UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/13UEFAサッカー情報
●スペインでは1月6日のロス・レジェス・デ・マゴス(東方三賢者の日)にクリスマスプレゼントを開けるのが一般的となっているが、バルセロナのロッカールームにも“見えない友”からプレゼントが届いた。バルサで毎年恒例となっているプレゼント交換。あらかじめプレゼントする相手をくじで決めておき、当日を待つ。それぞれのロッカーの中にはプレゼントとカードが置かれ、カードを読み、プレゼントを開けるという趣向だ。もちろん誰が誰に贈ったかは秘密だ。今年は約1週間遅れてこのプレゼント交換を楽しむことになったが、ここでの主役はエジミウソン。彼のロッカーの前には大きな箱が置いてあり、カードを読んだ後、箱を開ける。と中には本物の“黒い羊”が入っていて、ロッカールーム内を走り回ったとのこと。もちろんロッカールーム内は爆笑の渦に包まれ、エジミウソン本人も苦笑しながらこのプレゼントを受け取ったという。「チームには黒い羊(=厄介者)がいる」発言で騒動を起こした張本人に本物の黒い羊とはブラックユーモア溢れるプレゼントだが、逆にこの嫌な出来事を忘れさせ、チームの団結に一役買ったといったところだろうか。
●リーガ・エスパニョーラ第19節の土曜日の試合では、バルセロナがムルシアに4-0で勝利を収めた。勝ち点差を詰められた首位のレアル・マドリーは、日曜日に最下位レバンテと対戦する。
●アルベルダ、アングロ、カニサレスへの戦力外通告で、すっかり悪役のイメージがついたバレンシアのクーマン監督。だが、13日付の『スーペル・デポルテ』紙によると、「予想以上に人気がある」という見出しが示す通り、指揮官の決断への支持率は日を追うごとに高まっている。
●11日の練習後にデポルティボのGKアオアテが同僚GKのムヌアに殴られ、左目付近に8針を縫うけがを負った事件を受けて、ロティーナ監督は12日、2人を構想外とする考えを明らかにした。これにより13日のビジャレアル戦からは、Bチーム登録のファブリシオがゴールマウスを守ることになる。ロティーナ監督は「私の考えは今シーズン終了まで彼を起用することだ」と明言している。
●ボルトンがレアル・マドリーのFWサビオラの獲得に興味を持っている。今月に入りイングランドの地元紙を中心にうわさが高まっていたが、ボルトンがアネルカを移籍金1500万ポンド(約33億円)でチェルシーに放出し、セネガル代表のディウフもアフリカ選手権で約3週間チームを離れることから、レアル・マドリーで出場機会の少ないサビオラを獲得しようと700万ユーロ(約11億円)を用意しているという。
●トッテナムのイングランド代表GKポール・ロビンソンが、ミッドウィークのリーグ杯準決勝対アーセナル戦で先発を外されたのを受けて、移籍を志願したことがわかった。
●ポーツマスのハリー・レドナップ監督(60歳)は12日、ニューカッスルから監督就任という素晴らしいチャンスをオファーされたが、ポーツマスに留まることにしたことを認めた。
●12日に行われたスコットランドカップ4回戦で、セルティックが2部で最下位のスターリング・アルビオンを3-0で下し、5回戦にコマを進めた
●12日に行われたプレミアシップ第22節の試合で、マンチェスター・ユナイテッドがホームで、監督不在のニューカッスルと対戦。6-0と快勝した。一方、首位のアーセナルはホームで、下位に低迷するバーミンガムと対戦、1-1のドローに終わった。この結果、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルは勝ち点51で並び、得失点差で勝るマンUが首位に浮上した。
●12日に行われたプレミアシップの試合で、チェルシーはホームでトッテナムとのロンドンダービー。チェルシーは2-0で今季14勝目を上げ、マンU、アーセナルに4ポイント差と追い上げてきた。
●リーグアン第20節が12日に行われ、首位リヨンがトゥールーズに競り勝った。3-2で勝利した。
●元スウェーデン代表FWのヘンリク・ラーションが、スウェーデンリーグのオフシーズンにアストン・ヴィラでプレーすることになるかもしれない。ラーションはヘリシンボリとの契約を1年間更新したばかりだが、それにはオフシーズンにはレンタル移籍できるという項目があり、昨年マンチェスター・ユナイテッドでプレーして成功したように、この冬もプレミアシップでプレーすることになりそうなのだ。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、現在空席となっているニューカッスルの監督のポストについて、「いま一番難しい仕事だ」と評価した。「ニューカッスルが解任した監督のリストを見てみるといい。フットボール界のちょっとした有名人リストが出来上がる。過去の名選手が監督を任されながら、短期間でクビにされるケースも少なくないしね。ニューカッスルでは、すぐに結果が出ないと批判の嵐にあってしまう。そして、解任の噂が流れ始めるから、目の前の試合で結果を出すことだけに集中せざるを得なくなる。長期間の戦略を立てたり、十分な基礎を築く暇もないんだ。監督を変えるだけで常勝チームに生まれ変われるなら、誰も苦労しないよ」
●ユベントスを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は敵地でのカターニャ戦引分けを前向きに捉えているようだ。確かに満足しているとは言いがたいが、今のユベントスにとって勝ち点1獲得は大きい。「我々は何度もクロスをミスした。ピッチコンディションは良好で、芝状態は最高だったので言い訳はしたくない。問題はいいクロスがトレゼゲに届かなかったことだ。後半は我々は壁に向かってスカッシュをプレーしているかのようだった」
●セリエA第18節の2試合が行われた12日、ホームにユベントスを迎えたカターニャは1-1の引き分けに終わった。
●「俺がオリンピック出場を望んでいるという報道は誤報だ。なぜなら、オリンピックもA代表も同じことだからね。ユーロ08に出場しない限り、北京オリンピックにも出場する気はない」。 “Rai1”のインタビューに応じたASローマのフランチェスコ・トッティ「契約はまだ2年残っているが、生涯ASローマで過ごす為にもできるだけ早く契約更新が行われることを願っている」
●FWパトのデビューについてアンチェロッティ監督は「チームに完全に馴染む為には、もう少し時間が必要だろう。また、デビューのタイミングは落ち着いた状態が望ましい。パトのプレーの特長と速さを考えると、ジラルディーノ、インザーギそしてロナウドの誰とでも2トップを組むことができる」
●23歳のスロバキア代表DFマルティン・シュクルテルがゼニト・サンクトペテルブルクからリバプールへ移籍した。
●91分のデルピエロのPKで追いつき、ユベントスはカターニアと1-1で引き分けた。ユベントスにとっては非常に危ない試合だったが、最後の最後で救われる形となった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。