UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/02UEFAサッカー情報
●バルセロナがジョゼ・モウリーニョ前チェルシー監督と接触、フランク・ライカールト監督の後任として招聘するつもりだと噂されていたが、ジョアン・ラポルタ会長がこれを否定した。「別の監督を招聘しようとは考えていない。ライカールトの契約は2009年まで残っている。彼はクラブのイメージにぴったり合った偉大な監督だ。穏やかで思慮深く、有能で仕事にも一生懸命取り組む。それに、彼にはユーモアのセンスだってある。ライカールトはバルサに5年いるし、彼がクラブを去るのは本人がそれを望む時だけだ」
●1日にスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)準決勝の組み合わせ抽選が行われ、バルセロナがバレンシアと対戦することになった。もう1試合では昨季のファイナリストであるヘタフェが、リーグ戦好調のラシン・サンタンデールと対戦する。これまで国王杯に24回優勝しているバルセロナは2月27日に行われるファーストレグをホームで戦う。セカンドレグは3月19日。
●スペイン代表のルイス・アラゴネス監督は1日、来週のフランスとの親善試合に向けた代表メンバー22名を発表。バルセロナの17歳、ボージャン・クルキッチが初招集を受けた。ボージャンがマラガで行われる6日の試合に出場すると、スペイン代表最年少出場記録を3カ月更新することになる。これまでは、1936年にアスレティック・ビルバオのアンヘル・スビエタ選手が記録を持っていた17歳と9ヵ月。ボージャンがフランス戦でプレーすることができれば、この記録は17歳と5ヶ月と9日に更新される。ボージャンは今季のオサスナ戦でリーグデビューを果たし、10月のビジャレアル戦でバルセロナの最年少得点記録を更新している。アラゴネス監督は記者会見で、ボージャンの招集について、「現在非常に調子が良いから、招集した。前途洋々の選手だよ」と話した。本人のコメント「いろんなことがすごいスピードで進んでいる。でも、うれしい」。
●アトレティコ・マドリーがPSVのDFサルシド獲得に興味を持っている。2日の『マルカ』紙はシーズン終了後の獲得が「決まった」と報じており、これまでに獲得決定のうわさがあるハイティンハ(アヤックス)、ウイファルシ(フィオレンティーナ)を含め来季は代表レベルのDF3選手が加入することになりそうだ。
●1月31日の国王杯ビジャレアル戦で負傷退場したバルセロナのプジョルが1カ月程度離脱することが分かった。1日に行われた精密検査の結果、右足に2センチほどの筋断裂が見られたため。
●ルイス・アラゴネス監督が1日、6日にマラガで行われるフランスとの親善試合に向けたスペイン代表21名を発表した。17歳のFWボージャン(バルセロナ)のほか、DFフェルナンド・ナバーロ(マジョルカ)、DFアルベロア(リバプール)が初招集となったが、アルベロアがけがのため4日にもビジャレアルのアンヘルが追加招集されるものと見られている。また、バレンシアで戦力外となっているアルベルダは、「(アルベルダを含む)このグループでユーロ(欧州選手権)予選を勝ち抜いてきたから」という理由でメンバー入り。
●1日に行われた会見でバレンシアのクーマン監督が、バレンシアで戦力外になりながらもスペイン代表入りしたMFアルベルダについて、「フレッシュな状態だから呼んだのだろう」と皮肉った。
●アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、戦列を離れているFWロビン・ファン・ペルシー(24歳)の復帰を急かすつもりはないと語った。母国オランダでリハビリに専念後、チームの全体練習に合流してカーリング杯準決勝のトッテナム戦でプレーしたファン・ペルシーだが、太もものケガが再発していた。
●今冬の移籍市場でリバプールからユベントスに移籍したマリ代表MFモハメド・シッソコ(23)が1日、クラブのあるトリノに到着した。名門ユベントスでの新たな挑戦に胸を膨らませるシッソコは「自分がユベントス移籍を選択した理由は…クラブが野心に溢れており、またチーム再構築(カルチョ・スキャンダル裁判でセリエB降格)に成功した点に感心したからだ。自分の特長は、他の選手につなぐ為に必死でボールを追いかけるアグレッシブなプレーだ」
●ACミランのMFジェンナーロ・ガットゥーゾが、最低20日間試合に出場できないことが明らかとなった。30日に行われたセリエA第15節レッジーナ戦(昨年12月に行われたクラブW杯の関係で延期されていた試合)での負傷が予想より重傷であった。ガットゥーゾは右足の付け根の肉離れ
●FWロナウドの負傷についてエメルソンは「彼の問題が先天的な精神面から来るものだとは思わない。ロニー(ロナウドの愛称)は何度も自身の強さを証明している。問題はやはりフィジカル面だろう」
●カペッロ監督から落選理由を事前に説明されたベッカムは「落ち込んではいないよ。監督の決断を尊重しているし、代表100試合出場は今回実現できなかったけど、気持ちを切り替え、前を向くつもりだ。これまで幾度となく苦境や失望を乗り越えてきた。今回も大丈夫だろう」と気丈にコメント
●ブンデスリーガ後半戦が1日に幕を開き、前節15位のハンザ・ロストックと同首位バイエルン・ミュンヘンが初戦を戦った。
●2月6日にアウエーでクロアチアと親善試合を行うオランダ代表のメンバー21名が発表された。先週、アヤックスとのコンタクトが明らかになったオランダ代表のファン・バステン監督。「自分以外にも複数の候補者がいるのは分かっている」とファン・バステン監督は語るが、ユーロ(欧州選手権)2008終了後はファン・ト・シップとロブ・ビチュヘを引き連れてアヤックスの新監督になる可能性が高くなった。
●ロクホフ、ロクが監督時代、2部落ちの危機に陥ったNAC。昨季から指揮官としてNACを救ったのがブランツだった。ブランツはレオナルド(現アヤックス)、ディバ(現アル・ワクラー/カタール)といった個性の強い選手と衝突したこともあったが、これまで15位、16位と低迷していたチームを11位へと浮上させた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。