UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/23UEFAサッカー情報
●サラゴサのアンデル・ガリターノ監督(38歳)は22日、就任してわずか1週間で、「個人的な理由から」辞任すると発表した。それ以上のコメントはなかったが、スペインのラジオは、アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロに関する問題で退団することになったと報じている。監督はダレッサンドロをメンバーからはずしたかったが、理事会がそれを認めなかったらしい。ダレッサンドロはすでに今シーズン、パブロ・アイマールやビクトル・フェルナンデス前監督とも衝突している。後任には元デポルティボ監督のイルレタ氏が有力とされており、交渉が順調に進めば23日中にも正式発表されるものとみられている。
●レアル・マドリーのプレドラグ・ミヤトヴィッチ・スポーツディレクターが、もはや“時間を浪費できない”として、二大補強ターゲットだったマンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドとアーセナルのセスク・ファブレガスの獲得を断念したことを明らかにした。「今さら言うまでもないが、クリスティアーノ・ロナウドのような選手の入団は大歓迎だ。だが、彼がマンチェスター・ユナイテッドという偉大なクラブに在籍しているので獲得は不可能だと思う。セスクのような選手を欲しがるクラブは我々だけではない。だが、彼はアーセナルというビッグクラブに在籍しているんだ。彼の獲得もほぼ不可能だろう。我々は実現できないことに時間を浪費するつもりなどない」
●フランス代表として6試合の出場経験をもつリオ・マブバ(23)が、所属するリーガ・エスパニョールのビジャレアルからリーグ・アンのリールに今シーズン終了までレンタルされることが決まった。早くも23日の第22節ル・マン戦から出場する可能性もある。レキップ紙などが22日に報じた。
●カンプ・ノウのファンの目は厳しく、チームに対する要求度も高い。内容が悪ければ、勝っていてもブーイングをする。それはチームの選手に対しても同じ。不甲斐ないプレーをする選手には容赦なくブーイングを浴びせる。そして、日曜日のラシン戦では今シーズントップチームに上がってきたばかりのジオバニ・ドス・サントスの自己中心的なプレーに対しファンは口笛を吹いた。自分のチームのファンからのブーイングは選手にとって堪える出来事でもある。
●マンチェスター・ユナイテッドのMFクリスティアーノ・ロナウドに、再びレアル・マドリー移籍の可能性が浮上した。そこにはポルトガルに住む母親の影響があるようだ。ロナウドの母ドロレス・アヴェイロさんは、「レアルこそ世界最高のクラブ」と語り、息子のスペイン行きを熱望している。そもそも、ロナウドのキャリアに多大な影響を及ぼしてきたドロレスさん。14歳のロナウドが幼い頃から憧れていたベンフィカへの入団を希望すると、これに反対。ベンフィカのライバルであり、ドロレスさん自身もファンであったスポルティング・リスボン入団を説得した経緯もある。
●デポルティボのMFバレロンの2年ぶりとなる復帰が近づいている。既にチームドクターからはけがのリハビリ完了を告げられており、今後はグループ練習の中でコンディションを上げながら監督の判断を待つことになる。バレロンは2006年1月22日のマジョルカ戦で左ひざの前十字じん帯断裂の大けがを負い、その後2度も同じ個所のけがを再発させている。
●リヴァプールの右サイドバック、スティーヴ・フィナンは22日、アイルランド代表を引退すると発表した。31歳になるフィナンは、2000年4月のギリシャ戦で代表デビューして以来、レギュラーとして活躍、50試合に出場している。
●22日にリーグカップ(カーリングカップ)準決勝セカンドレグの1試合が行われ、トッテナムがアーセナルに5-1と快勝。2試合合計6-2で、決勝にコマを進めた。
●22日に行われたFAカップ3回戦の再試合で、プレミアリーグのフラムが、3部のブリストル・ローヴァーズにPK戦で敗れて敗退した。
●22日に行われたアフリカネーションズカップのグループCの試合で、前回チャンピオンのエジプトがカメルーンと対戦。エジプトはジダンの2ゴールなどで前半までに3点をリード。カメルーンは後半開始直後にはヘディングで、試合終了間際にはPKで、いずれもエトーが2点を返すが、エジプトは後半に1点を追加し、4-2で白星発進した。
●スコットランドサッカー協会(SFA)は、次期代表監督にジョージ・バーリー氏を指名したと発表した。バーリー氏の他にもビリー・デイヴィス氏(前ダービー・カウンティ監督)、グレアム・スーネス氏(元ニューカッスル・ユナイテッド監督)らが有力候補として挙げられていた。
●ACミランの若きブラジル人FWアレシャンドレ・パト(19)が、ドゥンガ監督率いるブラジル代表に招集されたことが明らかとなった。2月6日にアイルランドのダブリンで行われるアイルランドとの親善試合に向けた招集メンバーとして。また北京五輪を見据えて23歳以下の選手が10名招集されたとのこと。
●ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が「リーグ優勝を諦めてはいけない」と選手達に檄を飛ばしている。ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督は「諦めてしまえばそこからは何も生まれない。我々は気を抜いてはならない。なぜなら3位のユベントスが僅差(5ポイント)で迫っており、ユベントスとの直接対決も控えている」とコメント。気の緩みに警鐘をならしている。
●「インテルは素晴らしいプレーを続けているので、彼らが首位を独走しているのは実力だ。審判の中には経験が浅く、成長が必要な者もいるが、贔屓は見受けられない」。ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督が、メディアで取り沙汰されている「審判のインテル贔屓」について自身の見解を明らかにした。
●ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督が「インテル贔屓の判定」について自身の見解を明らかにした。ラニエリ監督は「『審判の強豪贔屓の判定』は私が現役の選手だったころから存在することだ。ベッテガやリベラは特別扱いだったので、私が可能な限り彼らに合わせるしかなかった。しかし、今はTV判定の導入で何かにつけて詮議立てするようになってしまった」と語った。
●ユベントスのアレッシオ・セッコGMが、ユベントス移籍の噂されるリバプールのマリ代表MFモハメド・シソコ(23)について語った。“BBC”のインタビューに応じたセッコGMは「シソコ獲得をまだ諦めてはいない。また我々は、メルベリ(30=DF)との仮契約も合意に近づいている。全てが上手く行けば、メルベリは7月からユベントスの選手となる」とコメント。アストン・ビラのスウェーデン代表DFの獲得が近いことも明かした。
●ベルダー・ブレーメン所属のデンマーク代表MFレオン・アンドレアセンが、フラムに移籍することが22日に決定した。双方のクラブは24歳のアンドレアセンを2011年までの契約でフラムに移籍させることで合意した
●ボルフスブルクは22日、スイス代表GKディエゴ・ベナグリオの獲得を発表し、入団会見を行った。24歳のベナグリオは、ボルフスブルクと2012年までの契約を結んだ。
●フィオレンティーナが大きな補強を行った。移籍市場で以前からうわさされていた通り、フィオレンティーナはDFアントニー・バンデン・ボレが共同保有の形でジェノアに移籍したことを発表。
●デイビッド・ベッカムの帰国? 少なくとも、ニューカッスルのオーナーのマイク・アシュリーはそれを望んでいるようだ。『デイリー・ミラー』の報道によれば、これは単なる夢ではなく、具体的な交渉の形をとりつつある。ニューカッスルと、デイビッド・ベッカムの所属する米国のロサンゼルス・ギャラクシーの両クラブが関係を持ち始めていることは確かだ。
●ラツィオはロランド・ビアンキと契約を交わすためあらゆる手段を尽くしている。移籍市場でのラツィオの動きが激しくなってきた。フィルマーニはPAOKサロニカへの移籍を拒否し、ローマに残ることを望んでいるようだ。しかしほかのオファーがあればラツィオは放出を検討するかもしれない。
●延期されていた第12節の試合でアタランタと対戦するミランだが、2人の主力選手が欠場する。カルロ・アンチェロッティ監督はマッシモ・アンブロジーニとパオロ・マルディーニを招集メンバーから外した。中盤ではオランダのクラレンス・セードルフが出場する見通し。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
?????ä? ?äů???Υ??塼?μ???β???ΰ??????衢ήС???ä??
2008/01/30(水) 17:03:11 | ???
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。