は状況が変わっているはずだろうが…。今しばらく状況を見守りたい」と説明
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
???ΤäФ????????ήС????????
2008/02/11(月) 16:14:38 | ???
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.