UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/12UEFAサッカー情報
●デポルティーボでGK同士の喧嘩が起こった。この残念な事件の主人公となったのはイスラエル人GKドゥドゥ・アオアテとウルグアイ人GKグスダボ・ムヌーア。11日、朝の練習の終わり、ロッカールーム内でムヌーアがアオアテの顔面にパンチをお見舞いし、アオアテは左頬とまぶたに6針を縫うケガを負うこととなった。この事件を受け、デポルのロティーナ監督とレンドイロ会長が緊急ミーティングを開き、とりあえずアオアテとムヌーアを今週末のビジャレアル戦に起用しないと決定。また、来週にもロティーナ監督が両選手と話をした上で何らかの処分を下すことになるとのことだ。
●06年ドイツW杯を最後に、現役を引退した元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンがサッカー界への復帰を示唆した。仏紙“L'Equipe”のインタビューに応じたジダンは「引退後の休息は悪くはないが、徐々にサッカーが懐かしくてしかたがなくなってくる。今はサッカー界へ復帰したいという思いが強い。ただ、具体的に何をしたいかはまだ分からない」と現在の胸中を明かした。
●バルセロナのロナウジーニョとデコが、けがのため12日に行われるムルシア戦の招集メンバーから外れ欠場することになった。ロナウジーニョは2008年になってまだ試合出場がなく、3試合連続で欠場中。デコは既にチーム練習に復帰しており、翌週(15日)に控える国王杯のセビージャとの第2戦(ホーム)から出場できる見通し。また、その2名以外にもバルセロナにはけが人が多い状況で、メッシ、エジミウソン、オレゲルに加え、アフリカ・ネーションズカップ出場のためすでにチームを離れているヤヤ・トゥーレも欠場する。
●バレンシアから戦力外を通告されたアルベルダが今月3日に契約破棄を求めて法的措置を取ったことを受けて11日、クラブはアルベルダ側に契約で設定されている解除金6000万ユーロ(約97億円)を支払うよう求めた。アルベルダの弁護士宛てに届いたクラブからの文書では「(バレンシアは)常に契約における法的事項に基づく」と説明があり、アルベルダ側から契約破棄する以上、解除金をバレンシアに支払う必要があると強調している。これを受けてアルベルダの弁護士は「驚いている」とコメントを出した上で、クラブとは別にソレール会長本人を訴える姿勢を地元メディアに向け示している。
●サンダーランドのロイ・キーン監督が、指揮官としてのスタイルについて言及。「友人を作るために監督をしているわけではない」と語る闘将は、選手と一定の距離を保つことが重要と語っている。「誤解されないように言っておくが、記事に出ていたようなことを毎週のようにしているわけではない。監督としてのスタイルは、就任以来変えていない。このスタイルで昨シーズンも戦ったし、高い評価も受けた。不思議なのは、私が怒鳴り散らすという記事がでたことだ。私は我を忘れて怒ったことはないからね。しかし、監督は人気者になる必要はないんだ。マンチェスター・ユナイテッド時代にはアレックス・ファーガソン監督の下で12年半プレーしたが、一対一で話したのは3、4回だったはず。監督にとっては、選手と適切な距離をとることが重要なんだ」
●いよいよ迫るミランのパトのデビュー戦。13日の日曜日、20時30分(現地時間)にキックオフされるナポリ戦で、ついに18歳の若武者がベールを脱ぐ。ファンや関係者は、いったいどのようなプレーをするのかと早くもヒートアップ。しかし、あまりの期待の高まりに、チームメイトのセードルフは警告を発している。「パトに対する期待の高さが、本人にとってプレッシャーになることを心配している。若手選手には早急に結果を求めるべきではない。本人が落ち着くまで、ゆっくりと時間を与えるべきだ。僕だけじゃなく、チームのみんながそう思っている。パトにはいい形でチームに馴染んでほしい」
●先日、インテルがナイキとのスポンサー契約延長合意のニュースをお伝えしたが、それに続く形でミランもアディダスと9年間の契約の延長に合意したことが、関係者により明らかにされた。ミランとアディダスとの契約は2010年まで結ばれていたが、双方ともに契約の延長を望んでいたため話はスムーズにまとまり、9年間で約165億円+タイトルボーナスがミランに支給されるビッグな契約内容となった。
●移籍が噂されるASローマのMFマンシーニが11日、ASローマ残留の意思を表明した。“Roma Channel”のインタビューに応じたマンシーニは「自分とクラブの間に確執は何もない。自分はこれまでずっとASローマへの忠誠を誓ってきたし、クラブ側も自分を守り続けてくれた。クラブとは親友のような良い付き合いをさせてもらっている」とコメント
●サンパウロのムリシ・ラマーリョ監督が来週の国内リーグ開幕戦でFWアドリアーノを起用する方針を明らかにした。ラマーリョ監督は「アドリアーノのコンディションは良く、開幕戦から出場できるだろう。私は今まで問題を抱える多くの選手のサポートを行ってきた。アドリアーノを復活させる自信はある。彼がここにいる6か月間で、彼のコンディションを改善することが私の課題だ。」
●ACミランでのデビュー戦を待つブラジル人FWアレシャンドレ・パトが現在の心境を語った。“SKY”のインタビューに応じたパトは「ロナウドには『緊張せず、落ち着いて。力まず、周りの期待をあまり意識するな』とアドバイスをもらった。僕が怪物?まだデビューにも至っていないんだから、今は何とも言えないよ。そのうちそうなることができれば…。今はACミランでの初ゴールを目標にするつもりだ」
●アトレティコ・マドリーのポルトガル人MFヌノ・マニシェのインテル移籍成立が近づいている。インテルのマッシモ・モラッティ会長は「マニシェ獲得に動いており、近日中にも話はまとまりそうだ」と明かした。
●今季開幕前にラツィオからインテルにレンタル移籍したMFルイス・ヒメネスが、今季これまでの展開を振り返っている。“SKY”のインタビューに応じたチリ人のヒメネスは「フィーゴとはポジションやプレースタイルが違うこともあり、自分が彼の控えだとは思っていない。しかし、彼のような偉大な選手と似ていると言われて嫌な気をする選手はいないだろう」と笑顔で語った。
●フィオレンティーナのFWアドリアン・ムトゥが噂されるASローマ移籍を否定し、フィオレンティーナへの忠誠を改めて誓っている。ルーマニア人のムトゥは「ASローマやその他のクラブが自分に興味を示してくれていることは光栄だ。しかし、フィオレンティーナでのプレーしか考えていない。フィオレンティーナが欧州CL出場に相応しいチームであることを証明しなければならない。欧州CL出場の夢を実現する為にデッラ・バーレ(会長)が(移籍市場で)アクションを起こしてくれることを期待している」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。