UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/03UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーのスタメン選手の中でより少ないサラリーを受け取っているのはDFセルヒオ・ラモスだ。昨年7月12日にレアル・マドリーとの新契約にサインしているセルヒオ・ラモスは、契約の見直し、つまり給料アップに期待しているが、クラブ側はどうやら乗り気ではないようだ。
●クリスマス休暇も終わり、2008年はスペイン国王杯で幕を開けた。2日、各地でスペイン国王杯4回戦2nd.レグが行われ、レアル・マドリー、バルセロナなどが順当にベスト16にコマを進めた。主力を温存しアルコヤノ(3部)をカンプ・ノウに迎えたバルサは、2点を先制しながらも追いつかれ、まさかの引き分け(2-2)。しかし、1st.レグを0-3で勝利しているためベスト16進出を決めた。3冠を狙うレアル・マドリーは、アリカンテ(2部B)に同点とされながらも試合終了間際にグティがチームを救う値千金の決勝ゴールで辛勝。2008年初戦を白星で飾ったレアル・マドリーも同じくベスト16進出を決めている。また、1部同士の対決となったムルシア対バジャドリー戦はバジャドリーが、デポルティーボ対エスパニョール戦は延長戦の末、エース、タムードのゴールでエスパニョールが、マジョルカ対オサスナ戦はホームで4得点、3点のビハインドをひっくり返したマジョルカがそれぞれ16強入りを果たした。なお、残り2試合、レバンテ対アルメリア戦、ポンテベドラ対サラゴサ戦は3日に行われ、2チームが決まる。
●バレンシアのクーマン監督から構想外とされたベテラン3選手のうち、スペイン代表MFのダビド・アルベルダ(30歳)が契約解消を求めて法的手段に訴えることになった。
●ウニベルシダ・デ・チレ所属のチリ代表FWのセバスティン・ピント(21歳)が、レアル・マドリーと契約したことがわかった。当初はレアル・マドリー・カスティージャ(リザーブチーム)に合流するが、トップチーム昇格もそう遠くはなさそうだ。
●2日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)で、昨季覇者のセビージャは3部のデニアと対戦。前半に2点をリードして、余裕の展開かに見えた。ところが、デニアは後半に入り徐々に点差を詰め、残り8分の時点で3-2と逆転に成功する。しかし、セビージャは88分にチェバントンが同点ゴールを入れると、ロスタイムにカヌーテがPKを落ち着いて決め、4-3の逆転に成功。2試合合計5-4として、ベスト16にコマを進めた。
●ボルトンのFWニコラ・アネルカが今冬の移籍マーケットで移籍を希望すると公言。新天地の候補については、チェルシーとマンチェスター・シティの2チームに絞ったようだ。
●「全ての試合を勝ち進んでいくために練習に専念しなければならない。2007年と同じ気持ちで新しい年をスタートしよう!」。インテルのFWエルナン・クレスポが、インテルの合宿地であるドゥバイに出発する直前に2008年への抱負を語った。
●「アマウリのACミラン移籍を妨害する気はない。なぜならば、ACミランだけでなくユベントスからも我々の元にオファーは一切届いていないからだ。イタリア国外のクラブから数件アマウリにオファーがあったが、今季が終わる6月末までは、アマウリの移籍交渉に応じるつもりはない。アマウリはパレルモに残る。そのためにはあらゆる手段を尽くすつもりだ」。パレルモのザンパリーニ監督が冬期移籍市場での移籍が噂されるFWアマウリについて自身の見解を明らかにした。
●ASローマのMFアルベルト・アクィラニ(23)の代理人であるフランコ・ザバリアが、アクィラニの移籍問題について語った。テレビ番組“Unico grande amore”に出演したザバリアは「アクィラニはASローマでプレーを続けたいと明言している。彼とデ・ロッシはASローマの将来を担う」と語り、アクィラニの移籍を完全に否定した。
●ユベントスのMFセルヒオ・アルミロン(27)の代理人であるクラウディオ・バゲッジが2日、アルミロンの移籍問題について語った。“Teleradiostereo”のインタビューに応じたバゲッジは「ユベントス幹部と最後に会ったのは2週間前だが、その際ユベントス側はセルヒオに対する信頼感を表明してくれた。しかし、1月にアルミロンは移籍する可能性もある。」
●VfBシュツットガルトの元セルビア代表FWダニエル・リュボヤが、シーズン後半戦開幕をボルフスブルクで迎える可能性が高くなった。リュボヤは今月半ばから始まるボルフスブルクの海外合宿にテスト参加することを決めており、移籍の是非はプレーの出来にかかっている。
●2日に行われたプレミアシップの試合で、リヴァプールがホームで降格回避に必死のウィガンと対戦。リヴァプールはウィガンの3倍以上のシュートを放ったが、ウィガンはたった1本の枠内シュートがゴールに結びつく効率の良さで、貴重な勝ち点1をゲット。逆に2ポイントを落とした形のリヴァプールは、ニューカッスルを2-0で下したマンチェスター・シティにかわされ、4位からも滑り落ちた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。