UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/04UEFAサッカー情報
●ミランのアンチェロッティ監督は3日、トレーニングキャンプ中のドバイで行われた記者会見に臨んだが、そこでブラジルの期待の星アレシャンドレ・パトが、セリエAが再開する1月13日のナポリ戦でついにリーグデビューを飾ると示唆した。「パトが1月のリーグ戦から出場できればチームの助けになる。ナポリ戦でプレーするのになんの問題もないはずだ。それまでには手続きもすんでいるだろうからね」
●ボルトンのガリー・メグソン監督は、チェルシー移籍が噂されるフランス代表FWニコラ・アネルカについて、チェルシーからのオファーはないと話した。アネルカは今週、すでにチェルシーと交渉を始めており、1000万ポンド(約22億6600万円)前後でスタンフォード・ブリッジへ移籍するだろうと話している。
●ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントが4日に記者会見を行うと発表したことから、アーセナルのGKイェンス・レーマン(38歳)の獲得が決まったのではという噂で持ちきりになっている。
●プレミアシップで好調のエヴァトンは3日、プリマスの17歳のDFダン・ゴスリングを獲得することで合意に達した。今週末にも正式契約となる。イングランドU-18代表のサイドバック
●1月1日から解禁となった冬の移籍マーケットでチェルシーの獲得のターケッドとなっているのは、バレンシアのFWダビ・ビージャとセビージャのDFダニエウ・アウベスであると英紙“デイリー・ミラー”が報じている。同紙によると、チェルシーのアブラモビッチ・オーナーは、同オーナーが希望しているビージャ、アウベス、そしてFWニコラ・アネルカ(ボルトン)、DFブラニスラフ・イバノビッチ(ロコモティフ・モスクワ)獲得に向け8000万ユーロ(約128億円)の小切手を切ることに同意しているとのこと。
●チェルシーのMFフランク・ランパードがチェルシー残留を明言した。今シーズン終了後の移籍が噂されたイングランド代表MFは、チェルシーで現役を終える決意を語っている。
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督が3日、記者会見に応じた。ブラジルの名門フラメンゴへの移籍が噂されるFWロナウドについてアンチェロッティ監督は「ロナウド本人は、怪我への恐怖心が残っているようだが、彼の今年初めてとなる練習内容に私は満足している。色々な憶測が流れているが、ロナウドはACミラン残留を熱望している」とコメント
●「ビッグ・クラブから興味を示されることは自分にとって誇りであり、光栄だ。また、やる気も増す。しかし、1月の移籍は考えていない。今はパレルモで結果を出すことに専念したい」。ACミランやユベントスへの移籍が噂されるパレルモのFWアマウリ
●ウディネーゼは3日、チェコ代表のMFトマーシュ・シボク(24)のスパルタ・プラガへの6か月間のレンタル移籍を正式に発表した。
●ACミランのDFカフーが同じブラジル人でチーム・メイトのFWロナウドについて語った。ドゥバイで3日から開始されたACミランの合宿に参加したカフーは「ロナウドのコンディションは良さそうだよ。試合に出場して、チームの役に立ちたいという思いから、練習にも力が入っている。彼が一日も早く試合に出場することをみんなが願っている」とエールを送った。
●インテルのMFルイス・フィーゴが3日、怪我の回復状況について語った。昨年11月4日の“イタリア・ダービー”ユベントス戦でひ骨骨折の重傷を負ったフィーゴは「骨折は完治しているよ。長期間練習ができなかったので筋力は衰えてしまっているが、順調に回復に向かっている。チーム練習に合流する日を楽しみにしているよ」と現在の状況を説明した。
●イタリア・カルチョ界の重鎮アリゴ・サッキが、イタリア・カルチョ界の現状に苦言を呈した。“Radio Radio”のインタビューに応じたサッキは「クラブ側の保守的な考えが、監督の采配やプレーに大きく影響している。精錬されたモダンなプレーをするチームは少なく、古いスタイルにとらわれたチームが多すぎる。感動がなく、ひらめきも見受けられない」と酷評した。サッキは続けて「そんな中、ASローマは古風な攻め方ではなく、若手の育成に成功した理想的なチームに仕上がっている。万全とは言えない組織の中で、監督が手腕を発揮し、変革を遂げている。特に攻撃面が素晴らしい」と絶賛した。
●イタリアのコリエレ・デロ・スポルト紙は3日、元日本代表MFで、引退後は“旅人”として海外放浪中の中田英寿氏(30)が古巣ペルージャを買収する可能性があると報じた。
●ボカ・ジュニアーズは3日、U-20アルゼンチン代表MFのエベル・バネガをバレンシアに2600万ドル(約29億8000万円)で移籍させることで合意したと発表した。
●バルセロナのカメルーン代表FWサミュエル・エトーが3日に行われた記者会見の席で、チームのプレーに注文をつけた。「ボールを持ってパスをまわすことばかりに夢中になっていることがある。だけど、得点できなければどんなプレーをしたって意味がないんだ。大事なのは勝利すること。試合に勝ちさえすれば、やり方はどうでもいいんだ。それがサッカーの現実ってもんだろ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。