UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/10UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーは9日、FWルート・ファン・ニステルローイが契約を1年間延長し、2010年までプレーすると発表した。
●9日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)ベスト16の戦いのファーストレグで、バレンシアがアウェイでベティスと対戦、ホアキンが古巣相手に2ゴールを決めて、2-1と先勝した。
●9日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)のファーストレグでバルセロナがアウェイでセビージャと1-1で引き分けた。
●バルセロナのFWサミュエル・エトーがカメルーン代表への合流の遅れが認められたことについて、アフリカ・ネーションズ・カップのため通常通り選手を各国代表に送り出した他のクラブから不満の声が上がった。MFマアマドゥ・ディアッラをマリ代表に送り出したレアル・マドリーのシュスター監督は、「地位の違いだろう。エトーはカメルーンの王様で、ディアッラはまだマリの王様ではないからね」と皮肉っている。
●今季開幕前にアーセナルからバルセロナに移籍したフランス代表FWティエリ・アンリが、10年前にユベントスを退団した理由を明かした。アンリは「モッジ(当時ユベントス幹部でカルチョ・スキャンダルの張本人)との間に問題が生じていたんだ。当時の俺は正直で真面目な青年だったが、モッジからは俺に対する敬意が感じられなかった。だからユベントスでプレーする気がなくなってしまい、退団に至ってしまった。もしモッジとの確執がなければ、ユベントスでプレーを続けていたと思うよ」
●レアル・マドリーのイタリア代表DFファビオ・カンナバーロが、ベルント・シュスター(現レアル・マドリー監督)とファビオ・カペッロ(前レアル・マドリー監督、現イングランド代表監督)の違いについて語った。カンナバーロは「ベッカムも言っていたが、カペッロは選手が意見し過ぎるとそれを抑圧する。シュスターの方が気さくで、選手の意見にも耳を傾けてくれる。しかし、監督の交代が原因で、チームが様変わりしたわけではない。カペッロ監督時代に結果が出たことに関しては、今も変えずに続けている。それに加えてDFが強化された。そのお陰で今のレアルは苦労なく勝ち進んでいる」と話している。
●スペインの『マルカ』紙によれば、インテルとアトレティコ・マドリーはマニシェの移籍に関して合意に達したようだ。ポルトガルのMFマニシェは新たにインテルの選手となることが確実視されている。6カ月間の期限付きの形でインテルに移籍し、オプションとして600万ユーロ(約9億7000万円)で買い取ることもできるという契約になるようだ。
●バルセロナのMFマルク・クロサスがリヨンに移籍することが確実となった。今シーズン終了までの期限付き移籍で、バルセロナの希望通り買い取りオプションは付かない。これまでクロサスには2部のレアル・ソシエダが興味を示しており、期限付き移籍が確実視されていた。しかし、買い取りオプションを付けたいレアル・ソシエダ側と、カンテラ(下部組織)出身の選手だけに、そのオプションは容認できないバルセロナ側との思惑の違いで交渉は暗礁に乗り上げていた。
●10日付の『アス』紙は、バレンシアで戦力外通告を受けているMFアルベルダがチェルシー、トッテナムからのオファーを拒否していたと報じた。エシアン、オビ・ミケルらをアフリカ・ネーションズカップで欠くチェルシー、ファンデ・ラモス監督がチーム改革を推し進めているトッテナムから好条件のオファーがあったものとされているが、バレンシアとの契約問題を法廷に持ち込んでいるアルベルダ側は、状況に進展があるまで特定のクラブとの交渉は進めない方針を貫いている。また同紙は、うわさの出ているアルベルダとアトレティコ・マドリーとの接触や、来季に向けた移籍話を完全に否定している。
●バレンシアは9日、MFマヌエル・フェルナンデスのエバートンへの移籍を正式発表した。今シーズン終了までの期限付き移籍となり、エバートンには買い取りオプションが付く。エバートンがオプションを行使する場合、その移籍金は昨夏にバレンシアがベンフィカに支払った1800万ユーロ(約29億円)とほぼ同額になるものと見られている。
●10日に国王杯のマジョルカ戦を控えるレアル・マドリーのロベンがけがのために欠場することが決まった。9日の練習後に再び両足の筋肉に違和感を覚えたロベンはマジョルカ戦のみならず、今週末のレバンテ戦(13日)も欠場となる見込み。
●リヴァプールMFモアメド・シッソコが、“両クラブ間が合意に達したなら”と前置きした上で、ユヴェントスへの移籍に前向きであることを明かした。
●ミランのクラレンス・セードルフ(31歳)が、ミランでプレーすることに満足していると主張した上で、キャリアをスタートさせた古巣アヤックスに将来復帰する可能性があると語った。
●ミランのストライカー、ロナウドが、母国ブラジルの強豪・フラメンゴと移籍交渉を行ったことを認めたものの、先月クラブ世界一の称号を手にしながらセリエAでは現在12位と低迷するミランのために尽力すると誓った。
●プレミアリーグで11位と苦戦するニューカッスルは9日、サム・アラダイス監督(53歳)の退任を発表した。クラブは双方の合意の上での決断としたが、この日午前中にアラダイス監督はメディアに対し、もし自分が去ることになったら、「それは自分にとってはニュースとなる」と話しており、事実上の解任と言える。
●9日に行われたイングランド・リーグカップ準決勝ファーストレグで、アーセナル対トッテナムのノースロンドンダービーが行われ1-1で引き分けた。
●ボルトンのFWニコラ・アネルカのチェルシー移籍が今週末までに決定することが濃厚となった。ボルトンは今週、チェルシーが提示した1200万ポンド(約26億円)を却下しているが、アネルカ獲得に意欲を見せるチェルシーのアブラム・グラント監督は「土曜日までには獲得したい」とコメント
●出場機会に恵まれていないASローマのGKジャンルカ・クルチが移籍を示唆している。クルチは「今後の展望?自分にとっては、ASローマに残留することになっても、移籍することになっても大きな違いはない。どちらでも嬉しい結果となるだろう。1月31日(冬期移籍市場終了日)まではまだ時間がある」と冷静にコメント
●今季終了後の引退を表明したACミランの主将パオロ・マルディーニが、セリエA後半戦への意気込みを語った「信じられないことだが、ACミランはホームのサン・シーロで昨年4月21日から勝ち星がない。ドゥバイ合宿では、手応えを得ることができたし、後半戦は巻き返しを計らなければならない」
●ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長がFWロナウドの復帰に目を細めている。クリスマス休暇を生かしたドゥバイ合宿を終え、ミラノ空港に到着したガリアーニ副会長は「ロナウドが復帰したことが嬉しい。後半戦に向け、選手全員が万全の状態となった。国内リーグ戦セリエAで4位を狙うための重要な要素だ」
●ACミランのMFジェンナーロ・ガットゥーゾが、後半戦を前に明確な目標をあげている。現在12位と低迷する国内リーグ戦セリエAでの巻き返しに燃えるガットゥーゾは「最大の目標は国内リーグ戦セリエAで4位を狙うことだ。ACミランが欧州CLに出場しないなんて考えられない。ドゥバイ合宿での猛練習の成果を期待している。できるだけ多くの試合で勝利を収めたい」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。