FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/12/28UEFAサッカー情報
●ミランのサポーターがロナウジーニョ加入の空想をふくらませることができるようなニュースがバルセロナから届いた。カタルーニャのテレビ局TV3によれば、バルセロナ所属のロナウジーニョは木曜日の夜にブラジルのポルトアレグレでミランの関係者に会い、自らの未来について、また来シーズンのミラン移籍の可能性について話をするとのことだ。
●27日に行われたプレミアシップの試合で、ブラックバーンが終盤のサンタ・クルスのゴールで、マンチェスター・シティと2-2で引き分けた。
●セリエAの最下位に低迷するカリアリのマッシモ・セッリーノ会長は27日、ネド・ソネッティ監督を解任し、ダヴィデ・バッラルディーニ元監督を復帰させるつもりだと話した。
●チェルシーのMFフランク・ランパードが、太ももの肉離れで数週間戦列を離れることになった。4-4で引き分けた26日のアストン・ヴィラ戦の前半で負傷していた。復帰は1月下旬となりそうだが、キャプテンのテリーをはじめすでに多くの負傷者を抱えているグラント監督には頭の痛いことになった。
●右ヒザの十字靭帯断裂で戦列を離れているリヨンのセンターバック、クリスが母国ブラジルで治療の最終段階を迎えている。クリスは26日のレキップ紙に掲載された現地特派員とのインタビューで、「リヨンに戻るのが待ち遠しい。クラブ、街、ジェルラン・スタジアム、友達、家、すべてがとても恋しい」と語った。クリスは今シーズンからキャプテンに任命されるなど7連覇をめざすリヨンにとって不可欠なメンバーだったが、8月11日のリーグ・アン第2節(トゥールーズ戦)で相手FWと接触し、早くも戦列を離れる憂き目を見た。リヨンが開幕ダッシュに失敗した背景には、このクリスと正 GK クペという2人の守備の要を欠いたことが大きく影響したのは明らかだ。クリス本人もそのことを自覚しており、「リヨンは、クペと自分がいなくてもリーグ首位をキープし、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16にも残った。2人が戻れば、さらに強くなる」
●南仏の地方紙「ラ・プロバンス」が26日に伝えたところによると、マルセイユがボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)の DFフアン・クルポビエサ(28)を獲得する見通しだ。クルポビエサは、遅くとも29日にマルセイユ入りし、メディカル・チェックを受ける。同紙によると、両クラブは150万~200万ユーロ(およそ2億5000万~3億3300万円)の移籍金で合意に達した模様。
●26日のウィガン戦に敗れ、再び解任の危機に立たされているニューカッスルのサム・アラダイス監督が、選手のパフォーマンスを厳しく批判した。「選手のパフォーマンスにはまったく満足していない。しかし、私が使えるのは彼らしかいない。私が連れてきた選手もいるし、そうでない選手もいる。ほとんどの選手が実力を発揮すれば素晴らしい選手ばかりだ。しかし、私に失態を見せる選手が多すぎる。私がファンでも厳しい罵声を浴びせると思うね。我々はそれほど酷い試合をした。選手たちの低調ぶりは許されないほど酷い」
●マンチェスターUのMFキャリックがファーガソンにこれ以上選手を買わないでくれというメッセージを送っている。キャリックは今季ハーグリーブス、アンデルソンの台頭で出場機会が減少。12月26日のサンダランド戦には出場し4-0の大勝に貢献したものの、その試合はレギュラーといえる前者二人を休ませていた。「
●パレルモのFWアマウリの代理人であるマリアーノ・グリマルディが、アマウリの冬期移籍市場での移籍の可能性を示唆した。「アマウリがユベントスへ?アマウリにオファーが殺到していることは確かだ。彼はパレルモで素晴らしい結果を残しており、今シーズンが終わる6月末まではパレルモにとって必要な存在である。アマウリが移籍する条件は、移籍先がビッグクラブであること。そして移籍金は、最低2500万ユーロ(約40億)必要だ」
●怪我による長期離脱から復帰したトットナムのDFレドリー・キングが、イングランド代表のファビオ・カペッロ監督に代表メンバー入りをアピールしている。
●「一般的なクラブの監督であれば、監督の一存で指揮を執ることができる。しかし、イタリアカルチョ界の名門であり、ヨーロッパそして世界のユベントスの監督となればそれは許されない。本質的な違いが存在する」。今季からユベントスの指揮を執るクラウディオ・ラニエリ監督
●イタリア代表のロベルト・ドナドーニ監督がユーロ08スイス・オーストリア大会に向ける意気込みを語った。「強豪ばかりのとても厳しい組に入ってしまったが、我々の空色のユニフォームを今一度輝かせるために、死力を尽くすつもりだ」
●ウディネーゼでは選手の移籍が話題となっている。勝ち点29を獲得したウディネーゼは、2007年をチャンピオンズリーグ予備戦出場圏内の4位で終了。前半戦であまり出場機会のなかった選手たちがほかのチームでチャンスを得られるようにするため、何人かの選手を放出しようとしている。セリエAの他クラブが興味を示している選手は2人。シボクにはラツィオやトリノが目を付けている。エレメンコもウディネを離れ、シエナのユニホームを着ることになるかもしれない。
●マリオ・ベレッタ率いるシエナは補強のため各地から情報を集めている。補強リストの最初に名前が挙げられたのは、リバー・プレートに所属する24歳のウルグアイ人FWリチャルド・ポルタのようだ。
●『レキップ』紙の2007年ドリームチーム:
ブッフォン(ユベントス)
ダニエウ・アウベス(セビージャ)
ビディッチ(マンチェスター・ユナイテッド)
ギャラス(アーセナル)
エブラ(マンチェスター・ユナイテッド)
カカ(ミラン)
セスク・ファブレガス(アーセナル)
ジェラード(リバプール)
クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)
ドログバ(チェルシー)
ファン・ニステルローイ(レアル・マドリー)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.