UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/05UEFAサッカー情報
●スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)5回戦の組み合わせが4日に決まり、バルセロナは昨季の覇者でUEFAカップ連覇のセビージャと対戦することになった。ベスト16に勝ち残ったのはすべて1部のチームだが、これは国王杯史上初めてのこととなった。ファーストレグは1月9日、セカンドレグは1月16日に行われる。
◇ベスト16の戦い
セビージャ    × バルセロナ
レクレアティーボ × ビジャレアル
サラゴサ     × ラシン・サンタンデール
マジョルカ    × R・マドリー
A・ビルバオ   × エスパニョール
ベティス     × バレンシア
A・マドリー   × バジャドリー
ヘタフェ     × レバンテ
●第2GKアルベル・ジョルケラの負傷離脱でバルセロナにはGKからの問い合わせが殺到しているという。右膝前十字靭帯に加え、外側半月板の損傷も確認されたジョルケラは全治6か月となり、今シーズンは絶望。後半戦に突入するリーガ、チャンピオンズリーグ、スペイン国王杯を戦って行く上で、カンテラのオイエル・オラサバルではまだ心もとなく、この冬の移籍マーケットでのGKの補強はバルサにとって急務だ。ここ数日、ウンスエGKコーチとチキTDの携帯電話はバルサのGKに興味を持つ代理人からの電話で鳴りっぱなし。実に20名以上のGKの代理人から売り込みがきているという。
●チームの大改革で揺れるバレンシアにまた災難が降り掛かった。同クラブのポルトガル人MFマヌエル・フェルナンデスが一晩留置場に入れられるという騒ぎを起こしている。バレンシアのディスコで行われた同郷のミゲウの誕生日パーティに出席したマヌエル・フェルナンデスがそこで他の客と言い争いをはじめ、警察が駆けつけるという事態にまで発展。ある客が腕時計を盗まれたと疑いをかけてきたことが発端だったようだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。